また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

高土幾山(たかときやま) / 高土幾山(たかどきやま)

最終更新:nagara
写真一覧へ 高土幾山到着です 看板も展望も無い
高土幾山頂の二等三角点「高土幾」
高土幾山1,037m頂上 二等三角点です
あった。二等三角点の高土幾山(たかときやま)です
基本情報
標高 1038m
場所 北緯35度33分05秒, 東経137度34分17秒
高土幾山は、岐阜県中津川市と長野県南木曽町に跨る二等三角点峰(点名:高土幾山)である。
旧長野県山口村に位置していたが、2005年に当村が岐阜県中津川市と越県合併した為、県境の山となった。
信州百名山、信州百山の選考から漏れ、ぎふ百山、続ぎふ百山にも当然、合併前に刊行されたものなので、選考される事の無かった不遇の山である。そのためかピークハンターが訪れる事が少ないので、妻籠・馬籠などの観光地が近いわりに静寂な山である。
ただしその反面、信州ふるさと120山には選定され、同書で山口中学校(現在は廃校)の応援歌内にも登場する、地元に愛された山である事が綴られている。
なお、点名は高土幾(たかどき)であるが、現在では出版物の表記をはじめ、「たかとき」と呼ばれる事が殆どで、当項でも「たかとき」を採用した。
登山は途中まで林道を利用するが、山中の踏み跡は所々薄い箇所もあるため、あまり一般的ではない。ただし、ササの密度も低く、高さも脛程度で、煩わしい程に赤テープも見られる。よってバリエーションコースという程でもないレベルである。
取り付きは最初の林道分岐を過ぎた、ヘアピンカーブ辺りが良い。地形図はガレ記号だが、実際はなだらかでガレなどは無い。
山頂
駐車場 馬籠峠、及び林道入り口付近の路肩に膨らみ有。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「高土幾山」 に関連する記録(最新10件)

東海
  69    6  2 
2018年04月08日(日帰り)
甲信越
  7  
2018年03月14日(日帰り)
中央アルプス
  17    8 
2017年11月28日(日帰り)
中央アルプス
  
2017年11月12日(日帰り)
甲信越
  14    6 
sanarudaiou, その他30人
2016年11月02日(日帰り)
甲信越
  8    3 
sanarudaiou, その他3人
2016年09月09日(日帰り)
甲信越
  16    9 
furuhiro, その他1人
2015年12月09日(日帰り)
東海
  20    6 
2015年11月22日(日帰り)
甲信越
  16    5 
2015年06月28日(日帰り)
東海
  18    10 
2014年08月29日(日帰り)
ページの先頭へ