ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 871593 全員に公開 ハイキング丹沢

蛭ヶ岳南尾根&水晶平

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー zuppy1519
天候晴れ一時曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
玄倉林道ゲート前広場。朝5時前は3台のみ、夕方は路上にもはみ出して満車だったみたい。ゲートまでの林道はデコボコなので車は要注意。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間55分
休憩
1時間33分
合計
11時間28分
S玄倉林道ゲート04:3606:00ユーシンロッジ分岐ゲート06:27熊木沢出合07:51蛭ヶ岳南尾根取付き07:5509:44蛭ヶ岳10:3211:16ミカゲ沢ノ頭11:2211:45臼ヶ岳12:27水晶平12:2812:45コイタゾーリの頭13:44ユーシンロッジ14:1314:19ユーシンロッジ分岐ゲート14:2416:04玄倉林道ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登りの蛭ヶ岳南尾根は廃道扱いでハードなバリルートです。急坂部分はチェーンスパイクで登りました。下りの朝日向尾根ルート(臼ヶ岳南尾根)は西丹沢詳細図記載のバリルートですが、下り途中でマーキングに気が付かず尾根を間違えかけました。GPSがあって助かりました。

装備

個人装備 スマホGPS チェーンスパイク

写真

玄倉林道ゲート前広場。さすがに5時前はガラガラ。でも今日は長丁場なので、すぐに出発。標高420m。
2016年05月14日 04:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉林道ゲート前広場。さすがに5時前はガラガラ。でも今日は長丁場なので、すぐに出発。標高420m。
1
玄倉林道を新緑を楽しみながら2時間も延々と歩き、熊木沢出合で脚立の掛けられた橋を渡る。標高780m。
2016年05月14日 06:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉林道を新緑を楽しみながら2時間も延々と歩き、熊木沢出合で脚立の掛けられた橋を渡る。標高780m。
2
熊木沢、最初の堰堤は左岸の林道で通過。
2016年05月14日 06:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊木沢、最初の堰堤は左岸の林道で通過。
3
熊木沢、2番目の堰堤は左岸の崩壊地脇から通過。踏み跡あり。標高850m。
2016年05月14日 06:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊木沢、2番目の堰堤は左岸の崩壊地脇から通過。踏み跡あり。標高850m。
2番目の堰堤を越えたら右岸に渡渉。何とか濡れずに渡れた。渡ったら写真中央のブッシュではなく、もっと左側に林道入り口があった。
2016年05月14日 06:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2番目の堰堤を越えたら右岸に渡渉。何とか濡れずに渡れた。渡ったら写真中央のブッシュではなく、もっと左側に林道入り口があった。
2
林道入口のマーキング。
2016年05月14日 07:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道入口のマーキング。
最初は草の茂った林道だが、その後は舗装路になる。
2016年05月14日 07:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は草の茂った林道だが、その後は舗装路になる。
林道の完全崩壊場所。少し戻って左の擁壁の上の踏跡へ迂回。標高880m。
2016年05月14日 07:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の完全崩壊場所。少し戻って左の擁壁の上の踏跡へ迂回。標高880m。
2
迂回路終点から崩壊場所を振り返る。崩壊場所のすぐ先で林道に復帰し、どんどん進む。
2016年05月14日 07:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回路終点から崩壊場所を振り返る。崩壊場所のすぐ先で林道に復帰し、どんどん進む。
林道が左につづら折りになる場所に倒木があるが、その右上の小尾根をショートカットした。(少し急です)標高970m。
2016年05月14日 07:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が左につづら折りになる場所に倒木があるが、その右上の小尾根をショートカットした。(少し急です)標高970m。
1
ロープの張られた看板跡を直進して前に見える沢を渡渉すると。
2016年05月14日 07:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープの張られた看板跡を直進して前に見える沢を渡渉すると。
レコに必ず出てくる廃車の広場に到着。国有林看板の正面が南尾根取付き。標高1020m。
2016年05月14日 07:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レコに必ず出てくる廃車の広場に到着。国有林看板の正面が南尾根取付き。標高1020m。
3
看板の左には堰堤群。看板の向こう側に南尾根取付き赤テープが見えているので、少し下って沢を渡る。
2016年05月14日 07:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板の左には堰堤群。看板の向こう側に南尾根取付き赤テープが見えているので、少し下って沢を渡る。
2
南尾根取付き赤テープの場所。マーキングに従い左側の尾根によじ登るのが正解。谷の中を上がってしまうと上の方で掴むものが無く大変になる。
2016年05月14日 07:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南尾根取付き赤テープの場所。マーキングに従い左側の尾根によじ登るのが正解。谷の中を上がってしまうと上の方で掴むものが無く大変になる。
1
リボンは多数あるので、ルートは判りやすいが、岩や根を頼りに急な斜面をよじ登る感じ。
2016年05月14日 07:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リボンは多数あるので、ルートは判りやすいが、岩や根を頼りに急な斜面をよじ登る感じ。
ここまで登ると、普通の自然な尾根道になる。標高1100mぐらい。
2016年05月14日 08:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで登ると、普通の自然な尾根道になる。標高1100mぐらい。
3
新緑。標高1240mの平坦地。この前後は大変歩きやすい尾根道。
2016年05月14日 08:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑。標高1240mの平坦地。この前後は大変歩きやすい尾根道。
7
正面に岩まじりの崖が出てきたら、写真左の倒木の向こうの巻き道を辿る。マーキングも多いが、ある程度はRF必要。標高1400m。
2016年05月14日 08:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に岩まじりの崖が出てきたら、写真左の倒木の向こうの巻き道を辿る。マーキングも多いが、ある程度はRF必要。標高1400m。
1
歩いて来た熊木沢を望む。
2016年05月14日 09:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いて来た熊木沢を望む。
3
上の方になると岩まじりの急尾根が続く。マーキングと踏跡を常に注意しながら登る。標高1550m付近。
2016年05月14日 09:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方になると岩まじりの急尾根が続く。マーキングと踏跡を常に注意しながら登る。標高1550m付近。
ロープ場が出てきた。ロープを目印にルートを辿る。標高1610m。
2016年05月14日 09:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ場が出てきた。ロープを目印にルートを辿る。標高1610m。
1
頂上直前でイバラに遮られる。踏跡を辿って少しだけ左に巻く。標高1650m。
2016年05月14日 09:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直前でイバラに遮られる。踏跡を辿って少しだけ左に巻く。標高1650m。
2
イバラを巻くには少しだけで、すぐ尾根に戻った場所が、もう頂上の土止めのところ。標高1660m。
2016年05月14日 09:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イバラを巻くには少しだけで、すぐ尾根に戻った場所が、もう頂上の土止めのところ。標高1660m。
2
蛭ヶ岳山頂到着。三角点標高1673m。この時間、上空は曇っていた。
2016年05月14日 09:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂到着。三角点標高1673m。この時間、上空は曇っていた。
6
熊木沢の廃車を頂上西側から望遠撮影。
2016年05月14日 10:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊木沢の廃車を頂上西側から望遠撮影。
4
宮ヶ瀬湖方面の眺め。30分経っても晴天にならないので臼ヶ岳方向に下山開始。
2016年05月14日 10:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮ヶ瀬湖方面の眺め。30分経っても晴天にならないので臼ヶ岳方向に下山開始。
2
臼ヶ岳の道標。ベンチは団体さんで賑わっていた。標高1450m。
2016年05月14日 11:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
臼ヶ岳の道標。ベンチは団体さんで賑わっていた。標高1450m。
臼ヶ岳から登ってきた蛭ヶ岳南陵を望む。この時間は蛭ヶ岳頂上も日が差しているようですね。
2016年05月14日 11:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
臼ヶ岳から登ってきた蛭ヶ岳南陵を望む。この時間は蛭ヶ岳頂上も日が差しているようですね。
8
朝日向尾根(臼ヶ岳南尾根)に入ると、はっきりした踏跡あり。だんだん急坂になるけどマーキングは多い。
2016年05月14日 11:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日向尾根(臼ヶ岳南尾根)に入ると、はっきりした踏跡あり。だんだん急坂になるけどマーキングは多い。
崩壊地横を通過。標高1320m。
2016年05月14日 11:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地横を通過。標高1320m。
2
標高1220mの尾根分岐。間違って左の尾根を少し下ったら踏跡がなく引き返して撮影。右の尾根にマーキングが続いていた。危ない、危ない。
2016年05月14日 12:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1220mの尾根分岐。間違って左の尾根を少し下ったら踏跡がなく引き返して撮影。右の尾根にマーキングが続いていた。危ない、危ない。
1
水晶平に到着。標高1170m。ここの新緑はめちゃくちゃ癒されて最高でした。
2016年05月14日 12:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶平に到着。標高1170m。ここの新緑はめちゃくちゃ癒されて最高でした。
8
水晶平を過ぎて、振り返って撮影。写真手前が斜面で木が生えているところが平坦地です。名残惜しいが下山します。標高1130m。
2016年05月14日 12:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶平を過ぎて、振り返って撮影。写真手前が斜面で木が生えているところが平坦地です。名残惜しいが下山します。標高1130m。
3
コイタゾーリの頭の南側。ここも美しい新緑。標高1180m。
2016年05月14日 12:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイタゾーリの頭の南側。ここも美しい新緑。標高1180m。
6
植林地に入るが、マーキングに従い、左方向の尾根に乗る。標高1000m。
2016年05月14日 13:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林地に入るが、マーキングに従い、左方向の尾根に乗る。標高1000m。
白ザレもある小尾根を下る。
2016年05月14日 13:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ザレもある小尾根を下る。
1
また植林地に入るが、ここもマーキングに従い、左方向に進む。標高940m。
2016年05月14日 13:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また植林地に入るが、ここもマーキングに従い、左方向に進む。標高940m。
径路は自動的にユーシンロッジの東側尾根上から広場に到着する。標高750m。
2016年05月14日 13:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
径路は自動的にユーシンロッジの東側尾根上から広場に到着する。標高750m。
2
ちょっとユーシン沢の方を探索してたら足元にヘビがいて、思わずギャーと叫んだらヘビは逃げて行った。
2016年05月14日 14:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとユーシン沢の方を探索してたら足元にヘビがいて、思わずギャーと叫んだらヘビは逃げて行った。
1
あとは玄倉林道を、ひたすら下って行く。玄倉ダムのユーシンブルー。
2016年05月14日 15:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは玄倉林道を、ひたすら下って行く。玄倉ダムのユーシンブルー。
8
無事、林道ゲートに戻って来ました。
2016年05月14日 16:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、林道ゲートに戻って来ました。
2

感想/記録

もうヒルやヘビが出る時期なので、アドベンチャーなルートは行かないつもりでしたが、先週の蛭ヶ岳南尾根に行かれた方のレコに魅せられ挑戦してしまいました。ルート上は無事でしたが、ユーシンロッジ裏をウロウロしてたら足元に苦手なヘビが!!オレンジの点々がある奴でした。そろそろ出そうだなという予測は当たっていました。

蛭ヶ岳南尾根は廃道になっているバリルートです。取り付きはマーキングは多いですが激急尾根なのでチェーンスパイクを使いました。中間部は美しく歩きやすい尾根です。上部は岩の多い急斜面なのでマーキングや踏跡を探しながら進む必要があります。

下りで使った朝日向尾根(臼ヶ岳南尾根)は西丹沢詳細図にあるバリルートですので道標はありません。途中にある水晶平の新緑はすばらしく、帰りたくないほど癒されました。ただし標高1220mで、うっかりマーキングを見落とし、東側の尾根に少し入ってしまいました。すぐ引き返して事なきを得ましたが、バリルートではGPSで現在地を確認しながら歩くと安心です。

なお、私は地形図に他の方のログを元にルートを手書きして携行してますが、ヤマレコMAPアプリで地図をDLしてキャッシュしておくと、現地で「みんなの足跡」と同画面で確認できるので地形図に書き込んでおく必要がなく便利でした。ただし間違って沢登りの方のルートを下ったりしないよう注意必要です。(超危険な落とし穴です)
また、通過の難易度もピンキリですので、Web等での下調べは不可欠です。
あと、今回はロングコースだったのでスマホのバッテリーがギリでした。緊急時の為にもモバイルバッテリーを調達しておこうと思います。
<編集中>
訪問者数:356人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/29
投稿数: 15
2016/5/16 20:35
 玄倉林道往復ですか!
zuppyさん、こんにちは。

玄倉林道往復とはお元気ですね。
日の長い季節とはいえ、頑張られましたね。
小生が南尾根を登った時は、玄倉にバスで入り、廃車で早めのランチ、それから登りだして頂上で少しだけ休んで、東野からバスで帰りました。マイカー登山もやりますが、玄倉ゲートから往復はちょっと考え付かなかったです。
登録日: 2013/7/20
投稿数: 103
2016/5/16 22:29
 Re: 玄倉林道往復ですか!
AKIOWさん、お久しぶりです。
最近のレコで玄倉から南尾根と朝日向尾根を周回された複数の方のレコに魅せられて、マネしてしまいました。朝日向尾根も一度登りで使ったことがあったので余裕のはずでしたが、参考にしたレコの方と同じ場所で違う尾根に入ってしまいました。油断は禁物ですね。それにしても水晶平は紅葉の時期も素敵でしたが、新緑も劣らず素敵でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ