ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 994376 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

イブネ〜クラシ〜銚子〜雨乞岳〜七人山(武平峠から)

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー sht
天候晴れ朝方は時々曇り・・日中はカラッとしたまさに山日和♪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
武平トンネル滋賀県側の駐車場を利用・・6時前の到着時はまだ余裕あり(下山時は、スカイライン各駐車場満車状態で路駐も多数あり)


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
36分
合計
7時間6分
S武平トンネル西登山口06:1506:47沢谷峠06:57クラ谷分岐06:5807:51コクイ谷出合07:5308:14小峠09:00イブネ北端09:0609:20クラシ09:2109:38チョウシ09:3909:51クラシ谷源頭部10:02イブネ北端10:08イブネ10:1010:20佐目峠10:35杉峠の頭10:44杉峠10:4811:13雨乞岳11:2411:35東雨乞岳11:4011:57七人山のコル12:03七人山12:0612:47クラ谷分岐12:56沢谷峠13:21武平トンネル西登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回のコースの内、クラ谷分岐〜コクイ谷出合と小峠への取付き〜イブネ北端が、山高地図の破線道あるいはコースとして載っていない道です・・とはいえ、テープマークや踏み跡はあるので、それを丹念に辿って行けばOKでした

1ヶ所判りにくかったのは、コクイ谷出合から杉峠方面に少し進んだ地点から小峠方向に取付く辺り・・小峠の方向を意識しつつ、沢沿いを探してテープマークを見つけました

小峠〜イブネ北端は明瞭な尾根上の踏み跡やテープマークもあり

その他では、イブネ〜クラシ間で苔を踏まないコース取りに気をつける位(先行者について行ったら苔に囲まれてしまい、皆で戻ってコース修正)で、特に危険個所や迷う所はありませんでした

過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

武平トンネル西側の駐車場から登山口へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平トンネル西側の駐車場から登山口へ
1
登り始めからじきに鎌ヶ岳の展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めからじきに鎌ヶ岳の展望
1
近いだけに中々凛々しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近いだけに中々凛々しい
2
樹間から日が射してきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から日が射してきました
2
コクイ谷分岐に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コクイ谷分岐に到着
1
気を引き締めて進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気を引き締めて進みます
1
マーキングを確認しつつ慎重に進みますが、(たぶん鈴鹿通の方には鬱陶しい位)テープが多くて殆ど問題ありませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マーキングを確認しつつ慎重に進みますが、(たぶん鈴鹿通の方には鬱陶しい位)テープが多くて殆ど問題ありませんでした
1
沢沿いの気持ちの良い道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの気持ちの良い道
1
色づきも始まっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づきも始まっています
2
淵の水も澄んでいてきれい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淵の水も澄んでいてきれい
2
いい色も時々あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい色も時々あり
6
渡渉は数々ありましたが、ここだけは少し慎重に・・靴が濡れるような渡渉は本日ありませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉は数々ありましたが、ここだけは少し慎重に・・靴が濡れるような渡渉は本日ありませんでした
1
鈴鹿の奥深さを感じるルート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿の奥深さを感じるルート
3
色鮮やかです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色鮮やかです
2
コクイ谷出合から杉峠方面へ・・ここには木橋あり(写真左中)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コクイ谷出合から杉峠方面へ・・ここには木橋あり(写真左中)
1
これから登って行く上部は色づきが良さそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登って行く上部は色づきが良さそう
3
ここから小峠への取付きを探します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから小峠への取付きを探します
1
本日一番判りにくかった部分でしたが、慎重に探してテープを発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日一番判りにくかった部分でしたが、慎重に探してテープを発見
3
小峠に到着し〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小峠に到着し〜
2
そこからは明瞭な尾根上の踏み跡でテープマークもあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこからは明瞭な尾根上の踏み跡でテープマークもあり
1
東雨乞〜雨乞岳が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞〜雨乞岳が見えてきました
1
色づきと東雨乞岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づきと東雨乞岳
7
南東尾根を登り切ってイブネ北端に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東尾根を登り切ってイブネ北端に到着
3
釈迦ヶ岳が正面に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳が正面に
1
苔ワールドが素晴らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔ワールドが素晴らしい
4
国見岳〜御在所岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見岳〜御在所岳
1
クラシ山頂への苔の道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラシ山頂への苔の道
7
霊仙山〜伊吹山〜御池岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊仙山〜伊吹山〜御池岳
2
クラシ山頂に到着・・ここは展望がありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラシ山頂に到着・・ここは展望がありません
2
一本木がピークだと思っていましたが、これがクラシ山頂でした(中央奥の樹林ピーク)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本木がピークだと思っていましたが、これがクラシ山頂でした(中央奥の樹林ピーク)
4
クラシの苔は鈴鹿の宝の1つですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラシの苔は鈴鹿の宝の1つですね
3
色づきと鎌尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づきと鎌尾根
3
次は初の銚子へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は初の銚子へ
1
ここはアッサリとピークに到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはアッサリとピークに到着
2
色づきが良くて華やぐ登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づきが良くて華やぐ登山道
1
鈴鹿最高峰の御池岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿最高峰の御池岳
2
百名山の伊吹山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百名山の伊吹山
1
その左に鈴鹿最北の霊仙山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その左に鈴鹿最北の霊仙山
1
快適気候に加えて光もあってサイコーに気分がいいトレッキング♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適気候に加えて光もあってサイコーに気分がいいトレッキング♪
3
テン泊が気持ちよさそうなイブネ山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン泊が気持ちよさそうなイブネ山頂
1
次は本日メインの雨乞岳へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は本日メインの雨乞岳へ
3
こちらは綿向山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは綿向山
2
杉峠ノ頭付近もきれいに黄葉していました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠ノ頭付近もきれいに黄葉していました
1
色づきと雨乞岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づきと雨乞岳
1
山腹もカラフル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山腹もカラフル
1
杉峠に到着し〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠に到着し〜
1
急登を山頂へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を山頂へ
1
笹の道から〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の道から〜
1
池を過ぎて〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池を過ぎて〜
2
本日メインの雨乞岳山頂に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日メインの雨乞岳山頂に到着
6
この後進む東雨乞岳と奥に御在所岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後進む東雨乞岳と奥に御在所岳
2
鎌が凛々しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌が凛々しい
3
釈迦ヶ岳と多度山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳と多度山
1
雨乞岳の稜線を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳の稜線を振り返る
2
お昼時で賑わう東雨乞岳に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼時で賑わう東雨乞岳に到着
3
国見岳〜御在所岳が近くて迫力・・その下にはこの後登る七人山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見岳〜御在所岳が近くて迫力・・その下にはこの後登る七人山
3
ウッスラと御嶽山も遠望できました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウッスラと御嶽山も遠望できました
1
日本コバ〜銚子〜イブネ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本コバ〜銚子〜イブネ
2
鎌ヶ岳が一番印象的でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳が一番印象的でした
3
色づきの道から〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づきの道から〜
本日最後のピーク七人山へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日最後のピーク七人山へ
1
下山は色づきに引かれてショートカットしましたが、却って時間がかかりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は色づきに引かれてショートカットしましたが、却って時間がかかりました
1
下山のクラ谷は一般道で問題ありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山のクラ谷は一般道で問題ありません
ほぼ計画タイムで武平トンネル駐車場に下山・・条件に恵まれて大満足のトレッキングでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ計画タイムで武平トンネル駐車場に下山・・条件に恵まれて大満足のトレッキングでした

感想/記録
by sht

本日は秋晴れに恵まれそうで、アクセスの良い鈴鹿に向かいました。
メインターゲットは雨乞岳で、コクイ谷〜イブネ北端南東尾根のバリ道を経由して鈴鹿の奥座敷・イブネ〜クラシ〜銚子も歩きました。

気を引き締めたのが破線道のコクイ谷ルート。
実際、テープマークのある側の岸でないと高巻道等での通過ができないので、一般道よりは時間がかかった感じでした。

ただ、テープやケルンを丹念に追って行けば心配されたほどの難路ではなく、鈴鹿通の方には鬱陶しく感じられる位テープが多かったと思います。(自分的には大変助かりましたが)

そしてコクイ谷以上に判りにくかったのが小峠への取付きでした。
慎重にマーキングを探してその部分をクリアすると、小峠以後は明瞭な尾根道または一般道となり、スムースに歩けました。

この日は、何しろ素晴らしい秋晴れに恵まれてカラッとした快適な気候で、気分爽快に歩けたトレッキングでした。鈴鹿の奥座敷・イブネ〜クラシでは苔の絨毯が見事で、時期的な木々の色づきも加わって大満足の山行となりました。

訪問者数:403人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ