ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 885511 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー cicadoidea84
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
55分
合計
6時間30分
S八ヶ岳山荘05:3006:47御小屋山07:20不動清水08:30阿弥陀岳09:0009:20中岳のコル09:45行者小屋09:5510:10赤岳鉱泉10:2512:00八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1hに1回程度、レストを挟む。
コース状況/
危険箇所等
【阿弥陀岳ピーク〜中岳のコル】
ザレた岩場の下降。この区間は、落石を起こさないこと・つまづかないことの2点に全神経を集中すべきと感じました。
その他周辺情報日帰り入浴:もみの湯
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

備考 グローブor軍手を携行しておくと、岩場で手をつきやすい。

写真

美濃戸口八ヶ岳山荘から出発します。日曜日だからか、車もまばらです。
2016年05月29日 04:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口八ヶ岳山荘から出発します。日曜日だからか、車もまばらです。
熊の爪痕。御小屋尾根の別荘地付近にて。これを見たあと、熊鈴だけでは心もとなくなってしまった。落ちていた枯れ枝を、木立に打ちつけ、音を立てながら進んだ。
2016年05月29日 06:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊の爪痕。御小屋尾根の別荘地付近にて。これを見たあと、熊鈴だけでは心もとなくなってしまった。落ちていた枯れ枝を、木立に打ちつけ、音を立てながら進んだ。
1
船山十字路と御小屋尾根の分岐。
2016年05月29日 06:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船山十字路と御小屋尾根の分岐。
木漏れ日が尾根を照らす。今日は本当に爽やかな、最高の登山日和になりそうだ。熊は怖いが・・・
2016年05月29日 06:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日が尾根を照らす。今日は本当に爽やかな、最高の登山日和になりそうだ。熊は怖いが・・・
御小屋尾根ピーク。平坦な箇所にある。右奥に伸びるトレイルに進む。
2016年05月29日 06:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御小屋尾根ピーク。平坦な箇所にある。右奥に伸びるトレイルに進む。
八ヶ岳主脈が姿を現し、モチベーションはぐんぐん上がっていく。
2016年05月29日 06:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳主脈が姿を現し、モチベーションはぐんぐん上がっていく。
権現岳の雄姿。まさに修験場の山にふさわしい。
2016年05月29日 07:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳の雄姿。まさに修験場の山にふさわしい。
1
立ちはだかる阿弥陀岳岩稜。これを登る。さらにモチベーションは上がっていく。
2016年05月29日 07:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ちはだかる阿弥陀岳岩稜。これを登る。さらにモチベーションは上がっていく。
1
微風快晴の絶好コンディション。遠く北アルプスを望む。あーもう、文句なし!
2016年05月29日 08:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
微風快晴の絶好コンディション。遠く北アルプスを望む。あーもう、文句なし!
1
南アルプスの峰々。北ア、中ア、南アを一気に望めるのは、八ヶ岳の立地がなせる技。
2016年05月29日 08:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの峰々。北ア、中ア、南アを一気に望めるのは、八ヶ岳の立地がなせる技。
いよいよ、岩綾を登り上げる。いくぜよ。
2016年05月29日 08:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ、岩綾を登り上げる。いくぜよ。
阿弥陀岳ピーク。
2016年05月29日 08:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳ピーク。
阿弥陀岳ピークからの展望。富士山を望む。こんな晴天、めったにありません。
2016年05月29日 08:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳ピークからの展望。富士山を望む。こんな晴天、めったにありません。
2
主峰赤岳を望む。ジグを切るトレイルがまた憎たらしいくらいカッコいいんですね〜。
ピークは過去に2度踏んでいるので、今回はカット。
2016年05月29日 08:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主峰赤岳を望む。ジグを切るトレイルがまた憎たらしいくらいカッコいいんですね〜。
ピークは過去に2度踏んでいるので、今回はカット。
1
大同心と小同心。岩綾が織りなす襞が美しい。
2016年05月29日 08:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心と小同心。岩綾が織りなす襞が美しい。
大同心と小同心。その2。
2016年05月29日 09:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心と小同心。その2。
阿弥陀岳遠景。あれを登った。
2016年05月29日 10:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳遠景。あれを登った。
撮影機材:

感想/記録

梅雨入り前の日曜日。微風快晴の絶好のコンディションのもと、阿弥陀岳へ御小屋尾根経由で登りました。森林限界を超えた辺りから、後立山連峰、北アルプス、中央アルプス、南アルプスを一望のもとに見渡すことができ、モチベーションは最高潮に。ピークからの富士山、赤岳・横岳の岩綾も文句無しの素晴らしい展望でした。時間的に余裕があったので、行者小屋から美濃戸口へ向かう予定を、赤岳鉱泉経由に切り替え、少しでも長く快適トレッキングを味わいます。それでも予定時刻より早くに美濃戸口に到着するあたり、この日は最高の登山日和だったと言えるでしょう。

**八ヶ岳山荘から登る途中、熊の爪痕が刻まれた木立を発見しました。別荘地が終わる辺りです。舗装道路の近くまで熊は降りてきているようです。
訪問者数:233人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

森林限界 熊鈴 ザレ コル 落石 梅雨
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ