ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 813590 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳 赤岳 初心者向けの山じゃなかった

日程 2016年02月11日(木) 〜 2016年02月12日(金)
メンバー ikasama
天候1日目:快晴
2日目:晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
茅野駅からバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間45分
休憩
1時間15分
合計
6時間0分
S八ヶ岳山荘10:2011:05美濃戸山荘11:2013:15行者小屋13:2514:40赤岳天望荘15:1515:45赤岳16:0016:20赤岳天望荘
2日目
山行
3時間40分
休憩
2時間10分
合計
5時間50分
赤岳天望荘07:3008:00赤岳08:2009:15行者小屋09:3009:55赤岳鉱泉11:2012:20美濃戸山荘12:3013:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
美濃戸口から美濃戸山荘まで雪は少ない。アイゼンは必要なかったが、アイスバーンなどに気をつける必要あり。
美濃戸山荘から行者小屋まで雪はあったが、アイゼンはいらない。チェーンスパイクなどが便利。
行者小屋から上はアイゼン、ピッケル必須。地蔵尾根は急登で結構怖い。階段が見えてましたが、滑り易く危険です。
赤岳展望荘から赤岳山頂までは地蔵尾根に比べると楽。ただ、下りが少し怖い。
赤岳山頂から文三郎尾根経由で行者小屋に向かう道は山頂直下が危険。鎖が見えている箇所もありますが、鎖なしも多い。地蔵尾根ほど急な感じはしませんが、滑落は許されないので慎重に進む必要があります。
行者小屋から北沢ルートを経由して下る道は、基本雪で覆われています。アイゼンはつけず、チェーンスパイクで下りました。

写真

始発のバスで美濃戸口登山口に到着。始発ですが10時過ぎてます。この時間だと日帰りは、たぶん無理です。
2016年02月11日 10:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始発のバスで美濃戸口登山口に到着。始発ですが10時過ぎてます。この時間だと日帰りは、たぶん無理です。
1
美濃戸口から美濃戸山荘までの道には若干雪がありました。アイスバーンに注意。
2016年02月11日 10:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口から美濃戸山荘までの道には若干雪がありました。アイスバーンに注意。
2
美濃戸山荘。ここでアイゼンを付けている人が多かったので装備。
2016年02月11日 11:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘。ここでアイゼンを付けている人が多かったので装備。
南沢ルートから赤岳展望荘を目指します。途中でアイゼンはいらないと思い始めますが、我慢して進みました。アイゼンで長時間歩いたせいか、足を痛めました。
2016年02月11日 11:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢ルートから赤岳展望荘を目指します。途中でアイゼンはいらないと思い始めますが、我慢して進みました。アイゼンで長時間歩いたせいか、足を痛めました。
南沢ルートの沢は凍っていて上を歩くことができます。
時間が遅いせいか、行者小屋方面に向かう人に全く会いません。
2016年02月11日 12:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢ルートの沢は凍っていて上を歩くことができます。
時間が遅いせいか、行者小屋方面に向かう人に全く会いません。
2
この南沢ルートは視界が悪く退屈な道。その上、結構距離があります。アイゼンのせいか途中、足を痛め、歩くのが辛くなりました。
2016年02月11日 13:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この南沢ルートは視界が悪く退屈な道。その上、結構距離があります。アイゼンのせいか途中、足を痛め、歩くのが辛くなりました。
5
行者小屋。赤岳、阿弥陀岳がよく見えます。
2016年02月11日 13:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋。赤岳、阿弥陀岳がよく見えます。
6
テント泊の方も結構いました。
2016年02月11日 13:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント泊の方も結構いました。
5
地蔵尾根から赤岳展望荘へ。前日まで、文三郎尾根から赤岳を経由し赤岳展望荘に行くか迷っていましたが、時間的に地蔵尾根でないと山小屋に着くのが遅くなりそうだったので地蔵尾根を利用。
2016年02月11日 13:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根から赤岳展望荘へ。前日まで、文三郎尾根から赤岳を経由し赤岳展望荘に行くか迷っていましたが、時間的に地蔵尾根でないと山小屋に着くのが遅くなりそうだったので地蔵尾根を利用。
恐怖の地蔵尾根を抜けるとお地蔵様。この尾根は高度感がある上、道が急なので写真を撮る余裕がありませんでした。
地蔵尾根はかなり急な道で怖いです。階段と鎖場に苦労しました。
2016年02月11日 14:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐怖の地蔵尾根を抜けるとお地蔵様。この尾根は高度感がある上、道が急なので写真を撮る余裕がありませんでした。
地蔵尾根はかなり急な道で怖いです。階段と鎖場に苦労しました。
2
稜線に出ると展望が広がります。横浜、
2016年02月11日 14:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ると展望が広がります。横浜、
6
阿弥陀岳、
2016年02月11日 14:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳、
3
赤岳などが見えます。
2016年02月11日 14:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳などが見えます。
6
赤岳展望荘に到着。とりあえずチェックイン。
2016年02月11日 14:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘に到着。とりあえずチェックイン。
2
山頂へ。ここの登りは地蔵尾根と比べると簡単。
2016年02月11日 15:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ。ここの登りは地蔵尾根と比べると簡単。
4
山頂まであと少し。遅い時間帯のせいか、他に一人しかいません。
2016年02月11日 15:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し。遅い時間帯のせいか、他に一人しかいません。
5
この日は天気が最高で、アルプス、浅間山など、よく見えます。しかも暖かい。
2016年02月11日 15:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は天気が最高で、アルプス、浅間山など、よく見えます。しかも暖かい。
5
山頂に到着。風はほぼなし。
2016年02月11日 15:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。風はほぼなし。
8
最高の天気でした。
2016年02月11日 15:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高の天気でした。
5
赤岳展望荘に戻り夕焼けを堪能。
2016年02月11日 17:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘に戻り夕焼けを堪能。
5
富士山や
2016年02月11日 17:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山や
6
横岳がきれい。
この時期の赤岳展望荘ですが、暖かく過ごせます。大部屋ではなく暖房が効く個室に泊まれるからです。個室を予約しない場合は他の人と相部屋。
2016年02月11日 17:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳がきれい。
この時期の赤岳展望荘ですが、暖かく過ごせます。大部屋ではなく暖房が効く個室に泊まれるからです。個室を予約しない場合は他の人と相部屋。
14
朝食が5時30分からなので、朝日に余裕で間に合います。
2016年02月12日 06:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食が5時30分からなので、朝日に余裕で間に合います。
3
御来光。
2016年02月12日 06:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御来光。
8
富士山
2016年02月12日 06:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山
11
赤岳
2016年02月12日 06:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳
14
この日はのんびり出発。みなさん出発が早く、7時30分頃にはほとんどの人が居なくなっていました。
2016年02月12日 08:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日はのんびり出発。みなさん出発が早く、7時30分頃にはほとんどの人が居なくなっていました。
1
再び赤岳山頂へ。この日は風が強く、ここに長時間いるのは厳しい。
文三郎尾根経由で下山。赤岳山頂直下は厳しい下りが続きます。山頂からすぐ近くの下りが怖い。その後も怖い場合がありますが、鎖が出てますし、なくてもなんとかなる。
2016年02月12日 08:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び赤岳山頂へ。この日は風が強く、ここに長時間いるのは厳しい。
文三郎尾根経由で下山。赤岳山頂直下は厳しい下りが続きます。山頂からすぐ近くの下りが怖い。その後も怖い場合がありますが、鎖が出てますし、なくてもなんとかなる。
2
中岳分岐からは難易度が低下します。しかし、滑落が許されないので慎重に下る必要があります。
2016年02月12日 08:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳分岐からは難易度が低下します。しかし、滑落が許されないので慎重に下る必要があります。
1
阿弥陀岳。こんなところ、怖くて登れません。
2016年02月12日 08:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳。こんなところ、怖くて登れません。
3
行者小屋。ここまで来れば後は簡単。
2016年02月12日 09:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋。ここまで来れば後は簡単。
途中、赤岳鉱泉に寄りました。ここの食事がおいしいと評判なのでカレーを食べてみました。
2016年02月12日 09:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、赤岳鉱泉に寄りました。ここの食事がおいしいと評判なのでカレーを食べてみました。
4
北沢ルートではチェーンスパイクが有効です。
2016年02月12日 11:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢ルートではチェーンスパイクが有効です。
前日より雪が減ってました。
2016年02月12日 12:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日より雪が減ってました。
1
美濃戸口に到着。バスが来るまでお風呂に入ったり、食事をとったりしてました。
2016年02月12日 13:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口に到着。バスが来るまでお風呂に入ったり、食事をとったりしてました。
3
撮影機材:

感想/記録

赤岳なんて楽勝だろと思っていましたが、予想外に苦戦。初心者向けの山だと思っていましたが、赤城山と明らかに難易度が違いました。危険箇所が結構ありました。ヤマレコを見ると日帰りの方が結構いますが、日帰りは結構きついと思いました。
訪問者数:887人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2016/2/17 6:00
 初心者向け。。。
というのはどちらからの情報なのか知りたいですね(笑)
仮にも3000m級、荒れたらクライマーにも厳しい所です。
条件が良くて良かったですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ