ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823727 全員に公開 雪山ハイキング奥武蔵

雲取山

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー yoshi-nobu
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小袖乗越
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間15分
休憩
1時間10分
合計
8時間25分
S丹波山村村営駐車場07:3307:38小袖緑道あがり08:54堂所09:48七ツ石小屋09:5110:03斧手石10:0410:12七ツ石山10:21ブナ坂10:52奥多摩小屋10:5611:03ヨモギノ頭11:0411:24小雲取山11:39雲取山避難小屋11:4011:43雲取山12:2912:45雲取山荘12:5713:35小雲取山13:3613:49ヨモギノ頭13:53奥多摩小屋13:5414:13ブナ坂14:40七ツ石小屋15:05堂所15:57丹波山村村営駐車場15:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
昨年はじめて登った時に下山時に体が痛くなってしまいました。緩やかな登山道が長く続くのが小袖〜雲取山コースの特徴です。今回ははじめはゆっくりと歩くことをいつも以上に心がけました。
コース状況/
危険箇所等
小袖乗越〜雲取山山頂はほとんど雪がない状態です。アイゼンも不要です。
雲取山山頂〜雲取山荘はアイゼン必須です。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

登山道入り口です。
2016年03月05日 07:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口です。
最初は緩やかな道が続きます。とても歩きやすい道です。ペースを上げすぎないよう気をつけました。
2016年03月05日 08:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は緩やかな道が続きます。とても歩きやすい道です。ペースを上げすぎないよう気をつけました。
七ツ石小屋。水場があり綺麗なトイレもあります。眺めも良い場所です。張り紙が貼ってありました。4月から運営が変わるようです。
2016年03月05日 09:36撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋。水場があり綺麗なトイレもあります。眺めも良い場所です。張り紙が貼ってありました。4月から運営が変わるようです。
七ツ石山山頂。かすんでいましたが奥多摩の山容は美しかったです。
2016年03月05日 10:11撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石山山頂。かすんでいましたが奥多摩の山容は美しかったです。
奥多摩小屋前のベンチで休憩。贅沢なおやつの時間
2016年03月05日 10:51撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋前のベンチで休憩。贅沢なおやつの時間
南アルプスはかすんでいましたが、奥多摩の山々が美しい!
2016年03月05日 11:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスはかすんでいましたが、奥多摩の山々が美しい!
1
奥多摩小屋をすぎたあたりから傾斜がきつくなってきます。
2016年03月05日 11:08撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋をすぎたあたりから傾斜がきつくなってきます。
雪があったのはこの辺りです。柔らかい雪でアイゼンは不要でした。
2016年03月05日 11:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪があったのはこの辺りです。柔らかい雪でアイゼンは不要でした。
雲取山避難小屋が見えてきました。綺麗な青空と雲取山が美しかったです。
2016年03月05日 11:25撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山避難小屋が見えてきました。綺麗な青空と雲取山が美しかったです。
1
道の脇に積もっていた雪で撮影しました。積雪は10cmほど
2016年03月05日 11:36撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の脇に積もっていた雪で撮影しました。積雪は10cmほど
山頂がせまってきました。このロケーションはすばらしいです。
2016年03月05日 11:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂がせまってきました。このロケーションはすばらしいです。
2
雲取山山頂。埼玉県の看板
2016年03月05日 11:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山山頂。埼玉県の看板
2
雲取山山頂。東京都の看板
2016年03月05日 11:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山山頂。東京都の看板
4
山頂で昼食。山頂は多い時でも5名程度でした。ゆっくりのんびりすることができました。
2016年03月05日 11:58撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で昼食。山頂は多い時でも5名程度でした。ゆっくりのんびりすることができました。
1
山頂から見た奥秩父方面
2016年03月05日 12:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から見た奥秩父方面
1
雲取山山頂から雲取山荘への道。雪が積もっています。凍っているところもありアイゼン(私は6本爪アイゼン使用)なしでは危険です。
2016年03月05日 12:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山山頂から雲取山荘への道。雪が積もっています。凍っているところもありアイゼン(私は6本爪アイゼン使用)なしでは危険です。
気になりましたが。足跡は動物のもののみ。雪も深いのであきらめました。
2016年03月05日 12:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気になりましたが。足跡は動物のもののみ。雪も深いのであきらめました。
雲取山山頂から雲取山荘はずっとこのような雪道です。
2016年03月05日 12:42撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山山頂から雲取山荘はずっとこのような雪道です。
雲取山荘到着。山バッジとコーラを購入しました。
2016年03月05日 12:52撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山荘到着。山バッジとコーラを購入しました。
田部重治のレリーフ
2016年03月05日 12:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田部重治のレリーフ
雲取山荘から小雲取山への巻き道。凍っている箇所はほとんどありませんでしたが、ずっと雪が積もっていました。
2016年03月05日 13:00撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山荘から小雲取山への巻き道。凍っている箇所はほとんどありませんでしたが、ずっと雪が積もっていました。
鹿のあしあとかな?
2016年03月05日 13:15撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿のあしあとかな?
こちらはウサギでしょうか?
2016年03月05日 13:15撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはウサギでしょうか?
下山は一気にくだりました。ぬかるんでいる場所もありましたが、歩きやすい登山道が続いています。
2016年03月05日 15:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は一気にくだりました。ぬかるんでいる場所もありましたが、歩きやすい登山道が続いています。

感想/記録

小袖乗越から雲取山山頂まではほとんど雪がありませんでした。
アイゼンは不要です。
雲取山山頂から雲取山荘は全面雪道です。
凍っているところもありました。
軽アイゼン以上必須です。雲取山荘〜小雲取山への巻き道も同様に軽アイゼンが必要です。
訪問者数:378人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ