ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899904 全員に公開 ハイキング奥秩父

【金峰山~国師ヶ岳~北奥千丈岳】表参道~アコウ平から周回

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー goshou
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
琴川ダムから大弛峠に向かう途中の左手にあるアコウ平に車を止めました。
「アコウの土場」とカーブミラーに小さな表示あります、8台前後止められる未舗装の駐車場(空地)です。

栄和交通バスが塩山駅から出ていてアコウ平でも乗降車できて大弛峠からも乗降車が出来るとガイドにあります、株式会社栄和交通バスに問い合わせて下さい。

帰りは大弛峠からアコウ平までアスファルトの林道を6km程歩く事になるので峠に自転車を降ろしておきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間13分
休憩
38分
合計
6時間51分
Sアコウ平登山口(アコウの土場)05:4906:41御室小屋(廃屋)06:52鎖場07:0207:21片手廻し岩07:2208:32五丈石08:4008:45金峰山08:4609:22鉄山09:45朝日岳09:4609:56大ナギ10:11朝日峠10:32大弛峠10:3310:51夢の庭園11:11前国師ヶ岳11:1211:22国師ヶ岳11:2711:32三繋平11:37北奥千丈岳11:4311:48三繋平11:54前国師ヶ岳12:02夢の庭園12:10大弛峠12:1412:38アコウ平登山口(アコウの土場)12:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
アコウ平(空地)奥にある登山口から倒木の多い林の中を下って行き、トロッコ軌跡に降りたらリボンに沿って左手に進み金峰山の標識が掛かる木を右に下りて行くと荒川の渡渉地点に出ます。

荒川にロープが渡してありましたが、そこは川幅があったので自分は10m程下流で渡りました。
荒川を渡ってから苔むした林をリボンに沿って歩きます、少し不明瞭な箇所ありましたが、不安になったら確実な所まで戻り踏み跡を確認してリボン探して進んで行きます。

このコースでクサリ場が1ヶ所ありました、左傾斜の斜面になった1枚岩を登って行く場所で、岩の左は垂直に切れ落ちています。
登る傾斜はそれほどでもありませんが、クサリの長さと高度感はありますから慎重に登ります。単純に鎖を頼りに登れればいいのですが、岩の上部から水が染み出て苔で滑ります、立って進むとスリップし危険です、ここは四つん這いで鎖は離さず慎重に進みました。

木が低くなると頂上まで大岩ゴロゴロの登りになります、岩には消えかけた矢印がありますので見落とし無いように注意して登り五丈石直下に到着します。

山頂にある五丈岩は上まで上がれますが非常に危険です、体力と手足の長さとバランスとよじ登る経験と勇気が必要だと思いますが、登れはしたものの降りる方のが数段危険ですから安易には上がらない方がいいと思います。

金峰山から大弛峠までは整備されて危険な箇所はありませんがこの時期はハエとブヨが大量発生しています。
国師ヶ岳、北奥千丈ヶ岳までも非常によく整備された登山道で危険箇所はありません。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

アコウの土場に駐車します。このカーブミラーに小さな標識が付いています。広さは車7~8台位でしょうか
2016年06月18日 05:43撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アコウの土場に駐車します。このカーブミラーに小さな標識が付いています。広さは車7~8台位でしょうか
1
渡渉地点ですが自分はもう少し下流側で渡りました。
2016年06月18日 06:03撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉地点ですが自分はもう少し下流側で渡りました。
イチヨウランが岩の影に
2016年06月18日 06:29撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イチヨウランが岩の影に
2
シロバナノヘビイチゴ
2016年06月18日 06:37撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロバナノヘビイチゴ
1
御室小屋跡です。江戸時代はここで修験者達が参拝料を支払っていたそうです
2016年06月18日 06:37撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御室小屋跡です。江戸時代はここで修験者達が参拝料を支払っていたそうです
急坂に掛かるアルミのハシゴ
2016年06月18日 06:46撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂に掛かるアルミのハシゴ
鶏冠岩のクサリ、斜度はありませんが、左下がりで登ります。岩が濡れて光った場所が最も危険です
2016年06月18日 06:48撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠岩のクサリ、斜度はありませんが、左下がりで登ります。岩が濡れて光った場所が最も危険です
3
登ってからクサリ半分を上から見ます。岩はケイオウ谷に切れ落ちて高度感があります
2016年06月18日 06:50撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってからクサリ半分を上から見ます。岩はケイオウ谷に切れ落ちて高度感があります
2
五丈石と手前に片手廻し岩が見えてきます
2016年06月18日 06:52撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈石と手前に片手廻し岩が見えてきます
2
振り返ると素晴らしい景色が広がっています
2016年06月18日 06:55撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると素晴らしい景色が広がっています
3
片手廻し岩に到着、岩の下に修験者の納めた木札が。いまだに修験者が登っているのですね
2016年06月18日 07:14撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片手廻し岩に到着、岩の下に修験者の納めた木札が。いまだに修験者が登っているのですね
2
コイワカガミがびっしり
2016年06月18日 07:33撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミがびっしり
4
山頂が近くなってきました
2016年06月18日 07:43撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近くなってきました
1
富士山もいい感じで見えてます
2016年06月18日 07:43撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もいい感じで見えてます
2
小さなツボミ
2016年06月18日 07:51撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さなツボミ
2
シャクナゲの花が咲き残っていました
2016年06月18日 07:55撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの花が咲き残っていました
3
白峰三山が見えてきます
2016年06月18日 07:57撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山が見えてきます
3
振り返り左の景色
2016年06月18日 07:57撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り左の景色
1
右の景色
2016年06月18日 07:57撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の景色
1
青空と山並の後ろで雲を突き抜ける富士山
2016年06月18日 07:58撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空と山並の後ろで雲を突き抜ける富士山
2
青空に向かってひたすらよじ登ります
2016年06月18日 08:01撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に向かってひたすらよじ登ります
1
花を見てもうひと頑張り
2016年06月18日 08:15撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花を見てもうひと頑張り
4
五丈石到着
2016年06月18日 08:24撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈石到着
1
石祠(金峰山神社) お参りしました
2016年06月18日 08:24撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石祠(金峰山神社) お参りしました
疲れたけど景色と気分は最高です
2016年06月18日 08:24撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れたけど景色と気分は最高です
1
五丈石に登りました。
2016年06月18日 08:27撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈石に登りました。
1
鳥居が小さい、足がすくむ
2016年06月18日 08:28撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居が小さい、足がすくむ
1
青空に感謝
2016年06月18日 08:35撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に感謝
2
八ヶ岳
2016年06月18日 08:39撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳
3
金峰山の山頂
2016年06月18日 08:42撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山の山頂
3
雲の感じがいい
2016年06月18日 08:46撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の感じがいい
3
帰りたくない
2016年06月18日 08:46撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りたくない
2
石の上に人が立つと大きさが分かります。名残惜しい....
2016年06月18日 08:46撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石の上に人が立つと大きさが分かります。名残惜しい....
1
大弛峠を目指して歩きます
2016年06月18日 08:48撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛峠を目指して歩きます
1
ミツバオウレン?
2016年06月18日 09:25撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン?
▲山です
2016年06月18日 09:33撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
▲山です
1
ミヤマカタバミ
2016年06月18日 09:58撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミ
1
大弛峠到着。ここから国師ヶ岳へ
2016年06月18日 10:30撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛峠到着。ここから国師ヶ岳へ
1
夢の庭園を登ります
2016年06月18日 10:45撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夢の庭園を登ります
1
夢の庭園から。手前から朝日岳、焼山、金峰山です
2016年06月18日 10:46撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夢の庭園から。手前から朝日岳、焼山、金峰山です
2
国師ヶ岳到着
2016年06月18日 11:16撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳到着
1
北奥千丈岳。
金峰山より2m高く本日の最高到達地点です
2016年06月18日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北奥千丈岳。
金峰山より2m高く本日の最高到達地点です
1
歩いた山が一望できます
2016年06月18日 11:38撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いた山が一望できます
2
右側が甲武信ヶ岳で左が三宝山?
2016年06月18日 11:39撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側が甲武信ヶ岳で左が三宝山?
2
大弛峠は満車でした。デポった自転車で下ります
2016年06月18日 12:06撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛峠は満車でした。デポった自転車で下ります
無事にアコウ平に戻りました。
車は3台でした。
2016年06月18日 12:35撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事にアコウ平に戻りました。
車は3台でした。
撮影機材:

感想/記録
by goshou

天気予報は晴れ!
皆さんのいろいろなレコを参考にして金峰山に決定、できれば静かな山歩きをしたいので、
歴史も感じられそうなアコウ平から表参道で登って来ました。
登山道では山頂まで一人も会わず自分のペースで歩けました、ハシゴやクサリがあり険しい道なので、体力修行にもちょうどよいコースでした。
昔の人は麓からこんな山奥まで数日かけて歩いて来たのでしょうから、凄い過酷な行程だったと推測します
天気も良く、奥秩父の景色を見ながら修験者の気持ちで登れたので、いい思い出山行になりました。
訪問者数:286人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ