ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 909411 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山(鴨沢ルートピストン)

日程 2016年07月03日(日) [日帰り]
メンバー tsugu29
天候曇のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
丹波山村村営駐車場に駐車。
4時45分の時点で半分位埋まってました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち31%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間4分
休憩
1時間19分
合計
8時間23分
S丹波山村村営駐車場04:5404:58小袖緑道あがり06:05堂所06:1507:01七ッ石小屋下分岐07:0507:14七ツ石小屋07:2507:34七ッ石小屋上分岐07:3908:02ブナ坂08:35奥多摩小屋08:4209:20小雲取山09:37雲取山避難小屋09:3809:38雲取山09:5809:59雲取山避難小屋10:0010:11小雲取山10:1310:31ヨモギノ頭10:40奥多摩小屋10:4511:05ブナ坂11:0611:30七ッ石小屋上分岐11:3211:36七ツ石小屋11:41七ッ石小屋下分岐12:05堂所12:1513:13小袖緑道あがり13:17丹波山村村営駐車場13:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はなかったです。
堂所の手前が軽く泥濘んでました。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 保険証 携帯 タオル ストック タイツ ゲイター ザックカバー

写真

丹波山村村営駐車場に駐車。4時45分の時点で半分くらい埋まってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹波山村村営駐車場に駐車。4時45分の時点で半分くらい埋まってました。
1
車道を少し進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を少し進みます。
登山口入口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口入口です。
長い道のりの始まりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い道のりの始まりです。
最初はこんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はこんな感じ
そしてこんな感じの道がずっと続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてこんな感じの道がずっと続きます。
別アングルの廃屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別アングルの廃屋
囲いのある畑みたいのが出てきましたが、囲いが役割を果たしてないように思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
囲いのある畑みたいのが出てきましたが、囲いが役割を果たしてないように思います。
黙々と進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黙々と進みます
このあたりでリスを目撃。下りの時は猿がいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりでリスを目撃。下りの時は猿がいました。
ようやく堂所です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく堂所です
堂所を過ぎると少し傾斜がきつくなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂所を過ぎると少し傾斜がきつくなる
真っ直ぐ行くなの看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ直ぐ行くなの看板
ひたすら登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら登ります
七ツ石小屋下の分岐。水場を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋下の分岐。水場を目指します。
七ツ石小屋に到着。休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋に到着。休憩。
富士山が見えました‼
ちょっと雲に隠れていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えました‼
ちょっと雲に隠れていました。
1
水場の写真撮るの忘れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場の写真撮るの忘れた。
水場のところからの巻き道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場のところからの巻き道を進みます。
この大きい岩が出てきたら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この大きい岩が出てきたら
ブナ坂に到着です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ坂に到着です
石尾根縦走路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根縦走路
見えてきた‼
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきた‼
見返り美人、またの名をダンシングツリー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見返り美人、またの名をダンシングツリー
ずんずん進んで、開けたところが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずんずん進んで、開けたところが
ヘリポートの先のテン場にあった水場の指示標。どのくらいかかるのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリポートの先のテン場にあった水場の指示標。どのくらいかかるのかな?
水場へはいかず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場へはいかず。
奥多摩小屋前で休憩します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋前で休憩します。
トトロ、一応写真を撮っておきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トトロ、一応写真を撮っておきました
1
ここまで来てからの急登はキツいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来てからの急登はキツいです。
山頂が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えました
振り返るといい感じの景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るといい感じの景色
1
急登感を出す撮り方が分からない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登感を出す撮り方が分からない
1
富士山はほとんど見えなくなった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山はほとんど見えなくなった
1
あとちょっと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとちょっと
到着❗
山頂が横に長いのね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着❗
山頂が横に長いのね。
2
どれが何の山か全然分からない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どれが何の山か全然分からない
埼玉県の山頂標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
埼玉県の山頂標
2
東京都の山頂標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京都の山頂標
2
では来た道を戻って、下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では来た道を戻って、下山します。
1
小雲取山のところで、シカがいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雲取山のところで、シカがいました。
全く逃げる気配がありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全く逃げる気配がありません

感想/記録

かねてより行ってみたいと思っていた、雲取山の鴨沢ルート日帰りピストン。色んな山行記録を見ると、人によって所要時間に結構な幅があるのですが、自分の実力を踏まえてコースタイム通りとすると、電車とバスで行ったら下山が何時になるか不安で躊躇していました。ですが、車で行って早朝から登れば、帰りの運転は辛いけど時間の不安はないので、行ってきました。

噂には聞いてましたが、“長い”❗

堂所までの道のりは、ひたすらだらだら登って行くのはわかっていましたが、そうは言っても登りなので、やっぱり疲れてくるし、段々傾斜がきつくなるので、七ツ石小屋前はヘロヘロになりました。(下山時に小屋前ですれ違った、自分と同じ体型の人はみんな同じ感じのようでした、ちなみに自分は17385kg)

七ツ石小屋上からの巻き道は平坦だったので、ここで何とか回復し、石尾根は小雲取山の手前まで雲りで日射しが無く、程よい風もあり快適に進むことができました。

小雲取山の手前から日射しが出てきて暑くなりましたが、あともうちょっとと言い聞かせ、山頂に到着❗横に長い山頂で一通り写真を撮って、避難小屋横の眺めの良いところでごはん休憩。大量のハエもしばらくすると気にならなくなったのですが、今度は人が多くなってきたので下山開始。

ここからが辛かった❗なにしろ長い❗すでに目的を果たしたので、ひたすら下るだけ。こんなに長い道のりを歩いてきたっけ?なんて思いながらようやく七ツ石小屋に到着。
ここからがもはや修行のような、景色が変わらない樹林帯の下り。早く戻りたくて急ごうとしても、足があまり言うことを聞かず、我慢しながら下り続け、ようやくゴール❗

記録をみたら、今までで一番長い山行でした。このルートが大丈夫だったので、今度はもう少しレベルを上げたいと思います❗
訪問者数:329人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ