ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 816360 全員に公開 講習/トレーニング八ヶ岳・蓼科

「天狗岳」登山教室(あこがれの山探検隊)

日程 2016年02月20日(土) [日帰り]
メンバー e-sansaku(記録), その他メンバー3人
天候2/20 雪〜暴風雪
2/21 霧&強風〜晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
茅野駅〜桜平は夏沢鉱泉の送迎車を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
1時間47分
合計
4時間37分
S桜平12:1512:47夏沢鉱泉14:1415:27オーレン小屋15:3316:33箕冠山16:4716:52根石山荘G
日帰り
山行
3時間15分
休憩
3時間26分
合計
6時間41分
根石山荘07:1107:23根石岳07:4007:49白砂新道入口08:4009:04根石岳09:1209:20根石山荘09:5410:07箕冠山10:0811:02夏沢峠11:04山びこ荘11:22オーレン小屋11:2912:03夏沢鉱泉13:3113:52桜平
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
根石岳方面からの天狗岳は新雪&強風で雪庇多し。
箕冠山〜夏沢峠の雪質は良かったのでスノーシューハイクも楽しそう。
夏沢鉱泉より下はほぼ氷なので軽アイゼンは最低必要。
その他周辺情報隊長は本格雪山登山にチャレンジすべく、硫黄岳山荘のネイチャースクールに申し込んだ。体力不足のキャッシー隊員は今回はお休みである。
35000円で講習・宿泊・ランチ・温泉まで含まれており、しかも少人数でアイゼン・ピッケルもレンタル可能で、全くもって素晴らしい登山教室である。しかもモンベルカードで500円割引つきである。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

八ヶ岳山岳ガイド協会のTガイドが今回の講師。
2016年02月20日 12:09撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山岳ガイド協会のTガイドが今回の講師。
まずは桜平から夏沢鉱泉まで登る。
装備装着に手間取り、最初の指導を受ける。
2016年02月20日 12:15撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは桜平から夏沢鉱泉まで登る。
装備装着に手間取り、最初の指導を受ける。
夏沢鉱泉に到着。
2016年02月20日 13:50撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉に到着。
ランチを食べた後、隊長はアイゼン・ピッケルをレンタルする。
2016年02月20日 13:06撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチを食べた後、隊長はアイゼン・ピッケルをレンタルする。
気温はプラス2度。しかし、雨でなく雪となって良かった。
2016年02月20日 13:49撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温はプラス2度。しかし、雨でなく雪となって良かった。
さあ、夏沢鉱泉を出発っ!
2016年02月20日 13:50撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、夏沢鉱泉を出発っ!
体力不足の隊長には、T講師の足取りが早く感じてしまう。
2016年02月20日 14:13撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体力不足の隊長には、T講師の足取りが早く感じてしまう。
箕冠山を下ると稜線に出る。
2016年02月20日 16:40撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕冠山を下ると稜線に出る。
本日の宿泊地である根石山荘にようやく到着。
2016年02月20日 16:46撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の宿泊地である根石山荘にようやく到着。
手前の階段に注意。
2016年02月20日 16:46撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の階段に注意。
新館はまるでペンションのようだ。
ストーブ3台で快適快適。
2016年02月20日 17:17撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新館はまるでペンションのようだ。
ストーブ3台で快適快適。
一方、本館はいかにも山小屋で趣がある。
2016年02月20日 17:22撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一方、本館はいかにも山小屋で趣がある。
根石岳の油絵も味わい深い。
2016年02月20日 17:22撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳の油絵も味わい深い。
夕食はハンバーグにサバ味噌煮、それにおでんに甘辛たれ付けから揚げまでついてボリュームたっぷりで美味しい。
2016年02月20日 17:28撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食はハンバーグにサバ味噌煮、それにおでんに甘辛たれ付けから揚げまでついてボリュームたっぷりで美味しい。
1
お土産コーナーにはヒマラヤのベースキャンプでみるようなチベットの絵柄のTシャツなどが飾られている。
2016年02月21日 06:18撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お土産コーナーにはヒマラヤのベースキャンプでみるようなチベットの絵柄のTシャツなどが飾られている。
新館が揺れるような暴風雪の夜中を過ごし、朝を迎える。
2016年02月21日 06:21撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新館が揺れるような暴風雪の夜中を過ごし、朝を迎える。
稜線は雲の中のようだ。
2016年02月21日 06:21撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線は雲の中のようだ。
強風の中、小屋を出発し、天狗岳を目指すが…
2016年02月21日 06:21撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風の中、小屋を出発し、天狗岳を目指すが…
東天狗岳頂上まで後150mまで登る。
2016年02月21日 08:00撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳頂上まで後150mまで登る。
悩むTガイド。
2016年02月21日 08:01撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悩むTガイド。
強風のため天狗直下のリッジを渡ることは断念。
2016年02月21日 08:01撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風のため天狗直下のリッジを渡ることは断念。
たとえ撤退でも、本格雪山体験が楽しい隊長。
2016年02月21日 08:02撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たとえ撤退でも、本格雪山体験が楽しい隊長。
耐風姿勢をとる。
2016年02月21日 08:03撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
耐風姿勢をとる。
南天狗岳(実は根石岳)で記念撮影。
2016年02月21日 09:01撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南天狗岳(実は根石岳)で記念撮影。
南天狗岳?でもう一枚。
2016年02月21日 09:01撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南天狗岳?でもう一枚。
根石山荘に戻る。
2016年02月21日 09:11撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石山荘に戻る。
ようやく徐々に太陽がでてくる。
2016年02月21日 09:11撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく徐々に太陽がでてくる。
ストックがすごいことになっている。
2016年02月21日 09:14撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ストックがすごいことになっている。
下界は晴天のようだ。
2016年02月21日 09:32撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界は晴天のようだ。
おお、天狗がみえてきた。
2016年02月21日 09:45撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、天狗がみえてきた。
小屋からはアイゼンを外して行動する訓練。
2016年02月21日 09:45撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋からはアイゼンを外して行動する訓練。
西天狗と根石岳。
2016年02月21日 09:51撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗と根石岳。
青空がのぞいてきた。
2016年02月21日 09:51撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空がのぞいてきた。
箕冠山から夏沢峠に向かう。
2016年02月21日 09:51撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕冠山から夏沢峠に向かう。
Tガイドの言うとおり、スノーシューもアイゼンもなくても全く問題ない。アイゼンが無いとこんなに足取りが軽いのか…
2016年02月21日 09:52撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Tガイドの言うとおり、スノーシューもアイゼンもなくても全く問題ない。アイゼンが無いとこんなに足取りが軽いのか…
キャッシー隊員が不在なので、頼んで隊長を撮ってもらう。
2016年02月21日 09:52撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャッシー隊員が不在なので、頼んで隊長を撮ってもらう。
なぜ、この傾きなのかな…
2016年02月21日 09:52撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜ、この傾きなのかな…
西天狗岳から降りる人たちが見える。
このパーティは中山峠方面からと思われる。
2016年02月21日 09:55撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳から降りる人たちが見える。
このパーティは中山峠方面からと思われる。
今回断念した東天狗岳のリッジが見える。今なら行けたのかも。
2016年02月21日 10:08撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回断念した東天狗岳のリッジが見える。今なら行けたのかも。
こちらは硫黄岳。頂上は雲の中だ。
2016年02月21日 10:14撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは硫黄岳。頂上は雲の中だ。
硫黄岳に登っている人達が見える。
2016年02月21日 10:51撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳に登っている人達が見える。
オーレン小屋にて記念撮影。
2016年02月21日 11:17撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋にて記念撮影。
背景の硫黄岳もきれいだ。
2016年02月21日 11:17撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背景の硫黄岳もきれいだ。
夏沢鉱泉に向かう。
2016年02月21日 11:18撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉に向かう。
夏沢鉱泉から見える穂高と常念。
2016年02月21日 13:20撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉から見える穂高と常念。
お疲れ様でした。
2016年02月21日 13:22撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
隊長は雪山のエキスパートにはどうしても見えない。
2016年02月21日 13:22撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隊長は雪山のエキスパートにはどうしても見えない。
Tガイドとはここでお別れ。
2016年02月21日 13:24撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Tガイドとはここでお別れ。
桜平まで下る。道は完全な氷。
アイゼンは返却したので、自前の軽アイゼンを使う。
2016年02月21日 13:24撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜平まで下る。道は完全な氷。
アイゼンは返却したので、自前の軽アイゼンを使う。
桜平に到着。
2016年02月21日 13:44撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜平に到着。
送迎車で茅野駅まで送ってもらう。
2016年02月21日 13:44撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送迎車で茅野駅まで送ってもらう。
茅野駅展望台からの八ヶ岳。また来るね。
2016年02月21日 14:52撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茅野駅展望台からの八ヶ岳。また来るね。

感想/記録

隊長は初めてのピッケル&12本爪アイゼンでの本格雪山体験であった。秒速20mの強風で敗退こそしたが、気分はもうヒマラヤを登っている感覚であり、大変楽しめるものであった。毎年チャレンジしようかな・・・
もっとも、女性陣についていけないほどの体力不足も露呈してしまった隊長であった。
Tガイドならびにご一緒した登山教室の皆様、ありがとうございました。

今回の動画はこちら。

訪問者数:460人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/23
投稿数: 202
2016/2/24 20:27
 根石小屋にて
お会いしました。
あの強風の中、よく頑張られましたね。
当日の状況ではガイドさんがしっかりしてても根石側からの天狗山頂はむずかしかったと思います。
登録日: 2010/8/20
投稿数: 24
2016/2/24 23:54
 Re: 根石小屋にて
rojya-su さま、
コメントありがとうございます。根石岳、根石小屋、夏沢峠までの道でお会いしたかと存じます。
今回は天狗山頂には登れませんでしたが、強風の中トレースのない雪山を登っていると、まるでヒマラヤでも登っている気分で自分は結構楽しめました。
くせになりそうなので、これから毎年行くかもしれません。
登録日: 2012/7/7
投稿数: 1
2016/2/25 17:56
 お世話になりました!
こんちには。
一緒のツアーに参加しました青い方です(笑)
自分が歩いたルートをこんなふうに、振り替えれるなんて贅沢です!ありがとうございます。

いろいろな経験できて、キレイな景色も見れて最高の山行でした。
ガイドさんや皆さんのおかげです。
また、どこかの山で〜。
登録日: 2010/8/20
投稿数: 24
2016/2/26 0:58
 Re: お世話になりました!
nicopaさん、
見て頂いてありがとうございます。
強風でしたが新雪にピッケルを突き刺しながら登るのは楽しかったですよね。
T講師には一杯指導をうけましたが、大変ためになりました。
自分はnicopaさんほどの登山技術も経験も体力もありませんでしたので、
皆様の足を引っ張ってしまいましたが、お許しを。
また会えるといいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ