ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884661 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

蝶ヶ岳(上高地から長塀山経由コース)

日程 2016年05月27日(金) 〜 2016年05月28日(土)
メンバー Ca2Ginzm, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢渡に駐車して、バスで上高地へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間20分
休憩
20分
合計
7時間40分
S上高地バスターミナル07:4008:50明神10:00徳沢10:1014:00長塀山14:1015:20蝶ヶ岳
2日目
山行
7時間10分
休憩
30分
合計
7時間40分
蝶ヶ岳06:3007:00蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)07:10蝶ヶ岳三角点07:4007:50蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)10:10槍見台14:10上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
長塀山の手前から、残雪あり。
踏み抜きやすいので、スパッツは必須です。アイゼンは不要でした。

徳沢から、長塀山までが、とにかく長くて大変でした。
途中にベンチなどの区切りになるところもないので、程よく休憩取りながら、修行する気持ちで淡々と登るしかないです。

危険な箇所はありませんでしたが、道迷いやすそうだったので注意してください。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ 予備電池 1/25 000地形図 筆記具 ライター 保険証 ハイドレーション 飲料 ティッシュ タオル 携帯電話 雨具 防寒着 スパッツ 手袋 ストック ビニール袋 替え衣類 入浴道具 シュラフ シュラフカバー ザックカバー クマよけ鈴 一眼レフ 時計 日焼け止め 非常食 サンダル
共同装備 テント テントマット ランタン コンロ ガスカートリッジ コッヘル(鍋) 食器 ナイフ ポリタンク 救急セット

写真

沢渡に車を置いて、上高地バスターミナルへ。平日なのでバスも混んでいませんでした。
2016年05月27日 07:38撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢渡に車を置いて、上高地バスターミナルへ。平日なのでバスも混んでいませんでした。
明神。前日まで雨予報でしたが、徳沢まではなんとか持ちこたえてました。
2016年05月27日 08:47撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神。前日まで雨予報でしたが、徳沢まではなんとか持ちこたえてました。
徳沢のMICHIKUSA SHOKUDO。外観も内装も以前来た時より、オシャレに変わってました。
2016年05月27日 10:00撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢のMICHIKUSA SHOKUDO。外観も内装も以前来た時より、オシャレに変わってました。
徳沢から長塀山までは、特にベンチもなく休むタイミングが取りづらかったです。途中の少し開けたところで休憩。
小雨が降るなか、修行のような道のりです。
2016年05月27日 11:32撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢から長塀山までは、特にベンチもなく休むタイミングが取りづらかったです。途中の少し開けたところで休憩。
小雨が降るなか、修行のような道のりです。
1
やっとの想いで長塀山。。。
2016年05月27日 14:00撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとの想いで長塀山。。。
山と高原地図に書いてある「妖精の池」というのが、結局発見できず。。。写真の水たまりは池なのか。。。
2016年05月27日 14:22撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山と高原地図に書いてある「妖精の池」というのが、結局発見できず。。。写真の水たまりは池なのか。。。
1
この辺、油断すると踏み抜きます。ルートもちょっとだけわかりにくいかも。
2016年05月27日 14:50撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺、油断すると踏み抜きます。ルートもちょっとだけわかりにくいかも。
これが妖精の池だよ!!
2016年05月27日 15:12撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが妖精の池だよ!!
1
稜線に出ると一気に、夏のような青空!
2016年05月27日 15:11撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ると一気に、夏のような青空!
1
槍も綺麗に見えました。
2016年05月27日 15:12撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍も綺麗に見えました。
3
早めに登ってこないと槍穂は逆光になっちゃいますね。明日の朝に期待しますが。。。
2016年05月27日 15:33撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早めに登ってこないと槍穂は逆光になっちゃいますね。明日の朝に期待しますが。。。
1
テント場はガラガラでした。平日は静かでいいですね。
2016年05月27日 15:43撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場はガラガラでした。平日は静かでいいですね。
4
この日はすき焼きでした!!肉多め!!
2016年05月27日 17:24撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日はすき焼きでした!!肉多め!!
3
徐々に雲が。安曇野は雲の下へ。
2016年05月27日 18:00撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に雲が。安曇野は雲の下へ。
1
松本平も雲の下。美ヶ原の王ヶ頭。
2016年05月27日 18:18撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松本平も雲の下。美ヶ原の王ヶ頭。
1
夕方のテント場。この日は全部で13,4張ぐらいでした。
2016年05月27日 18:20撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方のテント場。この日は全部で13,4張ぐらいでした。
1
蝶ヶ岳ヒュッテ。外のトイレもきれいでした。
2016年05月27日 18:51撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳ヒュッテ。外のトイレもきれいでした。
1
日が暮れて。
2016年05月27日 18:42撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が暮れて。
1
日が落ちる。
2016年05月27日 18:58撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が落ちる。
2
乗鞍と御嶽。
2016年05月27日 19:16撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍と御嶽。
4
槍ヶ岳。
2016年05月27日 19:25撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳。
4
槍穂高。
2016年05月27日 19:36撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍穂高。
3
起きたら曇ってた。
2016年05月28日 04:40撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
起きたら曇ってた。
1
2日目、蝶槍の手前で出会った、つがいの雷鳥。
2016年05月28日 07:14撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目、蝶槍の手前で出会った、つがいの雷鳥。
2
雷鳥が石の上に乗ってくれたので、槍と一緒に。
2016年05月28日 07:19撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥が石の上に乗ってくれたので、槍と一緒に。
1
横尾への分岐でザックをデポして蝶槍へ。望遠レンズはザックの中。超広角で近づいても逃げませんでした。
2016年05月28日 07:34撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾への分岐でザックをデポして蝶槍へ。望遠レンズはザックの中。超広角で近づいても逃げませんでした。
2
蝶槍。
2016年05月28日 07:52撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶槍。
1
帰ります。上高地までは果てしなく遠く。。。
2016年05月28日 08:34撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰ります。上高地までは果てしなく遠く。。。
2
下山途中の「なんちゃって槍見台」
地図にある「槍見台」とは別物なのでご注意を。完全に勘違いしてました。
2016年05月28日 09:29撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中の「なんちゃって槍見台」
地図にある「槍見台」とは別物なのでご注意を。完全に勘違いしてました。
なんちゃってから、40分ほど下ったところに本当の槍見台がありました。
2016年05月28日 10:15撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんちゃってから、40分ほど下ったところに本当の槍見台がありました。
1
「なんちゃって」のネーミングについてしばらく語ってました。
2016年05月28日 09:49撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「なんちゃって」のネーミングについてしばらく語ってました。
1
みちくさ食堂の野沢菜チャーハン。10:00〜14:00までの販売です。
2016年05月28日 12:00撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みちくさ食堂の野沢菜チャーハン。10:00〜14:00までの販売です。
2
しょせん男三人の山旅。花を見ても感動は薄め。ほとんど知識なかったけどイワカガミだけはわかりました。
2016年05月28日 11:17撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しょせん男三人の山旅。花を見ても感動は薄め。ほとんど知識なかったけどイワカガミだけはわかりました。
1
沢渡バスターミナルに掲示されてた植物情報で、花の復習。
お疲れ様でした。
2016年05月28日 14:55撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢渡バスターミナルに掲示されてた植物情報で、花の復習。
お疲れ様でした。
1
撮影機材:

感想/記録
by Ca2G

三股からは登ったことがあったので、なんとなく上高地から長塀ルートで登ってみました。

ちょっとした地獄を見た気がします。

夜、疲れて早めに就寝しましたが夢の中でも長塀山を登ってました。

ずっとずっと樹林帯の中を登ってました。

次の山行はわりとなんでも行けそうな気がします 笑
訪問者数:344人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ