ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808482 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

蓼科山 スノーハイク

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー okinawa123, その他メンバー3人
天候素晴らしい晴れです 山頂の風は10m/s弱 冷たいです。 
気温 登山口-11℃ 山頂-11℃ 下山登山口?
ペットボトルの水が凍り始めます。口の大きなボトルが良いです
今回は360°大展望とはいかづ北アは雲の中、寒い!
下山を始めると曇って来ましたが、帰りの車中ではまた晴れて来ました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
諏訪ICよ約40分 別荘地からは凍結路。輪立ち有りスタットでOK。
駐車場 先着20台かな? 我々が10台目ぐらいでした、止めれてラッキー。一番の心配事でした。
準備を始めると続々車が集まって来ます人気の山ですからね。
下山時は路駐も有り 約40台程は有ったかな?
新しいトイレは何時から使えるのでしょう。
P地点にトイレ有(使えない)、登山ポスト無し。
R299 株式会社いしやまを越えるとラストのコンビニ。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間32分
休憩
57分
合計
4時間29分
Sすずらん峠園地駐車場07:3308:33標高2110m標識09:45蓼科山09:4609:46蓼科神社奥宮09:5709:58蓼科山09:5910:03蓼科山頂ヒュッテ10:4410:46蓼科山11:24標高2110m標識11:2712:02すずらん峠園地駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
女乃神茶屋前P 7:30
7:37 バス停 登山口と合流 7:37
7:43 最初の標識1785m 7:43
7:44 熊棚1 7:44
7:55 標識1882m 7:55
7:57 熊棚2 7:57
8:05 標識1945m 8:05
8:20 展望地 8:28
8:33 標識2110m 8:33
8:45 標識ス徳平2180m 8:45
8:49 展望地 8:49
9:01 展望地 9:01
9:17 立ち枯れ地帯突入2390m 9:17
9:30 標識森林限界2483m 9:35
9:37 標識2450m 9:37
9:43 ヒュッテ手前で分岐 9:43
9:45 山頂 9:46
9:47 山頂神社 9:48
9:49 山座同定盤 9:55
10:00 標識┘劵絅奪徳 10:00
10:01 蓼科山頂ヒュッテ 10:01
10:02 蓼科山荘を眺める 10:02
10:03 ランチ 将軍平を眺めながら 10:42
10:44 蓼科山頂ヒュッテ 10:44
10:45 標識┘劵絅奪徳 10:45
10:51 標識2450m 10:51
10:54 標識森林限界2483m 10:54
11:05 わんちゃんとすれ違う 11:05
11:05 標識2110m 11:05
11:08 一枚脱ぐ 11:09
11:25 相方休憩 11:27
11:47 熊棚2 11:47
11:54 熊棚1 11:54
11:56 標識1785m 11:56
12:03 女乃神茶屋前P 12:20
12:23 車で展望地1 12:24
12:43 車で展望地2 12:44

工程 4:33
登り 2:02
下り 1:18
コース状況/
危険箇所等
スタート〜山頂〜下山、明瞭なトレースが有り迷い用が無い。
寒波が来たら、消えちゃいますね。
よく踏まれて、固めです、スタートからアイゼンの人が多いです。
私は登りは全てスノーシュー 下山は全てアイゼンで歩きました。
森林限界で風対策、ウインドブレーカー1枚+、バラクバラ、ネックゲーター。
今年は蓼科山頂ヒュッテ手前から山頂に登るトレースが有りました
雪は少ないですが、スタートから山頂まで一応に雪道です。(岩の露出は沢山)
踏まれ過ぎて氷の斜面に近いです、アイゼンは必須
私にとって冬の蓼科山は絶対はずせない山です。

女乃神茶屋前P−”玄
スノーシュー
スタートから見事な霧氷で始まる
P地から登山口ルートに合流、ショートカットします。
合流して程無く”玄韻任后⊃⇔咾亮林帯ですが、熊棚は必見
ルート明瞭、危険箇所無し。
緩やかな道のりです
出会った人 4名?

”玄院殄玄鵜
スノーシュー
最初の急登りです、皆さんアイゼンで登られる方が多いです。
ルート明瞭、危険箇所スリップに注意。
熊棚見つけてね!
出会った人 0名

標識◆殄玄鵜
スノーシュー
2度目の急登り、,ら殆ど連続です
ルート明瞭、危険箇所スリップに注意。時々大きな一歩有り
出会った人 3名

標識−標識
スノーシュー
3度目の急登り、途中に展望地有り
ルート明瞭、危険箇所無し。
出会った人 3名

標識ぁ殄玄鵜ス徳平
スノーシュー
最初休憩地に良く平ですが、展望が無い、我々は手前の展望地で休憩しました
ルート明瞭、危険箇所無し。
出会った人 3名

標識ス徳平-立枯帯入口−標識森林限界
スノーシュー
標識 幸徳平で傾斜が緩む、緩い下りも有ります。
この先で蓼科山本峰の尾根に成ります、最後の急登り
ルート明瞭、危険箇所スリップ注意。(最後の急登りです、アイゼン、スノーシュー必要)
出会った人 4名

標識森林限界−蓼科山頂
スノーシュー
此処から小屋までトラバースルート、岩場です。
雪少な目 スノーシューの歯がカリカリ音を出します
風が吹くとブリザードに成る時が有ります、本日はならづ、視界良好
本日はルート明瞭でした、危険箇所 転落、滑落に注意
出会った人 1名
森林限界で風対策が必要です

山頂
山頂は広くキャパ500名?お鉢巡り出来ます
出会った人 8名ぐらい
中央に鳥居と祠が有ります。
北西の端には山座同定盤が有ります。風がモロに当たる、冷たいを越して痛い。

下山出会った人 多すぎて? およそ70名
12アイゼン

メイントレースのあちこちに、薄いトレースが有りますが、
ランチの休憩であったり、トイレ休憩だと思います。小屋まで分岐は有りません

装備

個人装備 30Lザック レインウエア 防寒着(1) コンロ 2食 非常食 ヘッテン ストック デジカメ GPS 予備電池 タオル グローブ(4) ゴム手 ザックカバー ザブトン 12アイゼン ピッケル スノーシュー ネックウォーマー(2) マグカップ バラクバラ スノーショベル シェルト

写真

P地から、素晴らしい樹氷でした
我々は10台目ぐらいでした
2016年02月07日 07:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P地から、素晴らしい樹氷でした
我々は10台目ぐらいでした
5
スタート前から感動しています
既に標高は1730mだからね
2016年02月07日 07:18撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート前から感動しています
既に標高は1730mだからね
1
白いモコモコに陽が当たる
2016年02月07日 07:37撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白いモコモコに陽が当たる
4
我々の御来光
少し雪が舞ってる、ダイヤモンドダストも有りました
2016年02月07日 07:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我々の御来光
少し雪が舞ってる、ダイヤモンドダストも有りました
5
僅かなタイミングの絶景です
ダイヤモンドダストを撮影する露出が?
2016年02月07日 07:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僅かなタイミングの絶景です
ダイヤモンドダストを撮影する露出が?
3
山頂をチラ見
2016年02月07日 07:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂をチラ見
2
素晴らしい青空
2016年02月07日 07:55撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい青空
1
展望地,茲蠱罐
2016年02月07日 08:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望地,茲蠱罐
1
登っては振り向いて、忙しいです
2016年02月07日 08:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登っては振り向いて、忙しいです
1
八ツ南部とご対面
2016年02月07日 08:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ツ南部とご対面
登りましょう
2名はスノーシュー、2名はアイゼン、ヘンテコなメンバーです
2016年02月07日 09:07撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りましょう
2名はスノーシュー、2名はアイゼン、ヘンテコなメンバーです
半分ぐらい来たかな?
2016年02月07日 09:13撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半分ぐらい来たかな?
2
立ち枯れエリアが見えてくる
テンションアップ
2016年02月07日 09:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち枯れエリアが見えてくる
テンションアップ
1
別世界です
2016年02月07日 09:17撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別世界です
5
トンネル状態
2016年02月07日 09:17撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネル状態
5
ヘタレ気味の歩き方してます
カッコ悪いぞ!
2016年02月07日 09:20撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘタレ気味の歩き方してます
カッコ悪いぞ!
3
森林限界が見えてきた
テンションアップ
2016年02月07日 09:28撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界が見えてきた
テンションアップ
9
風対策に装備変更
2016年02月07日 09:35撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風対策に装備変更
蓼科モンスター、八ツ、南ア
2016年02月07日 09:35撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科モンスター、八ツ、南ア
1
南側を巻いて蓼科ヒュッテへ
2016年02月07日 09:37撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側を巻いて蓼科ヒュッテへ
1
岩に付いたエビの尻尾
2016年02月07日 09:37撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に付いたエビの尻尾
モンスター
2016年02月07日 09:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モンスター
モンスターが沢山です
2016年02月07日 09:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モンスターが沢山です
4
ヒュッテが見えました、今日はここから分岐です。
山頂へのトレースを辿ります
2016年02月07日 09:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテが見えました、今日はここから分岐です。
山頂へのトレースを辿ります
1
山頂!
山頂は寒いので人は少な目
2016年02月07日 09:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂!
山頂は寒いので人は少な目
4
浅間山!
2016年02月07日 09:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山!
1
鳥居と祠
2016年02月07日 09:47撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居と祠
8
この角度もいいね!
2016年02月07日 09:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この角度もいいね!
2
山座同定盤 前方は車山?
2016年02月07日 09:50撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山座同定盤 前方は車山?
1
お鉢の中です
2016年02月07日 09:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢の中です
蓼科山荘
2016年02月07日 10:02撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山荘
穴を掘ってランチ休憩 雲がモクモクと広がって来ます
40分滞在が限界みたい
2016年02月07日 10:28撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴を掘ってランチ休憩 雲がモクモクと広がって来ます
40分滞在が限界みたい
2
ヒュッテ 屋根の雪は少ないですが、埋まり具合は例年並み
2016年02月07日 10:44撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ 屋根の雪は少ないですが、埋まり具合は例年並み
2
下山が始まる 手足の先は痛く、感覚が無いです。
2016年02月07日 10:44撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山が始まる 手足の先は痛く、感覚が無いです。
立ち枯れエリアの急下り
2016年02月07日 10:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち枯れエリアの急下り
ここまで歩けば体はぬくぬく
2016年02月07日 10:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで歩けば体はぬくぬく
1
わんちゃんとすれ違う
2016年02月07日 11:05撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わんちゃんとすれ違う
4
途中は樹氷がないです
2016年02月07日 11:33撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中は樹氷がないです
笹も沢山出ています
2016年02月07日 11:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹も沢山出ています
明るい植林地帯
2016年02月07日 11:42撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい植林地帯
熊棚1を上から眺める
2016年02月07日 11:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊棚1を上から眺める
1
車の帰り道、展望地から、北横岳を眺め
2016年02月07日 12:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車の帰り道、展望地から、北横岳を眺め
2
茅野市の田園地帯から八ツ北部を眺める
2016年02月07日 12:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茅野市の田園地帯から八ツ北部を眺める
1
八ツ南部
2016年02月07日 12:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ツ南部
1
蓼科山
今年は雪が硬め、少なめ、でしたが、スノーハイクは楽しめました
2016年02月07日 12:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山
今年は雪が硬め、少なめ、でしたが、スノーハイクは楽しめました
3
撮影機材:

感想/記録

天気予報で土曜日よりも日曜日ほうが、いくぶん風が穏やか!
毎年 雪山の蓼科山を歩きます。冬季に、はずせない山です。
何時も風が辛いです、今回も同様。でも展望はソコソコ有り最高だよ。
秘密の場所から蓼科山荘を眺め。浅間山のバーコドも綺麗に見えた。
風下にビバーグベンチを作って、軽めのランチ、寒さに耐えます。スノーショベルが活躍します。
下山の出会いは大勢でした、人気のやまですね
駐車スペースを心配して早立ちしましたが、楽勝でした。雪が少なく除雪もしっかり、P地が何時もより広いです。
寒さは例年通り足先、指先。感覚がなくなります
寒さ対策をしっかりすれば、誰でも登れる山に思う。

装備
30Lザック 
レインウエア フリースジャケット グローブ3種 ゴム手袋 帽子 
コンロ 2食 非常食 ゴーグル 水1.2L バラクバラ
ストック 12本アイゼン スノーシュー GPS スノーショベル
携帯電話 デジカメ ヘッテン 予備電池
座布団 ネックウォーマー 予備ガス管
訪問者数:609人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ