ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929147 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

猿倉〜白馬岳〜栂池高原

日程 2016年07月27日(水) 〜 2016年07月28日(木)
メンバー JGS, その他メンバー1人
天候27日:霧ときどき晴れ 28日:晴れときどき霧
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
五竜ドライブステーションに前泊
白馬八方駐車場に駐車
バスで猿倉まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間26分
休憩
46分
合計
6時間12分
S猿倉荘07:0908:04白馬尻小屋08:2010:29岩室跡11:38避難小屋12:30白馬岳頂上宿舎13:0013:21白馬山荘
2日目
山行
5時間53分
休憩
31分
合計
6時間24分
白馬山荘05:3006:05白馬岳06:1506:50三国峠08:55白馬大池09:1510:49天狗原10:5011:54栂池自然園G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪渓はだいぶ融けていて、上部の小雪渓は無くなっていた。
乗鞍岳からの下りは大きな石が多く急坂で足元注意
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 ハイドレーション ガスカートリッジ ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ

写真

撮影機材:

感想/記録
by JGS

7月27日(水)
同じ会社の同期と今シーズン初のお泊り登山。
前日の夜に大宮駅からピックアップし、一路白馬まで〜
さすがに車中泊はムリとの事で調べた結果「五竜ドライブステーション」という施設を発見!一泊2500円でチェックイン・アウト自由は登山者にはうってつけ!

前日は雨が結構降っていましたが、27日は上がりガスは多めですが、天気はなんとか持ってくれそう。
白馬八方の駐車場に移動し、バスで猿倉まで。
久々に重い荷物を背負っての登山は調子がつかめません。
林道を歩いて少々登ると白馬尻に到着。今年は大雪渓の雪も少なめでもうちょっと上から雪渓歩きが始まります。
6本アイゼンを履き、有名な大雪渓歩きを開始!
だいぶ融けているし、登りなので滑る感じはしませんでしたが、落石には注意を払いました。雪渓に冷やされガスに巻かれて視界はかなり悪かったです。上部からは崩れる岩の音もしてその先を見つめますが大丈夫そう。
小雪渓は無くなり秋道をたどります。かなり登りがきつく、息は上がるし背中も凝ってしまいましたが、白馬岳頂上宿舎が見えてからはあとちょっとと再度頑張りました!お花畑もきれいでした。
残念ながら白馬岳頂上宿舎に着くころには雲が出てきて周囲が見えなくなってしまい気温もだいぶ下がってしまいました。
白馬山荘までの最後の坂を登り、今夜の宿に到着!
日本最大の山小屋はほとんど下界と変わらないスカイプラザなどを備え、すごい規模でした!
ケーキやビールを飲みながら天候が回復するのを待ちましたが、この日は視界が開けることはなく夕日もあまりよく見えませんでした。

7月28日(木)
雨は幸いにも降りませんでしたが、この日もすっきりしない天気・・・
ご来光は望めませんでした。
今日は栂池自然園に向けての縦走。少し視界が開けこれから歩く稜線が良く見えます。
途中、雷鳥の親子に2組も遭遇しました。何で雷鳥はあんなに逃げないんでしょう?
白馬大池まで来ると旅の終わりが近づいてると感じます。とはいえなかなかキツい下りが続きましたが・・・
栂池まで降りてきてテラスで朝受け取ったお弁当を食べて、無事下山できました。

今回の登山はこの後すぐにある職場の南ア鳳凰三山への予行練習も兼ねてました。これで少しは足ができたと感じました。
天気はちょっと残念でしたが、今度は白馬三山と白馬鑓温泉を巡ってみたいと思いました♪
訪問者数:31人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

花畑 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ