ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 906952 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー tank2016
天候雨・霧
アクセス
利用交通機関
バス
乗鞍山頂(畳平)(平湯温泉からバス60分)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
【注意】復路のログは、一部飛んでいるようです。往路と同じ道を戻ったので、富士見岳は通っていません。
コース状況/
危険箇所等
頂上小屋の先に少し雪が残っていましたが、凍ってはいなかったので、アイゼンなしで進めました。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 タオル カメラ

写真

霧が晴れることは期待していませんが、登ります。
2016年06月26日 09:51撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が晴れることは期待していませんが、登ります。
肩ノ小屋までは平坦な道のりです。
2016年06月26日 09:53撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋までは平坦な道のりです。
シャクナゲ?
2016年06月26日 10:07撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ?
1
見えないですが、雪渓が広がっているのでしょうか?
2016年06月26日 10:12撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えないですが、雪渓が広がっているのでしょうか?
肩ノ小屋。車道はここまでです。
2016年06月26日 10:18撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋。車道はここまでです。
ここから登山道になります。
2016年06月26日 10:24撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道になります。
砂利道ですが、歩きやすいです。
2016年06月26日 10:32撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂利道ですが、歩きやすいです。
頂上小屋。あと少しで頂上です。
2016年06月26日 11:00撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上小屋。あと少しで頂上です。
雪の上を進みます。
2016年06月26日 11:03撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の上を進みます。
頂上です。何も見えません・・・。止まっていると体が冷えるばかりなので長居は無用。
2016年06月26日 11:08撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上です。何も見えません・・・。止まっていると体が冷えるばかりなので長居は無用。
1

感想/記録

霧と雨がひどく、バス降車後、方向もわからないほどで、終始、展望はまったくききませんでした。

登山道は、特に険しいところはありません。植生保護のため、コースを外れないようにロープが張ってあるので、気を付けていれば濃霧でも迷う心配はないと思います。

歩いていれば寒さはさほど感じませんでしたが、手袋はあった方がいいです。
訪問者数:246人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ