ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 949070 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

新穂高温泉〜双六小屋(槍ヶ岳・鷲羽岳の下見をかねてテント泊)

日程 2016年08月26日(金) 〜 2016年08月27日(土)
メンバー nonguri, その他メンバー1人
天候1日目:くもり時々晴れ 2日目:雨時々くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高第三駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間30分
休憩
32分
合計
8時間2分
Sスタート地点04:5505:09新穂高温泉バス停05:1505:14新穂高登山指導センター05:1505:25登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)05:47お助け風穴05:4806:01中崎橋06:11笠新道登山口06:1206:35わさび平小屋06:3706:54小池新道入口06:5507:51秩父沢出合07:5208:07チボ岩08:0808:30イタドリが原08:3109:06シシウドヶ原09:0809:52鏡池10:34鏡平山荘10:3511:35弓折乗越11:4712:05花見平12:18くろゆりベンチ12:1912:50双六池12:5112:56双六小屋
2日目
山行
6時間3分
休憩
58分
合計
7時間1分
双六小屋07:0007:04双六池07:0507:43くろゆりベンチ07:4508:06花見平08:20弓折乗越08:2109:03鏡平山荘09:1909:22鏡池09:58シシウドヶ原10:0010:34イタドリが原10:3510:52チボ岩10:5311:14秩父沢出合11:1511:59小池新道入口12:0012:17わさび平小屋12:4212:58笠新道登山口12:5913:10中崎橋13:23お助け風穴13:2413:37登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)13:4113:47新穂高温泉駅13:52新穂高温泉バス停13:5314:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報ひがくの湯
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット

写真

では、行ってきます。
2016年08月26日 05:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、行ってきます。
わさび平小屋。
2016年08月26日 06:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わさび平小屋。
林道をテクテク行きます。
2016年08月26日 06:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道をテクテク行きます。
小池新道入り口。
2016年08月26日 06:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小池新道入り口。
鏡池。
ヤリが見えなくても、これはこれでGood!
2016年08月26日 09:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池。
ヤリが見えなくても、これはこれでGood!
4
鏡平小屋で休んでいると、雲間からヤリが!
2016年08月26日 10:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平小屋で休んでいると、雲間からヤリが!
3
弓折乗越から少し上がったところ。
稜線を境に東側(槍ヶ岳方面)はガスガス。
2016年08月26日 11:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弓折乗越から少し上がったところ。
稜線を境に東側(槍ヶ岳方面)はガスガス。
ところが西側に目を転じると山並みがクッキリ。
これは期待大!
2016年08月26日 11:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところが西側に目を転じると山並みがクッキリ。
これは期待大!
目指す(はずだった)鷲羽岳!
2016年08月26日 11:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す(はずだった)鷲羽岳!
花見平で雷鳥が2羽お出迎え。
2016年08月26日 12:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花見平で雷鳥が2羽お出迎え。
7
写真でよく見る風景。
2016年08月26日 12:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真でよく見る風景。
ドンドン近づいてきます。
2016年08月26日 12:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドンドン近づいてきます。
6
鷲羽岳をバックに。
2016年08月26日 13:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳をバックに。
6
憧れの鷲羽岳。
2016年08月26日 13:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
憧れの鷲羽岳。
5
2日目はあいにくの小雨。
なのに前日より視界良好! 雨のため写真には残せませんでしたが、この少し前には槍ヶ岳がハッキリと。
2016年08月27日 07:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目はあいにくの小雨。
なのに前日より視界良好! 雨のため写真には残せませんでしたが、この少し前には槍ヶ岳がハッキリと。
槍ヶ岳に続く西鎌尾根。次のよい目標ができました。
2016年08月27日 07:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳に続く西鎌尾根。次のよい目標ができました。

感想/記録

新穂高から双六小屋を経由して西鎌尾根から槍ヶ岳か、鷲羽岳への山行を計画。ところがヤマテンでは土曜日から下り坂。取りあえず双六小屋まで行って、行き先を決めることに。
木曜日の21時に新穂高第三駐車場に。入り口には既に『満車』の看板が。恐るおそる警備のおじさんのところまで行くと、「4台空いてるよ」とのこと。平日にこの混み方、恐るべし。
3時まで仮眠をとって4時出発のつもりが、時計を見たら既に4時。慌てて準備に取りかかり5時に出発。
しばらくは林道歩きで小池新道から本格的な山道。秩父沢で水浴びをしつつテクテク行くと、鏡池へ。展望デッキはあいにくの工事中、かつ槍ヶ岳は雲の中でしたが、それでも湖面に景色が映し出され、目的の一つを達成。鏡平小屋では名物のかき氷を堪能。すると雲間から槍ヶ岳が! 今日はちょっと難しいかなと思っていたので、ラッキー。
その後は山並みは雲に隠れ、小雨がパラパラ。木陰で雨を避けつつ弓折乗越へ。今日は景色は楽しめないかな、と諦めていたところ、弓折乗越でお会いしたソロのお姉さんが、双六方面は晴れていて鷲羽岳も綺麗に見えるとのこと。急いで稜線まで上がって見ると、東側と西側では天気がまるで違う。これだから山の天気はわかりません。
さらに進んで行くと鷲羽岳がハッキリと。小ピークを越えて行くごとに、ドンドン大きくなって行きます。感動!
双六小屋でテントを張り、小屋で天気を確認すると、土曜日はあまりはっきりしない天気の様子。朝の天気次第で行き先を決めようと19時に寝袋の中へ。すると、テントを叩く雨の音が段々強く…。朝3時に目覚めるも、外は雨降り。取りあえず朝ごはんを食べ、テントの中を片付けて様子を見ることに。6時まで待っても止む様子はなく、今回は槍ヶ岳、鷲羽岳への下見と切り替えて下山することに。
狙ったピークは踏めなかったものの、次回につながる楽しい山行でした。
訪問者数:444人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ