ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 989989 全員に公開 トレイルラン奥多摩・高尾

川苔山〜曇りだと思って行ったけど晴れた。

日程 2016年10月23日(日) [日帰り]
メンバー sat4
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

ホリデー快速でらくらくアクセス。川乗橋行きバス・臨時便。
2016年10月23日 08:24撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホリデー快速でらくらくアクセス。川乗橋行きバス・臨時便。
3
今日はスタート遅く、9時前。
2016年10月23日 08:46撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はスタート遅く、9時前。
4
思ったより天気がよいです。
2016年10月23日 08:57撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思ったより天気がよいです。
2
さっそく滝が登場!
2016年10月23日 09:20撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっそく滝が登場!
3
コケと水のながれ。
2016年10月23日 09:21撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケと水のながれ。
3
またまた滝。
2016年10月23日 09:25撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた滝。
3
雰囲気最高!です。
2016年10月23日 09:26撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雰囲気最高!です。
6
緑のみちもよいね。
2016年10月23日 09:33撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑のみちもよいね。
5
百尋の滝。大きい。迫力。
2016年10月23日 09:50撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百尋の滝。大きい。迫力。
15
この付近、カエデ多い。しかしほとんど緑葉。
2016年10月23日 10:24撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この付近、カエデ多い。しかしほとんど緑葉。
稜線にでると、きれいな赤!
2016年10月23日 10:43撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線にでると、きれいな赤!
20
少し紅葉の雰囲気あります。
2016年10月23日 10:45撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し紅葉の雰囲気あります。
3
川苔山の山頂に向かいます。
2016年10月23日 10:45撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山の山頂に向かいます。
3
川苔山山頂直下。少し色づきはじめ。
2016年10月23日 10:47撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山山頂直下。少し色づきはじめ。
9
川苔山。山頂付近だけ紅葉。
2016年10月23日 10:49撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山。山頂付近だけ紅葉。
19
山頂からの展望。雲取山。
2016年10月23日 10:48撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの展望。雲取山。
6
川苔山山頂。ここだけ紅葉。
2016年10月23日 10:49撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山山頂。ここだけ紅葉。
4
三ツドッケ。山頂直下が赤く色づいているのが見えます。都県境稜線あたりは見ごろかも。
2016年10月23日 10:56撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツドッケ。山頂直下が赤く色づいているのが見えます。都県境稜線あたりは見ごろかも。
6
三ツドッケ。
2016年10月23日 11:08撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツドッケ。
8
右のあの形といえば、蕎麦粒山。
2016年10月23日 11:10撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右のあの形といえば、蕎麦粒山。
8
振り返って川苔山
2016年10月23日 11:10撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って川苔山
6
大持、小持の方でしょうか? よくわかりませんが。
2016年10月23日 11:10撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持、小持の方でしょうか? よくわかりませんが。
1
赤久縄尾根を下山中。
2016年10月23日 11:18撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤久縄尾根を下山中。
道間違いのため、とぼとぼ登り返しているところ。
2016年10月23日 11:46撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道間違いのため、とぼとぼ登り返しているところ。
林道を直進してしまった。正しくは右の山道。
2016年10月23日 11:51撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を直進してしまった。正しくは右の山道。
古里におりてきました
2016年10月23日 12:27撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古里におりてきました
古里の集落
2016年10月23日 12:28撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古里の集落
古里駅。短時間ですが、楽しい山でした。
2016年10月23日 12:31撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古里駅。短時間ですが、楽しい山でした。
3
電車が来ました。
2016年10月23日 12:44撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電車が来ました。

感想/記録
by sat4

■はじめに
 別プランを考えていましたが、曇りベース+風の予報であったため、当日の朝に断念。奥多摩エリアも曇りベースでしたが、トレーニングとなってしまっても良いか、という感じで行くこととしました。朝にプランを差し替えたので行き先は川苔山とし、比較的短いルートとします。
 実は先日、hirokさんとの山行きの会話のなかで「川苔山はなぜ人気があるのだろう?」という話になりました。正直なところ「三ツドッケとか都県境の山々の方が良いのではないか」というのが話の背景です。「ガイドブックに載っているからでしょ」など話をしているうちに、百尋の滝を通るルートでは登っていないことに気づきました。もしかして人気の秘密はそこに?ということで、百尋の滝経由で行ってみることとします。
 
■川苔山の人気のひみつ
 行ってみて人気のひみつを分析してみました。
 ○沢沿いの道は雰囲気があって飽きない。滝もみごと。
 ○急登は続かない。登りやすい。道も道標も整備され歩きやすい。
 ○川乗橋登山口からの標高差も1000mくらい。
 ○山頂では雲取山などの展望。
 ○人が多くてもしものときに安心。
 △展望がある場所がきわめて少ない。
 △古里、鳩ノ巣におりるルートは長くて単調。
 という感じです。気軽に楽しく登れるので、人気があるのが少しわかったような気がします。ツウは三ツドッケだと思いますが。
 なお、長くて単調な下山路ですが、これがとても走りやすい道でしたので、個人的には△でなくて○でした。

■紅葉のようす
 川苔山は山頂のみ紅葉でした。カエデの木も多かったので、もう少しすると紅葉が楽しめるかと思います。
 三ツドッケの山頂が見えましたが、色づいていました。この時期は都県境の尾根の紅葉がきれいそうです。

■道間違い
 赤久奈尾根ルートは、途中から林道になりますが、桃の木平手前の山道の分岐をスルーして林道をそのままおりてしましました。この分岐のところには指導標は見当たらなく(川苔山方面という指導標はある。それと棒だけになった指導標の跡はある)注意が必要です。
訪問者数:432人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/11
投稿数: 753
2016/10/23 21:03
 川苔山
僕もどうして人気なのか、いまいちわかりませんでした(笑)
特に川乗橋からのルートは・・・?
三ツドッケから降りてきたとき、 がドーンで
ようやく良さが分かった気がしました
登録日: 2011/8/26
投稿数: 2001
2016/10/23 22:04
 なるほど
sat4さん、こんばんは

ピンチヒッターで川苔山でしたか!
しかも百尋ノ滝経由。
滝は一つだけでなく、たくさんあるんですね。
しかも飽きないとは、魅力的な感じです。
それにしてもバスの人の数にびっくりです。
最近、人がほとんどいない山が続いているので、
奥多摩人気(川苔山人気?)はすごいですね。

No1:三ッドッケ、No2:鷹ノ巣山、No3:雲取山
の順位を覆せるか、私も試してみます。
カエデが多いということは秋がいいのでしょうが、
秋は行くところが多過ぎて。。。
登録日: 2011/3/28
投稿数: 2235
2016/10/23 22:48
 日曜は晴れ間?
sat4さん、こんばんは。

今日はソコソコ晴れ間が出たようですね。
私も土・日ともに曇りベースかなと思って、紅葉山行は見送りました。
1000m級も来週あたりからは楽しめそうな感じでしょうか。

川苔山の人気は、やはり川乘橋からのルートなんでしょうね。
滝があって、自然林の緑もきれいで・・・

今回はトレーニング覚悟で出陣でしたか。
トレーニングだと奥多摩駅から本仁田山・鋸尾根経由川苔山、
そして、古里駅に下山するのもなかなか良いと思います。
最近、本仁田山の頂上が伐採で眺めが良くなったらしいですね。
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1272
2016/10/24 23:06
 Re: 川苔山
cyberdocさん、こんばんは。

ガイドブックの影響は大きいのではないでしょうか。
山を始めた人向きと紹介されてますので、まず登るのでしょう。
滝とかの雰囲気が楽しめるのでグループでくるのもありかと思います。

三ツドッケのあたり、紅葉が見えたので、良さそうでした。
ヨコスズ尾根も、もう少しすると、いい感じかもしれません。
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1272
2016/10/24 23:18
 Re: なるほど
hirokさん、こんばんは。
早速いってきました。
川乗橋行きの臨時便で満車ですから、人多いですよ。

展望がほとんどないのでhirokさん向きかどうか?ですが、
滝とか、木々の雰囲気は悪くないです。
稜線直下のところ、カエデ類多く、まだ全部緑葉でした。
期待できるかも。です。

展望は三ツドッケの圧勝でしょう。
ヨコスズ尾根とか、これからの時期よさそうです。
総合的に見ると、ベスト3までには....

鷹の巣が2位ですか。
稲村尾根を登ったことないので、
そっちも行ってみようと思います。
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1272
2016/10/24 23:26
 Re: 日曜は晴れ間?
yamaheroさん、こんばんは。

午前中は晴れてました。
曇りベースと思ってトレーニングでもOKのつもりで行きましたが、ラッキーでした。
本仁田山から川苔山。次はこのルートでチャレンジしてみます。
本仁田は展望ありですか!? 全く期待していませんでした。
しかし急登がきつそうで、本当にトレーニングになりそうです。

1000mくらいのカエデ類。きれいな緑。
「今年の高山のナナカマド」のように枯れ葉になっていません。
この先、寒気が断続的に入る予報ですので、
いい色になると期待したいところです。
登録日: 2009/5/12
投稿数: 6021
2016/10/25 15:20
 川苔山の人気
sat4さん、こんにちは。

土曜日はお仕事だったのですね。(でもしっかり赤久縄山(笑))

奥多摩の紅葉ですが、知っている範囲だと蕎麦粒山からウトウノ頭
あたりが一番だと思っています。あと、バリですが、春に歩いた
大平山周辺も良さそうです。(今年行きたいとも思ったのですが、
別の候補もあり、来年以降か。。。)

川苔山の人気ですか。あまり考えたことがなかったですが
楽しい話題です。確かにあまり決め手がないかもしれませんね。
三ツドッケはバス利用メインになりますが、川苔山はJRの各駅
からも登れるため、色々な登山口から登ってきた山頂は結果として
混雑しているとか。長沢背稜の山は本格的?な気がして人に
よっては敷居が高く感じるといった気持ちの問題とか。
あまりロングを歩かない人でもバスでスタートして、JRの駅へ
下りるなど、コースのバリエーションを作り易いとか。(三ツドッケ
だとピストンになる)

だらだらと、すみません。
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1272
2016/10/25 21:51
 Re: 川苔山の人気
youtaroさん、こんばんは。
土曜日はあっち方面に仕事だったんで、立ち寄ってみました。

youtaroさんのおすすめだと、
タワ尾根をのぼってヨコスズ尾根を下るのが紅葉ルートですね。
youtaroさんの行った、シロヤシオの頃でもよさそうなんで、
来年の春か秋か、候補に入れます。

川苔山の人気のひみつ。
なるほと、確かに長沢背稜は上級者のイメージあります。
三ツドッケ以西は私も行ったことないですし。
敷居が高い感じ、わかります。
アクセス面でも帰りが鉄道駅というのはポイント高いですね。

人の多い山、少ない山、2極化してますね。
登録日: 2015/4/30
投稿数: 275
2016/10/26 0:57
 トレッキングとは違った楽しみ方でのトレランの醍醐味
sat4さんこんばんは☽
川苔山山頂で、ベンチの隣でエグイ昼食食べていた者です

トレランで、川苔山を訪れていたのですね!
自分、まだトレランは、ヘタレ鈍足炸裂ですが、sat4さんが走られたルート、いつかしてみたいと思いました

長沢背稜、いいですよね、あのボッチ感がなんとも!
昨年10月に、埼玉県側のさわらびの湯から、棒ノ折山〜三つドッケ〜酉谷山〜雲取山~三条ノ湯〜丹波山村まで縦走したことがあるのですが(この頃はまだヤマレコに記録を付けてませんでした)、川苔山からあの稜線がよく見えましたので、また行きたくなりました

ちなみに自分、百尋ノ滝、今回3回目です。なかなかいいですよね〜
ただ、前回は、埼玉県側の名郷から、蕨山〜有間尾根〜川苔山、でしたので、日没後ヘッデン下山で、せっかくの景観のがしてしまいまして…今回はそのリベンジでもありました
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1272
2016/10/26 20:34
 Re: トレッキングとは違った楽しみ方でのトレランの醍醐味
machagon こんばんは。

長沢背稜行かれたのですね。いいですね。。
私は三ツドッケまでしか行ったことがなく、
ぜひ、行ってみたいところです。

トレランですが、もともと普通のハイカーなんで、登りはほぼ歩きです。
しかし、下りを走るのはとても便利なんです。
杉林の単調な下山道でも、長〜い林道でも、走るセクションと思えば楽しいですし、
なんといっても、早く到着します。

なので、今回の川苔山のように、登りは歩いて百尋の滝とか沢の雰囲気を楽しんで、
下山は杉林のなかを一気にくだるなんていうルート取りは、ちょうど良いのだと思います。

またどこかの山で、カップ麺をたべているのを見かけましたら、声をかけてみます(笑)
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7689
2016/10/28 17:56
 sat4さん、
川苔山でさえ、随分と紅葉してきましたね。
先週、三ツドッケを歩いた際は、まだまだ先だと思っていましたが、季節が移ろうのは速いですね。

その三ツドッケ、三つの尖がりがあるから三ツドッケと言うのだと、写真を拝見してよ〜っく分かりました。

25、引っ掛かりましたね。
拙者も、何気なく右を見たら「古里駅⇒」の道標(看板)があったのでビックリしました。
あの林道(作業道)、直進しても引返すしかないんですか?
でも、赤久奈尾根ルートは長いですね・・・後半、脚が攣りそうになりました。

川苔山人気、登りやすい・山頂が広い・滝がある・駅に直接下れる・・・辺りが人気要素でしょうか?
東日原まで行くと、ハイキングではなく登山と言う感じがします。

  隊長
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1272
2016/10/28 18:57
 Re: sat4さん、
yamabeeryuさん、こんばんは。
今週末、寒くなってきましたので、
奥多摩の紅葉も佳境でしょうか。

看板ありました?
戻った2どめのときも気づきませんでした。
林道は、けっこう下ってしまったので
そのまま行こうとも考えたのですが、
やっぱり土の道が良いということでもどりました。
あの林道、たぶん大丹波川に降りれると思います。

川苔にんき。やはり、手軽さと滝なんでしょうね。

*yamabeeryuさんのレコ、改めてみると、道標ありますね。反省。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 紅葉 山行 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ