ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 985647 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

秋のダイトレ縦走大会

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー tokichiro
天候
アクセス
利用交通機関
電車
橿原方面からのため磐城駅下車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大会中は赤いビブスを着用されたスタッフの方々が随所で立って誘導されていました。
ダイトレコース上は案内板等あります。大会中『順路』掲示もされてました。
特に危険箇所はありません。
春の大会よりゆうあいステーションまでと二上山馬の背まで合わせて30分ほど距離が長いです。
その他周辺情報紀見峠駅前には寺本酒店あります。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

南大阪線磐城駅。最寄り駅から始発電車で来ました。車内には大会参加の方がちらほら居られました。
2016年10月16日 06:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南大阪線磐城駅。最寄り駅から始発電車で来ました。車内には大会参加の方がちらほら居られました。
3
スタート地点當麻庁舎前です。受付は事前受付、当日受付、そしてスタート受付があります。スタート受付でスタンプカードとホルダーをいただきます。皆さん出発準備されてました。
2016年10月16日 06:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点當麻庁舎前です。受付は事前受付、当日受付、そしてスタート受付があります。スタート受付でスタンプカードとホルダーをいただきます。皆さん出発準備されてました。
2
ダイトレの山並が朝日を浴びています。當麻寺駅から大会参加の人達とすれ違います。
2016年10月16日 07:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレの山並が朝日を浴びています。當麻寺駅から大会参加の人達とすれ違います。
1
當麻寺山門です。この15、16両日はだんじり祭り真っ最中です。だんじり見たかったなぁ…
2016年10月16日 07:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
當麻寺山門です。この15、16両日はだんじり祭り真っ最中です。だんじり見たかったなぁ…
1
當麻寺薬師堂です。いつもは當麻寺内を通るため薬師堂は知らなかったです。
2016年10月16日 07:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
當麻寺薬師堂です。いつもは當麻寺内を通るため薬師堂は知らなかったです。
1
二上山馬の瀬です。最初ここまでが本当にキツかったです。皆さんひと息付いてられました。
春の大会では祐泉寺を左折れし岩屋峠直進ルートなので幾分楽に感じました。
2016年10月16日 07:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二上山馬の瀬です。最初ここまでが本当にキツかったです。皆さんひと息付いてられました。
春の大会では祐泉寺を左折れし岩屋峠直進ルートなので幾分楽に感じました。
1
富田林方面が良く見えます。
ダイトレ上、見晴らしの良い所はそんなにたくさんないんです。
2016年10月16日 07:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富田林方面が良く見えます。
ダイトレ上、見晴らしの良い所はそんなにたくさんないんです。
3
竹ノ内峠から登り直しです。しばらく林道歩きになります。
2016年10月16日 08:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹ノ内峠から登り直しです。しばらく林道歩きになります。
1
平石峠です。
2016年10月16日 08:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平石峠です。
1
岩橋山までに大小合わせて階段5セットほどあります。
2016年10月16日 09:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩橋山までに大小合わせて階段5セットほどあります。
1
岩橋山です。展望は望めません。
2016年10月16日 09:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩橋山です。展望は望めません。
1
時折気持ちの良いトレールを
2016年10月16日 10:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折気持ちの良いトレールを
2
歩いて行きます。
2016年10月16日 10:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いて行きます。
1
大和葛城山手前のわずかに開けたところです。ここまで来ると葛城山まであとわずかとひと安心出来ます。
2016年10月16日 10:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大和葛城山手前のわずかに開けたところです。ここまで来ると葛城山まであとわずかとひと安心出来ます。
4
大和葛城山までに階段大小含めて7セットありました。
2016年10月16日 10:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大和葛城山までに階段大小含めて7セットありました。
2
大和葛城山CPです。10時台に到着出来ました。通過を宣言して金剛山を目指します。
2016年10月16日 11:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大和葛城山CPです。10時台に到着出来ました。通過を宣言して金剛山を目指します。
5
葛城山キャンプ場で豚汁をいただきました。併せておにぎりをひとつ食べました。
2016年10月16日 11:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛城山キャンプ場で豚汁をいただきました。併せておにぎりをひとつ食べました。
4
すすきのつつじ園。遥かな金剛山。秋ですね。
2016年10月16日 11:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すすきのつつじ園。遥かな金剛山。秋ですね。
5
水越峠へは長い下りが続きます。そして金剛山に入場します。
2016年10月16日 11:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠へは長い下りが続きます。そして金剛山に入場します。
1
カヤンボからの登りです。水越峠までの長い下りと長い林道歩きで足が痛み始めました。
2016年10月16日 12:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤンボからの登りです。水越峠までの長い下りと長い林道歩きで足が痛み始めました。
旧パノラマ台から御所方面を見渡します。
2016年10月16日 12:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧パノラマ台から御所方面を見渡します。
2
さっき歩いてきた大和葛城山が望めます。金剛山に比べると少し低く感じます。
2016年10月16日 13:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっき歩いてきた大和葛城山が望めます。金剛山に比べると少し低く感じます。
5
ようやく一の鳥居に着きました。足が痛み最後の登りがキツかったです。金剛山CPではミルクティーをお代わりしました。ゴール宣言しても良かったのですが、最後までやり切るため通過を宣言しました。CPの写真を撮り忘れました。
2016年10月16日 13:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく一の鳥居に着きました。足が痛み最後の登りがキツかったです。金剛山CPではミルクティーをお代わりしました。ゴール宣言しても良かったのですが、最後までやり切るため通過を宣言しました。CPの写真を撮り忘れました。
5
橋本市方面の景色です。
2016年10月16日 14:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋本市方面の景色です。
1
行者杉です。スタッフさんは30分掛けてぜんざいの用意を運ばれたそうです。感謝。
2016年10月16日 15:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者杉です。スタッフさんは30分掛けてぜんざいの用意を運ばれたそうです。感謝。
3
ぜんざいをお代わりしました。浸みます。(T_T)
2016年10月16日 15:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぜんざいをお代わりしました。浸みます。(T_T)
2
西の行者堂から山の神へは最後の長い下りが続きます。足は悲鳴を上げてますが、辞める訳にはいきません。
2016年10月16日 16:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の行者堂から山の神へは最後の長い下りが続きます。足は悲鳴を上げてますが、辞める訳にはいきません。
3
ゴール紀見峠駅到着です。スタッフの方々に拍手で迎えていただき完走しました。朝から晩まで少しの休み以外は歩き通しの一日でした。
2016年10月16日 18:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール紀見峠駅到着です。スタッフの方々に拍手で迎えていただき完走しました。朝から晩まで少しの休み以外は歩き通しの一日でした。
8
久しぶりに難波駅ナカ豊祝さんでひとり反省会です。
2016年10月16日 19:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに難波駅ナカ豊祝さんでひとり反省会です。
9
撮影機材:

感想/記録

まずたくさんのスタッフの方々とボランティアの方々ににお礼を申し上げます。
朝早くから晩まで一日お世話になりありがとうございました。
暗くなってくると赤色点滅灯を点灯して誘導していただいたり、随所で声掛していただきありがとうございました。本当に心温まる大会だと感じました。

今年の春の大会は9時間少しでゴールしたので今大会も同じくらいでゴールしたいと思っていました。結果は惨敗でしたが、大きなケガもなく皆さんに迷惑を掛けることもなく最後までやり切ることが出来てこれで良かったと思ってます。
金剛山で痛み止めを飲んでホクナリンテープを貼って続行しましたが、九留野峠から紀見峠までの下りについては足を引きづる厳しい道のりになりました。たくさんの方に道を譲りながらも何とか気力だけで歩き通しました。声を掛けて下さった方々本当にありがとうございました。
訪問者数:189人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 馬の背 キャンプ場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ