ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 838166 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

まだ早かった!早朝の花見 高尾山・一丁平 〜エクストリーム朝飯前〜

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー alchemy
天候ガスガスで時折小雨。夜明け前の短時間ですが雪が舞いました。風はなく、温度は暖かかったです。
アクセス
利用交通機関
電車
往路:JR中央線 高尾駅  0500着(始発)
復路:京王線 高尾山口駅  0709発
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間53分
休憩
13分
合計
2時間6分
S高尾駅05:0205:09高尾山ちか道入口05:27金比羅台05:36リフト山上駅05:39霞台園地05:4005:46高尾山薬王院05:4705:56高尾山05:5906:02もみじ台06:16一丁平06:2306:35もみじ台06:51稲荷山06:5207:05高尾山・清滝駅07:08高尾山口駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般的に整備されており、危険箇所はありません。

◆高尾駅〜金比羅台コース入り口(20号線 落合信号)
中央線線路沿いにショートカットで移動。住宅地の中の小径を移動します。
両界橋で20号に合流し、歩道を進みます。しばらく進むと、落合信号に着きます(信号脇にろくざん亭の大きな看板あり)。川沿いや線路沿いなどの桜は見頃を迎えています。

◆金比羅台コース〜高尾山頂(一号路裏道経由)
落合信号より、20号を離れ、山に向かって進んでいきます。ろくざん亭の脇を過ぎ、50mほど詰めると、舗装路が途切れ、山道になります。少し頭の上が開けてきたなと思った頃に、金比羅台に飛び出します。ここから自然研究路1号路と合流します。1号路は車道でもあるので、時間帯によっては、車に注意です。リフト乗り場手前に、車道にしては傾斜がきついところもありますが、短いです。リフト乗り場からは緩やかな傾斜になります。霞台園地(ケーブルカー乗り場周辺)を通り、薬王院の庫裏脇を通って一号路裏道(車道)を辿っていくと山頂直下に出ます。

◆高尾山頂〜一丁平
山頂からもみじ台に向かって下ると、一丁平方面に向かう3つの分岐があります(高尾山頂の巻き道もあるので、6差路になっています)。真ん中の道はもみじ台の茶屋(細田屋さん)経由の道です。雨の日などは、えらく滑り易くて敬遠していましたが、最近整備が進んでおり、木道や砕石などで歩きやすくなっています。ただ階段の連続なので注意です。いったんコルまで下りて、大垂水峠への道を分け、上り返すと一丁平の園地になります。

◆一丁平〜高尾山口(稲荷山コース)
まずはもみじ台手前の分岐まで戻り、ここから巻き道を通って稲荷山コースへ入ります。急速に整備が進んでおり、各所に莚や木道が設置され、かなり通行しやすくなりました。上り下りの相互とも通行量が多いので、細いところや傾斜のあるところでの、すれ違いには注意が必要です。
その他周辺情報高尾駅南口にはコンビニがあります(20号線への出口)。その他飲食店・土産物店等若干。
高尾山口駅には温泉、売店、コンビニ、飲食店などがあります。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ(半袖)(1) Tシャツ(長袖)(1) ソフトシェル(1) サポートタイツ(1) ハーフパンツ(1) シューズ(1) ザック(1) キャップ(1) 雨具 行動食 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 カメラ

写真

まだ暗い内に高尾駅を出発。
2016年04月02日 05:01撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ暗い内に高尾駅を出発。
2
金比羅台から。ちょうど日の出の時刻なんですが、この直前まで雪が舞っていました。
2016年04月02日 05:27撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金比羅台から。ちょうど日の出の時刻なんですが、この直前まで雪が舞っていました。
1
薬王院も誰もいません。
2016年04月02日 05:45撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬王院も誰もいません。
山頂も貸切状態。
2016年04月02日 05:57撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂も貸切状態。
それもそのはず。ガスガス。
2016年04月02日 05:57撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それもそのはず。ガスガス。
1
富士山方向は、全く何も見えず。
2016年04月02日 05:58撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山方向は、全く何も見えず。
1
もみじ台の桜は少し咲いていました。
2016年04月02日 06:03撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ台の桜は少し咲いていました。
5
一丁平下の木道。雨がひどくなってきました。こんな感じなので、相模湖方向に抜ける、大垂水峠経由で南高尾山稜を巡るオプションは放棄しました。
2016年04月02日 06:12撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一丁平下の木道。雨がひどくなってきました。こんな感じなので、相模湖方向に抜ける、大垂水峠経由で南高尾山稜を巡るオプションは放棄しました。
1
一丁平展望台。ここからの富士山も見事なんですが、壊滅状態。
2016年04月02日 06:16撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一丁平展望台。ここからの富士山も見事なんですが、壊滅状態。
1
まだここの桜は全然咲いていません。
2016年04月02日 06:16撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだここの桜は全然咲いていません。
芽吹いてはいるので、あと数日だと思うのですが、ちょっと早かったようです。
2016年04月02日 06:20撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芽吹いてはいるので、あと数日だと思うのですが、ちょっと早かったようです。
5
ガスガスの中、急いで撤収。
2016年04月02日 06:36撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスガスの中、急いで撤収。
清滝駅に下りてきました。下界は桜が咲いています。
2016年04月02日 07:04撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清滝駅に下りてきました。下界は桜が咲いています。
清滝駅前の桜。先週はイマイチでしたが、見事に満開になっています。これを見ただけでも来て良かった。
2016年04月02日 07:05撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清滝駅前の桜。先週はイマイチでしたが、見事に満開になっています。これを見ただけでも来て良かった。
7
桜はいいですね。
2016年04月02日 07:05撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜はいいですね。
9
この時期だけの写真です。
2016年04月02日 07:06撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期だけの写真です。
6
さあ帰ろう。朝飯を食べに。
2016年04月02日 07:09撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ帰ろう。朝飯を食べに。
5
撮影機材:

感想/記録

麓の桜が見頃を迎えたくらいなので、まだ一丁平の桜は早いなとは思いつつも、来週はもしかすると行けないかも知れないので、天候がイマイチを承知でダメ元で、朝イチで行ってきました。
とはいうものの、予想以上にガスガスで、一時的にとはいえ小雪まで舞う状況。もう帰ろうかなと思いつつも、せっかく花見酒用にと、ビール一缶もって上がっているので上で飲もうと頑張りました・・・何も咲いていない上に、雨がひどくなって、結局飲めず、トレーニング用のウェイト代わりにしかなりませんでしたが(爆)。
天気のせいか人出もほとんどなく、上の方ではすれちがう人もほとんどいない状況でした。山頂も珍しく貸切状態(ビジターセンターの方だけは忙しく準備されていましたが)。
一丁平の桜はだいぶ芽吹いていましたが、開花状況は一分咲き以下で、下界とはだいぶ差が出ています。来週何とか頑張って上で花見酒と行きたいですね。
訪問者数:454人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ