また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > kazu5000さんのHP > 日記
2019年12月27日 22:24備忘録全体に公開

私の山行記録(2019)

 我々が趣味として歩いている登山道の多くは、元々は山岳信仰由来の修行や参拝のための道であったり、人々の生活を支える生活路であったり、炭焼きや狩猟・林業のための仕事道であったりする場合が殆どであると思われます。例えば、奥秩父主脈縦走路や長沢背稜のようなメジャーな登山道は、標高を上げも下げもせずに尾根の南側をトラバースしていることを鑑みると、古くは三峯神社への参拝の道であったか、または、武州(秩父)と甲州(山梨)と信濃(長野)を結ぶ交流の道であったのかも知れません。もし、レジャーとしての登山のために作られた道なのであれば、展望の良い尾根上でアップダウンを繰り返した方が楽しいはずですから。

 そのような考察に立つと峠の存在はより興味深く思えてきます。峠とは、山道を登り詰めそこから下りになる場所で、稜線を越える道が通る最も標高の高い地点のことを言うそうです。かつて、峠は一般的に国境であったことから、これから先の道程の無事を祈り、無事に帰り着いたことを感謝する場所として、祠や地蔵を安置している所が多いのかもしれません。
 日本の津々浦々まで車道が整備される以前は、人も食料も物も峠を越えて往来していただろうことを想像すると、自然と峠に安置されている祠や地蔵に手を合わせたくなります。国と国を結ぶ峠、集落と集落を結ぶ峠には、その昔、戦に敗れて敗走する兵士達が、はてまた山を越えた集落に嫁ぐ花嫁行列が通ったのでしょう。このように人と峠の関わりを想像するとロマンが無限に広がっていきます。

 人気のある山域であれば、現在でもレジャー目的の人々で賑わっているのでしょうが、マイナーな山域では過疎や山仕事の減少も手伝って、古くからあった道の殆どは廃道化しています。そして、人や物の往来の絶えた峠では、ひっそりと祠や地蔵が過ぎ行く季節を見守り続けています。
 私は最近、そんな人々から忘れ去られ行く峠や道に興味を持つようになり、古のロマンを感じながら楽しむハイキングが多くなってきました。とは言え、百名山ハントやランチを目的としたハイキングの方が圧倒的に多いのですが


 2019年は計30回の山行となりました。以下に備忘録として私の山行記録を羅列します。ご興味があればご覧ください。

1月1日 西吾妻山(途中撤退) 過酷なラッセルに心が折れた
1月5日 猪狩山 秩父御岳山 干支に因んだ山へのハイキングpig
1月12日 城峯山 ランチハイキング
1月19日 文台山 勝山城山 cyberdocさまとのコラボハイキング
2月2日 松茸山 川越山 伊豆ヶ岳 正丸峠でジンギスカン
2月10日 ウノタワ 浦山の廃村から鳥首峠へ
2月16日 入笠山 結婚記念日のユルユルハイキング
3月2日 西吾妻山 cyberdocさまとコラボ、スノーモンスターに感動
3月9日 大平山 秘密の花園へ
3月23日 小持山 大持山 高ワラビ尾根にて
4月13日 大岳山 鍋割山 boroPさまご夫妻とランチハイキング
4月27日・28日 飛龍山 三条の湯にてテント泊
5月3日 焼岳 令和初登山
5月11日 薬師岳 地蔵岳 夕日岳 アカヤシオ鑑賞ハイキング & 大宴会
5月25日 カバアノ頭 和名倉山 仙波尾根にて
6月7日 鋸山 黄金のアジフライを求めて
6月22日 根石岳 天狗岳 硫黄岳 峰の松目 赤線繫ぎの八ヶ岳
7月13日 雨飾山 温泉を堪能
8月3日 会津駒ヶ岳 中門岳 爽やかな高層湿原ハイク
8月11日・12日 根石岳 本沢温泉にてテント泊
8月18日 鳥海山 帰省ついでの家族登山
8月24日 久慈平岳 毎年恒例のトレーニング run
9月28日・29日 雲取山 三条の湯にてテント泊
10月20日 物見山 スカリ山 ランチハイキング
10月26日 霧藻ヶ峰 妙法ヶ岳 赤線繫ぎの奥秩父
11月3日 越上山 吾那神社の秋祭りへ
11月9日 和名倉山 cyberdocさまと二瀬尾根
11月16日 熊倉山 久々の聖尾根
11月30日 龍崖山 板屋ノ頭 吉田山 浅見茶屋へランチハイキング
12月21日 日向山 忘年会目的のランチハイキングwine

※ 写真は左から「西吾妻山のスノーモンスター」「焼岳山頂」「仙波尾根(カバアノ頭)の藪」です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:463人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2016/10/20
投稿数: 81
2019/12/28 1:45
 山とロマン
山道が参道、国境がとおげ。とってもためになり、興味深く読ませていただきました。最初に道を開いて行った方々。山に登ろうと、山の向こうに行ってみようと思った方々。稜線を歩いてみよう、と思った方々。ロマンですね!
来年の山歩きの際、思いを巡らせてみたくなりました。
登録日: 2012/11/30
投稿数: 6078
2019/12/28 7:49
 RE: 私の山行記録(2019)
おはようございます。

今年もご夫婦で、単独でそしてお仲間と色んな山を歩かれたのですね。
周辺の自然や史跡、遺跡等に絶大な興味を持って歩かれるカズさんの登山姿勢には感銘を受けております。
帰ってからも登山中に見聞きした事を深く丁寧に調べていますね

押し付けがましいのですが峠に興味がお有りのカズさんに今読んでいる「峠・秩父への道」と言う題名の本をご紹介します。すでに読まれていたらご容赦下さい。

















出版社は「さきたま双書」です。又この著者はこの本の前に「秩父の峠」と言う本も”さきたま出版会”から出しています。我々が良く歩く峠の来歴を詳しく書いて有り面白いですよ
来年も宜しくお願い致します。
登録日: 2013/9/22
投稿数: 2687
2019/12/28 13:21
 Re: Marsha-ukuleleさま
こんにちは
人間は古来より山から、水や魚、木の実やキノコ、動物、薪など、様々な恵みを受けてきました。一方で噴火や土砂崩れなど、抗うことの出来ない圧倒的な自然の力を前に「山には神々が宿る」と信じ、その畏敬の念から山岳信仰が始まったのだ思います。山岳信仰に比べれば、我々が趣味としている「登山」の歴史は浅く、明治以降に「近代登山」として広まったことはご承知の通りです。
なぁ〜んてウンチクは全て本やネットの受け売りでございまして
昔から人の往来があったのかなぁ なんて妄想しながらのハイキングも乙なもんです
登録日: 2013/9/22
投稿数: 2687
2019/12/28 13:30
 Re: mum師匠
おこんにちは〜
ほほぉ。さきたま双書(現さきたま出版会)は良い本を出版してますね〜
私の愛読書「奥武蔵・秩父 峠歩きガイド」の著者も大久根茂先生でございます
大久根先生の専門は民俗学だそうで、現在「埼玉県立 川の博物館」にて研究交流部長を務められているようです。
https://www.river-museum.jp/laboratory-cat/no2/
てなわけで、早速、「峠 秩父への道」をアマゾンにてポチッてしまいました(古書です)
素敵な本をご紹介いただきありがとうございます。

てか、どうやってコメント欄に写真を挿入するんですか?
そのテクニック、今度、ご教授願います
どうぞ、来年もよろしくお願い致します。
登録日: 2012/11/30
投稿数: 6078
2019/12/28 17:47
 Re[2]: mum師匠
コメント欄への写真の挿入はちょっと複雑な手順が必要です。
明日中にメッセージ欄にてご連絡します。

メッセージをお送りしました(@07:24 29日)
テスト:貼ってみました。健闘を祈ります。
登録日: 2013/10/11
投稿数: 4173
2019/12/28 19:31
 RE: 私の山行記録(2019)
峠と言えば「峠四十郎、いやもうすぐ五十郎かな」しか思いつきませんが
そんな難しいこと考えて歩いてるとは、つゆ知りませんでした
来年は僕も色々考えながら歩いてみたいと思います
登録日: 2009/9/6
投稿数: 338
2019/12/28 20:59
 RE: 私の山行記録(2019)
長年、山に登ってますが、山頂が神に近づける場所だったくらいの山岳信仰くらいしか気にとめていませんでした。
こんな深い考えを持って山に登ってらっしゃるとは存じあげず、いにしえの人々の生活の中の峠までは全く考えが及ばず、2019年の最後に目からウロコが落ちた気分です。
来年もよろしくお願い申し上げます。
登録日: 2013/9/22
投稿数: 2687
2019/12/29 20:56
 Re[3]: mum師匠
おこんばんは〜🎵
秘儀、確かに賜りました!
下記に先日購入したハクキンカイロです!



お粗末さまでした (´▽`)ノ
登録日: 2013/9/22
投稿数: 2687
2019/12/29 21:02
 Re: cyberdocさま
おこんばんは〜🎵
ひょっとして、三船敏郎ですか?
古すぎてよく分かりまへん (;^_^A
私の場合、峠と言えば「イニシャルD」なんですけど ( ̄∇ ̄)
来年もよろしくです。良いお年を〜 (´▽`)ノ
登録日: 2013/9/22
投稿数: 2687
2019/12/29 21:05
 Re: Hせんぱ〜い
おこんばんは〜🎵
いえいえ、決して深く考えている訳ではありません (;^_^A
セルフブラタモリと言うか、妄想癖と言うか ( ̄∇ ̄)
来年こそ、薬師岳に行きましょうね!
良いお年を〜 (´▽`)ノ
登録日: 2014/11/11
投稿数: 583
2019/12/31 8:38
 RE: 私の山行記録(2019)
一年間お疲れさまでした
kazuさんの冒険心と博学にいつもすごいな〜って感心しているんですよ
来年も楽しく、大変参考になる山行記録を楽しみにしています
今年は特に猪狩山〜秩父御岳山と高ワラビ尾根のはありがたかったです
住む地域も近いし同学年なので友達の友達だったりしてと妄想しています
良いお年を〜

p.s.来年こそは和名倉山の山頂標識を二瀬尾根経由で必ずや拝見しに行きますよ〜
登録日: 2015/7/16
投稿数: 577
2019/12/31 11:48
 RE: 私の山行記録(2019)
まいど〜
難しいこと考えながら歩いていたら躓いて転けまっせ〜
ではよいお年を〜
登録日: 2013/9/22
投稿数: 2687
2019/12/31 13:46
 Re: Mon-Dayさま
おこんにちは〜🎵
いやぁ、博学だなんてぇ ( ̄∇ ̄)
私、何を隠そう誉められて伸びるタイプです (^_^)v

えっ!同級生だったんですね (≧∇≦)b
私は生まれも育ちも埼玉の川越ですのよ。
因みに部活は野球部でしたぁ (*^^*)

こちらこそ、Mon-Dayさまの記録を参考にさせていただいておりますので、来年もよろしくお願い致します。
良いお年を〜 (´▽`)ノ
登録日: 2013/9/22
投稿数: 2687
2019/12/31 13:49
 Re: Ameちゃん先輩
おこんにちは〜🎵
てか、ハンドルネームが変わってる (;^_^A

私は只今、佐野アウトレットにて奥様の買い物に付き合ってヒマヒマナウ ( ̄∇ ̄)
コロンビアとFoxfireくらいしか山関係の店がないので退屈なり〜 (>_<)
もぉ、Ameさまが蘊蓄好きなの知ってるんだからぁ (≧∇≦)b
良いお年を〜 (´▽`)ノ


ページの先頭へ