また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ycfbさんのHP > 日記
2019年05月20日 22:43未分類全体に公開

油断

先日、下山中に残雪を踏み抜いて左下腿を負傷した
時間をかけて起き上がり足を確認するも、つま先、膝が動くので
骨折や筋断裂はないと思い、足を引きずりながらもゆっくり下山した(できた)

翌日、仕事を休み病院でレントゲン撮影
骨折はありませんがアキレス腱付近に強いダメージがありますとの診断
後日、MRIを撮影し詳細に検査するそうだ

今回は谷川岳主稜を二日かけて西黒尾根から平標山まで縦走してきた
過去に計画や実行しても天候とのめぐり合わせが悪く縦走ができかったので
今回は二日間天気に恵まれて最高の山歩きができた

平標山から山ノ家へ下るときに、気が緩んだのだろうか
踏み抜きという想像力が欠けていた
腐った雪面がなだらかに続き、目の前に小屋があり飲み物が飲める
快調に下っていたとき、不意に体勢が崩れて一回転した
左足に激痛が走り、しばらく起き上がれなかった

目の前に木道なのか木段なのか、木が見えて隙間に空洞ができていた
「やっちまった」と思っても後の祭り・・
遠くに見えてはいたが、まさかここで踏み抜きか?

もし骨折していたら、もしアキレス腱が切れていたら自力で下山ができなかった
ヤセ尾根や明らかに危険な場所では慎重になるが
今回のような何でもない場所でこそ怪我や遭難は起こりうると改めて思った
山登りにはどうしても危険が伴う
しかし登山中に終始緊張感を保つのは難しい
50台半ばを過ぎ、加齢や体力・心肺能力の低下と不安要素は増える一方だが
経験値だけは確実に上昇していると自負する
せめて同じことを二度と繰り返さないように、また、そこから考えられる
マイナス要素を排除するように、次につなげていかなければならないと思った

【5月24日】
一週間が経ち2回目の診察  MRIで詳細に確認したところ
アキレス腱が切れてますとの予想外の通告
手術か保存の選択を迫られ、保存療法で治療が始まった
今週はシーネで固定して松葉杖、来週にギプス固定で5週間
その後の再断裂のリスクに気をつけながら、リハビリを行うので5〜6か月
今シーズンの登山は・・
仕事はどうするか・・
「油断大敵」の熟語が身にしみる

【6月28日】
前回の撮影から約1か月が経ち2回目のMRI撮影
医師が画像を見ながら説明してくれるが、どれが健なのか?どこが負傷部位なのか?
いまひとつよくわからない
でも「つながってきています」の言葉は嬉しい
来週から装具になりリハビリが始まる
まだまだ油断はできないが早く治ることを祈り、コツコツと焦らず治療を続けていく

【8月2日】
装具を外す  装具はギプスに比べて歩行も楽だし、自宅では外せて快適だった
松葉杖は、装具の装着中は必要なく、自宅内での移動時に使用
1周間くらい前から自宅内では松葉杖なしでも少し歩けた(医師には内緒だが)
仕事も1日から事務職として復帰  歩くのは他の人の半分くらいの速度だが
二足歩行ができるのが嬉しい
8月中旬からリハビリでつま先立ちや片足のバランスも始まる

【9月1日】
この一ヶ月で歩行が飛躍的に伸びた
歩く速度はほぼ元に戻ったが、アキレス腱付近のツッパリ感は変わらない
8月下旬から軽いジョギングを始める
医師からはたくさん運動をしてくださいと
まだ完全復調ではないが、順調に回復していることに感謝

【11月8日】
受傷から24週 6カ月が経過した
6月のMRI以降、画像撮影はしなくて触診で確認してきた
実際、どの程度治っているかはわからないが、専門的知識を持つ医師の言葉を信じて
本日が最後の診察となった
初診以降、治療法が手術か保存かのどちらが良かったかはわからないが
月日が経過して傷も治り、結果として良かったと思う
今となっては、そんなことより怪我をしたことへの後悔が大きい
一番は、家族に迷惑をかけた
経済面、労力、それに伴う精神的負担は大きなものと思う
二番は、職場への影響
職業柄人数の確保が必須で、長期間に渡り迷惑をかけてしまった
そして三番目は自身
6、7、8、9月と山登りの最盛期を自ら手放した
これからも登山は続けていくだろが、加齢に伴う体力や気力を考えて計画していきたい
年月とともに記憶は薄れていくだろうけど、今回の怪我による後悔を忘れないように
自身への戒めとして日記にした
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:181人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2011/9/30
投稿数: 2165
2019/5/21 9:43
 RE: 油断
ycfbさん大変でしたね💦
骨折や筋断裂でなくて良かったです(MRI結果待ちでしょうが)
春の雪原下には色々な危険が待ち受けています
日帰りと違い荷も重く、片足に全重量が乘りますからね
歩行可能で自力下山できたのが幸いでした。
夏に向かい早く回復されることを祈ります。

身を張ってまで経験値を揚げないようご自愛ください
登録日: 2009/7/18
投稿数: 136
2019/5/21 20:10
 RE: 油断
ご心配をかけてすみませんでした

私が怪我する分には、趣味での受傷なので致し方ないことですが
仕事する上で仲間に迷惑をかけるのが本当に忍びない気持ちです
事務職なら問題ないことでも、今の仕事の性質上足手まといになりますので・・
ここは、足の回復力に託すしかありませんので焦らず治します

経験値は自然に身につくもの、振り返り学習するものと思いますので
今後も今まで以上に慣れや楽観的にならぬように注意します
ありがとうございました


ページの先頭へ