ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

涸沢ヒュッテ(からさわひゅって)

最終更新:レコ君

穂高連峰とカールを見晴らす登山基地

"涸沢ヒュッテ"
"涸沢ヒュッテ"

営業期間

4月中旬〜11月上旬

宿泊

1泊2食:13,000円
1泊夕食:11,500円
1泊朝食:10,500円
素泊まり:9,000円
※予約なしは2,000円追加(空室がある時のみ)、繁忙期(9月中旬〜10月中旬)は3,000円追加、当日のキャンセル料5,000円

個室
なし

テント場
2,000円(大人)、1,000円(小人)

設備

乾燥室、自炊室、公衆電話

喫茶・売店

パノラマ売店 6:00〜17:00
名物おでん、生ビール、ラーメン、カレーなど

その他

レンタルサービス(4人用テント※要予約、シュラフ、マット、コンパネ板、ヘルメット、軽アイゼン、ストック)

予約方法

電話(詳細はHPを確認)

連絡先

電話:090-9002-2534(小屋直通)
HP:涸沢ヒュッテ

特徴

"涸沢カール:テント場"
"涸沢カール:テント場"

涸沢カールにある山小屋です。山小屋の周囲には無数のテントが張られ、カラフルで独特な光景が広がります。

"涸沢ヒュッテ:テラス"
"涸沢ヒュッテ:テラス"

広いテラスがあり、奥穂高岳、前穂高岳、北穂高岳を見晴らしながら生ビールなどを頂くことができます。

"涸沢ヒュッテ:夕食の一例"
"涸沢ヒュッテ:夕食の一例"


"涸沢ヒュッテ:朝食の一例"
"涸沢ヒュッテ:朝食の一例"


"涸沢ヒュッテ:寝室"
"涸沢ヒュッテ:寝室"

"涸沢ヒュッテ:小屋内部"
"涸沢ヒュッテ:小屋内部"

更新日:2022/8/5
基本情報
標高 2309m
場所 北緯36度17分37秒, 東経137度39分47秒
カシミール3D
【連絡先】090-9002-2534
【HP】http://www.karasawa-hyutte.com/

売店ではガス缶等、登山用品もおいている

夏季には東大診療所開設
分岐
テント場 500張、ペグX
山小屋 200人
トイレ 涸沢ヒュッテのトイレ。100円
水場 涸沢ヒュッテの水場
食事 おでんが有名

山の解説 - [出典:Wikipedia]

涸沢ヒュッテ(からさわヒュッテ)は、長野県松本市安曇の穂高岳(奥穂高岳等)の東側にある氷河圏谷、涸沢の標高2309メートルのモレーンに建つ山小屋である。
1951年(昭和26年)に山岳書等を刊行していた朋文堂の社長の新島章男らによって開設が進められ、当初は建物が一つだけだった。この開設当初の建物は雪崩で倒壊し、翌年再築された建物も再度雪崩で倒壊している
1953年(昭和28年)に建てられたのが3度目の「本館」である。しかし、登山客の増加に伴い、1955年(昭和30年)に「別館」、1963年(昭和38年)に吉阪隆正設計の「新館」が建設された。さらに1989年(平成元年)には「新別館」が建てられた
その後、「黒沢池ヒュッテ」や「梶山新湯 雨飾山荘」、「野沢温泉ロッジ」と共に朋文堂スキー山岳協会が運営していたが、のちに株式会社涸沢ヒュッテに社名変更され、他施設とは別経営となった(雨飾山荘のみ2003年まで経営)。
冬季小屋を持つ近隣の涸沢小屋とは異なり、涸沢ヒュッテの建つ地は雪崩が多いため冬季は完全に閉鎖している。この山小屋には売店やみやげものコーナーなどのパノラマ売店が営業している。(ゴールデンウィークから紅葉シーズンまでで、閑散期は閉店することもある)
この売店の名物はおでん。テラスの席に座り穂高連山を眺めながら酒類を片手に名物のおでんをつまむ登山者が多い。
営業期間は毎年4月末の昭和の日頃から11月の第一日曜日頃で、夏季は東大涸沢診療所を併設しているほか涸沢小屋と共同で隣接する国設涸沢野営場の管理も行っている。
涸沢は穂高連峰への要となる登山基地であるため多くの登山者が通過する地であることから、特にゴールデンウィークやお盆、紅葉の時期には定員を上回る宿泊客でごったがえすため、1枚の布団で2〜4人での睡眠となる日も年に数日あるが、利用者が多いがゆえに設備と食事は山小屋としては過剰なほど充実しており、涸沢ヒュッテを目当てに穂高を目指す登山客も多い。

付近の山

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

  • 1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    北アルプス・穂高岳周辺で最も登りやすく、バリエーションルートの入門ルートとして知られる北穂高岳東稜。 「ゴジラの背」などの岩稜が知られた尾根ですが、総じて難易度は高くないので経験者と同行すればバリエーションルート初心者でも登ることができるでしょう。 この夏、ぜひご自身のステップアップに!!
  • 1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    「涸沢の紅葉を見ずして穂高を語ることなかれ」 日本一の紅葉と謳われる涸沢を目指し、あえてピークは目標とせずヒュッテでのんびりと過ごす贅沢な山行を楽しんで下さい。
  • ☃ 雪山 2泊3日 槍・穂高・乗鞍
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    穂高連峰の主峰となる奥穂高岳。 夏とは違った高度感満点の雪壁を越えて大パノラマを望める頂を目指します。

「涸沢ヒュッテ」 に関連する記録(最新10件)

槍・穂高・乗鞍
05:4412.4km1,547m4
  44     322  2 
2024年05月25日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
13:0837.1km1,092m5
  43    8 
2024年05月25日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
26:0347.3km3,834m10
  10    2 
2024年05月21日(4日間)
槍・穂高・乗鞍
104:0045.7km2,859m-
  76     12 
2024年05月21日(5日間)
甲信越
29:2540.7km1,943m6
  18    5 
2024年05月18日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
34:3735.6km1,819m6
  74    13 
su-san, その他1人
2024年05月18日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
23:3636.5km1,806m6
  159    18 
お山のゆうこりん, その他3人
2024年05月17日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
17:3644.4km2,519m8
  90    10 
2024年05月17日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
20:1235.3km1,686m6
  47    25 
たかのぶ, その他3人
2024年05月17日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
15:2635.5km1,189m5
  110     252  2 
ちゃたろう, その他4人
2024年05月11日(2日間)