ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 963920 全員に公開 ハイキング道東・知床

羅臼岳

日程 2016年09月18日(日) [日帰り]
メンバー masyu0819
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ホテル地の涯に前泊。
宿泊者だったので、駐車スペースは確保されていたが、宿泊者以外の駐車スペースは30台も停められず、路肩駐車の列が続いていた。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間36分
休憩
1時間19分
合計
8時間55分
Sホテル地の涯05:0505:08木下小屋06:37弥三吉水 天場06:4206:51極楽平07:34銀冷水 天場07:57大沢08:35羅臼平09:23羅臼岳直下の岩場10:00羅臼岳10:3411:02羅臼平11:30大沢11:50銀冷水 天場12:32極楽平13:16弥三吉水 天場13:5613:56木下小屋14:00ホテル地の涯14:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ヒグマ対策として、知床自然センターで熊スプレーをレンタル。1日1000円。ヒグマ対策の説明もあり。
コースは親切な整備がされている印象で、道は分かりやすく、適度な距離にポイントがあるので位置も把握しやすかった。
トイレブースは新しくきれい。携帯トイレを設置して利用する洋式なのでありがたい。嫌なにおいもしない。
山頂と直前の岩稜地帯は要注意。浮き石は少ないが、岩の隙間が広く多い箇所や崖の淵があるので、慎重にコースを選びたい。
その他周辺情報ホテル地の涯、木下小屋、ウトロ市街、と温泉には困らない。
食料などの買い物は、ウトロ市街から先に進むとコンビニやスーパーはないので、街で済ませておくこと。
ホテル地の涯では、朝食のかわりにお弁当を用意してくれた。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ
共同装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック

写真

木下小屋。
ここの横に登山口と登山届けの投入箱がある。
2016年09月18日 14:03撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木下小屋。
ここの横に登山口と登山届けの投入箱がある。
風雪の影響か?
ダケカンバは横にのびている。
途中、頭上注意。
2016年09月18日 06:36撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風雪の影響か?
ダケカンバは横にのびている。
途中、頭上注意。
風雪の影響か?
ダケカンバは横にのびている。
途中、頭上注意。
2016年09月18日 06:47撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風雪の影響か?
ダケカンバは横にのびている。
途中、頭上注意。
紅葉はまだ少し早い。
2016年09月18日 07:23撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉はまだ少し早い。
ここを登りきれば羅臼平。
2016年09月18日 08:06撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登りきれば羅臼平。
フードロッカー。
2016年09月18日 08:51撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フードロッカー。
チングルマ。
2016年09月18日 09:23撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ。
頂上直下。
2016年09月18日 09:46撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下。
着いたらギリギリ雲海の山頂。
他に雲の上から頭が見えている山はない。
ここが、道東の最高峰。
2016年09月18日 10:18撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いたらギリギリ雲海の山頂。
他に雲の上から頭が見えている山はない。
ここが、道東の最高峰。

感想/記録

羅臼岳と言えば、世界自然遺産の知床の中にあって、日本最東端にある日本百名山の1つ。
去年、斜里岳を登った頃から、次は羅臼岳に登りたいと思っていた。
できれば、硫黄岳までの縦走、できれば、山頂から斜里岳を見て感慨にふける。あいにくの天気で、山頂は雲海を突き抜けて青空もちらちら見えたけど、周囲の眺めは雲の下。
ただ、聞いて想像していたより、コースのバリエーションも多くて単調な歩きはないし、日帰りピストンなら気軽に登って帰ってこられる山だと思った。
また次回のリベンジリストに挙げて、再訪機会の可能性がある山に個人的にはなりそう。
次は、天気は良くて、もう少し時間をかけて登れる時に❗
訪問者数:190人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ