ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 938046 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

北沢峠〜仙丈ヶ岳〜広河原

日程 2016年08月11日(木) 〜 2016年08月12日(金)
メンバー GreenDay
天候8/11 快晴
8/12 快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】
22:00 竹橋駅 (23:15発毎日アルペン号)
04:40 仙流荘 (05:15発南ア市営バス)
05:52 大平山荘前

【復路】
    広河原 (10:20発山梨交通バス)
12:20 甲府駅 (12:45発中央本線)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

【11日】
    大平山荘前 (05:55発)
07:50 馬ノ背ヒュッテ (08:00発)
08:45 仙丈小屋 (09:00発)
09:20 仙丈ヶ岳 (09:30発)
10:00 大仙丈ヶ岳 (10:10発)
12:15 伊那荒倉岳 (12:20発)
12:57 2499P独標 (13:05発)
13:42 横川岳
14:00 野呂川越 (14:10発)
14:40 両俣小屋幕営地

【12日】
    両俣小屋幕営地 (06:20発)
08:00 野呂川出合 (08:10発)
09:15 広河原

写真

仙丈ヶ岳と仙丈小屋
2016年08月11日 08:18撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳と仙丈小屋
3
仙丈ヶ岳から
左から富士山、北岳、間ノ岳
2016年08月11日 09:24撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳から
左から富士山、北岳、間ノ岳
3
仙丈ヶ岳から
鳳凰三山
2016年08月11日 09:24撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳から
鳳凰三山
3
仙丈ヶ岳から
甲斐駒ケ岳
2016年08月11日 09:24撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳から
甲斐駒ケ岳
3
大仙丈ヶ岳から
仙塩尾根の稜線
2016年08月11日 10:05撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大仙丈ヶ岳から
仙塩尾根の稜線
4
高望池
2016年08月11日 12:20撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高望池
2499独標から仙塩尾根
2016年08月11日 12:58撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2499独標から仙塩尾根
3
両俣小屋の猫さん
2016年08月11日 14:45撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両俣小屋の猫さん
6
撮影機材:

感想/記録

【11日】
 前回の山行以降風邪をひいてしばらく安静にしていた。連休に満を持して行くつもりだったが、完治していない模様。にもかかわらず、直前に畑薙からのバスの予約が取れてしまったので、欲張りな計画を立てて山行に出かけた。

 バスでは風邪の影響か熟睡出来た。仙丈山荘からのバスは大行列。3代目に乗ったが時間は予定通り。大平山荘前で下りたのは自分ひとり。藪沢をつめて先へ進む。途中南ア全山を目指す若者がいたが荷物が重そうだった。馬ノ背ヒュッテを経由して仙丈小屋へ。

 ここまで順調に進んでいたが、徐々にテント装備が肩に食い込んでくる。幸い天候には恵まれ、気温も思ったより高くない。仙丈ヶ岳を過ぎると人も少なくなる。大仙丈ヶ岳から先は未知の領域。伊那荒倉岳までは下り基調だが長い。高望池には何人か幕営しようとしていた。ここから野呂川越までは名古屋から仙塩尾根を縦走している人と前後しながら進む。2499P独標、横川岳ともに登りがキツかった。

 野呂川越から両俣小屋に下りたが、乾いていて前回来た時より歩きやすい。事前に問い合わせしたとおり、15時までに到着したが残念なことに意味をなさなかった。ヨロヨロしながらテントを設営して昼休みをする。この時点で本調子でないので帰宅することにする。この日も熟睡できた。

【12日】
 翌朝撤収して野呂川出合を目指す。バスは時間通りのようで、既に行ってしまったようだ。長時間待つのも性に合わないので、広河原まで歩いた。思ったより早く着いてバスの列に早めに並ぶことが出来た。バスは早めの時間なのに二台も出た。甲府駅でしずてつのバスをキャンセルして弁当を買い、各駅停車に乗ったが、中央本線が実質30分くらい遅れて、1本遅い電車と実質同じ結果になってしまった。
訪問者数:151人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/7/1
投稿数: 236
2016/8/19 0:19
 野呂川
GreenDayさん こんばんは
南アルプスのテント泊ロング山行お疲れ様でした
仙丈ヶ岳からの稜線歩き、景色が良くていいですね〜
体調が万全ではないとはいえ、重装備でかなりのタフルートを歩かれたのは流石ですね!
野呂川沿いの綺麗な川の流れを眺めながらこちらも歩きに行きたくなりました。
登録日: 2014/1/9
投稿数: 39
2016/8/19 12:45
 Re 野呂川
iwanalpenさん。コメントありがとうございます。
同ルートは恥ずかしながら昨年に続き敗退です。
この山域には嫌われているのかもしれません。
野呂川沿いの林道歩きは、結構アップダウンが多いので、敗退時に歩くと精神的にも身体的にも堪えます。
でも、iwanalpenは、渓流釣りをされるそうなので、楽しめるかもしれませんね。
実際両俣小屋の宿泊者や幕営者の中には、山には登らない釣り師も結構いるようです。
渓流釣りも奥が深そうですが、私はじっとしているのが苦手なので、難しいかな・・・

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント テン 山行 出合 ヒュッテ 設営
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ