ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 双六岳

双六岳(すごろくだけ)

最終更新者 Yamaotoko7
基本情報
標高 2860m
場所 北緯36度22分18秒, 東経137度35分13秒
山頂
展望ポイント

双六岳の日の出・日の入り時刻

02/23(木) 02/24(金) 02/25(土) 02/26(日) 02/27(月) 02/28(火) 03/01(水)
日の出 6時19分 6時18分 6時17分 6時15分 6時14分 6時13分 6時11分
日の入り 17時48分 17時49分 17時50分 17時51分 17時52分 17時53分 17時54分

双六岳 (標高2860m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
-11.8
平均気温
-15.2
最低気温
-21.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 4.3 時間/日
降水量 5.5 mm/日
最深積雪 155 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

双六岳(すごろくだけ)は、長野県大町市と岐阜県高山市にまたがる飛騨山脈の裏銀座の主稜線に位置する標高2,860 mの山である。双六岳を含む飛騨山脈の主な山域は1934年(昭和9年)12月4日に中部山岳国立公園の指定を受けている。花の百名山、ぎふ百山、新高山市100景の一つに選定されている。
北側には飛騨山脈の主稜線が延び、三俣蓮華岳で立山連峰が後立山連峰へと延びる主稜線から分岐する。この山頂で稜線は東南東に向きを変えて槍ヶ岳、穂高岳へと主稜線が続き、東南東の隣のピークの樅沢岳から南西に分岐した稜線が弓折岳を経て笠ヶ岳へと続く。また、新穂高温泉からの1955年(昭和30年)に開設された小池新道の先には、双六岳と樅沢岳との鞍部がある。各方面からの登山道が交差する要所にあり、双六小屋がある。
双六岳は椀を伏せたような緩やかな高原状の山体で、山頂は砂礫の台地となっていて周氷河地形の線状構造土が見られ、その上に浮かぶ槍ヶ岳と穂高岳の展望地である。日本で44番目に高い山。山頂には二等三角点が設置されている。点名は「中俣岳」、所在地は岐阜県高山市大字金木戸字中俣岳695番地

付近の山

この場所に関連する本

「双六岳」 に関連する記録(最新10件)

槍・穂高・乗鞍
  143     144  2 
2016年10月27日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  36    43 
2016年10月23日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  54     42  2 
2016年10月20日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  29     23 
2016年10月15日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  98     31  4 
2016年10月15日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  113    35  6 
2016年10月15日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  17    17 
2016年10月15日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  37    57 
2016年10月15日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  89    51  8 
2016年10月14日(日帰り)
ページの先頭へ