また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ycfbさんのHP > 日記
2016年08月29日 23:55未分類全体に公開

運命

叔父が7月中旬に腹部大動脈瘤破裂で救急車、病院のお世話になった
横浜市内の救急指定病院から川崎の専門病院へ転院して手術、合併症を乗り越えて
幸いにも経過良好で退院した  齢69歳

病気や怪我を防ぐ努力は、当然必要だと思う
しかし人の命は運命に従うしかない
叔父の入院は今一度考えさせられた出来事だった

出血の状況、医師の判断、病院での治療、治療後の経過とすべて順調に推移したから
生還できた
その時間の経過の中で、生と死の分岐はいくらでもあったはず
生還したから運が良かった
もし亡くなっていたら運が悪かった
「運」の一言が必ず主語になる

私も50を過ぎ場面場面で体力の衰えを感じてきた
願わくば元気な身体でまだまだ山に登りたいが、いつ大病を発するかわからないし
不意の怪我をするかもしれない
結局そのときは、運命に従うしかないないのだろうか
運命とは、生を受けたときから決まっているのか、それとも自分で切り開くのか
答えは簡単に出そうもない
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:259人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ