ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 883368 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

青谷から行者尾根を経て摩耶山掬星台。

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー shinji50, その他メンバー2人
天候曇りのち小雨。神戸市正午の気温21.8℃、東南東の風1.0m/s、湿度68%
アクセス
利用交通機関
電車
行き:阪急王子公園
帰り:摩耶ロープウェイ、ケーブル、坂バスでJR灘
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間41分
休憩
47分
合計
4時間28分
S阪急王子公園09:5310:21青谷道登山口10:2510:36神戸観光茶園10:39あけぼの茶屋10:47大龍院10:4910:51水場10:5210:57青谷道行者堂跡10:5811:47行者尾根分岐11:5812:03イノシシのある展望地12:0512:10アドベンチャールート分岐(全山縦走路側)12:1312:15天狗道マザーツリー12:2012:25摩耶山12:29摩耶ロープウェー星の駅13:13掬星台13:1714:05掬星台14:0914:10摩耶ロープウェー星の駅14:2014:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
10:02 阪急王子公園 - 10:22 青谷登山口 - 10:55 旧摩耶道出合 - 行者尾根 - 11:59 天狗道出合 - 12:30 摩耶山掬星台 13:13 - ドライブウェイ - 14:45 摩耶山掬星台
コース状況/
危険箇所等
行者尾根は一般道ではないが人気のあるルートで、岩場を縫って登る感じで一定の傾斜が続く。急斜面が名物の一般道、黒岩尾根や山寺尾根などとの違いは傾斜が落ちない、岩場があるという点。普段歩きなれている者にとっては一般道にない面白みと感じられるが、なれていない人にとっては予想外の負担となることが分かった。ルートを設定した者として責任を感じています。
その他周辺情報写真番号についての自家用メモ:1-7:行者尾根,8-8:摩耶山掬星台
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

行者尾根の前半岩が出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者尾根の前半岩が出てきた。
4
これが岩壁か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが岩壁か。
4
壁の途中から。視界が開ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壁の途中から。視界が開ける。
2
あまり高度感ない。樹があるせいか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり高度感ない。樹があるせいか。
1
摩耶の大杉をズームアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩耶の大杉をズームアップ。
2
手前の岩屋尾根と向こうの学校林道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の岩屋尾根と向こうの学校林道。
1
縦走路に出た。舗装路みたいや。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路に出た。舗装路みたいや。
2
掬星台は小雨もよう。ロープウェイ、ケーブルも満員でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
掬星台は小雨もよう。ロープウェイ、ケーブルも満員でした。

感想/記録

初めての行者尾根に3人で挑戦。前半の岩壁付近で一人のふくらはぎに異常が起きましたが、なんとか登りきりました。行者尾根は岩場含みの斜面続きますが、よく踏まれていて歩きやすいルートだと思いました。
訪問者数:170人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 ロープウェイ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ