ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818471 全員に公開 雪山ハイキング赤城・榛名・荒船

赤城山

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー mikichan-y
天候晴れ(霞あり)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大沼駐車場(無料)を利用。8:30現在で5割程度。赤城南面道路は一部凍結中ですが、95%くらいはドライ路面でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間0分
休憩
30分
合計
3時間30分
Sあかぎ広場前バス停08:3008:40赤城神社駐車場08:50黒檜山登山口09:10猫岩10:00赤城山10:10黒檜山展望台10:4010:40赤城山10:50黒檜山大神11:10大タルミ12:00駒ヶ岳12:00駒ヶ岳大洞登山口12:00赤城山広場前バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
凍結箇所あり。装備は様々で、登山靴のみ〜12本アイゼン。チェーンスパイク、軽アイゼンあたりがちょうどよいくらいと感じました。
その他周辺情報あいのやまの湯を利用。クーポン使うと410円。プール併設、ホスピタリティあふれる共同湯。塩分の強い温泉です。

写真

大沼駐車場から。おっ、霧氷が…
2016年02月27日 08:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沼駐車場から。おっ、霧氷が…
1
駐車率は5割くらいでしょうか。路面は昨年とは違って本当に雪が少ないですね。
2016年02月27日 08:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車率は5割くらいでしょうか。路面は昨年とは違って本当に雪が少ないですね。
1
ワカサギ釣り。絶賛実施中です。
2016年02月27日 08:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワカサギ釣り。絶賛実施中です。
2
登山口から見た北面道路。閉鎖中です。少雪なのにたくさんあるように見える。
2016年02月27日 08:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から見た北面道路。閉鎖中です。少雪なのにたくさんあるように見える。
おろしたてのOXTOSの10本爪アイゼン。本格的な雪山挑戦は技量を超えているのでこの範囲で制限。
2016年02月27日 08:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おろしたてのOXTOSの10本爪アイゼン。本格的な雪山挑戦は技量を超えているのでこの範囲で制限。
2
登山口です。
2016年02月27日 08:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口です。
凍結部分が入り混じる急登です。ところどころ土も見えていてもう冬山もおしまいの感じです。
2016年02月27日 09:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍結部分が入り混じる急登です。ところどころ土も見えていてもう冬山もおしまいの感じです。
視界が開けての1枚。2週続けてスノーシューした地蔵岳(アンテナ山)と長七郎山、大沼。この構図が好き。
2016年02月27日 09:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開けての1枚。2週続けてスノーシューした地蔵岳(アンテナ山)と長七郎山、大沼。この構図が好き。
1
猫岩です。
2016年02月27日 09:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫岩です。
標高を稼ぐと、少し雪質が変わって、ふかふか雪に。赤城山はスノーパウダーとの評判。
2016年02月27日 09:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を稼ぐと、少し雪質が変わって、ふかふか雪に。赤城山はスノーパウダーとの評判。
朝日を浴びてキラキラ雪面。
2016年02月27日 09:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を浴びてキラキラ雪面。
1
チョコフレーク?
2016年02月27日 09:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョコフレーク?
1
えのきだけ?
2016年02月27日 09:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えのきだけ?
1
久しぶりの山登りで、ヒイヒイ言いながら山頂への分岐に到着。
2016年02月27日 10:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりの山登りで、ヒイヒイ言いながら山頂への分岐に到着。
尾根はふかふか雪でゴキゲン。霧氷は消えていました。
2016年02月27日 10:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根はふかふか雪でゴキゲン。霧氷は消えていました。
1
赤城山ブルー!
2016年02月27日 10:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤城山ブルー!
1
山頂ですが、お楽しみはその先の展望台です。
2016年02月27日 10:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂ですが、お楽しみはその先の展望台です。
1
鈴が岳
2016年02月27日 10:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴が岳
1
子持山方面
2016年02月27日 10:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子持山方面
おっ! ヒップそりをした後が…
2016年02月27日 10:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ! ヒップそりをした後が…
1
武尊山方面
2016年02月27日 10:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊山方面
1
キラキラ…雪面
2016年02月27日 10:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キラキラ…雪面
2
手前が山頂方面。右が赤城神社。左方面が駒ヶ岳方面。
2016年02月27日 10:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前が山頂方面。右が赤城神社。左方面が駒ヶ岳方面。
黒檜山大神。
2016年02月27日 10:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒檜山大神。
1
花見が原キャンプ場方面分岐。足跡があります。
2016年02月27日 10:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花見が原キャンプ場方面分岐。足跡があります。
南面は雪が解け、木階段が露出しています。アイゼンを履いたままでは傷んでしまう。
2016年02月27日 10:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南面は雪が解け、木階段が露出しています。アイゼンを履いたままでは傷んでしまう。
尾根伝いに歩いていきます。
2016年02月27日 11:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根伝いに歩いていきます。
1
振り返って黒檜山。
2016年02月27日 11:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って黒檜山。
2
夏場は良い休憩箇所ですが、今は一面雪。
2016年02月27日 11:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏場は良い休憩箇所ですが、今は一面雪。
大タルミ
2016年02月27日 11:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大タルミ
名残惜しくて何度も振り返ります。
2016年02月27日 11:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しくて何度も振り返ります。
駒ヶ岳山頂。登り返しがきつかったけれど、黒檜山から30分で到着。
2016年02月27日 11:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂。登り返しがきつかったけれど、黒檜山から30分で到着。
関東平野方面。残念ながら霞んでしまっています。
2016年02月27日 11:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東平野方面。残念ながら霞んでしまっています。
小地蔵、長七郎、小沼。どれも楽しいコースばかり。
2016年02月27日 11:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小地蔵、長七郎、小沼。どれも楽しいコースばかり。
1
標識が充実したようです。サブコースは未経験です。
2016年02月27日 11:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識が充実したようです。サブコースは未経験です。
名物鉄階段。残雪あったり、なかったりでアイゼン取り外しに躊躇。結局外したが、後程再装着する羽目に。
2016年02月27日 11:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物鉄階段。残雪あったり、なかったりでアイゼン取り外しに躊躇。結局外したが、後程再装着する羽目に。
駒ヶ岳側入り口に無事生還。
2016年02月27日 12:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳側入り口に無事生還。
正午ですが、ほぼ満車状態。
2016年02月27日 12:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正午ですが、ほぼ満車状態。
1
撮影機材:

感想/記録

直近1か月で3回目の赤城山。
前2回は地蔵岳・小沼のスノーシューイングを楽しんだ。
今回は、アイゼンの装着チェック目的で黒檜山へ向かった。
今年の雪の少なさは赤城山も例外ではなく、昨年の様相とは全く異なった印象。
でも、雪山ハイクは初心者なので、ちょうどよいコンディションとなった。
・道路=雪なし
・標高が低いところ(岩場)=カチカチの雪面
・山頂に近い部分=フカフカの雪
装備は皆さん様々で、登山靴のみの強者もいれば、私みたいなやや過剰装備の方もおり、バラエティに富んでいる。(私は、大は小を兼ねるで10本爪を選択)
コースは間違いようのないトレース、雪庇はほぼない状態、空を見上げれば青空、風もほとんど吹いていない、といった塩梅で、最高のスノーハイク日和。
出発時点は−7度くらいだったが、徐々に気温が上がりと1時間の登りですっかり汗かきさんに。
山頂展望台からの眺めは、霞がかかってしまっていたものの、静かに時が流れてまったり感を十分に満喫。
思い返せば、ここ数か月、心身疲労が激しかった。
(自分的には)初めて生命の危機を感じた疾病(軟部腫瘤)
その後に訪れた、心の病と自律神経失調による身体の変調…
これまでの健康が一転し、人生観まで変わってしまうような出来事だった。
少しずつではあるが、元の状態に戻りつつある。
自分にとっての至福の時間は山に登ること。
これからも数多くの山歩きをしようと思う。
===
滑り止めは、チェーンスパイクか軽アイゼン位がちょうどよいようです。
雪面あり、鉄階段、木階段、地面…様々変わるので着脱するタイミングが難しい時期です。自分は駒ヶ岳からの下りの鉄階段でアイゼンはずしましたが、その後の雪面で再装着しました(命にゃ代えられませんので…)
訪問者数:455人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/1/20
投稿数: 1
2016/2/29 18:06
 アイゼン着脱
このコメント欄をちゃんと読んでおけばよかったです。
私は28日に登りましたが、私も同じタイミングでアイゼンを外してしまいました(T_T)
アイゼン再装着はイヤ、ということで結局チェーンスパイク装着しました。

どうか、御身体ご自愛ください。
登録日: 2012/8/5
投稿数: 5
2016/2/29 22:20
 Re: アイゼン着脱
雪の状況も中途半端で昨年よりひと月くらい前倒しの印象でした。
私もどの滑り止めにしようか迷いましたが、アイゼンの試し装着もあったので10本爪にしましたが、ちょっと過剰装備だった気がしました。
おっしゃるとおり、終始チェーンスパイクあたりの選択がベストだったかなと思います。
私は近隣在住の者ですが、赤城山は四季折々の楽しみ方があって大好きな山の一つです。
大沼での南面道路の急登は思いの外侮れませんが。。。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ