ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 825458 全員に公開 トレイルラン八ヶ岳・蓼科

再び積雪の蓼科山

日程 2016年03月11日(金) [日帰り]
メンバー fukasi
天候曇り&ちょっぴり雪、時折晴れ間
アクセス
利用交通機関
車・バイク
スズラン峠駐車場利用。朝は除雪されていませんでしたが、午後には除雪されていました。トイレも新築。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
28分
合計
4時間28分
S女ノ神茶屋・蓼科山登山口09:2310:36標高2110m標識10:3812:12蓼科山頂ヒュッテ12:16蓼科山12:1712:20蓼科神社奥宮12:2412:25蓼科山12:4512:47蓼科山頂ヒュッテ12:4813:22標高2110m標識13:50女ノ神茶屋・蓼科山登山口13:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
降雪直後でしたので、フカフカパウダー。登り始めは15センチ程度。一番深かったのは山頂ヒュッテへのトラバース道で、腰まで埋まりました。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

スズラン峠駐車場。到着時には除雪されていませんでしたので、反対側の駐車スペースのわだちの跡に駐車。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スズラン峠駐車場。到着時には除雪されていませんでしたので、反対側の駐車スペースのわだちの跡に駐車。
駐車場の新しいトイレ。下山後にはオープンの準備していましたので、もう使えるのかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場の新しいトイレ。下山後にはオープンの準備していましたので、もう使えるのかも。
登山口。昨日の雪でノートレース♪ 気持ちイイ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。昨日の雪でノートレース♪ 気持ちイイ!
雪はフカフカのパウダー♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はフカフカのパウダー♪
だんだんと深くなってきますが、パウダーなのでラッセルも楽。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんと深くなってきますが、パウダーなのでラッセルも楽。
僕の使っているポール、トレラン用なのでスノーバスケットなし。雪に突き刺さります・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僕の使っているポール、トレラン用なのでスノーバスケットなし。雪に突き刺さります・・。
トレースがないので、ピンクテープを目印に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースがないので、ピンクテープを目印に進みます。
幸徳平、この先から急登が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幸徳平、この先から急登が始まります。
ここでチェーンスパイク装備!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでチェーンスパイク装備!
1
だんだん傾斜がきつくなるっ!雪もフカフカでグリップしません。登れなくなりそうでしたが、四つん這いでよじ登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん傾斜がきつくなるっ!雪もフカフカでグリップしません。登れなくなりそうでしたが、四つん這いでよじ登りました。
5
時折晴れ間が!もしかしたら山頂晴れてるかも!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折晴れ間が!もしかしたら山頂晴れてるかも!
14
森林限界を越えると、暴風が!
オレンジのポールを目印に進みます。クサリも凍ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を越えると、暴風が!
オレンジのポールを目印に進みます。クサリも凍ってました。
蓼科山頂ヒュッテ手前のトラバース道は厄介でした。視界がなくなりオレンジポールが見えなくなるし、雪が深くて腰まで埋まったり・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山頂ヒュッテ手前のトラバース道は厄介でした。視界がなくなりオレンジポールが見えなくなるし、雪が深くて腰まで埋まったり・・。
やっとヒュッテに到着。見えた時には安心しました。雪に埋もれております。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとヒュッテに到着。見えた時には安心しました。雪に埋もれております。
1
今真っ白で視界がないのは霧なのでしょうか? 注意します!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今真っ白で視界がないのは霧なのでしょうか? 注意します!
ヒュッテからあっけないほどすぐに山頂到着!
2531m。3月にこんな標高の山に来ることができるなんて、感動です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテからあっけないほどすぐに山頂到着!
2531m。3月にこんな標高の山に来ることができるなんて、感動です。
1
蓼科神社奥宮。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科神社奥宮。
3
祠もこんな感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠もこんな感じです。
1
方位盤もあるらしいけど、どこだ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方位盤もあるらしいけど、どこだ?
発見!ホントに方位だけなんですね。展望の山名でも書いてあるのかと思いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
発見!ホントに方位だけなんですね。展望の山名でも書いてあるのかと思いました。
風が吹き荒れていましたが、お昼ご飯を食べて休憩。晴れ間は無理でした。360度の景色、見たかったなあ・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が吹き荒れていましたが、お昼ご飯を食べて休憩。晴れ間は無理でした。360度の景色、見たかったなあ・・。
6
下山時に途中からトレースを発見。へんだな、山頂で誰にも会ってないぞ、と思ったら二人の登山者に追いつきました。山頂手前で諦めて下山するとのこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時に途中からトレースを発見。へんだな、山頂で誰にも会ってないぞ、と思ったら二人の登山者に追いつきました。山頂手前で諦めて下山するとのこと。
下山時、振り返ると晴れ間が!w
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時、振り返ると晴れ間が!w
5

感想/記録
by fukasi

ヤマレコで「雪が少ない」「チェーンスパイクで登れる」と書いてあったので、蓼科山に行って来ました。前日に雪が降っていたらしいので、雪の量が多かったら無理せず諦めるプラン。
女乃神茶屋すぐ横のスズラン峠駐車場に到着して、雪の量にびっくり。駐車場が除雪されていない。スタッドレスは履いているけれど、僕の車じゃ停めるのは無理・・。
と思ったら反対側の駐車スペースに、轍の跡があったので、そこに駐車。

舗装路を少し下って登山口に到着。足跡なしのファーストトラックゲットだ!
フカフカパウダーなので、サクサク歩けます。15センチくらいの積雪。
この季節の2500m級は初めてなので、雪が多かったら無理せず下山。

積雪時は丹沢程度しか行かない僕。トレースの付いてない道を歩くのは初めて。感動。気持ちいい。ピンクテープ目印に登りました。
気温は氷点下だと思いますが、風もなく、そんなに寒くない。ソフトシェルは脱ぎました。

幸徳平までは順調でしたが、ここから急坂と地図にある。確かに急坂でした。チェーンスパイクを着けましたが、雪がフカフカでグリップせずに登れない。四つん這いで登った箇所もありました。ちゃんとしたアイゼンならグリップするのかな?

かなり時間をかけて急坂を登り、森林限界を越えると、暴風が吹いてました。岩場のクサリは雪の中。歩きやすそうな場所を探せば、普通に歩けました。

今回撤退を考えたのが、山頂ヒュッテ手前のトラバース道。風と霧と雪で、オレンジポールが見えません。でもホワイトアウトとは言わないんだろうな、この程度では。
視界数メートルで歩いていると、ズボッと足が全部埋まること数回。
山頂もヒュッテもすぐ近くだとGPSが教えてくれるけど、全然見えない。
ここまで来て、引き返そうか?と考えていると、ヒュッテの屋根が見えました。
良かった〜。

ヒュッテから山頂はすぐでした。全然見えなかったけど・・。
コースタイムをオーバーしてやっと到着。なんだかすごい達成感w
冬山装備を購入したくなりました。
風が強いので上着を着て休憩。奥宮と方位盤も全然見えないので、うろうろと探して発見。期待した晴れ間はダメでした。
広くてイワイワな山頂ですね。

休憩の後は来た道を下山。自分のトレースを探しながら下ります。途中から僕以外の複数の踏み跡があり、道が出来ている。変だな、誰にも会ってないのにな。
歩きながら推理する僕。
山頂では誰にも会ってないし、踏み跡もなかった。だとすると、途中まで登って引き返したのかな?もしかしたら、途中で会うかも、と考えていると、下山中の二人の登山者に追いつきました。
山頂付近で断念し、下山するとのこと。ラッセルありがとう、と言われましたw
僕も断念するべきだったのだろうか。

登山者のおかげで道が出来ているので、下りは走って降りることができました。
コースタイム2時間のところ、1時間で下山。登りの遅れを取り戻しました。
この後、霧が峰・車山にも登るので時間は大切。

髪の毛やボトルの飲み口が凍りましたが、寒さはそれほど感じず。先月の丹沢の方が寒かったなあ。

今回の蓼科山は、冬山と言っていいのかな。もしそうなら、初の冬山だった。アイゼンやワカンの必要性を感じ、良い経験ができました。

真っ白で踏み跡のない静かな山を歩くって、すっごく気持ちイイですね!



訪問者数:638人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ