ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819778 全員に公開 山滑走道東・知床

雌阿寒岳

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー hidekin
天候晴れたり曇ったり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
野中温泉の登山口から
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

07:00 登山口を出発
09:15 大沢を登ってスキーデポ
09:55 雌阿寒岳山頂着
10:05 山頂発
10:55 大沢へスキー滑降
11:20 登山口着
コース状況/
危険箇所等
森林限界まではしっかりしたトレースがあります
大沢の底は氷化していませんでしたが,側壁は氷化していました
アイゼン,ピッケルは必須です
その他周辺情報入浴は野中温泉(350円,石鹸・シャンプーなどなし)
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

行きの車中から見えた雌阿寒岳〜阿寒富士
2016年02月27日 06:44撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きの車中から見えた雌阿寒岳〜阿寒富士
1
登山口で入山者名簿に記入して出発
2016年02月27日 07:05撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口で入山者名簿に記入して出発
森林限界を超えると視界がひらける
2016年02月27日 07:43撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を超えると視界がひらける
1
真っすぐに大沢へ向かったため,沢底へ降りるのに氷化した斜面をトラバースすることになった(いったん999m地点へ行ってから,沢底を登って行った方がよかった)
2016年02月27日 08:05撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っすぐに大沢へ向かったため,沢底へ降りるのに氷化した斜面をトラバースすることになった(いったん999m地点へ行ってから,沢底を登って行った方がよかった)
2
大沢をシートラ,アイゼンで登って行く
2016年02月27日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢をシートラ,アイゼンで登って行く
3
かなり登って振り返る
2016年02月27日 08:56撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり登って振り返る
2
スキーデポ地点からフップシ岳
2016年02月27日 09:17撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーデポ地点からフップシ岳
1
雌阿寒岳山頂に向けて登って行った
2016年02月27日 09:22撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳山頂に向けて登って行った
1
雌阿寒岳山頂です(今日はピックストックが役立った)
2016年02月27日 09:56撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳山頂です(今日はピックストックが役立った)
9
雲が流れて阿寒湖,雄阿寒岳,剣ヶ峰が見えた
2016年02月27日 10:02撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が流れて阿寒湖,雄阿寒岳,剣ヶ峰が見えた
2
雄阿寒岳のズーム
2016年02月27日 10:02撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄阿寒岳のズーム
5
さあ,帰ろう
2016年02月27日 10:09撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ,帰ろう
2
チロルと一緒に登って行く登山者
2016年02月27日 10:26撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チロルと一緒に登って行く登山者
2
スキーデポ地点に到着
2016年02月27日 10:30撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーデポ地点に到着
1
大沢へドロップ
2016年02月27日 10:54撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢へドロップ
2
雪は少ないが石を踏むことはなかった
2016年02月27日 10:56撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は少ないが石を踏むことはなかった
登りのトレースとシュプール
2016年02月27日 10:59撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りのトレースとシュプール
3
雪は硬かった
2016年02月27日 11:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は硬かった
1
999m地点に向かって,さらに沢を降る
2016年02月27日 11:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
999m地点に向かって,さらに沢を降る
2
999m地点から振り返る
2016年02月27日 11:03撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
999m地点から振り返る
1
大沢を振り返る
2016年02月27日 11:06撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢を振り返る
1
西へトラバースして,夏道脇の沢に入って降った
2016年02月27日 11:08撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西へトラバースして,夏道脇の沢に入って降った
沢の中はヤブが埋まっていない
2016年02月27日 11:13撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の中はヤブが埋まっていない
1
今日のトラックログ(赤:登り,青:下り)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のトラックログ(赤:登り,青:下り)
1
撮影機材:

感想/記録

雌阿寒岳は山スキーの対象としては考えていなかったが,雌阿寒岳の大沢を滑ったという記録があり,結構よい雪の時もあるようだ。家からそんなに遠くないし,冬の阿寒の山は未体験なので今年は行ってみたいと考えていた。なかなか積雪が増えてこないが,偵察がてら行ってみた。

今日は冷え込んでおり,道中の最低気温は−20℃。野中温泉に着いたら−16℃だった。曇ってはいるが視界は良く,無風である。
7時,今日の一番で登山口を出発。冬期間でもconstantに入山者がいるようで,非常にしっかりしたトレースができている。トレース通りに歩いて最初は沢の左岸を,途中から沢を渡って右岸を進む。雪の表面はフワフワだが,樹林が密である。

7時40分,標高950mくらいで森林限界となり,前方に雌阿寒岳がドーンと見えてきた。風も出てきて雪面がクラストしているので,クトーを装着して登って行った。
999m地点を通らずに真っすぐ大沢の方へ進んだため,沢の底に行くには沢の側壁をトラバースする必要がある。クトーを効かせて進んで行ったが,氷化斜面途中で滑落の危険を感じ ,足場を作ってスキーを外す。アイゼン・シートラとしてウィペットのピックを側面に突き刺しながら沢底に降りた。沢底は硬めの雪だがクラストしてはおらず,滑降には問題なさそう。シートラのまま沢を登って行って

9時15分,大沢を登りきって稜線に出た。ここより上では雪が付いていないところが多く,スキーは使えそうもない。スキーデポして,山頂に向かってアイゼンで登って行くと少しずつ晴れ間も出てきた。

9時55分,雌阿寒岳の山頂着。雲が流れて晴れ間も出て,雄阿寒岳や阿寒湖,剣ヶ峰も見え,なんとか眺望も楽しめた。気温−15℃,風少しあり。

10時5分,下山開始。スキーデポ地点の近くで,登山者二人とすれ違ったがチロルも一緒だった。
10時30分,スキーデポ地点。ちょっと休憩。気温−10℃,弱風。

10時55分,大沢へドロップ。雪は硬く,慎重にターンして行った。雪は多くないが,石を踏むほどではないのがうれしい。沢の中は無風で温かい。この沢を降りすぎると帰りの方向と違ってしまうので,途中から左(西)へ向かい
11時,999m地点。クラストした斜面を左(西)へトラバースして登りルート脇の沢に入った。しばらくは沢底を滑ったが,ヤブが隠れていなくて結構,難儀。

11時20分,無事,登山口に到着。クルマも増えており,冬でも結構人気の山のようだ。
今日は滑りを楽しむという状況ではなかったが,時期を見て雪の良さそうな時にまた来てみたい。

 行動時間: 4時間20分
 移動距離: 6
 累積標高: 820m
訪問者数:394人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/6
投稿数: 50
2016/2/29 7:03
 沢底のヤブ
初めまして 雌阿寒 今年は雪不足でいまいちなんですね、先月行きましたが(途中断念)やはり 登山道の沢底は滑るというよりヤブ、木をまたいで滑る感じでした。
雪が積もったら再度チャレンジしようと考えていたのですが、今年はもう雪降らなさそうでダメっぽいかな= と チョイ愚痴でした。 この時期住んでいるところに雪はイヤですが、山にはたくさん降ってほしいですね。 
登録日: 2013/1/29
投稿数: 28
2016/2/29 13:26
 Re: 沢底のヤブ
kitanoojisan さん,はじめまして
コメントありがとうございます

登山道脇の沢も,雪のある時なら結構楽しめるのですね
今日(29日)の降雪で,山がよみがえることを期待したいです
十勝はすごい降り方です(町には降らなくていいのに…)
積雪がアップした時に,また行ってみたいと思います
登録日: 2014/10/6
投稿数: 50
2016/3/1 21:31
 Re[2]: 沢底のヤブ
街に降らない・・・
ですよね超わがままですけど住んでるとこは降ってほしくない でも 山には降ってほしい。
行く時には晴れてほしい、けど 前の日には雪降ってほしい。 なんて身勝手な・・・

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ