ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828785 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー asncyd(SL), その他メンバー9人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
0分
合計
4時間40分
Sスタート地点05:5010:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
12日 地下鉄本郷駅7:00==9:30美濃戸口10:30・・・美濃戸・・・(南沢)・・・15:30行者小屋(テン場整地)
13日 行者小屋5:55・・・7:30地蔵の頭・・・8:45赤岳頂上8:55・・・9:55中岳分岐・・・10:30行者小屋(テント撤収)12:00・・・13:55美濃戸・・・14:55美濃戸口==(入浴)==7:45地下鉄本郷駅⌚
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 ロープ50m

写真

撮影機材:

感想/記録
by asncyd

今回の山行は、研修部主催のステップアップ研修の冬山形躪膰修であったが、冬山彊聞漾▲好謄奪廛▲奪弩修が中止となり、急遽アルパイン部での自主山行の形態を取った形での冬山実践山行に変更となった。
従来のステップアップ研修の最終仕上げの山行は、幹事会からの強い要請もあり、硫黄岳となっていたが、アルパイン部としては、従来から冬山の最終仕上げの山行はせめて赤岳と位置づけていたが、今回のステップアップ冬山研修の中止を受けて、アルパイン部の強い協力体制の下、事前準備を行い、赤岳での冬山実践講習となった。
第8期ステップアップ受講者4名は、今年の暖冬の中、藤内沢での積雪期訓練やスノーチャレンジに積極的に出席してくれ、準備万端での赤岳山行となった。

初日は、美濃戸口から行者小屋まで。美濃戸までは雪がなく、天気もよく汗ばむ状態。美濃戸で小休止し、南沢ルートで一路行者小屋へ。南沢に入ると流石に金曜日に降った雪で歩きやすくなっているが、根雪部分が凍りつき下山の際は滑るだろうなと思いつつ歩を進めた。賽の河原あたりまで来ると積雪量も増し50-60cm程積もったようだ。
三時過ぎに行者小屋に到着。テン場作りで雪面を均す作業でヘトヘトとなった。
2張り大型テントを設営し、いよいよ楽しい宴の始まり。今回の食担は若手男性。豚骨豚ナベを嫌と言うほど食し、お腹一杯と成り就寝。

2日目、いよいよ赤岳アタックの日。夜間から星空が眺められ上天気の予想。5時45分身支度を終え出発。取り付きは行者小屋の裏から行者尾根の急登を登る。何時もどおり尾根上の階段が2基現れるが、雪面も程よく固まりピッケルもしっかり食込んでくれる。行者の頭前のスノーブリッジもそれほど発達しておらず、確実なピッケルワークで通過。行者の頭に到着すると背後からの強風で体を持っていかれる感じだ。岩稜帯を通過し赤岳展望荘で風除けをしながら小休止。最後の頂上山荘からは、いよいよの頂上への道のビクトリーロードだ。ADのM岡さんが早速カメラを出してパーティーの雄姿を撮影。8時42分に頂上に到着。全員で万歳三唱。
下山は文三郎尾根を降りて行者小屋に帰った。テントを撤収し、美濃戸口まで駆け下りた。充実した2日間の研修山行であった。
訪問者数:308人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ