ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 837475 全員に公開 山滑走北陸

朝日岳(小川温泉から往復16時間半)

日程 2016年03月30日(水) [日帰り]
メンバー YSHR(CL), その他メンバー1人
天候晴れのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
15時間14分
休憩
1時間23分
合計
16時間37分
S小川温泉00:0102:39越道峠02:5003:41北又吊り橋04:0006:24五合目(ブナ平)06:3008:12イブリ山08:2011:02朝日岳11:2012:24イブリ山12:3013:53北又吊り橋14:0015:32越道峠15:4016:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
0.00 250m 小川温泉
2.39 880m 越道峠
3.41 680m 北又吊り橋
6.24 1300m 五合目
8.12 1800m イブリ山
11.02 2418m 朝日岳山頂
11.20 2418m 朝日岳発
12.24 1800m イブリ山
13.53 680m 北又吊り橋
15.32 880m 越道峠着
16.38 250m 小川温泉着
コース状況/
危険箇所等
北又林道は最初の2kmのみ融雪されてチャリ可能、以後8kmは歩き
デブリ多く気温の低い深夜に一気に抜けたい

写真

深夜の北又林道登山口まで10km、デブリ多く深夜の放射冷却時以外は恐くて登りには使えない
2016年03月30日 03:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深夜の北又林道登山口まで10km、デブリ多く深夜の放射冷却時以外は恐くて登りには使えない
11
ようやく4時間弱かけて登山口北又小屋下の吊り橋に
橋を渡れば登山口イブリ尾根
2016年03月30日 03:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく4時間弱かけて登山口北又小屋下の吊り橋に
橋を渡れば登山口イブリ尾根
9
イブリ尾根下部は雪切れが多い
2016年03月30日 04:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブリ尾根下部は雪切れが多い
3
根性で行くしかない
2016年03月30日 04:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根性で行くしかない
8
どんな斜面も板で登ってこそ山スキーヤー
2016年03月30日 04:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんな斜面も板で登ってこそ山スキーヤー
12
必殺膝登り 急傾斜で板を履きながら膝で登る荒技
2016年03月30日 04:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
必殺膝登り 急傾斜で板を履きながら膝で登る荒技
19
ようやく夜が明けて三合目を過ぎると雪も増えて来た.
2016年03月30日 05:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく夜が明けて三合目を過ぎると雪も増えて来た.
6
素敵な木
2016年03月30日 06:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵な木
7
イブリ尾根はブナの原生林
2016年03月30日 06:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブリ尾根はブナの原生林
3
雪が増えれば快適な登り
2016年03月30日 06:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が増えれば快適な登り
2
右手には先日登った毛勝が
2016年03月30日 06:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には先日登った毛勝が
17
振り返れば朝日町と日本海
2016年03月30日 07:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば朝日町と日本海
3
イブリ山に着くといきなり朝日岳がドドーーン、行くしかない
2016年03月30日 08:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブリ山に着くといきなり朝日岳がドドーーン、行くしかない
12
イブリ山から少し下る、左が朝日岳、右が前朝日岳
2016年03月30日 08:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブリ山から少し下る、左が朝日岳、右が前朝日岳
9
イブリ山を振り返る
2016年03月30日 08:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブリ山を振り返る
3
意外とラッセルも多かった
2016年03月30日 08:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外とラッセルも多かった
5
さあ朝日岳 ロックオン
2016年03月30日 09:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ朝日岳 ロックオン
7
来た道を振り返る
2016年03月30日 09:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る
4
朝日岳待ってなさい
2016年03月30日 09:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳待ってなさい
7
朝日小屋も見えて来た
2016年03月30日 09:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日小屋も見えて来た
8
空も晴れ絶好の登山日和に山は来てみないと分からない
2016年03月30日 09:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空も晴れ絶好の登山日和に山は来てみないと分からない
5
ドンドン朝日岳が近づいて来る タマランチ!
2016年03月30日 09:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドンドン朝日岳が近づいて来る タマランチ!
13
振り返れば前朝日山と朝日小屋
2016年03月30日 10:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば前朝日山と朝日小屋
7
朝日小屋のアップ
2016年03月30日 10:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日小屋のアップ
14
山頂が近い
2016年03月30日 10:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近い
4
さぶはまだまだ余裕
2016年03月30日 10:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぶはまだまだ余裕
3
山頂手前からは白馬岳が
2016年03月30日 10:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前からは白馬岳が
6
ブリザード状態の山頂到着
2016年03月30日 10:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブリザード状態の山頂到着
7
さぶゴール
2016年03月30日 11:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぶゴール
12
YSHRゴール
2016年03月30日 11:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
YSHRゴール
16
記念写真 イェーイ!
2016年03月30日 11:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念写真 イェーイ!
22
下りは早い 朝日岳を振り返り ウーンマンダム!
2016年03月30日 11:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは早い 朝日岳を振り返り ウーンマンダム!
10
モナカ雪の試練
2016年03月30日 11:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モナカ雪の試練
11
日本海に向けてモナカ万歳!
2016年03月30日 12:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海に向けてモナカ万歳!
6
イブリ尾根を快適そうに
2016年03月30日 12:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブリ尾根を快適そうに
4
いよいよ下部は雪切れも多い
2016年03月30日 13:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ下部は雪切れも多い
3
薮も行くしかない
2016年03月30日 13:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薮も行くしかない
7
北又小屋が見えて来た
2016年03月30日 13:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北又小屋が見えて来た
6
吊り橋も見えた
2016年03月30日 13:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋も見えた
5
このへつりが恐かった
2016年03月30日 13:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このへつりが恐かった
17
無事橋を渡ってホーッ
2016年03月30日 14:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事橋を渡ってホーッ
7
イブリ尾根
2016年03月30日 14:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブリ尾根
3
しかしここから小川温泉までの林道10kmが核心だった
2016年03月30日 14:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしここから小川温泉までの林道10kmが核心だった
11
デブリ多く、危険地帯は監視し合ってダッシュで通過
2016年03月30日 15:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デブリ多く、危険地帯は監視し合ってダッシュで通過
12
無事ゴール もう完全燃焼、16時間半の総合格闘技
2016年03月30日 16:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事ゴール もう完全燃焼、16時間半の総合格闘技
27
撮影機材:

感想/記録
by YSHR

朝日岳には過去に木地屋から蓮華温泉経由でスキーワンディした事がある.一度小川温泉からワンディしたいと長年思っていた.ただ北又林道は長くて雪が多い季節はデブリで歩けない.雪不足の今年はチャンスと読んでさぶと二人で挑戦した.

問題はチャリがどこまで使えるかに限る.夜10時過ぎに自宅を出て小川温泉に向かう.出発は深夜0時、さぶは仕事が終わって今日も寝ずに飛ばして来た.僕も眠いが行くしかない.

深夜0時小川温泉ゲート発、道は落石で荒れていた.走ってすぐに雪が出た.そんなバナナ、下りて押し歩き、その後も日陰で雪が出ると押し歩き面倒だ.しかもわずか2kmで全面に雪が残る.ジーエンド、チャリはあまり役に立たなかった.

ここでデポして残り8km歩くしか無い.たまに雪切れしているが大体雪は繋がっている.雪不足の今年でさえデブリは多いが、雪の多い年なら絶対に歩けないと思った.

越道峠まで600m登って200m下ると言う難儀な林道登山口までたっぷり4時間弱かかった.夏でもタクシー利用以外に歩く人はいない.

暗闇の吊り橋は心臓に悪い、川の音がゴーゴー、渡ってすぐに際どいへつり、下は谷底勘弁して欲しい、慎重にヘッツてようやくイブリ尾根に取り付く.暗闇の中雪を拾ってスキーで登る.三合目まで雪が少なくかなり面倒だった.もう賞味期限が近い.

三合目からは雪も増え快適に歩けた.ようやく明るくなって来て振り返れば日本海、毛勝、劔、初雪の大展望が見える.空には怪しげな雲も、今日は午後から寒冷前線が下りて雨が降る.急がなければ.

イブリ山まで上がると正面に朝日岳が初めて見えた.雨が降ろうが雪が降ろうがもう行くしかない,青空も見え始めた.山は来ないと分からない.

朝日小屋の三角が見えた.もう山頂ロックオン、頑張って登り上げると標識が見えた.ブリザート状態の山頂ゴール、11時間の試練であった.

記念写真を撮って風を避けて少し下ってシールを剥がす.さあ急いで雨が降る前に帰ろう.下りはモナカの試練だった.今日も修行の滑り.しかしトレース通りに滑ってあっという間にイブリ山まで来た.スキーは早い.

イブリ尾根の下りも三合目より下は試練だった.雪切れと薮に泣かされた.しかし吊り橋が見えた時は安堵した.

帰りの林道は危険地帯は離れて監視し合って一気に滑る.これを繰り返す。小雨も降って来た.早く帰りたい、チャリが見えればもう終わりだ.最後の2kmのみ快適だった.

しめて16時間半、完全燃焼でグッタリです.片付けしていると土砂降りになって来た.ギリギリのタイミングだった.この山行もう二度目は無いと思った.

訪問者数:3641人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/9
投稿数: 58
2016/4/4 11:23
 真似のできない超人的トライに喝采です!
YSHR さん はじめまして。
いやはや お二人の行動力と技量、精神力には
完全にノックアウトです(*_*)
スゴすぎます! 述べる言葉を失いました(^o^)
心からの拍手喝采を送ります!
登録日: 2013/5/30
投稿数: 33
2016/4/4 15:05
 Re: 真似のできない超人的トライに喝采です!
コメント有り難うございます.
息子の様な若いさぶちゃんは山行を重ねるごとに強くたくましくなって行きます.
常に安全第一でお互い助け合って困難をくぐり抜けて行くのがまた山の楽しみでもあります.
慎重にかつ大胆な発想でこれからも頑張ってみたいと思います.

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ