ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 918710 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

秘湯三条の湯から雲取山縦走

日程 2016年07月16日(土) 〜 2016年07月17日(日)
メンバー cotochan(CL), その他メンバー1人
天候1日目曇り 2日目晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路JR奥多摩駅より西東京バス奥10の終点丹波より出発、復路は同バス所畑バス停へ帰着。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間6分
休憩
8分
合計
4時間14分
S丹波バス停12:3913:29山王沢乗越13:3014:33サオラ峠(サヲウラ峠)14:4016:53三条の湯
2日目
山行
6時間1分
休憩
1時間45分
合計
7時間46分
三条の湯06:3308:14三条ダルミ08:1608:53雲取山避難小屋08:56雲取山09:0709:09雲取山避難小屋09:4509:59小雲取山10:18ヨモギノ頭10:25奥多摩小屋10:4111:06ブナ坂11:22七ツ石山11:29斧手石11:37七ッ石小屋上分岐11:3811:44七ツ石小屋11:5912:01七ッ石小屋下分岐12:0412:31堂所13:35小袖緑道あがり13:58所畑バス停14:1914:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
初日はバス停付近で食事を摂ったため、出発が計画より50分遅れ、2回ルートを見失いかけました。丹波までは計画通り、小屋着は1時間40分オーバー。山プラでプランする場合、休憩の考慮が要ります。暗くなる前に小屋に到着できたので、問題ありません。2日目は堂所から足が辛くなり、速度が出なくなりました。
コース状況/
危険箇所等
丹波バス停に登山ポストあり。概ね歩きやすいコースだが、沢沿いにかかる橋はバランスを崩さないよう注意が必要。また、トラバースルート上には岩場が幾つかあり、手で保持しながら滑落に注意する必要がある。
その他周辺情報丹波バス停前に飲食店があり、食事が可能。所畑バス停付近には商店や自販機はないので、降りるなら鴨沢に降りるべき。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ
共同装備 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター GPS ファーストエイドキット 常備薬 ストック ナイフ 無線機

写真

畑の中を突っ切るとは知らず、入り口で少し迷いました。。
2016年07月16日 13:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑の中を突っ切るとは知らず、入り口で少し迷いました。。
1
見事にガスってます。濃くなると怖いです。
2016年07月16日 14:45撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事にガスってます。濃くなると怖いです。
2
慎重に。落ちたら大怪我です。
2016年07月16日 15:24撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に。落ちたら大怪我です。
1
庭園のような沢。
2016年07月16日 15:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
庭園のような沢。
1
2日目は晴れて、良い景色でした。雲取山山頂です!
2016年07月17日 08:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目は晴れて、良い景色でした。雲取山山頂です!
1
山頂の表示とセット!
2016年07月17日 08:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の表示とセット!
3
持っているモンベルの手ぬぐいの絵はここからの景色とそっくりです。
2016年07月17日 09:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
持っているモンベルの手ぬぐいの絵はここからの景色とそっくりです。
4
3頭目のシカ。草を食んでます。
2016年07月17日 10:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3頭目のシカ。草を食んでます。
1
七ツ石小屋の水場。一つ前の奥多摩小屋の水場も、冷たくて気持ち良いです。水が補給できるのはありがたいです。
2016年07月17日 11:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋の水場。一つ前の奥多摩小屋の水場も、冷たくて気持ち良いです。水が補給できるのはありがたいです。
撮影機材:

感想/記録

久々に会う友人と登山を企画。天気予報はあいにくの雨。眺望あってこその山ではあるので、眺望が期待できないときに何を目標にするかということで、山奥の秘湯に泊まろうというところに目標を据えました。前日まで互いに仕事や飲み会があるので、8:50分新宿集合と、登山にしては遅めのスタートです。

前日までは雨の予報でしたが、日頃の善行のおかげか初日は曇天。雲の中を歩く時はガスこそ出ましたが、雨も降らず無事小屋につくことができました。山小屋にはバイオトイレがあり、水もあり、食事も美味しかったです。そして!お待ちかね温泉が!シャワーなどはないので、ボディソープなどで体を洗うというわけにはいきませんが、それでも山上にもかかわらず湯で汗を流せるということは、至高の喜びでした!!食堂で酒と鹿肉の燻製をついばみながら、あれやこれやと話は尽きません。電波の届かない山奥なので、スマホを見ることもなく、消灯時間の9時には沢の音を聞きながら深い眠りに就いたのでした。

9時に寝ると5時台に起きても、十分寝たという感があります。翌日は雲の隙間から青空が。おいしい朝食をいただいて、いざ雲取山に出発しました。雲取山や七ツ石山の尾根道ではスズメバチがまとわりついてきます。巣が近くにあると思われるので、ゆっくり刺激しないように歩き、黒い服は避けるべきでしょう。頂上の眺望は雲と空と雲海が見事なコントラスト!遠くに富士を眺めならが、バウムクーヘンとコーヒーで休憩。その後は七ツ石山を経由して下ります。暑くて水が尽きかけましたが、湧き水を補給。補給路があるのはありがたいことです。残り2kmあたりから足の疲労が辛く、ペースダウン...。鍛えてどうこうなるものではないので、対策を考えようと思います。距離が近いバス停の所畑へ降りようとしますが、足がいうことを聞かず、工場の横で腰を下ろして休んでいたら工場のおじさんが大変そうだねとリポDをくれました。温かい気持ちになりました。やっとの思いでついたバス停ではバスを1:40分待ち。レジャーシート広げて余った食料を食べたり川に降りたりして時間を潰しましたが、道行くドライバーやライダーからは謎の視線を送られていました。。雲取山は2度目ですがやっぱり遠かった!
訪問者数:166人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

水場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ