ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808750 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

豪華山メシ雲取山♪

日程 2016年02月06日(土) 〜 2016年02月07日(日)
メンバー rojya-su(CL), その他メンバー4人
天候初日曇りがちなるも日差し有り暖かでした〜
夜に10センチくらい雪が積もった。これが景色に花を添えてくれた。
2日目どんなもんぢゃい!ていうぐらい素敵な冬晴れ(^^♪
アクセス
利用交通機関
電車バス
鴨沢ピストンです。
奥多摩駅から西東京バスで。

奥多摩駅8:35発の丹波行きの数分前に臨時の鴨沢西行きバスが出た。
混雑時は増便があるので、少し早めに行って待ってるといいかも?

帰りは12:23鴨沢発に間に合わせたが、帰り便のこの時間の増便は無かった。
バスは座りきれずとなったが、待ってる人を全員乗っけて出発した。

冬季でも天気予報が良いと雲取を目指す人はけっこう多いですな〜
駐車場もきっちり満車程度に埋まってましたわ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間34分
休憩
52分
合計
6時間26分
S鴨沢バス停09:3810:10小袖緑道あがり10:1711:52堂所11:5312:47七ツ石小屋13:1713:45七ツ石山13:57ブナ坂13:5814:35奥多摩小屋14:4215:14小雲取山15:1515:32雲取山避難小屋15:3515:46雲取山15:4816:04雲取山荘
2日目
山行
3時間58分
休憩
12分
合計
4時間10分
雲取山荘07:1007:37雲取山07:4108:00小雲取山08:0108:15ヨモギノ頭08:1608:21奥多摩小屋08:49ブナ坂08:5109:56堂所10:52小袖緑道あがり10:5611:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
総じて暖かめでトレースはしっかり踏まれて締まっていた。
踏み抜くことも無かったし、凍結で苦労することも無かった。

バス停から登山口までは行きも帰りもアイゼン無しで。
登山口からはおいらはチェーンスパイク。
同行者はみんな軽アイゼン。
4本より6本爪がいいと思う。
堂所までは雪の無い場所もある。
雪の無い場所で4本は歩きづらいし、雪のある場所ではグリップ不足で苦労する。
慣れてる人は時間帯によってはアイゼンは必要ないとのことだった。

行きは七つ石山頂を越えていったが巻くのと時間は変わらなかった。
七つ石小屋は営業していたが3月いっぱいで私の営業は終了と書かれておりおどろいた。
以後についてはどうなるか不明。
ここが営業していないと痛いな〜
七つ石小屋の水は凍結防止に停めていたが水場では問題無く出ていた。

奥多摩小屋ではテント数張りだった。
整地済みの場所は少なく数張り分しかなかった。
スコップ貸してくれる模様。
水場は出ているとのことでトレースもしっかりあった。

ヨモギノ頭は巻いた。
登りでは巻いたほうがかなり楽だわ〜
通過したいなら下りで使ったほうがいいでしょ。

小雲取への登りが毎度かな〜りキツイ。
ここまでで足を使ってるところに急坂がつづくので堪える。
これをクリアすればその後は少しアップダウンがあるものの避難小屋が見えて山頂までもう少しだと元気が出てくる。

15時過ぎ時点で山頂避難小屋は7〜8人ほど居た模様。
この後増えたんぢゃないかな?
少々窮屈だったんぢゃないかな?

後は雲取山荘まで下るだけ。
帰りに登り返すのが面倒だけど・・・

帰りは七ツ石の巻き道を使ったが状況は良かったので問題無くあるけた。
雲取と小雲取の巻き道は2〜3人のトレースがあったが避けた。

初心者連れだったが足はしっかりしてたので全行程問題なく予定通り行動できた。
その他周辺情報なんで奥多摩駅前近くにコンビニが無いのか不思議だわさ。
どこかに有るの?

トイレは奥多摩駅は結構混む。
鴨沢のバス停も混む。
特にレディは時間に余裕を持ってね。
あとは各山小屋と避難小屋にあるが七つ石小屋と雲取山荘のトイレが綺麗。

七ツ石避難小屋が私営では無くなるそうな。
4月からのことは丹波山村に聞けと。
どうなっちゃうんだろ?
立派なトイレも出来たのに・・・誰が維持管理するんよ?
小屋番がしっかりトイレ掃除してくれてたんぢゃがな〜

鴨沢バス停そばのこもれびさん営業してましたわ。
でもノンビリ呑んでるとバスで座れないわなf(^_^;
おいらたちは缶ビールで我慢したわさ。

温泉は河辺駅おりて目の前のビルの中にある河辺温泉梅の湯に寄った。
なんせ駅前にあって青梅駅より立川側なんで電車の本数も多い。
そのまんまここの食事処で宴会して解散したわさ〜
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 日本酒5合
共同装備 ツエルトを念のため。

写真

バスの乗客がみんな行っちゃった後にスタートしたんで誰も居ない登山口。装備整えるのに時間がかかっても〜た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの乗客がみんな行っちゃった後にスタートしたんで誰も居ない登山口。装備整えるのに時間がかかっても〜た。
道路歩きを終わり登山口で軽アイゼン装着!
初アイゼン1名、2回目1名だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路歩きを終わり登山口で軽アイゼン装着!
初アイゼン1名、2回目1名だった。
4
でも所々雪が無いの・・・・・
やっぱり昨年に比べると雪は少ないねぇ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも所々雪が無いの・・・・・
やっぱり昨年に比べると雪は少ないねぇ
七つ石小屋に着いた〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七つ石小屋に着いた〜
え” 七つ石小屋4月からど〜なるの〜〜〜〜〜????
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
え” 七つ石小屋4月からど〜なるの〜〜〜〜〜????
3
七つ石の水場は出てました♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七つ石の水場は出てました♪
七つ石山頂。ちょいと曇ってきたのぉ〜〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七つ石山頂。ちょいと曇ってきたのぉ〜〜〜
1
みんなガンバる♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんなガンバる♪
6
山頂見えてきたぞぉ〜〜〜〜〜〜〜
このころ全員足ガクでしたわ・・・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂見えてきたぞぉ〜〜〜〜〜〜〜
このころ全員足ガクでしたわ・・・・・
1
山梨県山頂標識。
避難小屋から20秒W
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨県山頂標識。
避難小屋から20秒W
東京山頂〜〜〜〜〜〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京山頂〜〜〜〜〜〜〜
13
雲取山荘に到着。
ここに泊まるの久々ぢゃのぉ〜〜〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山荘に到着。
ここに泊まるの久々ぢゃのぉ〜〜〜〜
1
夕食は自炊小屋で♪
同行者がしっかり仕込んでくれた豪華料理ぢゃ〜〜〜
玉ねぎ刻むとっから始まるで〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は自炊小屋で♪
同行者がしっかり仕込んでくれた豪華料理ぢゃ〜〜〜
玉ねぎ刻むとっから始まるで〜〜
1
白身魚とキノコのホイル焼き完成です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白身魚とキノコのホイル焼き完成です!
5
エビと生マッシュルームのアヒージョ&白菜と豚肉のミルフィーユ鍋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビと生マッシュルームのアヒージョ&白菜と豚肉のミルフィーユ鍋。
12
生の芋からのフライドポテト&ソーセージ♪
バケットもあるよん
なんか酒のツマミばっかぢゃな(笑) 美味かった〜〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生の芋からのフライドポテト&ソーセージ♪
バケットもあるよん
なんか酒のツマミばっかぢゃな(笑) 美味かった〜〜〜
6
夜半に降った雪もやみよく晴れた。
モルゲンな雲取山荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜半に降った雪もやみよく晴れた。
モルゲンな雲取山荘
5
埼玉山頂天気抜群!
昨年森吉山でお会いしたご夫妻がシャッターを押してくれたんよ〜〜〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
埼玉山頂天気抜群!
昨年森吉山でお会いしたご夫妻がシャッターを押してくれたんよ〜〜〜〜
15
これ、チョッと方角ずれてるよね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ、チョッと方角ずれてるよね?
ええ景色〜〜〜〜〜
八ヶ岳の向こうに南アの稜線が良く見えとるわ〜〜〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ええ景色〜〜〜〜〜
八ヶ岳の向こうに南アの稜線が良く見えとるわ〜〜〜〜
6
富士山ズド〜〜〜〜ん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山ズド〜〜〜〜ん
12
昨夜の雪が木々に着雪して美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨夜の雪が木々に着雪して美しい
3
晴天の雪の稜線下りはたのし(^^♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴天の雪の稜線下りはたのし(^^♪
4
あっという間に遠ざかる避難小屋。
登りではなかなか近付かないのにねぇ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に遠ざかる避難小屋。
登りではなかなか近付かないのにねぇ・・・
2
帰りは七つ石を巻きました〜
トレース見ると巻いてる人のが多いようだったわさ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは七つ石を巻きました〜
トレース見ると巻いてる人のが多いようだったわさ。
ただいま♪
楽しかった〜〜〜〜〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただいま♪
楽しかった〜〜〜〜〜〜
2

感想/記録

ぶな平の先で下って来るソロのレディがこっちに気付いてくれた。
何回かご一緒している山仲間に偶然うれしい再会♪
実は雲取へのルートで偶然すれ違うのは2回目だわ。

雲取小屋でroja-su さん?と声掛けられた。
昨年、森吉山で会ったご夫婦だった。
よく覚えててくれたな〜〜〜
おいら声掛けられるまで気付かなかったよ。ごめんなさい<m(__)m>

楽しい仲間との賑やかで美味い山メシに、山が繋ぐ偶然な出合いと内容の濃い山行ぢゃったな〜〜〜(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪
天気にも恵まれたしのぉ〜〜〜

雲取山荘はすいていておいら5人グループで1部屋使わせてもらえた。
炬燵が朝になっても暖かくてありがたかった〜〜
自炊小屋は石油ストーブをつけてもらえたので食事中上着なしで暖かくすごせた。
冬季用トイレは綺麗で暖房まで入ってて快適だった。
冬は水場が出ないので除菌用アルコールと使い捨ておしぼりが用意されていた。
いや〜〜 快適ぢゃったわ〜〜〜〜〜

夜になり雪が降り始めた。
これが10センチほど積もり、未明には上がって星空が綺麗だった。
翌朝は快晴での出発となり木々に白くまぶされた雪がよりいっそう展望を飾ってくれた。
山頂からの眺めは実に見事ぢゃった♪
これには積雪期初心者も大喜びぢゃった。
初の雪山でこんだけ恵まれた状況にあたるのは実にええのぉ〜
しめしめ。これで次回また雪山に誘ったら来てくれるに違いない(^ω^)


しばらく怠けていたので登りはすんごいしんどかった。
まともに登ったのは元旦の八ヶ岳以来ぢゃったもんな〜
同行メンバーも脚力は充分なんぢゃが慣れない雪で足取りはあまりよく無かった。
時間に余裕をもった計画を立てたつもりがおいら自身もそれにギリギリだった。
雪の状態によってはタイムオーバーになるとこだったな〜
やっぱ冬季は特に慎重な計画を立てんといかんなと気を引き締めるわい。
訪問者数:428人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/8
投稿数: 1
2016/2/12 2:56
 こんにちは!
東京夫婦です。再会できて嬉しかったです。鴨沢バス停から、そうかなーって思ってたので、お声掛けて良かったです!
登録日: 2012/8/23
投稿数: 202
2016/2/12 6:25
 Re: こんにちは!
いやいや、偶然の再会にびっくりの覚えていただいててびっくりの(^ω^)
またどこかでお会いしましょう♪
登録日: 2014/1/14
投稿数: 89
2016/2/12 20:19
 晩御飯
すっごい豪華で目を奪われました(笑
これはアルコール進みますね。
翌日の雪化粧も朝日と相まっていい山だったみたいですね。
登録日: 2012/8/23
投稿数: 202
2016/2/13 5:03
 Re: 晩御飯
シェフがおったんでな〜〜〜〜
ありがたかったわ〜〜〜〜
山も好天でなによりだったわ〜〜〜♪

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ