ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 916660 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

【剱岳】源次郎尾根コース(敗退)

日程 2016年07月14日(木) 〜 2016年07月15日(金)
メンバー N_tsukachan
天候14日:曇り時々雨(雷を伴う)
15日:雨時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間7分
休憩
28分
合計
5時間35分
S室堂09:3610:55浄土山10:5611:02浄土山南峰11:14龍王岳11:1511:22浄土山南峰11:37一の越山荘11:3812:24雄山12:4513:04立山13:06大汝休憩所13:13富士ノ折立13:1413:42真砂岳14:48剱沢キャンプ場14:53剱澤小屋14:5615:11剣山荘
2日目
山行
2時間33分
休憩
4分
合計
2時間37分
剣山荘06:0507:04剱御前小舎07:49浄土橋07:5107:59雷鳥沢ヒュッテ08:0008:06雷鳥荘08:18みくりが池温泉08:1908:25みくりが池08:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え ザック ザックカバー サブザック アイゼン 行動食 調理用食材 調味料 飲料 コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット ガムテープ ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング

写真

【敗退なので】
特にコメントは残しません。
雰囲気だけ感じていただければ...
2016年07月14日 07:30撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【敗退なので】
特にコメントは残しません。
雰囲気だけ感じていただければ...
【振り返れば】
振り返ればガスの中、薄くなったその場所に、晴れていれば取り付いていたであろうものが見えました。
2016年07月15日 06:18撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【振り返れば】
振り返ればガスの中、薄くなったその場所に、晴れていれば取り付いていたであろうものが見えました。
【悔恨の一時】
手前に源次郎、奥には八ツ峰と思われる尾根が薄らと見えてしまいまいました。感想にある通り、叫んだ瞬間です。
2016年07月15日 06:18撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【悔恨の一時】
手前に源次郎、奥には八ツ峰と思われる尾根が薄らと見えてしまいまいました。感想にある通り、叫んだ瞬間です。
撮影機材:

感想/記録

タイトル通りです。今シーズン2回目の敗退です。
始終天候不良が継続しただけでなく、2日目には強風暴風を伴う感じとなり、一般登山道であるところの別山尾根コースですら危険かもしれない雰囲気でした。

〜1日目〜
龍王岳、雄山は問題なく踏むことが出来たのですが、雄山に登っている途中に遠足登山渋滞にはまり、少々時間をロスってしまいました。
恐らくこのロスが原因で、大汝山を踏まなかったのかと思われます。
他人事風に書いてますが、自分でもなぜ大汝山を踏まなかったのか記憶がないのです。
ホームの山ではないので、15時までには宿に入りたかったのかと思われます。
別山については手前付近で雷が鳴り始めたかつ、やり過ごすだけの時間はないと判断したため、巻いて剱沢に降りることにしてしまいました。
結果として立山縦走も中途半端に敗退してしまってます。
この日は、「まぁ明日の源次郎が本番だ、またくればいい...」ぐらいの軽い気持ちでした。

〜2日目〜
【敗退に至る過程】
午前2時ぐらいに目が覚めた時点で風雨は剣山荘を吹き飛ばさんばかりでしたが、午前4時にもなると少し収まり、これはいけるか?と思い、窓を2mmほど開けた瞬間に「無理」と判断。
午前5時になり、ある意味タイムリミットを迎えた時点では少し風はおさまってましたが、そもそも「鞍部に位置する剣山荘でこんだけ風ふいてるってことは稜線はお察しください状態なんでは?死ぬにはまだ早いなぁ。」という感じで自分の中で無理やり決着させ、めでたく敗退を決めこんだのでした。

【葛藤、慟哭】
前日に作っていただいた弁当をもそもそとむさぼった後、早々と撤退準備を開始。
前日の夜に準備していたガチャ類をまたザックにしまい込むこの作業...これからヒャッハーと遊びに全力を尽くそうと、おもちゃ箱をひっくりかえした直後、かーちゃんに「今から掃除するから片して」と、諫められた子供の気もちはきっとこんな感じ。
宿をあとにし、雷鳥沢を目指して登っている間も「果たしてこの風なら稜線でも大したことはないのでは?今から引き返せば別山尾根コースからでも剱の頂は踏めるのでは?」と、悪魔の囁きと戦うこと10分、「いやいや、山の天気は急激に変わるもの。ましてや3,000m近い山でのこと、不測の事態にソロで対処できる能力はまだない」と、理性様にお任せすること10分、振り返って、見て、そしてアラサーは魂の限りに叫びました。

「ああ!!源次郎が!八ツ峰が見える!」

この時の心境については「恋い焦がれるような...」とか、そんなキレイなはしりで始まる感じではなく、「デパートのおもちゃ売り場でおもちゃを買ってもらえなかったガキんちょの心境」とほぼ同じレベルだったはず。それぐらい悔しい瞬間でした。

剱沢と雷鳥沢の越に至るまで、途中幾度となく剱岳方面を見やりましたが、離れれば離れるほどガスは濃くなり、やがて見えなくなる...そして募る思いは鉛の如く重くなっていくのでした。

「7月末に(仕事さぼって)また来よ。」

そう心に決めました。

【観光モード突入】
雷鳥沢に降り始めると思いのほか心は落ち着きを取り戻し、ペースも安全なぐらいの速度で下山を継続。
この時にはもう、「雷鳥沢を見て、ミクリガ池を見て、黒部ダムを見て、帰ろ」ぐらいにしか頭になかったので、あとはほぼ写真通りのコースでした。

【敗退原因】
天候不良。この一言でしかないです。
雨ごときならいくらでも耐えられるので問題ないんですが、風だけは本気で命にかかわる危険要素なので、今次山行の敗退の決め手となってしまいました。
体力的には2日目開始時点で80%くらい残ってまして、筋肉痛とかも特になかったのでペース配分とかは問題なし。
装備についてもやや多すぎるくらいでしたので問題なし。ただし源次郎を乗り切れたかは実行してないので不明。技術も同様。
7月末は晴れることを願って...リベンジを果たしたいところです。
訪問者数:323人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/2/11
投稿数: 2
2016/7/16 19:47
 頑張って下さい!山は逃げません。
葛藤、わかります。大学山岳部時代に一だけ八ツ峰行った事ありますが、ガスって計画が遅れ、揚げ句、長次郎谷?で一人滑落で地獄を見ました。慎重過ぎる位で丁度良いと思います。頑張って下さい。
登録日: 2015/11/4
投稿数: 2
2016/7/16 20:55
 Re: 頑張って下さい!山は逃げません。
>max108様
コメント、及びご共感頂きありがとうございます。
計画段階では天候が厳しければ即時撤退と、冷静そのものなのですが、やはりいざ目標を眼前にすると中々難しいものがあることを身をもって体験できた良い山行だったと思いたいものです。
単独山行と言えど事故を起こした時には周囲に莫大な迷惑がかかること必至ですので、判断能力をさらに磨いていきたい所存です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック 鞍部 ガス ガチャ 撤退 山行 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ