また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

双六小屋(すごろくごや)

最終更新:recokun

双六池そばの水が豊富な山小屋

"双六小屋"
"双六小屋"

営業期間

7月中旬〜10月中旬

宿泊

1泊2食:13,000円
1泊3食(お弁当付き):14,200円
※高校生1,500円引き、中学生3,000円引き、小学生5,000円引き、幼児無料(添い寝)

個室
2名個室 宿泊料金:15,000円
2〜3名個室 宿泊料金:14,500円(3名利用)、18,000円(2名利用)
3〜4名個室 宿泊料金:14,000円(4名利用)、16,500円(3名利用)

5名以上 個室料金:5,000円(※確約なし)
2段別途式半個室 個室料金:1,000円(1名利用、※確約なし)

テント場
2,000円

設備

談話室、乾燥室、更衣室、自炊室、公衆衛星電話、夏山診療所、冬季避難小屋

喫茶・売店

喫茶
生ビール、ホットコーヒー、紅茶、ホットミルク、ホットカルピス、各種ケーキ
軽食10時〜15時
双六ラーメン、カレーライス、山菜うどん、皿うどん、カルビ丼、おでん

予約方法

電話(双六小屋事務所)、HP

連絡先

住所:〒506-0052岐阜県高山市下岡本町2911-20 双六小屋事務所
電話:0577-34-6268(双六小屋事務所、9:00〜18:00)、090-3480-0434(山小屋、7:00〜19:00)
HP:双六小屋

特徴

"双六小屋前より鷲羽岳を望む"
"双六小屋前より鷲羽岳を望む"

双六岳と樅沢岳の鞍部にある水の豊富な山小屋です。小屋やテント場からは鷲羽岳や水晶岳、笠ヶ岳を眺めることができます。

"双六小屋:夕食の一例"
"双六小屋:夕食の一例"

夕食はサクサクの天ぷらが頂けます。連泊の場合は生姜焼きに変更してくれる計らいもあります。
更新日:2022/7/19
基本情報
標高 2550m
場所 北緯36度22分10秒, 東経137度36分06秒
カシミール3D
・裏銀座と小池新道の合流点・夏山診療所併設・1935年開業

【連絡先】0577-34-6268
【HP】http://www.sugorokugoya.com/sugoroku/shokai/sugoroku_shokai.html
分岐
テント場 100張り、砂・土
山小屋 150人
トイレ
水場 無料の給水施設
食事 (喫茶)生ビール、コーヒー、ミルク、おでん、カレーライス、ラーメン、うどん など
展望ポイント 鷲羽岳、双六池

山の解説 - [出典:Wikipedia]

双六小屋(すごろくごや)は、岐阜県高山市の双六岳と樅沢岳の鞍部にある山小屋。中部山岳国立公園内の飛騨山脈主稜線のルート上にあり、新穂高温泉方面の小池新道と笠ヶ岳からの稜線ルートとの交差点となっているため、利用者が多い小屋である。
2014年(平成26年)より、著名な山岳写真家でもある二代目経営者・小池潜(ひそむ)から継いだ三代目・小池岳彦(たけひこ)が経営。小池はこの小屋の他に、わさび平小屋、鏡平山荘、黒部五郎小舎も経営している。小屋の北側は見晴らしが良く、鷲羽岳を間近に望める。小屋の南側の広い平坦な場所には、双六池があり、その北側がキャンプ指定地となっている。標高2,550 mのハイマツ帯で、多くの高山植物が見られる。また周辺のハイマツ帯にはライチョウが生息している。

付近の山

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

「双六小屋」 に関連する記録(最新10件)

槍・穂高・乗鞍
  38     58 
2022年12月03日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  34    108 
2022年11月12日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  27    16 
2022年11月12日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  88    46 
2022年11月09日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  36    46 
2022年11月05日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  4    8 
2022年11月05日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  74    235  2 
2022年11月05日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  52     55 
2022年10月29日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  46    6 
2022年10月24日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  59     27 
2022年10月22日(2日間)
ページの先頭へ