また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > katatumuriさんのHP > 日記
2019年02月11日 21:38ひとりごと全体に公開

恐るべしインド映画

 昨年から4本インド映画を見た。それまでインド映画はマハラジャとか派手な踊りとのイメージが強く、観たことがなかった。
「きっと、うまくいく」「ダンガル きっと、つよくなる」「パッドマン」 そして本日観てきた「バジュランギおじさんと小さな迷子」
すべてが観客を笑わせ、惹きつけ。最後に涙させるというエンターテインメント要素いっぱいの映画だ。4本見て4本とも最後に涙が流れた映画はそうあるものではない。複雑な内容や技巧云々よりも観るものを楽しませてくれる映画が一番と考えている。それは山も同じでたとえ標高が低くても危険なく山頂で素晴らしい景色が味わえる山が一番だと思っている。
訪問者数:98人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2014/8/1
投稿数: 2511
2019/2/11 22:11
 RE: 恐るべしインド映画
katatumuriさん こんばんは

初めまして、埼玉のchiiと申します。昔のインド映画というと
話の筋を無視した大人数のダンス…のイメージでした。でも、
地元の小さな映画館で見たインド映画が素晴らしく、それ以来
インド映画に好印象を持っています。観た映画の名前を忘れて
しまったのですが、社会的な成功は本当に幸福なのか?という
テーマだったと思います。もっとインド映画が紹介されても…
良いのではないか、と感じてます。
                       埼玉のchii
登録日: 2009/10/14
投稿数: 5064
2019/2/12 6:30
 RE: 恐るべしインド映画
おはようございます、chiiさん!
全く同じイメージを持っていました。
映画好きの息子に勧めら、半信半疑で「きっと、うまくいく」を
観ました。chiiさんが観られた映画だったかもしれません。
シンプルですが涙あり笑いありの感動モノでした。
自分もこれからのインド映画に期待しています
ありがとうございました。


ページの先頭へ