ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 933216 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

男体山 − 真夏の青空を貫く大剣 −

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー piazzolla, その他メンバー1人
天候○ 天気 : 晴れ 時々 曇り。
○ 風速 : 普通(5m程度)。
○ 気温 : 暑め(32℃くらい)。 ※湿度かなり高め
○ 視程 : 短め。
アクセス
利用交通機関
電車バス
○ 往路
 ・JR中央線/05:21 {最寄駅} - 05:44 新宿
 ・JR山手線/05:47 新宿 - 06:06 日暮里
 ・JR常磐線/06:16 日暮里 - 06:23 北千住
 ・東武日光線/06:31 北千住 - 08:25 東武日光
  ※6両編成のうち後ろ2両(5、6両目)のみ東武日光行。
 ・東武バス(湯本温泉行)/08:40 東武日光駅BS - 09:35 二荒山神社前BS
  ※参考HP:http://www.tobu-bus.com/pc/search/bs_tt.php?key=43003_11

○ 復路
 ・東武バス(日光駅行)/18:12 遊覧船発着所BS - 19:05 東武日光駅BS
  ※参考HP:http://www.tobu-bus.com/pc/search/bs_tt.php?key=43028_02
 ・東武日光線/19:35 東武日光 - 19:44 下今市
 ・東武日光線/19:53 下今市 - 21:22 北千住 ※特急利用(\1030)
 ・JR常磐線/21:39 北千住 - 21:57 東京
 ・JR中央線/22:01 東京 - 22:34 {最寄駅}
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間57分
休憩
1時間9分
合計
7時間6分
S二荒山神社前バス停09:4209:47二荒山神社中宮祠10:46四合目10:5211:55七合目12:1013:27二荒山神社奥宮13:32男体山13:3613:44男体山神社14:2014:22二荒山神社奥宮14:2315:06七合目15:1316:02四合目16:48二荒山神社中宮祠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 6時間20分
○ CT(実績) : 5時間50分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
○ 登山期間は2016/04/23〜11/11です。
○ 二荒山神社で入山料(通常500円)を払ってから登拝します。
  ※登拝大祭期間中(2016/07/31〜08/07)は1000円。
○ 三合目から四合目までは舗装された林道です(それ以外は山道です)。
○ 五合目を過ぎたあたりから八合目の途中までは岩混じりの急登です。
○ 途中の林道を除き、ほぼ全行程急な坂が続きます。
○ 途中の林道を除き、山頂まで一本道なのでまず道に迷うことはないでしょう。
その他周辺情報(1) トイレ
 以下の場所にありました。
   二荒山神社

(2) 登山ポスト
 見つけられませんでした。

(3) 登山バッチ
 二荒山神社で買いました。

(4) 温泉施設
 下山後、二荒山神社から10分ほど歩いたところにある中善寺温泉の旅館
 「日光山水」の日帰り温泉に浸かりました。硫黄の香りのする良泉でした。
 日帰り温泉の営業時間が遅めなのがありがたいです。
  ※営業時間: 9:00 〜 19:00(最終受付:18:30)
  ※料金 : 800円/人
  ※参考HP : http://www.nikko-sansui.com/
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ

写真

自宅から遠路はるばる3時間(涙)!東武日光駅に到着しました。
2016年08月06日 08:28撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自宅から遠路はるばる3時間(涙)!東武日光駅に到着しました。
三角屋根とレトロな駅名フォントが印象的な駅舎。ここから路線バスに揺られることさらに1時間弱(ギリギリ座れました)。
2016年08月06日 08:37撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角屋根とレトロな駅名フォントが印象的な駅舎。ここから路線バスに揺られることさらに1時間弱(ギリギリ座れました)。
ようやく二荒山神社に到着。前日までの仕事疲れと寝不足に、とどめの移動疲れの一撃が加わり、既に足取りの重い嫁💦
2016年08月06日 09:38撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく二荒山神社に到着。前日までの仕事疲れと寝不足に、とどめの移動疲れの一撃が加わり、既に足取りの重い嫁💦
1
ここから空を仰ぐと前方に男体山(なんたいさん:2486m)の山頂部が見えて絵になるはずなのですが、今日はあいにく雲の中でした(涙)。
2016年08月06日 09:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから空を仰ぐと前方に男体山(なんたいさん:2486m)の山頂部が見えて絵になるはずなのですが、今日はあいにく雲の中でした(涙)。
1
登山前に入山料(大祭期間中につき通常料金の倍の1000円)を払います。巫女さんが胸がキュンとするほど可愛いとどこかに書いていたので期待していたのですが、今日はあいにくおじざんでした(笑)。
2016年08月06日 09:41撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山前に入山料(大祭期間中につき通常料金の倍の1000円)を払います。巫女さんが胸がキュンとするほど可愛いとどこかに書いていたので期待していたのですが、今日はあいにくおじざんでした(笑)。
1
いざ、登山開始!男体山は山全体が御神体なので正確には登山ではなく登拝(とはい)と言うようです。
2016年08月06日 09:45撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ、登山開始!男体山は山全体が御神体なので正確には登山ではなく登拝(とはい)と言うようです。
1
イケメン(イケケン?)の狛犬がお見送りしてくれます。
2016年08月06日 09:47撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イケメン(イケケン?)の狛犬がお見送りしてくれます。
1
でたー!のっけから急な階段の洗礼を受けます。
2016年08月06日 09:48撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でたー!のっけから急な階段の洗礼を受けます。
ほどなく二合目とうちゃ・・・えっ?一合目!?呆然とする嫁。神社が一合目ではなかったと気付き、精神的なダメージを受けます。
2016年08月06日 09:54撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく二合目とうちゃ・・・えっ?一合目!?呆然とする嫁。神社が一合目ではなかったと気付き、精神的なダメージを受けます。
2
続いて二合目とうちゃ・・・えっ?三合目!?。度重なる変則攻撃にペースを掻き乱されます。さらに、嫁が既にシャリバテになりかけていたので、ここでブレイクを入れます。ここからはしばらく舗装された林道歩きでした。
2016年08月06日 10:20撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて二合目とうちゃ・・・えっ?三合目!?。度重なる変則攻撃にペースを掻き乱されます。さらに、嫁が既にシャリバテになりかけていたので、ここでブレイクを入れます。ここからはしばらく舗装された林道歩きでした。
3
林道から再び登山道に戻る入り口が四合目。そこから少し入ったところにミヤマシャジン(それともヒメシャジンかな?)が咲いてました。
2016年08月06日 10:50撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から再び登山道に戻る入り口が四合目。そこから少し入ったところにミヤマシャジン(それともヒメシャジンかな?)が咲いてました。
1
岩混じりで登りづらい道。これに体にまとわりつく暑さと湿気が加わります💦まだ半分も登ってませんが、既にかなり体力を奪われてます。嫌な予感。。。
2016年08月06日 10:59撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩混じりで登りづらい道。これに体にまとわりつく暑さと湿気が加わります💦まだ半分も登ってませんが、既にかなり体力を奪われてます。嫌な予感。。。
やっと六合目。このあたりから岩が一段と大きくなります💦
2016年08月06日 11:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと六合目。このあたりから岩が一段と大きくなります💦
完全に霧の中。麓は晴れていたのに。。。でも直射日光が当たらないから、かえって良かったのかも。
2016年08月06日 11:45撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に霧の中。麓は晴れていたのに。。。でも直射日光が当たらないから、かえって良かったのかも。
荒れた土地に咲くというメイゲツソウ(名月草)。名月の時季に咲くことからその名が付いたのだとか。
2016年08月06日 11:48撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れた土地に咲くというメイゲツソウ(名月草)。名月の時季に咲くことからその名が付いたのだとか。
1
ヤマハハコの蕾。男体山に花は期待していなかったのですが、所々に咲く花が、険しさを一瞬だけ忘れさせてくれました。
2016年08月06日 11:55撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコの蕾。男体山に花は期待していなかったのですが、所々に咲く花が、険しさを一瞬だけ忘れさせてくれました。
1
ただ、それもほんの束の間。視線を足元から前方に移すと、依然くじけそうになる岩混じりの急坂が立ちはだかり、厳しい現実を知ることになります💦
2016年08月06日 12:19撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ、それもほんの束の間。視線を足元から前方に移すと、依然くじけそうになる岩混じりの急坂が立ちはだかり、厳しい現実を知ることになります💦
2
男体山だけあって規格外のサイズのクサリも現れました。
2016年08月06日 12:36撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山だけあって規格外のサイズのクサリも現れました。
やっと八合目。個人的に六合目から八合目あたりまでが一番長く感じました。
2016年08月06日 12:38撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと八合目。個人的に六合目から八合目あたりまでが一番長く感じました。
1
見上げると一部青空なのですが、、、
2016年08月06日 12:41撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げると一部青空なのですが、、、
雲の中で展望は無し。日光なのに(涙)。
2016年08月06日 12:41撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の中で展望は無し。日光なのに(涙)。
2
九合目の手前でようやく岩混じりの道が終わります。その代わりに、赤茶けてザレた道になります。先ほどまでの急登ほどではないですが、これはこれで歩きにくかったです。
2016年08月06日 12:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合目の手前でようやく岩混じりの道が終わります。その代わりに、赤茶けてザレた道になります。先ほどまでの急登ほどではないですが、これはこれで歩きにくかったです。
見たことのない花。イチヤクソウと言うようです。
2016年08月06日 12:55撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見たことのない花。イチヤクソウと言うようです。
やった!晴れた!ちょっとテンションアップ♪
2016年08月06日 12:56撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やった!晴れた!ちょっとテンションアップ♪
九合目。あと少し!!
2016年08月06日 13:05撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合目。あと少し!!
2
元々湿気が多い山なのでしょうか。六合目からこの辺りまでは所々苔が蒸してました。
2016年08月06日 13:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元々湿気が多い山なのでしょうか。六合目からこの辺りまでは所々苔が蒸してました。
森林限界を越えたのと時を同じくして、完全に雲の上に出ました。青空が見れて嬉しい一方で、体力の限界もあと僅か。最後の力を振り絞り青空目指して進みます!
2016年08月06日 13:14撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を越えたのと時を同じくして、完全に雲の上に出ました。青空が見れて嬉しい一方で、体力の限界もあと僅か。最後の力を振り絞り青空目指して進みます!
2
と、少し下で歓声が沸いたので振り向くと、、、
2016年08月06日 13:17撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、少し下で歓声が沸いたので振り向くと、、、
分厚い層をなして下界と僕らとを隔てていた雲が一瞬切れ、中禅寺湖がその姿を現しました。それまでは全く意識してませんでしたが、今自分たちが凄い場所に居ることに気づかされました。
2016年08月06日 13:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分厚い層をなして下界と僕らとを隔てていた雲が一瞬切れ、中禅寺湖がその姿を現しました。それまでは全く意識してませんでしたが、今自分たちが凄い場所に居ることに気づかされました。
2
荒々しい岩石と赤土だけの世界。そういえば、今日の登山は二週間後の富士山の肩慣らしのはずだったっけ。
2016年08月06日 13:24撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒々しい岩石と赤土だけの世界。そういえば、今日の登山は二週間後の富士山の肩慣らしのはずだったっけ。
肩慣らしの割りにかなりしんどかったが。。。
2016年08月06日 13:25撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩慣らしの割りにかなりしんどかったが。。。
1
建物が見えてきた。山頂近し!本当に山頂部だけでも晴れて良かった。
2016年08月06日 13:28撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建物が見えてきた。山頂近し!本当に山頂部だけでも晴れて良かった。
4
鳥居をくぐって、、、
2016年08月06日 13:29撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐって、、、
山頂部に到着!二荒山神社の奥宮の社務所でカップ麺が売っていましたが、既に売り切れてました。
2016年08月06日 13:29撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部に到着!二荒山神社の奥宮の社務所でカップ麺が売っていましたが、既に売り切れてました。
1
大剣のある一際高い場所へ移動。
2016年08月06日 13:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大剣のある一際高い場所へ移動。
1
大剣の手前におっきなおにぎりが落ちていたので腹ごしらえ。
2016年08月06日 13:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大剣の手前におっきなおにぎりが落ちていたので腹ごしらえ。
4
登頂、お疲れさま!
2016年08月06日 13:35撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂、お疲れさま!
8
ぐはっ!我が人生に一片の悔いなし!
2016年08月06日 13:36撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐはっ!我が人生に一片の悔いなし!
7
なんてね・・・。山頂からの大パノラマを楽しみにしていましたが、雲に囲まれてそれは叶いませんでした。唯一、太郎山(2368m)だけ目にすることができました。
2016年08月06日 13:37撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんてね・・・。山頂からの大パノラマを楽しみにしていましたが、雲に囲まれてそれは叶いませんでした。唯一、太郎山(2368m)だけ目にすることができました。
山頂だけ晴れてるのは、きっと雲に乗ってるこちらの方の御蔭。ありがたやー。
2016年08月06日 13:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂だけ晴れてるのは、きっと雲に乗ってるこちらの方の御蔭。ありがたやー。
2
さて、山頂部は人が多かったので、少し下った場所にあるある場所へと移動します。
2016年08月06日 13:42撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、山頂部は人が多かったので、少し下った場所にあるある場所へと移動します。
そこはネットで知った中禅寺湖と戦場ヶ原の特等席。
2016年08月06日 13:44撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこはネットで知った中禅寺湖と戦場ヶ原の特等席。
男体山神社です。ところが、、、
2016年08月06日 13:43撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山神社です。ところが、、、
やはり今日は雲に阻まれてあいにくの展望でした(涙)。いつか一目見に再訪したい場所に認定。ここで長めのお昼休憩を取りました。
2016年08月06日 14:18撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり今日は雲に阻まれてあいにくの展望でした(涙)。いつか一目見に再訪したい場所に認定。ここで長めのお昼休憩を取りました。
2
最後にもう一度中禅寺湖を眺めたい。そう願ってしばらく粘ってみましたが、一向にその気配が見られなかったので、あえなく断念し、下山を開始しました。
2016年08月06日 14:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にもう一度中禅寺湖を眺めたい。そう願ってしばらく粘ってみましたが、一向にその気配が見られなかったので、あえなく断念し、下山を開始しました。
1
ほどなく雲の世界へ。
2016年08月06日 14:33撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく雲の世界へ。
登り以上に慎重に岩混じりの急坂を下ります。卸したての靴は重く(片足1kg以上)堪えました。
2016年08月06日 14:51撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り以上に慎重に岩混じりの急坂を下ります。卸したての靴は重く(片足1kg以上)堪えました。
1
雪化粧しているように見える苔に生えたキノコ。
2016年08月06日 15:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪化粧しているように見える苔に生えたキノコ。
嫁は既にほうほうの体(涙)。ほとんど言葉を発する気力もない中、口をついたセリフは「もし頂上にスマホを忘れてたとしても諦めるわ」でした。同感(笑)。
2016年08月06日 15:44撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嫁は既にほうほうの体(涙)。ほとんど言葉を発する気力もない中、口をついたセリフは「もし頂上にスマホを忘れてたとしても諦めるわ」でした。同感(笑)。
2
四合目から三合目へと下る林道を歩き終え、山道に差し掛かったあたりから、夕暮れ前の穏やかな陽光が射してきました。暑さも退き、今回の道中、唯一心地よさを覚えた一時でした。
2016年08月06日 16:24撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目から三合目へと下る林道を歩き終え、山道に差し掛かったあたりから、夕暮れ前の穏やかな陽光が射してきました。暑さも退き、今回の道中、唯一心地よさを覚えた一時でした。
1
下界に戻ってきました。ほっとする瞬間。
2016年08月06日 16:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界に戻ってきました。ほっとする瞬間。
1
そして疲れた。。。この後、日帰り温泉で汗を流し、朝と同じ時間(約4時間)をかけて家に戻りました。途中、電車の車窓から、期せずして、夏の夜空を飾る花火が見えました。
2016年08月06日 17:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして疲れた。。。この後、日帰り温泉で汗を流し、朝と同じ時間(約4時間)をかけて家に戻りました。途中、電車の車窓から、期せずして、夏の夜空を飾る花火が見えました。
5
撮影機材:

感想/記録

二週間後に登る富士山の肩慣らしを兼ねて、
日光を代表する名峰男体山に登りました。

そう。あくまで肩慣らしのつもりだったのですが、
まさか、ここまで過酷な登山になるとは思ってもいませんでした。
実際、去年富士山に登った時よりもきつく感じました。
今思えば、一番の原因は暑さだったのではないかと思います。

「肩慣らしだと!?俺を見くびるなよ!」
男体山にそう言われているようでした(笑)。

楽しみにしていた山頂からの絶景も全ては見せてもらえませんでした。
ただ、慈悲深い男体山は、その魅力の一片を僕らに示してくれました。

山頂の手前で一瞬雲が切れ、赤茶けた火山性の荒々しい土壌が、
緩やかな弧を描いて下界へと潰えていくその先に、
中禅寺湖が忽然とその姿を現しました。

その瞬間、息を飲みました。僕らは、、、なんて場所に居るんだ!

それまでは、雲の分厚い層が下界と僕らとを長らく隔てていたため、
目の前に伸びる岩だらけの急坂だけが僕らの世界の全てでした。
それが一瞬にして開けたのです。

ああ、これこそが男体山だ。

下山後、食べ物も喉を通らないほど疲れこけ、二度と登るまいと
誓ったにも関わらず、一晩開けてこの記録を書いている今、
その時の情景が頭を離れずにいます。

いつかまた登って、あの絶景をちゃんとこの目で確かめたい。
不思議なことに、今ではその思いのほうが強くなっていることに気づくのです。
訪問者数:267人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/4
投稿数: 173
2016/8/7 20:43
 お疲れ様です。
ご無沙汰しております。
今回は奥様同行の山行、楽しく拝見させていただきました。
piazzoliaさんの行動範囲がどんどん広がって行くようで毎回力強く感じています。
私は、今回の夏山思案づくしで決まらない状況です。今週は見送りました。
次回も楽しみにしております。奥様によろしくお伝えください。
登録日: 2009/5/7
投稿数: 298
2016/8/7 21:04
 お疲れ様です。
是非、来年は登拝祭のナイトハイクの男体山にお越しください。。。
>>「ぐはっ!我が人生に一片の悔いなし!」の写真がとても素晴らしく。。。
ついつい書き込みしてしまいました。

私たちは、登拝祭に参加で0:00にから登ってました。
登録日: 2014/5/12
投稿数: 39
2016/8/7 23:48
 Re: お疲れ様です。
gijinさん、こんばんは。ご無沙汰しております。
本当は近場で行きたい山も溜まっているのですが、
さすがにこの時季は暑さが堪えるので、自ずと遠くに足が向きます。
車を持っていればまた違うのでしょうね。
上でも書きましたが、8/20に富士山に登る予定です。
今回のように返り討ちに合わなければ良いのですが。。。
登録日: 2014/5/12
投稿数: 39
2016/8/8 0:10
 Re: お疲れ様です。
omatsuさん、はじめまして。コメントありがとうございます!
omatsuさんの記録も拝見させて頂きました。
ナイトハイクも沢山の仲間と一緒だととても楽しそうですね!
僕らはまだ(図らずも日が暮れてしまったことを除けば)ナイトハイクの経験が無いので、
男体山の前にまずは高尾山あたりから始めないとですね💦
登録日: 2012/6/15
投稿数: 1
2016/8/8 10:21
 奥久慈?
日光男体山の登山お疲れ様でした。
私も数日前に登り、まだ筋肉痛が抜けきらないころです。
一点勘違いをされているようなので訂正されては?と思います。
今回登られた男体山は、「日光の男体山」です。
文中に「奥久慈の・・・・・」となっています。 別の山になってしまいます。

私は、茨城在住なのですが、奥久慈の名峰男体山(654m)も大好きな山でよく登ります。クサリ場が連続する実に面白い山です。
また、茨城の唯一の百名山である筑波山にも男体山の名があります。
(双耳峰:女体山と男体山)
日光男体山を含め、これらの山々は互いに望むことができます。

是非、茨城の名峰男体山にもおこし下さい。
登録日: 2014/5/12
投稿数: 39
2016/8/8 11:42
 Re: 奥久慈?
ecobaさん、はじめまして。
コメント&ご指摘頂きありがとうございます。
ネットで参考にしていたページがもう一つの方の男体山を指していることに気付かず、
ろくに疑いもせずそのままコピペしてしまっておりました。早速訂正しておきました。
が、おかげで、奥久慈の男体山を知ることができました。紅葉の季節が良さそうです。
機会があれば訪れてみたいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ