ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914720 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

笠ヶ岳 [笠新道-クリヤ谷周回] 岐阜県単独最高峰![梅雨の晴れ間に]

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー r3125014
天候晴れ
正午からガスが湧いてくるが晴れ間もある
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高の第三駐車場(無料)に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間4分
休憩
2時間26分
合計
12時間30分
S新穂高第三駐車場04:5004:56新穂高温泉バス停05:0105:02新穂高登山指導センター05:0305:11登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)05:2005:33お助け風穴05:3405:46中崎橋06:00笠新道登山口06:0608:08杓子平08:2409:14笠新道分岐09:2209:22分岐指導標(仮称)09:2309:50抜戸岩09:5110:36笠ヶ岳山荘10:3810:48笠ヶ岳11:5013:07雷鳥岩13:18クリヤの頭13:2613:48最終水場14:0716:07クリヤ谷渡渉地点16:1316:55中尾温泉口バス停17:00宝山荘別館17:19新穂高温泉無料駐車場17:2017:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
笠新道:ザックに水がいっぱいで重いので想定より登りで30分遅れ
クリヤ谷:足が終わってるのと濡れた岩場と笹薮とでコースタイムが全然縮まらない。あげく想定より1時間遅れ
トータル的に2時間くらい遅くなってしまった

あと1時間早く出発するべきだったか
コース状況/
危険箇所等
[登り]
笠新道は急登だが整備されており 危険箇所はない 杓子平では高山植物が見頃だった
[下り]
クリヤ谷は長く急な岩場、笹薮、倒木、何度かのルートの不明瞭な渡渉など危険箇所は多い チェックポイントを示す標識や標高のわかるカンバンなどはないピンクリボンはある
その他周辺情報周回する場合 中尾高原口(槍見温泉)から駐車場まで2キロくらい
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
備考 周回するなら小屋泊がよい。登りで疲労した足腰で長く急な下りはキケン

写真

新穂高登山センター
ここで登山届(登山計画書)を提出

あのスカイラインまで登るぞ!
2016年07月10日 04:57撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高登山センター
ここで登山届(登山計画書)を提出

あのスカイラインまで登るぞ!
林道ゲート
2016年07月10日 05:13撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道ゲート
風穴
微妙な冷たさ
2016年07月10日 05:33撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風穴
微妙な冷たさ
笠新道登山口

ここで命の水を補給
合計5Lに(笑)
めっちゃおもももおおおおい

でも2Lのハイドレーションは登りで空になったからね
2016年07月10日 05:59撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠新道登山口

ここで命の水を補給
合計5Lに(笑)
めっちゃおもももおおおおい

でも2Lのハイドレーションは登りで空になったからね
乗鞍岳あっぷ_笠新道より

乗鞍スカイラインにてヒルクライムレース開催中でした
がんばれチャリダーとここから応援!
2016年07月10日 06:42撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳あっぷ_笠新道より

乗鞍スカイラインにてヒルクライムレース開催中でした
がんばれチャリダーとここから応援!
焼岳と乗鞍岳

空と雲と深緑がイイ感じ
梅雨の晴れ間はキモチいいいい
2016年07月10日 07:10撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳と乗鞍岳

空と雲と深緑がイイ感じ
梅雨の晴れ間はキモチいいいい
ニッコウキスゲかな?
2016年07月10日 07:14撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲかな?
なんだっけ
2016年07月10日 07:56撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだっけ
イワカガミ
2016年07月10日 08:13撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ
杓子平着

笠新道登山口より2:10
コースタイム×0.5とここまで飛ばし過ぎた
足にキてる
2016年07月10日 08:18撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子平着

笠新道登山口より2:10
コースタイム×0.5とここまで飛ばし過ぎた
足にキてる
4
まだまだ登るよ!

笠ヶ岳はどこからみてもこの形
かっこかわいいお姿
2016年07月10日 08:21撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ登るよ!

笠ヶ岳はどこからみてもこの形
かっこかわいいお姿
2
杓子平
チングルマの群生
他にもいっぱいの花が咲いており見頃でした
2016年07月10日 08:24撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子平
チングルマの群生
他にもいっぱいの花が咲いており見頃でした
ヘリで荷揚げ中
何往復もしてました

天気い日は貴重なのかな
ヘリからみる北アルプスの山はどんなんなんだろう
見下ろす感じはなかなか見れないと思うけど
2016年07月10日 08:25撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリで荷揚げ中
何往復もしてました

天気い日は貴重なのかな
ヘリからみる北アルプスの山はどんなんなんだろう
見下ろす感じはなかなか見れないと思うけど
槍ヶ岳と西鎌尾根

西鎌尾根歩いてみたい
2016年07月10日 09:05撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳と西鎌尾根

西鎌尾根歩いてみたい
1
稜線まであとちょっと

再び急登
2016年07月10日 09:07撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線まであとちょっと

再び急登
稜線着

笠ヶ岳が目前に
ほんとにキレイだなぁ美しいなぁ
2016年07月10日 09:17撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線着

笠ヶ岳が目前に
ほんとにキレイだなぁ美しいなぁ
稜線から
黒部五郎、薬師
奥の方には劔・立山
右奥には水晶・鷲羽
2016年07月10日 09:20撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から
黒部五郎、薬師
奥の方には劔・立山
右奥には水晶・鷲羽
抜戸岩と笠ヶ岳
2016年07月10日 09:46撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜戸岩と笠ヶ岳
1
オープンセサミ!
(パカっ)
笠ヶ岳がドーン
2016年07月10日 09:47撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オープンセサミ!
(パカっ)
笠ヶ岳がドーン
笠ヶ岳山荘のちょい下から
黒部源流の山々と劔・立山

まさに北アのオールスター揃い踏み
2016年07月10日 09:57撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山荘のちょい下から
黒部源流の山々と劔・立山

まさに北アのオールスター揃い踏み
山荘直下の岩場にライチョウ!

天気いいのに
2016年07月10日 10:04撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘直下の岩場にライチョウ!

天気いいのに
1
ライチョウの親子
雛は5匹位いました

この写真に雛が1匹もいるよ!
2016年07月10日 10:05撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウの親子
雛は5匹位いました

この写真に雛が1匹もいるよ!
1
ママ!
その距離1メートル

こんな間近で見たのは初めてで
興奮と感動を覚えました!
2016年07月10日 10:05撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ママ!
その距離1メートル

こんな間近で見たのは初めてで
興奮と感動を覚えました!
1
ママ「我が子たちどこー」
2016年07月10日 10:26撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ママ「我が子たちどこー」
1
水場は枯れていません

ここで空になった2Lハイドレーションとボトルを満タンに
再びザックが激おもに

超冷たい
頭を冷やしてクールダウンだ
2016年07月10日 10:09撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場は枯れていません

ここで空になった2Lハイドレーションとボトルを満タンに
再びザックが激おもに

超冷たい
頭を冷やしてクールダウンだ
笠ヶ岳山荘着

きのう大雨の中登ってきた方たちは素晴らしいご来光だったそうで
とてもうらやましい!
つぎは小屋泊でご来光をば!
2016年07月10日 10:35撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山荘着

きのう大雨の中登ってきた方たちは素晴らしいご来光だったそうで
とてもうらやましい!
つぎは小屋泊でご来光をば!
山頂到着!!
質素な山頂がクールで素敵!

昼食後
クリヤ谷へ下山する
2016年07月10日 10:50撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着!!
質素な山頂がクールで素敵!

昼食後
クリヤ谷へ下山する
1
クリヤ谷途中
チングルマが早くも綿毛に
早すぎじゃね?
2016年07月10日 13:22撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリヤ谷途中
チングルマが早くも綿毛に
早すぎじゃね?
でっかい倒木とでかいキノコ
2016年07月10日 15:04撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でっかい倒木とでかいキノコ
錫杖岳と沢
2016年07月10日 15:51撮影 by CX4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
錫杖岳と沢

感想/記録

岐阜県単独にそびえる山では最高峰!の[日本百名山]笠ヶ岳(2,897m)に登って来ました!!
前日に天気予報を見て梅雨の晴れ間、これは行かねばと思いたてってから準備を始めたら夜の20時
寝る時間ないなと思いながら自宅を23時に出発し新穂高駐車場に2時ごろに到着すると、ようやく眠りに

4時過ぎに目がさめると、失敗したか感があったが日が長いこの時期、まぁ大丈夫だろうと思い出発する

新穂高登山センターに登山届を提出し左俣林道をいく
笠新道登山口で水を満タンまで汲み、重くなったザックを背負って急登と名高い笠新道へと挑んでいく
樹林帯は湿度が高く汗が吹き出していく、熱中症や高山病予防に多めに汲んだ水の減りが早い

樹林帯を抜けると待っているのは槍・穂高、ジャンダルム、西穂高、焼岳、乗鞍の大展望を間近にみながら、疲れも吹き飛ぶ楽しい登りでした

杓子平まで登ると今度は目的地、笠ヶ岳の展望が開けてきた
少し勾配も緩み、高山植物も多種多様でいっときの楽園でした

杓子平から稜線までもなかなかの急登でしたが、どんどん近くなるスカイラインにペースは落ちませんでした

稜線にでると黒部源流域の山々や北は劔・立山連峰、南は乗鞍岳のまさに北アオールスターが出迎えてくれました
さらには御嶽や白山、南アルプスの北の方まで望むことができました

抜戸岩を抜けると笠ヶ岳は目の前
山荘直下の岩場近く、水場の分岐地点にライチョウの親子が!!
こんなに間近にライチョウを見たのは初めてで、しかも親子で!
1メートルくらいまで近くに来てくれました 大興奮です

ライチョウで時間を潰すわけにもいかず
水を汲みに水場に、枯れることもあるそうな水場でしたが、残雪もまだ残っており、水量は十分でした

山荘に着きクリヤ谷の情報をきくと
あまり人が入っていないルートで前日の雨で倒木や増水があるかもしれないが、迷うことはないとのこと
せっかく周回できるのでクリヤ谷を下山することを決意!

山頂は質素な感じがクールで気に入りました!
昼食を食べたのちクリヤ谷ルートへ

ガスが上がってくるなか長い下山道を下りていく
濡れた岩場はよく滑る 肘や膝を岩に打ち付けること多数
チェックポイントや標高のカンバンは一つもない
コースタイムの管理ができず、自分のナビゲーション能力のなさが大いに浮き彫りになった

やがて笹薮と岩場のハイブリッドのようなゾーンへ
もうズッコケまくり滑りまくり、心も身体もボロボロ

登山をしていて、初めて早く帰りたいと思い、挫折を味わいました
やがて登山道は沢沿いに、雨で増水しているのかこれがデフォルトなのかは分からないが、渡渉ルートがわかりにくいが、沢の中に足をついて慎重に渡った
渡渉とみせかけて渡渉しない箇所もあるので、ピンクリボンを見失わないように注意が必要

下が明るく見えてもうすぐ登山口かなと思ってからが長かった ここまでも長かったけど

ようやく下山しポストに下山届を提出しゴール!ではない

駐車場までの2キロくらいロードを淡々と歩いた
この時間は嫌いではない 緊張感から開放され、きょうのできごとを思い出しながらやっぱり楽しかったなぁまた来たいなぁ、次はどこへ行こうかなぁと思いを巡らせるこんな時間

駐車場についたのは17時をまわっていた
歩行距離は26キロ
こんなムチャは良くない 体力や技術はまだまだ足りないと実感した

つぎは
きょう稜線からみえた黒部源流の山々へ挑戦したい
訪問者数:326人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/28
投稿数: 26
2016/7/12 1:22
 お疲れ様でした!
杓子平と山頂でお会いしましたね
山頂では写真も撮っていただいて、ありがとうございました!
クリヤ谷に向かわれたので少し気になっていましたが、無事下山されたようで良かったです。やはり難所がいくつかあったようですね…
私も体力と技術をつけていつかチャレンジしたいと思います!up
お疲れ様でした!
登録日: 2014/1/11
投稿数: 2
2016/7/12 19:28
 Re: お疲れ様でした!
どうもどうも♪
お疲れさまでした
こちらこそありがとうございました
クリヤ谷をナメてました。私もトレーニングを積んでもっと楽しめるように頑張ります

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ