ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 918240 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬大雪渓

日程 2016年07月16日(土) 〜 2016年07月17日(日)
メンバー shimiyoshi, その他メンバー4人
天候7/16 AM曇り小雨、PM晴れ時々曇り 7/17AM雨、PM曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車2台で 1台を栂池駐車場のDEPO、別の1台で猿倉荘駐車 6時半で70%くらい?
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間50分
休憩
30分
合計
6時間20分
S猿倉荘06:2006:20猿倉登山口駐車場06:3006:30猿倉荘06:4007:30白馬尻小屋07:4011:00避難小屋12:40白馬山荘
2日目
山行
5時間20分
休憩
20分
合計
5時間40分
白馬山荘07:4008:00白馬岳07:40三国境09:40小蓮華山12:00天狗原の祠12:2013:00栂池山荘13:00栂池パノラマウェイ 自然園駅13:00栂池パノラマウェイ 栂池高原駅13:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大雪渓を登り終えて、休憩しているとバリバリという音で大きな岩が落ちていきました。小雪渓は完全に夏道が出てます。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ポール
備考 2日目大雨で携帯水没。雨具は水を通しますので、ご注意。

写真

7/16天候が芳しくなかったせいか、三連休初日6:20分頃で70%くらいでしょうか>
2016年07月16日 06:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7/16天候が芳しくなかったせいか、三連休初日6:20分頃で70%くらいでしょうか>
猿倉荘では小雨の中、登山届を出すのでごった返し
2016年07月16日 06:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿倉荘では小雨の中、登山届を出すのでごった返し
1
雨のせいでこちらを選択
2016年07月16日 07:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨のせいでこちらを選択
大雪渓が見え、気分が高まります。
2016年07月16日 07:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓が見え、気分が高まります。
白馬尻小屋が見えてきました。この前からやはり温度が下がってきてます。気持ちいい。
2016年07月16日 07:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋が見えてきました。この前からやはり温度が下がってきてます。気持ちいい。
気温が低かったので、快調にここまで。
2016年07月16日 07:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温が低かったので、快調にここまで。
アイゼンつけて、出発
2016年07月16日 08:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンつけて、出発
ところどころにクレパスは崩落しているところがありますので、注意
2016年07月16日 08:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころにクレパスは崩落しているところがありますので、注意
2
大雪渓を登り終えたあたり。この後バリバリとすごい音で大きな岩の落石がありました。心配です。
2016年07月16日 10:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓を登り終えたあたり。この後バリバリとすごい音で大きな岩の落石がありました。心配です。
2
葱平は花満開
2016年07月16日 10:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葱平は花満開
ずっとガスってたのですが、避難小屋手前で一瞬ガスが消え、天狗菱が顔をだし。
2016年07月16日 11:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっとガスってたのですが、避難小屋手前で一瞬ガスが消え、天狗菱が顔をだし。
皆さん、気分あげあげ。急速に天候が回復していきます。
2016年07月16日 11:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さん、気分あげあげ。急速に天候が回復していきます。
気分あげあげ。
2016年07月16日 11:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気分あげあげ。
2
天狗菱はガスの中幻想的な姿を披露してくれてます。
2016年07月16日 11:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗菱はガスの中幻想的な姿を披露してくれてます。
1
避難小屋から。
2016年07月16日 11:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋から。
2
避難小屋まできたので、やれやれ。
2016年07月16日 11:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋まできたので、やれやれ。
休憩している間も天狗菱がかっこいい姿を。
2016年07月16日 11:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩している間も天狗菱がかっこいい姿を。
1
さあ、好天のなか、ラストスパート。
2016年07月16日 11:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、好天のなか、ラストスパート。
振り返ると相変わらず、幻想的、写真を何度も撮ってしまします。
2016年07月16日 11:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると相変わらず、幻想的、写真を何度も撮ってしまします。
この辺りも花が咲き乱れています。
2016年07月16日 12:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りも花が咲き乱れています。
4
何度もすんません。
2016年07月16日 12:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度もすんません。
村営山荘で乾杯。
2016年07月16日 13:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
村営山荘で乾杯。
今日泊まる白馬岳山荘からの白馬岳
2016年07月16日 13:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日泊まる白馬岳山荘からの白馬岳
1
山登りの鉄則。行けるときにPH
2016年07月16日 15:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山登りの鉄則。行けるときにPH
到着
2016年07月16日 15:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着
1
最初は立山もこんな感じでしたが、この後急速に絶景に変わっていきます。槍も見え始め。
2016年07月16日 15:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は立山もこんな感じでしたが、この後急速に絶景に変わっていきます。槍も見え始め。
剣岳がドーンと。
2016年07月16日 16:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣岳がドーンと。
4
杓子から白馬槍は相変わらず幻想的
2016年07月16日 16:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子から白馬槍は相変わらず幻想的
3
最終的にこんな絶景に。槍も見えて。
2016年07月16日 18:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終的にこんな絶景に。槍も見えて。
4
夕食。
2016年07月16日 17:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食。
朝食
2016年07月17日 05:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食
昨日とうって変わって、大雨です。御来光も見えず、杓子もあきらめ、小蓮華〜白馬大池〜栂池へ急いでおります。
2016年07月17日 06:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日とうって変わって、大雨です。御来光も見えず、杓子もあきらめ、小蓮華〜白馬大池〜栂池へ急いでおります。
1
大池に着くころには雨雲は抜けてきました。
2016年07月17日 09:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大池に着くころには雨雲は抜けてきました。
1
この辺りチングルマが満開。残念ながら、ハクサンコザクラはもう終わったとか?
2016年07月17日 10:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りチングルマが満開。残念ながら、ハクサンコザクラはもう終わったとか?
白馬乗鞍を通って。
2016年07月17日 11:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍を通って。
雪渓を渡りますが、アイゼンは必要ありません。
2016年07月17日 11:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を渡りますが、アイゼンは必要ありません。
1
天狗平に到着したら、急速に天候回復。
2016年07月17日 12:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗平に到着したら、急速に天候回復。
下山。
2016年07月17日 13:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山。
猿倉においた車を迎えにいき、今日はここの温泉で。極楽。
2016年07月17日 15:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿倉においた車を迎えにいき、今日はここの温泉で。極楽。

感想/記録

せっかくの三連休、天気予報はあまり芳しくなかったのですが、チーム晴れ男を信じて、大雪渓敢行。大雪渓途中はガス小雨から雨に変わりましたが、その後急速に天候回復。避難小屋あたりからは夏山に。その後夕方にかけて頂上からは立山から槍までくっきり。絶景を何度も写真を撮ってしまう。来た甲斐がありました。その分翌日は大雨で。携帯水没してしましましたが、やむを得ず。いい山登りでした・
訪問者数:680人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/5
投稿数: 3
2016/8/25 8:56
 ご無沙汰です(2443)
京都に戻っても山男を続けておられ安心しました。
秋には紅葉の絶景ポイントをご一緒しましょう・・・。
登録日: 2013/4/3
投稿数: 3
2016/8/25 10:01
 Re: ご無沙汰です(2443)
了解です。剱岳、笠ヶ岳、(薬師、黒部は残念でしたが)思い出深い登山でしたが、是非行きましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ