また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

双六小屋(すごろくごや)

最終更新:komadori
基本情報
標高 2550m
場所 北緯36度22分10秒, 東経137度36分06秒
・裏銀座と小池新道の合流点・夏山診療所併設・1935年開業

【連絡先】0577-34-6268
【HP】http://www.sugorokugoya.com/sugoroku/shokai/sugoroku_shokai.html

【電話】携帯電話各社: 不可 公衆電話: あり
分岐
テント場 60張り・500円/人、砂・土
山小屋 200人・8800円(1泊2食)、6月中旬〜10月下旬
トイレ
水場 無料の給水施設
食事 (喫茶)生ビール、コーヒー、ミルク、おでん、カレーライス、ラーメン、うどん など
展望ポイント 鷲羽岳、双六池

山の解説 - [出典:Wikipedia]

双六小屋(すごろくごや)は、岐阜県高山市の双六岳と樅沢岳の鞍部にある山小屋。中部山岳国立公園内の飛騨山脈主稜線のルート上にあり、新穂高温泉方面の小池新道と笠ヶ岳からの稜線ルートとの交差点となっているため、利用者が多い小屋である。
2014年(平成26年)より、著名な山岳写真家でもある二代目経営者・小池潜(ひそむ)から継いだ三代目・小池岳彦(たけひこ)が経営。この小屋の他に、わさび平小屋、鏡平山荘、黒部五郎小舎を経営。小屋の北側は見晴らしが良く、鷲羽岳を間近に望める。小屋の南側の広い平坦な場所には、双六池があり、その北側がキャンプ指定地となっている。標高2,550mのハイマツ帯で、多くの高山植物が見られる。また周辺のハイマツ帯にはライチョウが生息している。月刊「山と渓谷」2016年1月号の特集で「泊まってよかった山小屋」第2位を獲得。

付近の山

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

「双六小屋」 に関連する記録(最新10件)

槍・穂高・乗鞍
  21    46 
2019年11月23日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  89     130 
2019年11月22日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  60    92 
2019年11月09日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  62     55  16 
2019年11月09日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  130    100 
2019年11月07日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  31    35 
2019年11月04日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  42    24 
2019年11月03日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  33   24 
2019年11月02日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  81    26 
2019年11月01日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
   1 
2019年10月31日(日帰り)
ページの先頭へ