ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 910262 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

五竜岳は微笑んだ

日程 2016年06月25日(土) 〜 2016年06月27日(月)
メンバー kendokozo, その他メンバー1人
天候1,2日目:曇り時々晴れ、3日目:晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク、 ケーブルカー等
1日目、車にて五竜遠見駅に行き、そこでタクシーを拾いゴンドラアダムまで。ゴンドラとリフトを乗り継ぎ八方池山荘まで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
コースは特に危険個所はありません。ただし唐松から五竜間の牛首岩場通過時は注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイゼン(12爪) ピッケル スリング カナビラ 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール ヘルメット
共同装備 ロープ ツェルト3張
備考 アイゼン、ピッケルは必要なし。荷物が重くなった。

写真

1日目の宿泊は八方池山荘です。とても綺麗な山荘でお風呂にも入れます。(笑)
2016年06月25日 15:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日目の宿泊は八方池山荘です。とても綺麗な山荘でお風呂にも入れます。(笑)
翌日はとても風が強く、この先がちょっと心配でした。まずは唐松岳まで。
2016年06月26日 07:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日はとても風が強く、この先がちょっと心配でした。まずは唐松岳まで。
5月に来たときはまだ氷が張っていた八方池。
2016年06月26日 08:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5月に来たときはまだ氷が張っていた八方池。
2
扇雪渓を歩きます。久しぶりの雪でちょっとテンションアップしました。
2016年06月26日 09:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇雪渓を歩きます。久しぶりの雪でちょっとテンションアップしました。
1
丸山辺りから、風がものすごく強くなりました。瞬間的に突風にあおられ、危なくもっていかれそうになりました。
2016年06月26日 11:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山辺りから、風がものすごく強くなりました。瞬間的に突風にあおられ、危なくもっていかれそうになりました。
唐松岳山荘に到着後、少し休憩し唐松岳は断念。そのまま五竜山荘に行くことにしました。牛首の岩場はちょっと緊張しましたが、鎖もありそれほど危険ではないと思いました。ただ風がものすごかった。
2016年06月26日 11:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳山荘に到着後、少し休憩し唐松岳は断念。そのまま五竜山荘に行くことにしました。牛首の岩場はちょっと緊張しましたが、鎖もありそれほど危険ではないと思いました。ただ風がものすごかった。
大黒岳までには岩場があってここも緊張しました。風がなければさほどの事もないと思いますが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒岳までには岩場があってここも緊張しました。風がなければさほどの事もないと思いますが。
相変わらず風が強い!!
2016年06月26日 11:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず風が強い!!
もう少しで五竜山荘です。
2016年06月26日 11:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで五竜山荘です。
唐松岳山荘から2時間40分で五竜山荘です。
2016年06月26日 13:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳山荘から2時間40分で五竜山荘です。
五竜山荘の定番ハンバーグ。おいしかった。
2016年06月26日 17:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜山荘の定番ハンバーグ。おいしかった。
3日目の朝、晴天。テンションマックスで〜す。
これから上る五竜岳。
2016年06月27日 04:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目の朝、晴天。テンションマックスで〜す。
これから上る五竜岳。
白岳の横からご来光も拝めました。
2016年06月27日 04:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岳の横からご来光も拝めました。
1
朝飯前に、五竜めざします。4:50出発。
2016年06月27日 05:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝飯前に、五竜めざします。4:50出発。
1
1時間で五竜山頂。鹿島槍、格好いい!!
2016年06月27日 05:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間で五竜山頂。鹿島槍、格好いい!!
1
いぇ〜い!!
2016年06月27日 06:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いぇ〜い!!
2
剣岳、やってみた〜い。
2016年06月27日 06:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣岳、やってみた〜い。
2
後ろ髪をひかれる思いで、五竜山荘に戻ってきました。
2016年06月27日 08:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろ髪をひかれる思いで、五竜山荘に戻ってきました。
下山は遠見尾根を降りました。この尾根は展望なく、しかも長くちょっと飽きました。
2016年06月27日 08:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は遠見尾根を降りました。この尾根は展望なく、しかも長くちょっと飽きました。

感想/記録

5月連休、残雪の中唐松岳を目指しましたが、暴風とガスのため丸山手前にて撤退。今回はそのリベンジの意味もありましたが、再びの強い風とガスの為、唐松岳は断念しました。ただ無雪期でもあり、五竜はなんとしてもやりたかった。
牛首の岩場はちょっと緊張しましたが、鎖もしっかり配置されていてそれほど危険ではないと思いました。ただ牛首を超えて大黒岳までの間の岩稜では、下を覗いたら怖かった。ちょっとへっぴり腰で通過しました。

翌日は最高の天気、朝ご飯前に五竜山頂を目指しました。山頂直下の岩場上りは面白かった。 やはり3000M級の山からの景色は最高です。いつもながら感激します。

遠見尾根を下ってきましたが、途中のアップダウンに結構汗をかかされました。またこの尾根が展望がなくそして、この時期虫が多く難儀しました。はっきり言ってこの尾根つまりませんでした。

五竜岳はとても素晴らしい、唐松岳はまた山頂行けませんでした。必ずリベンジします。
訪問者数:116人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス ご来光 雪渓 テン 撤退
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ