また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > kazu5000さんのHP > 日記
2018年12月24日 12:06備忘録全体に公開

私の山行記録(2018)

 2013年7月より登山を始めてはや5年6ヶ月、相変わらず山歩きに熱中している中年のオジサンです。師匠(H先輩)からの紹介でヤマレコを知り、2014年9月から山行記録の公開を始め現在に至っています。ヤマレコの相互扶助の精神や仕組みは本当に素晴らしく、皆様の記録が山行計画立案の参考となっているのは勿論のこと、私のつたない記録が誰かのお役に立っているかもしれないと思うと身の引き締まる思いがします。

 さて、ヤマレコには山を愛して止まないユーザー達が集っている訳ですが、山への向き合い方、趣向などは千差万別であると感じています。例えば、「ハイキング」のジャンルに絞っても、単独行を好む人、グループハイクを楽しむ人、子連れの人、犬連れの人、眺望・景観重視の人、藪山を好む人、コースタイムに拘る人、赤線を繫ぐ人、写真撮影を楽しむ人、テント泊を楽しむ人等々、趣向は様々です。
 更に、ピークハンター、ロッククライマー、トレイルランナー、沢屋、釣り人、バックカントリー、オフロードバイク、マウンテンバイク、山菜採り等々、山で楽しんでいる方々のジャンルは多種多様で、共通するのは「山(自然)が好き」という思いであると考えます。そして、「ハイキング」ひとつとっても山への向き合い方や趣向は様々なのですから、ジャンルが異なれば更にそれは顕著となるのも当然なことだと思います。

 それら山への向き合い方や趣向が異なる結果として、「あなたは山を愛していない」とか、「あなたの山への心構えは間違っている」とか、「一般登山に比べて危険なのだから」とか、「何も知らないのに文句を言わないで」などといった不協和音が発生することもしばしば見受けられます。しかも、皆が真剣に考えているだけに、それぞれの見解はより頑固になりがちです。

 私は、どんな主義主張があろうとも山を愛する者同士、お互いに認め合い、それなりに折り合いを付けて、共存したいと考えます。中々難しいことだとは存じますが、スタンスを広く持ち、多種多様な趣向を理解できる程に見聞を広げ、山を愛して止まない人々が共存共栄できる最大公約数は何かを自分なりに考えてみたいと思っています。


 2018年は計35回の山行となりました。以下に備忘録として私の山行記録を羅列します。ご興味があればご覧ください。

1月2日 三峰神社 妙法ヶ岳・・・戌年だけに狼伝説の山域へ
1月6日 燕岳・・・師匠のH先輩と。帰路に幻覚を見た
1月27日 檜洞丸・・・雪の丹沢は厳しかった
2月3日 登戸 竹寺 子ノ権現・・・浅見茶屋が目的地
2月10日 父不見山・・・静かな雪山ハイク
2月17日 倉見山・・・cyberdocさまと。温泉最高でした
3月4日 於茂登山・・・ウサウサ君と。沖縄県最高峰
3月11日 本陣山 イモリ山 吉田山・・・里山マイナーハイク
3月17日 熊倉山・・・初めての聖尾根
3月31日 虎秀山 越上山 ユガテ・・・息子君を連れてランチハイク
4月14日 木賊山 破風山 雁坂嶺・・・初めての霧氷に感動
4月22日 外秩父七峰縦走ハイキング大会・・・cyberdocさまと一緒に参加
4月29日 熊倉山・・・宗屋敷尾根にて開山祭
5月4日 網笠山 西岳・・・焼岳の予定が。。。
5月12日 三ツドッケ 七跳山 大平山・・・グミの滝に感動
5月26日 和名倉山・・・ヒルメシ尾根にて
6月2日 甲武信ヶ岳 三宝山 十文字峠・・・シャクナゲを鑑賞
6月9日 北奥千丈岳 国師ヶ岳・・・cyberdocさまと天狗岩
6月30日 万太郎山 谷川岳 茂倉山・・・上越国境の稜線歩き
7月8日 北丹沢12時間耐久レース・・・見事に敗退
7月14日〜15日 金峰山 小川山・・・テントデビュー
8月4日 大判山 恵那山・・・久々の中央アルプス
8月12日 久慈平岳・・・恒例の帰省トレランrun
8月14日 早池峰山・・・久々の家族登山
9月8日 天覧山 多峯主山 天覚山・・・トレラン練習
9月15日 越後駒ヶ岳・・・登山旅行
9月23日〜24日 農鳥岳 間ノ岳 北岳・・・日帰り出来なかった
10月7日 日本山岳耐久レース・・・満を持して敗退
10月20日 熊倉山・・・勝ちゃん新道にて
11月3日 富士山 物見山 深沢山・・・平和な里山ハイク
11月11日 尻無ノ頭 和名倉山・・・スズタケの藪と戦った
11月23日〜24日 唐松尾山 和名倉山・・・ウサウサ君とテン泊縦走
12月8日 高尾山 景信山 堂所山・・・食い倒れハイク
12月15日 鐘撞堂山・・・フライパン調理演習wine
12月22日 小持山 大持山 ウノタワ・・・廃村から廃村へ


※ 写真は左から「雪の燕岳」「夫婦で北岳」「和名倉山の山頂標識(NEW)」です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:676人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2012/11/30
投稿数: 6078
2018/12/24 19:28
 RE: 私の山行記録(2018)
こんばんは。
全く同感です、よく言って(書いて)くれました
掲載写真3枚の厳選には一昼夜は優にかかったと思います
登録日: 2012/9/5
投稿数: 771
2018/12/24 21:13
 RE: 私の山行記録(2018)
こんばんは!

昔、
「もし車椅子に乗ってる子を、(ワンゲル部員として)迎えるとしたらどうする?」
と恩師に言われたことを思い出します。

山の価値観など人それぞれですよね。

最近、知っている方が、車椅子でパラグライダーで飛んだらしいのですが、
「すごいなぁ!!」
と心底思いました。
登録日: 2013/9/22
投稿数: 2687
2018/12/25 6:42
 Re: mum師匠。
おはようございます🎵
私を含めて、誰一人として聖人君子ではありません。だから、エゴがあって、ワガママで、、、仕方ありません人間ですもの ( ̄∇ ̄)
でも、山中に於いては、山好き同士、ギスギスしないで仲良くやりたいものです (´▽`)ノ
登録日: 2013/9/22
投稿数: 2687
2018/12/25 6:47
 RE: cajaroaさま。
おはようございます🎵
考えを深めていくと哲学の領域に達してしまいます (/_;)

以前、那智の滝に登ってバッシングを受けたクライマー(外道じゃない方)佐藤裕介さんの近況の記事がありました。
https://news.yahoo.co.jp/feature/1094
本当に色々考えさせらせれます (´▽`)ノ
登録日: 2015/7/16
投稿数: 577
2018/12/26 13:20
 RE: 私の山行記録(2018)
(^O^")/お久しぶりっす〜

しばらく仕事が忙しくて山へ行けず、ヤマレコを見てしまうと癒されるどころか自分の境遇を呪いそうになるのでヤマレコから離れていたところへ、親父が亡くなっててんやわんやの1週間を過ごしたりと、未だに落ち着かない年末を過ごしております。そういえば一度、夜中に対戦しましたよね、あのときは父の入院先で、翌朝に亡くなったのでした。というわけでヤマレコではご無沙汰でしたが、まいどギフト交換ありがとうございます。あれが生存確認と思っていただけると幸いです(~_~;)

閑話休題、山への思いや趣味嗜好は様々で、それぞれに尊重しあう必要があること、そこに異論はありませんが、残念ながら山を破壊してしまう行為が行われているのもまた事実で、何もかも受け入れる広い心を持つことができないでいます。省みると、ゲレンデスキーなんかは自然破壊の上で成り立っているのに、それはヨシとしてしまう自分もあり、身勝手ですね。精進が足りません。

それにしても年間山行35回ですか、3週間に2回のペースはなかなかのもんですね。来年こそ八ヶ岳に行けますように〜( ̄人 ̄)
登録日: 2013/9/22
投稿数: 2687
2018/12/26 18:10
 RE: amenouwoさま。
こんばんは。
 お父様のご逝去を悼み、慎んでお悔やみ申し上げます。どうかご無理をなさらずお体にお気を付けください。お父様のご冥福をお祈りいたします。
 そんな大変な時にバトルを申し込んでしまって、知らなかったとは言え不謹慎でした。申し訳ありません。

 山を楽しむために、どの程度まで環境を痛めることが許容されるのか、本当に難しい問題だと思います。例えば、オーバーユースのメジャーな登山道では土が抉れ、降雨などにより土が流され、益々抉れていきます。資金力があるエリアでは木道を敷くなどの対策がとられますが、多くのエリアでは放置されています。また、お花摘みや雉撃ちも昔から暗黙の了解で、携帯トイレの使用などは一部のメジャーな山域に限られているのが現状でしょう。

「白河の清きに魚も住みかねて もとの濁りの田沼恋しき」
 これは、江戸時代に元白河藩主の松平定信が実践したクリーンな政治を揶揄し、多少ダーティーでも大らかだった田沼意次の政治を懐かしむ狂歌です。
 環境保全の目的で入山を制限するとか、定められたルート以外は通行禁止とか、ストックはトレイルが荒れるから使用禁止とか、様々な制限や禁止事項がなされたら、窮屈で登山の楽しみは半減してしまうと思います。そして、登山以外のジャンルは一層自然を壊すのだから入山を自粛せよというのもナンセンスな感じがします。
 仰る通り人は誰しも身勝手です。自分の好きなジャンルが制限を受けることになったら嫌だと思います。だからこそ、難しいとは思いますが、折り合いを付けて、大らかに皆で楽しみたいと思うのです。勿論、環境保全とも折り合いを付けて。

来年こそは一緒に八ヶ岳に行きましょう。
登録日: 2013/10/11
投稿数: 4173
2018/12/27 8:15
 RE: 私の山行記録(2018)
amenouwo さま、御父上のご不幸、お悔やみ申し上げます。
ところで、kazuさんの登山開始が2013年7月からだったとは 僕と全く同じ年月だったので、ちょっとびっくりしました 今年こそ3人で八 行きたいですね
以上です(笑)
登録日: 2013/9/22
投稿数: 2687
2018/12/27 18:44
 Re: cyberdocさま。
こんばんは。
へぇ。登山を始めた年月が一緒だったんですねぇ。これからも切磋琢磨しましょうね。

今年、東京駅にて3人で男の契りを交わしましたもの、八ヶ岳でヘベレケと、六甲全縦でヘベレケは実現しましょう!


ページの先頭へ