ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900509 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

農鳥岳【日本二百名山】〜奈良田〜

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー Sutoku
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奈良田バス停にある駐車場。きれいな水洗トイレがあります。臨時駐車場は入口が鎖で閉鎖されていました。奈良田第一発電所周辺に駐車スペースがありますが自己責任で。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間39分
休憩
1時間16分
合計
12時間55分
S奈良田バス停05:1205:20奈良田駐車場05:33奈良田ゲート07:39大門沢小屋07:4110:14大門沢分岐11:04農鳥岳11:5912:33大門沢分岐12:3512:57広河内岳13:1213:29大門沢分岐15:26大門沢小屋15:2717:38奈良田ゲート17:55奈良田駐車場17:5618:07奈良田バス停18:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは林道入り口にあります。用紙等はありません。
●奈良田〜森山橋
舗装路です。落石に注意が必要です。
●森山橋〜大門沢小屋
沢沿いの登山道でよく整備されています。小コモリ沢には橋がありません。増水していなければ問題ありません。
●大門沢小屋〜大門沢下降点
樹林帯の歩きやすい登山道です。浮石に注意が必要な箇所が少しあります。
●大門沢下降点〜農鳥岳山頂
広い尾根ですので、危険個所は特にありません。残雪は一部でアイゼンは不要です。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 着替え ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

前日の仕事疲れから1時間半予定より遅い起床となってしまいました。奈良田の駐車場には5時少し前に到着して、急いで準備して出発します。シーズンでないのでガラガラです。
2016年06月18日 05:11撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日の仕事疲れから1時間半予定より遅い起床となってしまいました。奈良田の駐車場には5時少し前に到着して、急いで準備して出発します。シーズンでないのでガラガラです。
20分程歩いて奈良田第一発電所の林道入り口に着きました。これだけの柵があるとTNへの侵入は難しいでしょう。左の林道へ進みます。
2016年06月18日 05:32撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分程歩いて奈良田第一発電所の林道入り口に着きました。これだけの柵があるとTNへの侵入は難しいでしょう。左の林道へ進みます。
少し歩くとゲートがありました。転回スペースがあり、駐車できますが、自己責任で。
2016年06月18日 05:34撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩くとゲートがありました。転回スペースがあり、駐車できますが、自己責任で。
自然に返りつつある休憩小屋。
2016年06月18日 05:51撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然に返りつつある休憩小屋。
巨大な堰堤と吊り橋が見えてくると、右側に登山道の標識があります。
2016年06月18日 05:55撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な堰堤と吊り橋が見えてくると、右側に登山道の標識があります。
すぐに森山橋。立派な吊橋で揺れません。渡りきると、堰堤脇の斜面をジグザグ登ります。ここで、オオスズメバチが登山道脇の木の根周りを飛んでいたので、刺激しないように待ちます。3分程で飛び去ったので素早く通過します。巣があるようには見えませんでした。
2016年06月18日 05:56撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに森山橋。立派な吊橋で揺れません。渡りきると、堰堤脇の斜面をジグザグ登ります。ここで、オオスズメバチが登山道脇の木の根周りを飛んでいたので、刺激しないように待ちます。3分程で飛び去ったので素早く通過します。巣があるようには見えませんでした。
堰堤の先は工事中の砂利道を進みます。今日はこの時間ですでに暑いです。
2016年06月18日 06:03撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の先は工事中の砂利道を進みます。今日はこの時間ですでに暑いです。
水路横を通過して、
2016年06月18日 06:08撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水路横を通過して、
早川水系発電所取水口の吊橋を渡ります。結構揺れるので慎重に進みます。ここまで、駐車場から1時間ほどです。
2016年06月18日 06:10撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早川水系発電所取水口の吊橋を渡ります。結構揺れるので慎重に進みます。ここまで、駐車場から1時間ほどです。
歩きにくい壊れかけの梯子を下りて、
2016年06月18日 06:11撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きにくい壊れかけの梯子を下りて、
小コモリ沢の渡渉地点に来ました。水量はそれなりにありますが、石がわずかに隠れるほどなので、登山靴で問題なく渡れます。増水時はもちろん注意が必要です。ここ以外の沢にはすべて橋があります。
2016年06月18日 06:13撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小コモリ沢の渡渉地点に来ました。水量はそれなりにありますが、石がわずかに隠れるほどなので、登山靴で問題なく渡れます。増水時はもちろん注意が必要です。ここ以外の沢にはすべて橋があります。
大コモリ沢を渡ります。
2016年06月18日 06:29撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大コモリ沢を渡ります。
細いトラバース路。
2016年06月18日 06:37撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細いトラバース路。
八丁坂をジグザグ登ると、平らな地形の場所に出ます。赤テープを頼りに進みます。
2016年06月18日 06:41撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁坂をジグザグ登ると、平らな地形の場所に出ます。赤テープを頼りに進みます。
枝尾根を越えると沢沿いの道が続きます。
2016年06月18日 07:15撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝尾根を越えると沢沿いの道が続きます。
右岸から左岸へ渡ります。
2016年06月18日 07:20撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸から左岸へ渡ります。
沢沿いの歩きにくい道が続きます。左岸から右岸へ戻ります。少し登ると、
2016年06月18日 07:30撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの歩きにくい道が続きます。左岸から右岸へ戻ります。少し登ると、
大門沢小屋に着きました。出発の遅れを取り戻すため急いで登ってきました。駐車場から2時間20分程です。
2016年06月18日 07:34撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢小屋に着きました。出発の遅れを取り戻すため急いで登ってきました。駐車場から2時間20分程です。
小屋では休憩せず先へ進みます。まずは、樹林帯の歩きやすい登山道です。南アルプスらしい森です。
2016年06月18日 07:37撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋では休憩せず先へ進みます。まずは、樹林帯の歩きやすい登山道です。南アルプスらしい森です。
沢はかなり下を流れています。稜線が見えてきました。抜けるような青空です。
2016年06月18日 07:47撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢はかなり下を流れています。稜線が見えてきました。抜けるような青空です。
2
南沢を渡ります。渡った先のトラバース路は細いので滑落しないように注意します。
2016年06月18日 07:53撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢を渡ります。渡った先のトラバース路は細いので滑落しないように注意します。
もう一本沢を渡ります。橋が壊れていますが、使わないで渡れます。
2016年06月18日 08:00撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一本沢を渡ります。橋が壊れていますが、使わないで渡れます。
沢の中州のような場所を登っていきます。ここは、樹林帯から出るので、暑いです。ザレているので、下りで一番注意が必要な場所です。振り返ると櫛形山や富士山が見えます。
2016年06月18日 08:26撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の中州のような場所を登っていきます。ここは、樹林帯から出るので、暑いです。ザレているので、下りで一番注意が必要な場所です。振り返ると櫛形山や富士山が見えます。
2
すぐに、再び樹林帯へ入ります。ここからは急坂ですが、歩きやすい整備された登山道です。標高差100mごとに標識があります。
2016年06月18日 08:41撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに、再び樹林帯へ入ります。ここからは急坂ですが、歩きやすい整備された登山道です。標高差100mごとに標識があります。
2650m地点で樹林帯から抜けてハイマツ帯へ。
2016年06月18日 09:40撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2650m地点で樹林帯から抜けてハイマツ帯へ。
旧道は落石が多く通行止めで新道で迂回して登っていきます。写真はちょっと危険な場所。
2016年06月18日 09:56撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧道は落石が多く通行止めで新道で迂回して登っていきます。写真はちょっと危険な場所。
1
最後はバテましたが、何とか稜線に出ました。奈良田の駐車場から5時間程です。
2016年06月18日 10:13撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はバテましたが、何とか稜線に出ました。奈良田の駐車場から5時間程です。
2
稜線からは塩見岳が見えます。雲がいい感じ。
2016年06月18日 10:18撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線からは塩見岳が見えます。雲がいい感じ。
10
山頂までは危険個所はなくゆるい登りが続きます。
2016年06月18日 10:27撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までは危険個所はなくゆるい登りが続きます。
山頂手前のピークを超えるとようやく山頂が見えました。左奥は西農鳥岳。
2016年06月18日 10:53撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前のピークを超えるとようやく山頂が見えました。左奥は西農鳥岳。
3
雲の間から富士山。
2016年06月18日 10:57撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の間から富士山。
2
6時間程かかって農鳥岳山頂に着きました。6年前に広河原からピストンした、北岳と間ノ岳が大きく見えます。
西農鳥岳に行こうか迷いましたが、大変そうなのと、下山時間が気になりやめました。その代り、1時間近く休憩して展望を楽しみました。
2016年06月18日 11:04撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時間程かかって農鳥岳山頂に着きました。6年前に広河原からピストンした、北岳と間ノ岳が大きく見えます。
西農鳥岳に行こうか迷いましたが、大変そうなのと、下山時間が気になりやめました。その代り、1時間近く休憩して展望を楽しみました。
5
存在感のある塩見岳。
2016年06月18日 11:45撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
存在感のある塩見岳。
3
12時に下山開始。30分で大門沢下降点へ着きました。ザックをデポして広河内岳へ向かいます。
2016年06月18日 12:29撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時に下山開始。30分で大門沢下降点へ着きました。ザックをデポして広河内岳へ向かいます。
30分弱で山頂に到着。塩見岳の展望台です。
2016年06月18日 12:55撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分弱で山頂に到着。塩見岳の展望台です。
6
広河内岳山頂から農鳥岳。
2016年06月18日 13:07撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河内岳山頂から農鳥岳。
1
ザックを回収して大門沢下降点から下山開始です。休憩しつつ転倒しないよう注意します。
2016年06月18日 13:38撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックを回収して大門沢下降点から下山開始です。休憩しつつ転倒しないよう注意します。
2
下界は晴れています。とにかく暑いです。
2016年06月18日 14:37撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界は晴れています。とにかく暑いです。
南沢を渡ります。最初の一歩は大股で。
2016年06月18日 15:15撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢を渡ります。最初の一歩は大股で。
1
下降点から2時間かけて大門沢小屋に戻ってきました。明るいうちに林道に出れそうなのでちょっと休憩です。
2016年06月18日 15:29撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降点から2時間かけて大門沢小屋に戻ってきました。明るいうちに林道に出れそうなのでちょっと休憩です。
沢沿いの登山道を黙々と歩き続けて、
2016年06月18日 15:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの登山道を黙々と歩き続けて、
揺れる吊橋を慎重に渡って、
2016年06月18日 16:58撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
揺れる吊橋を慎重に渡って、
森山橋に戻ってきました。後は林道と県道を歩くだけですが、4.3劼諒涸路は結構つらかったです。
2016年06月18日 17:11撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森山橋に戻ってきました。後は林道と県道を歩くだけですが、4.3劼諒涸路は結構つらかったです。
林道入り口。広河原までは17辧▲丱垢1時間程。
2016年06月18日 17:38撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道入り口。広河原までは17辧▲丱垢1時間程。
奈良田橋を渡って、
2016年06月18日 17:50撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良田橋を渡って、
駐車場に無事明るいうちに到着しました。二週間前の笊ヶ岳より疲れました。
2016年06月18日 18:05撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に無事明るいうちに到着しました。二週間前の笊ヶ岳より疲れました。
1
撮影機材:

感想/記録
by Sutoku

今週は聖岳へ行く予定でしたが、畑薙へ向かう林道が崩落して、夜間通行止めとの情報があり、農鳥岳へ行くことにしました。疲れから朝、起きれず遅い出発になってしまいましたが、雲の中に入ることもなく山頂から、北岳、間ノ岳の山並みが見れて良かったです。シーズン前ということもあり、出会った登山者は5名程の静かな山旅でした。次回登ることがあれば広河原から白峰三山を縦走したいです。
訪問者数:453人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

下降点 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ