ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 934416 全員に公開 ハイキング中央アルプス

ランドネ登山のつもりで木曽駒ヶ岳と宝剣岳

日程 2016年08月06日(土) 〜 2016年08月07日(日)
メンバー carimero326(感想)
天候晴れときどき曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
菅の台バスセンターまで車
しらび平までバス
千畳敷までロープウェイ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間45分
休憩
1時間50分
合計
3時間35分
S千畳敷駅08:3008:55極楽平09:45宝剣岳10:0010:20(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘11:0011:10木曽駒ヶ岳12:0512:00(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘
2日目
山行
50分
休憩
20分
合計
1時間10分
(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘08:2008:40乗越浄土09:0009:30千畳敷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
宝剣岳付近に鎖場あり
その他周辺情報駒ヶ根高原ホテル 日帰り入浴500円
足湯茶屋 東右衛門 ソースかつ丼うまし 足湯もあり
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ フライパン

写真

二人とも初千畳敷
2016年08月06日 08:33撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二人とも初千畳敷
南アルプスが見える
2016年08月06日 08:37撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスが見える
ロープウェイ千畳敷駅
2016年08月06日 08:38撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ千畳敷駅
千畳敷カール
2016年08月06日 08:40撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳敷カール
ロープウェイを降りればもう森林限界
2016年08月06日 08:44撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイを降りればもう森林限界
御岳が良く見える
2016年08月06日 08:52撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳が良く見える
極楽平
2016年08月06日 08:56撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽平
三ノ沢岳
2016年08月06日 08:58撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ沢岳
極楽平からの宝剣岳方面
2016年08月06日 08:58撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽平からの宝剣岳方面
宝剣岳へ向かう稜線
2016年08月06日 09:08撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳へ向かう稜線
1
日本登山大系を見てルートの見学
2016年08月06日 09:09撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本登山大系を見てルートの見学
1
先週に引き続き、特に私のザックが虫にたかられる
2016年08月06日 09:14撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週に引き続き、特に私のザックが虫にたかられる
鎖場
2016年08月06日 09:16撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場
2
楽しい稜線歩き
2016年08月06日 09:17撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい稜線歩き
楽しい!
2016年08月06日 09:25撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい!
1
良く見ると虫がいっぱい
2016年08月06日 09:25撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良く見ると虫がいっぱい
登山道は岩をくぐるところもあった
2016年08月06日 09:33撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は岩をくぐるところもあった
これまた楽しい
2016年08月06日 09:33撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これまた楽しい
1
イエーイ!
よいこは真似しないように
一応クライミング歴長いので…
2016年08月06日 09:36撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イエーイ!
よいこは真似しないように
一応クライミング歴長いので…
3
宝剣岳山頂
2016年08月06日 09:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳山頂
1
わーい!
後ろは木曽駒ヶ岳
2016年08月06日 09:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わーい!
後ろは木曽駒ヶ岳
1
山頂からの千畳敷方面
2016年08月06日 09:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの千畳敷方面
鳥さん
おこじょもいたけど、写真は撮れなかった
2016年08月06日 09:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥さん
おこじょもいたけど、写真は撮れなかった
駒ヶ岳山頂小屋
2016年08月06日 10:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂小屋
宝剣岳を振り返る
2016年08月06日 11:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳を振り返る
ランチ
変な葡萄?
赤いのはトマト
2016年08月06日 11:19撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチ
変な葡萄?
赤いのはトマト
乾杯
2016年08月06日 11:21撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾杯
1
北側の謎のスラブ
2016年08月06日 11:42撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の謎のスラブ
駒ヶ岳頂上小屋方面
雲が多くなってきた
2016年08月06日 12:02撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳頂上小屋方面
雲が多くなってきた
頂上木曽小屋
2016年08月06日 12:03撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上木曽小屋
ハラミを焼き始める
2016年08月06日 12:30撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハラミを焼き始める
2
飛騨牛、うらやましい
2016年08月06日 12:33撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨牛、うらやましい
もうすぐ焼ける
2016年08月06日 12:36撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ焼ける
モンベルのテントだらけ
最近は黄色以外に青や白や緑もあるのね
2016年08月06日 18:29撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モンベルのテントだらけ
最近は黄色以外に青や白や緑もあるのね
満天の星
2016年08月07日 01:52撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満天の星
1
天の川も見えた
2016年08月07日 01:55撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天の川も見えた
2
朝焼け
2016年08月07日 04:49撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼け
1
ご来光
2016年08月07日 05:11撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光
帰りは中岳の巻き道を通った
右側は少し険しい
2016年08月07日 08:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは中岳の巻き道を通った
右側は少し険しい
真ん中、うっすらと富士山
2016年08月07日 08:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中、うっすらと富士山
1
宝剣岳
2016年08月07日 08:37撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳
宝剣岳直下
この壁も3本くらいルートがある
2016年08月07日 08:43撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳直下
この壁も3本くらいルートがある
オケラクラック
2016年08月07日 08:49撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オケラクラック
オケラクラックルート
2016年08月07日 08:56撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オケラクラックルート
たくさんの登山者
2016年08月07日 09:22撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たくさんの登山者
1
バイバイヾ(*'-'*)
千畳敷
2016年08月07日 09:48撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイバイヾ(*'-'*)
千畳敷
ロープウェイから眺める滝
上から見れる事ってあまりない
2016年08月07日 09:52撮影 by NEX-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイから眺める滝
上から見れる事ってあまりない

感想/記録

ランドネへのHが持ってるイメージは計り知れないが、彼の中で豪華でおしゃれな食事がついていることは確かだ。
私が思うに、女子は短パンか山スカートでなくてはならなくて、男子は頭に手ぬぐいなどかぶってはいけないし、テントサイトにはカラフルな旗を飾らないといけないし、テーブルクロスも必需品だ。
いくらか私もイメージが迷走中かもしれない。

「ランドネ登山しよう。」
Hがそう言い出したので、せめて食事は豪華にとスーパーに買い出しに行った。
結局、豚ハラミとバジルチキンの焼肉とデザートは巨峰、フライパンと大量の酒を持っていくことになった。
大量の酒と焼肉の時点で、あんまりランドネしてない気もするが。

去年のこの時期はバリエーションに行きまくっていたのに、先週に引き続き工程の短いお気楽登山だ。
千畳敷までロープウェイの日本の最高点、2612メートルまで一気に上がることができるが、バスとロープウェイ代が結構高くて私達の間ではセレブ登山に位置づけされ、今までなかなか行く気にはなれなかった。
ロープウェイの乗車時間はたった7分半で千畳敷駅に到着、降りたらすぐ千畳敷カールのすばらしい景色が広がっており、すでに森林限界を超えていて、セレブ登山の威力のすごさを思い知らされた。

ロープウェイに乗るのも降りるのも、激混みで1時間半待ったという話も仲間から聞いたことがあったけど、この日は問題なかった。
宝剣岳と木曽駒ケ岳に登るということはなんとなく決めていたけど、どのコースを通るとかはロープウェイを降りてから決めたという適当さだった。

まず宝剣岳から登る事にした。
スニーカーの登山者も見られたが、稜線上の鎖場もいくつかある場所では見かけなくなった。
山頂近くになると急峻なルンゼと尾根が東西にいくつか伸びているのが見える。
そこはバリエーションのルートでもあるので、日本登山大系の本を何ページかコピーしたものを見ながらしばし見学。
日本登山大系の中では控薜幣紊里發里多く、卦蕕らいのところを登ったことしかない私には難しそうに思えた。
でも同時にクライマーの端くれなので、登ってみたいという気持ちにもなった。

この日の天気はとても良くて、二人とも大好物の岩の稜線を気持ち良く歩き、宝剣岳の山頂に到着。
一番上の岩の上に立ち、記念写真を撮った。
今度登るときはアプローチがマルチピッチだといいのだけれど。

宝剣岳から木曽駒ヶ岳の付近に4つも山小屋があり、その間隔の狭さにも驚かされた。
中央アルプスのこの辺りは山小屋天国だった。

駒ヶ岳頂上山荘に着くと、受付を済ますとテントをさっさと張り終え、駒ヶ岳の山頂へ。
宝剣岳に比べるとのっぺりして特徴のない形だけど、こっちが百名山だ。
テント場から散歩くらいの距離の山頂に着くと、北アルプスの方は少し雲がかかっていたけど、槍ヶ岳などの姿を見る事ができ、先週行った乗鞍岳、御岳も良く見えた。
持って来たビールを開け、サンドイッチでお昼ご飯。
気温も丁度いいので、しばらくのんびりしてからテントサイトに戻った。

最近の天気の調子だと必ず夕方は雨が降ると思って、山頂で食べたばっかりだったけど焼肉の準備にとりかかることにした。
山小屋で冷たい生ビールを1杯買って半分ずつ飲んだが、冷えたビールは大して動いてもいないのにおいしすぎた。
ソフトボトルに詰め替えて持参したワインで乾杯して、肉を焼き始めると、隣の中年の男性4人組はもっと豪華で、飛騨牛を焼いていた。
食べ終わるとお決まりの昼寝。
やはり夕方少し雨が降ったけど、ぱらぱらと一瞬だけだった。
19時ごろ起きると周りはガスっていた。
寝てただけなのにまたお腹がすいて、フリーズドライの親子丼と牛丼を食べてまた寝た。
テントの中でうだうだ過ごすのは嫌いではない。
そういえば、なんで車泊やテント泊がこんなに楽しいのか、前日の車の中で飲みながら初めて気づいた。
酔っ払って睡魔に襲われれば、寝室に行く必要もなく、そのままゴロリと転がればいいだけだ。
時間を気にせず、きままに過ごすことはなんという幸せなのか、ただのぐうたらな才能なのか。

夜中、目を覚ますと頭痛がした。
テントの外をのぞくと満天の星だったのでHを起こした。
高山病かも知れないとHに訴えると、また飲みすぎじゃない?というお言葉。
下山後はすっかり良くなったけど。

稜線近くまで出て、Hは星の写真を撮った。
とんがった宝剣岳も入るとかっこいいと思うけど、ここからは見えないし、そっちの方角は星が少なかった。
星の写真が久しぶりに撮れてHは満足そうだった。
朝焼けとご来光も見れたし、滅多にないくらいのいい天気で楽しい登山だった。
天気ってほんと大事。

下りの登山道は混んでたけど、オケラクラックルートのチェックをしながら降りた。
有名なルートらしいが、他のルートも二日間一組のパーティも見ることがなかった。
登りたいけど、どこも一般登山道から目立ちすぎてなんか気が引ける。

登山後はお風呂とソースカツ丼。
駒ヶ根温泉ホテルで日帰り入浴した。
ここは二回目で、施設は古く薄暗く昭和のさびれた雰囲気満載で、すいているのがいいところで、女風呂は貸切だった。
有名店の明治亭は11時半頃でももう並んでいたので、足湯のある足湯茶屋東右衛門というところでソースカツ丼を食べたけど、私には食べきれない程結構なボリュームでおいしかった。
萱葺き屋根で中もちょっとおしゃれな店で、出たときはもう行列ができていた。

明日からお盆休み。
天気に恵まれますように。
訪問者数:210人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ