また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

わさび平小屋(わさびだいらごや)

最終更新:Yamaotoko7
基本情報
標高 1400m
場所 北緯36度18分38秒, 東経137度35分44秒
【営業期間】7月中旬〜10月下旬
【連絡先】0577-34-6268
【HP】http://www.sugorokugoya.com/wasabi/shokai/wasabi_shokai.html

【電話】携帯電話:各社とも不可、公衆電話:あり
テント場 30張・1名800円(税込)
山小屋 収容人数60名・1泊2食8500円(税込)・素泊5500円(税込)
トイレ チップ制100円
水場 道を挟んだ反対側・又は小屋の広場付近
食事 そうめん、中華そば、かつ丼、カレーライス、うどん
お風呂 宿泊者のみ(※温泉ではありません)

山の解説 - [出典:Wikipedia]

わさび平小屋(わさびだいらごや)は、岐阜県高山市の飛騨山脈(北アルプス)南部にある山小屋。
中部山岳国立公園内、高原川の支流の蒲田川の左俣谷に沿って付けられた林道の脇、標高1,402 mに位置する。新穂高温泉から徒歩で1時間ほど。
1957年(昭和32年)に、双六小屋の経営者であった小池義清が、双六小屋への荷継ぎのために、ワサビ平にこの小屋を建設した。2014年(平成26年)より、著名な山岳写真家でもある二代目経営者・小池潜(ひそむ)から継いだ三代目・小池岳彦(たけひこ)が経営。わさび平小屋のほか、同じ山域にある双六小屋・黒部五郎小舎・鏡平山荘の各山小屋も小池がオーナーを務める。
付近はブナの原生林となっている。このブナ林からの湧水を利用した風呂が小屋にあり、宿泊者限定で利用できる。
小屋から10分ほど手前に笠ヶ岳の登山道の笠新道入口がある。飛騨山脈主稜線へは、林道を遡り小池新道から双六小屋方面へ向かう。2005年(平成17年)秋、左俣谷から奥丸山へ登る登山道が新設された。これにより、わさび平小屋を利用して、奥丸山から中崎尾根を経由して槍ヶ岳に至るルートが新たにできた。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「わさび平小屋」 に関連する記録(最新10件)

槍・穂高・乗鞍
  24    29 
2017年11月10日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  74     90  15 
2017年11月05日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  26    15 
2017年10月31日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  91     121  2 
2017年10月26日(日帰り)
甲信越
  7    1 
2017年10月17日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  106     80  2 
yuichis, その他1人
2017年10月14日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  103    22  6 
2017年10月10日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  80    21  2 
mobi, その他2人
2017年10月10日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  29    15  2 
2017年10月10日(2日間)
未入力
  
2017年10月09日(日帰り)
ページの先頭へ