また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > kohmoto4さんのHP > 日記
2018年08月08日 20:05未分類レビュー(精密機器)全体に公開

ログ取得用にランニングウォッチ「EPSON J350B」を使用してみた。

今まで、ログをとるのに、スマホに導入した「山旅ロガー」を使用していたのですが、
これだと、ログの取得、写真撮影、ヤマレコへのアップロードがスマホ1台で完結するため、非常に便利である反面、
電池が持たない、曇だとGPSをロストしたり湿気が高いとスマホがフリーズしたりして正常にログが取得できない事が多い難点があったため、別の手段を検討することとしました。

最初は、専用のGPSロガーにしようと思ったのですが、いまいち、稼働時間が短い(15時間程度)ものが多い。
あと、持ち歩くアイテムを増やしたくもなかったので(性格的に何かと兼ねるのが大好き)、今まで利用していたプロトレックに変えてランニングウォッチを使用することとしました。

プロトレックの高度は気圧換算なので、GPS内蔵のランニングウォッチであれば正確な高度が計測可能になる半面、
GPSと引き換えに、気圧計、方位計、温度計の機能が無くなることになります。

気圧計は行動中は気圧変化以上に激しく高度が変わるので、あまり参照する機会が無い。
温度計は腕に付けている以上、体温の影響を受けるので、正確な気温は測定困難。
方位計はスマホで地図に現在位置を表示すれば何とかなる。

と言う訳で、自分の登山スタイルではこれらの機能は活用できていないため、やや一般的では無いですがプロトレックは普段使いとして、
登山の際は(当然ですがランニングの練習の際も)ランニングウォッチを使用することとしました。
気圧計は、どちらかと言えば会社にいる最中とか高度が変わらない普段使いの方が天候の予測に役立つような気がします。

購入したのは「EPSON J350B」です。
GPS計測で36時間、同時に心拍を計測しなければ50時間の長時間稼働に加え、電子ペーパ技術で画面の視認性が非常に良い事が購入のポイントとなりました。
充電は週1回、風呂に入っている時間程度で充分です。
時計機能だけであれば60日間使用可能です。

以下「山旅ロガー」との比較ですが、メリットは、
.好燹璽困GPS補足が可能。計測開始まで時間が短縮できる。計測結果も正確。
▲好泪曚療展擦里發繕餽隋▲侫蝓璽困魑い砲靴覆て良くなった。
9堝庵罎法高度、累積距離、スプリットなど、各種情報の閲覧が可能。
ぅ好泪曚パソコンと連動すれば各種データの閲覧が可能。
と言ったところでしょうか。

い砲弔い討蓮△世ら何かが変わると言う訳でもないのですが、自分の行動(体力)が数値で見てとれる事で、
行動可能範囲の可視化、体力強化のモチベーションにつながるであろうと言う事で、今後も活用していきたいと思っています。

余談ですが、ランニングウォッチを使用するようになってから、このくそ暑い中、2年ぶりに10kmの自己新を30秒ほど更新できた。
何となく走っているより、走りながらラップを見れたほうが、ペースを保とうとするとか、そう言った効果があるようです。

画像1:夏の日差しでも視認性バッチリ。画面は時刻と高度とスプリットを表示していますが、表示内容は自分でカスタマイズすることができます。
画像2:パソコンと連動して表示した情報画面。スマホでも同様の情報が閲覧可能です。
訪問者数:755人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ