ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 890233 全員に公開 ハイキング関東

甲武信ヶ岳、毛木平から周回。

日程 2016年06月04日(土) 〜 2016年06月05日(日)
メンバー daikenta
天候4日曇り、5日雨のち曇り?
アクセス
利用交通機関
車・バイク
他の人のレコで毛木平の駐車場は混雑するとのことで前日の夜に出発し2時半頃に着いたときはまだ空いていましたが7時過ぎに起きてみると既に満車で林道の路肩に駐車している車もありました。

しかしアズマシャクナゲもほぼ終わりの感じでハクサンシャクナゲもまだ蕾のような感じで次回の週末はどうでしょうか?

帰りの道で遠回りするのはちょっとと思い秩父へ抜ける中津川林道を走ってみましたがとんでもない道で18キロは未舗装で20〜30kmのスピードしか出せず気を使いました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間18分
休憩
39分
合計
6時間57分
S毛木平07:4808:13大山衹神社08:1708:26慰霊碑08:3009:21なめ滝09:2210:35千曲川・信濃川水源地標10:4711:28甲武信ヶ岳11:2912:11三宝岩12:1912:23三宝山12:2412:52尻岩13:14武信白岩山13:1813:27武信白岩山(北峰)13:3014:21大山14:2214:45十文字小屋
2日目
山行
1時間4分
休憩
1分
合計
1時間5分
十文字小屋06:1106:58水場(五里観音)06:5907:16毛木平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険と思われる箇所はありませんでした。
大山〜十文字小屋がちょっと大変でしょうか。
毛木平〜甲武信ヶ岳はほぼなだらかな登りで山頂直下が急登です。
甲武信ヶ岳〜十文字小屋はアップダウンがあり疲れました。
十文字小屋〜毛木平はかなりの急坂で登りでは大変でしょう。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

毛木平の駐車場
7時過ぎの時点
2016年06月04日 07:43撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛木平の駐車場
7時過ぎの時点
右はナメ滝、千曲川・信濃川水源地標
左は十文字峠
右へ
2016年06月04日 07:55撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右はナメ滝、千曲川・信濃川水源地標
左は十文字峠
右へ
この辺りからナメ滝?
2016年06月04日 09:23撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからナメ滝?
水源地標
2016年06月04日 10:36撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水源地標
1
ここから水が出ています。
冷たくて美味しい。
2016年06月04日 10:38撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから水が出ています。
冷たくて美味しい。
2
まだのようですね。
ハクサンシャクナゲなのでしょうか?
2016年06月04日 11:12撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだのようですね。
ハクサンシャクナゲなのでしょうか?
山頂にはかなり多くの登山者がいました。
2016年06月04日 11:25撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にはかなり多くの登山者がいました。
甲武信小屋へ行っても12時前に着いてしまうし天気も気になる。
十文字小屋でテン泊に決める。
2016年06月04日 11:28撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信小屋へ行っても12時前に着いてしまうし天気も気になる。
十文字小屋でテン泊に決める。
1
埼玉県で一番高い山。
景色は一箇所からだけですが富士山が見えました。
ここのシャクナゲもこんな感じです。
2016年06月04日 12:18撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
埼玉県で一番高い山。
景色は一箇所からだけですが富士山が見えました。
ここのシャクナゲもこんな感じです。
4
中央に富士山。
わからないかも。
2016年06月04日 12:21撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に富士山。
わからないかも。
尻岩
2016年06月04日 12:50撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尻岩
武信白岩山
ここには登れないみたいです。
2016年06月04日 13:30撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武信白岩山
ここには登れないみたいです。
1
この辺りでやっと見れた。
赤いのはまだ蕾
2016年06月04日 13:43撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りでやっと見れた。
赤いのはまだ蕾
大山からたぶん三宝山。
2016年06月04日 14:18撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山からたぶん三宝山。
両神山方面だったかと?
2016年06月04日 14:19撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山方面だったかと?
2
ここからすぐ急坂になります。
2016年06月04日 14:19撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからすぐ急坂になります。
こんな感じ
2016年06月04日 14:24撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じ
1
時期が良ければなぁ〜
2016年06月04日 14:41撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時期が良ければなぁ〜
十文字小屋が見えてきました。
2016年06月04日 14:44撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十文字小屋が見えてきました。
1
テント料金1000円。
北アルプス並みですね。
トイレは綺麗でした。
2016年06月04日 14:49撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント料金1000円。
北アルプス並みですね。
トイレは綺麗でした。
1
戻ってきました。
見ても分かるように十文字峠からではかなりきつそうですね。
2016年06月05日 07:33撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ってきました。
見ても分かるように十文字峠からではかなりきつそうですね。
1

感想/記録

今回は、6月末にテン泊を予定しておりそれのトレーニングが目的でどこに行こうか探していると甲武信ヶ岳がシャクナゲ見頃?と甲武信小屋でテン泊も良いかなっと思い歩いてきました。

毛木平まで直線ならそれほどでもないが車で行くと回り込むような感じで結構遠かった。
2時半頃に駐車場に着くとまだ空いており枠内に駐車し仮眠。
5時過ぎ周りの音に目を覚ますがまだ早いので二度寝をする。
7時過ぎにまた音に目を覚ましもう良いかなっと仕度をして出発。

テン泊は去年の9月以来でありザックの重さがきつい。
水源地標までは比較的なだらかな登りで良かったがこの先が急登で厳しかった。

山頂で12時前、甲武信小屋までにも12時前に着きそうでちょっと早いし明日の天気が気がかり。
それではと十文字小屋でテン泊することに決め歩き出すが小屋までアップダウンとテン泊ザックで思うように足が進まない。

十文字小屋に着き久しぶりのテント設営。張れる箇所はあまり良いところがありません。
テン場には他に2張りだけであった。

夜中に雨の音で目を覚ます。
朝起きてもまだ雨は降っていた。
小雨なので良かったが雨の撤収はいやですね。

後は下りで1時間半くらいなので気分的に楽でした。

無事に下山すると雨は止みだんだんと天気が良くなってくる。

訪問者数:358人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/27
投稿数: 700
2016/6/5 22:27
 関東甲信越、梅雨入りですね。
天泊のトレーニングだったんですね。
今日から関東甲信越は梅雨に入りしましたが
近々、天気が良ければ毛木平から同じコースを嫁と二人で周回する予定でした。
タイムリーなレコですので参考にさせて頂きます。
毛木平の混み具合が凄いですね。。一度ピストンした時は閑古鳥でした。

今年は梅雨入りが少し早かったですね。
梅雨前にあと1〜2回晴れの山歩きをしたかったのですが
既に今度の休みの予報は雲のち雨です

重い天泊装備、お疲れ様でした
登録日: 2012/3/29
投稿数: 153
2016/6/5 22:59
 Re: 関東甲信越、梅雨入りですね。
駐車場もこの時期以外は空いているみたいですね。
途中で話した人も以前に来たときは違い林道に縦列駐車をしたと言っていました。

しかし周回するとどちら周りにしようか考えますね。
今回は甲武信小屋でテン泊予定でしたので登りを楽にして小屋で荷物を軽くして厳しい道をと思い反時計回りにしましたが日帰りだとどうだろう。
反時計回りのほうがCTは短いので楽なのかもしれませんね。

折角休みを取り予定していますので6月末の天気が気がかりです。
登録日: 2010/11/22
投稿数: 848
2016/6/5 23:12
 daikentaさん、こんばんは^^
しゃくなげの時期は、駐車場すごいですね。
以前、毛木平Pで車中泊しに花が終わってから行ったら、私の車一台で真っ暗だしチョー怖かったです。
ほどほどに賑わっていた方が、うれしかったり^^;

千曲川の源流水、ほんと美味しいですよね。
私の中では、富士山の湧水とここの水がNo1です。
お疲れ様でした。
登録日: 2013/10/5
投稿数: 120
2016/6/6 7:28
 おはよーございます!
甲武信〜十文字小屋間の小ピーク越え、なかなか足にくるコースですよね。テン泊装備でとなるとさらにキツいはずです。本当にお疲れ様でした!
日曜日に富士山を計画してましたが、そんな天気で持ち越しです。雪が少しでもあるうちにとは思うのですが、雨で無くなりそうですね。
登録日: 2012/3/29
投稿数: 153
2016/6/6 10:49
 Re: daikentaさん、こんばんは^^
遠いところの山は前日出発し夜中に登山口P着がありますが他に車が無いときは、ここで良いのかなという不安と寂しさがありますね。
ましてや女性一人ではなおさらでしょう。

水源地の水はすごく冷たくて本当に美味しいですね。
登録日: 2010/3/28
投稿数: 86
2016/6/6 15:50
 中津川林道
テント泊装備での周回、お疲れ様です。ここは歩いてみたいので参考にさせていただきます。
もう20年も前ですが学生の頃オフロードバイクが好きで、帰省の時にわざわざ遠回りして中津川林道のダート道を走って帰ってました。
「あの当時も道の状態は悪かったな〜」など突然に懐かしく思い出しました。今もまだ悪路なんですね。
帰路の運転もお疲れ様でした。
登録日: 2012/3/29
投稿数: 153
2016/6/6 21:52
 Re: おはよーございます!
久しぶりのテン泊ザックは重かったです。
ちょっとお酒が余計だったかも。
今回で次回のテン泊を少し軽く出来そうです。

十文字小屋に着いたときには思わずこのまま下山してしまおうかなっと考えてしましましたが今回の目的ではないので泊まることにしました。

富士山はかなり雪が無くなっている感じですね。
歩きたいときに歩けると良いですね。
でもまた良い時期でもいいのでは?

私でも計画していてもなかなか行けない山もかなりあります。
楽しみに取っておきます。
登録日: 2012/3/29
投稿数: 153
2016/6/6 22:03
 Re: 中津川林道
同じですね!
私も20数年前にオフ(XLR250)のバイクでこの道を走りました。
北海道もテントを積んで何回も行きました。
仙台からのフェリーが調度良く風呂に入りぐっすり寝て良く朝着いて走り出す。
楽しかった思い出です。

夢は、毎日サンデーになったらゆっくりハイエースみたいな車で全国を回りたい。
山歩きを含めてですが。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ