ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 809538 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

二年ぶり西穂独標で2016初登り〜好天の期待大が〜

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー mt-jun825
天候朝:小雪ののち、午前11時ごろまで:快晴の後、以後くもり  
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅→自宅最寄りIC→中央高速→松本IC→新穂高
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間51分
休憩
1時間11分
合計
5時間2分
S西穂高口(千石平)09:4210:03旧ボッカ道分岐10:0410:42西穂山荘11:0711:18西穂丸山12:17西穂独標12:3213:02西穂丸山13:13西穂山荘13:3213:56旧ボッカ道分岐14:32西穂高口(千石平)14:4314:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ロープウエイの新穂高口から西穂山荘までは目印がありトレースもしっかりして歩きやすい。山荘からは独標の登りの鎖場付近が雪が安定しておらず少々登りづらかった。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ グローブ アウター手袋 ザック アイゼン ピッケル 行動食 飲料 水筒(保温性) GPS

写真

新しい新穂高センター・登山指導センターです。中のトイレはとてもきれい。
2016年02月07日 08:32撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい新穂高センター・登山指導センターです。中のトイレはとてもきれい。
1
まずは登山届を提出します。私は自宅で計画書を作成して持参して提出しています。
2016年02月07日 08:33撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは登山届を提出します。私は自宅で計画書を作成して持参して提出しています。
ロープウエイ乗り場に向かいます。いつもは運転開始直前に入口が開場するのですが、今日は既に開いていて、到着した時は大勢並んでいました。
2016年02月07日 08:36撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウエイ乗り場に向かいます。いつもは運転開始直前に入口が開場するのですが、今日は既に開いていて、到着した時は大勢並んでいました。
2
団体の後ろの並んでしまったので始発には乗れませんでしたが、第二便に乗りました。
2016年02月07日 09:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
団体の後ろの並んでしまったので始発には乗れませんでしたが、第二便に乗りました。
ロープウエイからぐんぐん遠ざかってゆく乗り場を眺めながら期待を高めて行きます。
2016年02月07日 09:06撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウエイからぐんぐん遠ざかってゆく乗り場を眺めながら期待を高めて行きます。
鍋平高原です。ちょっとした遊び場になっているようです。
2016年02月07日 09:11撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋平高原です。ちょっとした遊び場になっているようです。
1
新穂高口到着して外へ出ると西穂高岳を中心とした山並みが眼前に飛び出しました。
2016年02月07日 09:45撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高口到着して外へ出ると西穂高岳を中心とした山並みが眼前に飛び出しました。
播隆上人に、どちらへ向かったら良いか尋ねます。播隆上人が指差す通り西穂山荘方面に行くことにしました。
2016年02月07日 09:47撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
播隆上人に、どちらへ向かったら良いか尋ねます。播隆上人が指差す通り西穂山荘方面に行くことにしました。
2
”この先登山口”の立て看板”、いけないエリア”に突入するみたいで冒険心が高まります。
2016年02月07日 09:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
”この先登山口”の立て看板”、いけないエリア”に突入するみたいで冒険心が高まります。
1
”好天に恵まれて最高”と、この時は思っていました。
2016年02月07日 09:50撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
”好天に恵まれて最高”と、この時は思っていました。
これから行く独標と西穂高岳までの稜線が一望。素晴らしいです。
2016年02月07日 10:01撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く独標と西穂高岳までの稜線が一望。素晴らしいです。
登山道は、20メートルくらいの間隔で目印のリボンがあり道迷いの心配はありません。
2016年02月07日 10:01撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は、20メートルくらいの間隔で目印のリボンがあり道迷いの心配はありません。
1
可視性十分の道標も景色の変化のない樹林帯の中ではいいアクセントになります。
2016年02月07日 10:11撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可視性十分の道標も景色の変化のない樹林帯の中ではいいアクセントになります。
あっ、だれかのヤマレコで見たこれ!
2016年02月07日 10:15撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっ、だれかのヤマレコで見たこれ!
1
西穂山荘に到着。幾分スリムになった2016年バージョンの西穂くん。その後方は、岐阜県警の皆様。訓練に来ているようです。
2016年02月07日 10:47撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘に到着。幾分スリムになった2016年バージョンの西穂くん。その後方は、岐阜県警の皆様。訓練に来ているようです。
急にガスが出てきたので、山荘で休憩しないで独標へ向かいます。
2016年02月07日 11:09撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急にガスが出てきたので、山荘で休憩しないで独標へ向かいます。
1
丸山に到着です。ガスが濃く周りの山々はもとより独標すら見えなくなりました。
2016年02月07日 11:21撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山に到着です。ガスが濃く周りの山々はもとより独標すら見えなくなりました。
真っ白い景色を見ながら、いつのまにか独標に到着です。独標の核心部は、雪が緩くステップをしっかり作りながら登りました。
2016年02月07日 12:29撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白い景色を見ながら、いつのまにか独標に到着です。独標の核心部は、雪が緩くステップをしっかり作りながら登りました。
5
視界ゼロのため独標滞在は数分のみ。少し下ったところで振り返ると一瞬のガスの切れ目から現れた独標の姿。貴重な一枚になりました。
2016年02月07日 12:40撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界ゼロのため独標滞在は数分のみ。少し下ったところで振り返ると一瞬のガスの切れ目から現れた独標の姿。貴重な一枚になりました。
1
ガスの中を淡々と下ります。
2016年02月07日 12:40撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中を淡々と下ります。
これから登る人たちもガスが晴れることを期待しながら登ってくるのでしょうね。
2016年02月07日 12:53撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る人たちもガスが晴れることを期待しながら登ってくるのでしょうね。
1
西穂山荘までもう少しのところまで戻ってきました。
2016年02月07日 13:14撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘までもう少しのところまで戻ってきました。
1
山荘に到着です。いつもは感動の余韻に浸りながら西穂ラーメンを食するのですが今回はパス。
2016年02月07日 13:17撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘に到着です。いつもは感動の余韻に浸りながら西穂ラーメンを食するのですが今回はパス。
1
下山開始。
2016年02月07日 13:40撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始。
見上げるとまた違った景色に出合います。
2016年02月07日 13:47撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げるとまた違った景色に出合います。
1
この小屋も雪の中だといい雰囲気になりますね。
2016年02月07日 14:23撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この小屋も雪の中だといい雰囲気になりますね。
1
新穂高口に到着しました。すぐに下りのロープウエイに乗ることが出来ました。
2016年02月07日 14:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高口に到着しました。すぐに下りのロープウエイに乗ることが出来ました。
笠ヶ岳方面。晴天ですが、ガスが取れないですね。
2016年02月07日 14:50撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳方面。晴天ですが、ガスが取れないですね。
2
鍋平高原は観光客でいっぱい。
2016年02月07日 14:58撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋平高原は観光客でいっぱい。
無事下山。また天気の良さそうな日を見つけて来よう。
2016年02月07日 15:12撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山。また天気の良さそうな日を見つけて来よう。
2
撮影機材:

感想/記録

天気予報をにらみながら満を持して2016年の登り初め。ロープウエイからは快晴の西穂高岳がピカピカ光って見え、”来てよかった”と登る前から大満足。ところが西穂山荘に到着すると稜線はガスの中。小雪が舞い、視界数百メートル程度と朝のあの好天はどこへやら。それほど寒くなかったのはよかったですが”やっぱり山登りは景色がないとね!”ということを思う初登りでした。
訪問者数:366人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/23
投稿数: 187
2016/2/8 23:16
 こんばんは
写真に写り込んでいたので思わずコメントしました。独標は景色がなく残念でしたが小屋に戻って笠ヶ岳が拝めてラッキーでした
登録日: 2013/11/26
投稿数: 7
2016/2/8 23:30
 Re: こんばんは
コメントありがとうございます。誰だかわからない写真を使っているつもりでしたが、さすがに本人はわかりますよね。稜線のガスは残念でしたが、樹林帯の中の景色もまたいいなと思いました。もっといろいろな楽しみ方を見つけようと思った今回の山行きでした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 鎖場 道迷い 高原 出合 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ