ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808966 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

【佐久の幽巒】御座山

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー Gipfel, その他メンバー4人
天候sun
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間15分
休憩
27分
合計
3時間42分
S栗生登山口07:4508:18不動の滝08:2609:43御座山10:0210:55不動の滝11:27栗生登山口11:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一般登山道
積雪10〜20cm
その他周辺情報滝見の湯 450円
御座山のバッチ 540円
http://www.takiminoyu.com/spa.html
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

登山道入口で車を停めて
ここから出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口で車を停めて
ここから出発
木々の間から山頂部がうっすらと見えていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から山頂部がうっすらと見えていた。
真っ青な空に霧氷が映えている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ青な空に霧氷が映えている
1
滝をアップで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝をアップで
3
鎖場を登ると、ニセピークだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を登ると、ニセピークだった。
ニセピークからの山頂部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニセピークからの山頂部
1
手前の鞍部で北相木村分岐だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の鞍部で北相木村分岐だった。
山頂直下の小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の小屋
1
山頂標は見えた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標は見えた!
1
山頂からの御座山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの御座山
6
両神山
そろそろ登ってみたい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山
そろそろ登ってみたい!
6
蓼科山から縞枯山付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山から縞枯山付近
1
硫黄岳から三ツ頭付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳から三ツ頭付近
3
Mの看板
どこかの大学のだった気がする
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mの看板
どこかの大学のだった気がする

感想/記録
by Gipfel

いつものメンバーというか、よく一緒に登っているメンバーで手頃な山に登ってきました。

山梨県内で待ち合わせてから、同乗して現地へ向かいました。
おぐら山荘から栗生登山口までは未舗装の林道の積雪道でした。

登山口から登山を開始しました。
最初は沢沿いの道でした。

積雪はそれほどなく、日が当たっていないので溶けておらず滑らずに登ることができました。

そのうち、急斜面になりつづら折りの道になりました。
高度を稼いでいるので徐々に体が暖まっているものの、日が差していないので汗ばむようなことはそれほどありませんでした。

そうこうしているうちに不動の滝でした。
滝は既に凍結済みで、流水は無いようでした。

ここから先は更に急坂になり、岩も増えてきました。
急斜面にはクサリが付けられていました。
クサリ場では日当たりが良いようで積雪は少なかったです。

クサリ場を登り切るとニセピークでした。
ニセピークには御社があり、どうやらここは御岳神社と呼ばれている場所のようでした。

せっかく登ったニセピークを通り過ぎると、急坂で下り始めました。
下り坂にはロープが付けられていましたが、ノーアイゼンでは心配なので、
ここから軽アイゼンをつけることにしました。

アイゼンをつけたので、快適に下ることができました。
次の鞍部に北相木村との分岐がありましたが、こちらからのトレースはありませんでした。

最後の登りはそれほど急坂ではありませんでした。
登り切ると避難小屋がありました。

避難小屋の横を回っていき、岩稜を進んでいくといよいよ御座山の山頂でした。

山頂からの展望は最高で、八ヶ岳、南アルプス、両神山がよく見えていました。

帰りは同じ道を下っていきました。

訪問者数:511人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/7/24
投稿数: 45
2016/2/14 1:23
 御座山
学生の頃、冬の美し森から東を眺めると男山の左に立派なこの山が見えました。最初は山名が読めなかったですね。85年の御巣鷹山の日航機の墜落では最初はこの山に墜落したと言われていました。最近まで野辺山までよく車で行きましたが、いつみても存在感のあるいい姿ですね。
登録日: 2011/11/10
投稿数: 166
2016/2/14 14:26
 Re: 御座山
コメントありがとうございます!

男山も御座山と似て、立派な山容ですね。まだ登ったことがありませんが、そのうち登ってみたいと思っています!
日航機の墜落は、私が生まれる前の事故ですが、甲武信ヶ岳から群馬県境の三国山まで歩いた時の下調べをしている時に、御巣鷹山の位置を知りました。
近くには中央分水嶺もあるので、稜線つなぎもしてみたいです!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ