また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

最終更新:NYAA
十三重之塔 慰霊碑 写真一覧へ 十三重之塔 慰霊碑 写真一覧へ 十三重之塔 慰霊碑の説明をしたところ一礼する。
登山口そばの、十三重之塔 慰霊碑。 気を付けて行ってきます。
十三重之塔・慰霊碑。ここまでとにかくラストスパートで駈け下りました。なのでカメラのレンズも曇ってますw
基本情報
標高 1362m
場所 北緯36度28分55秒, 東経137度28分31秒
カシミール3D
案内板の内容

十三重之塔 慰霊碑

 この十三重之塔は、昭和38年(1963年)1月、薬師岳登頂を目指したが、38豪雪による想像を絶する猛吹雪と寒気のため、遭難死した愛知大学山岳部員13名の慰霊のため、ご遺族と関係者により設置されたものである。
 昭和38年1月14日、豊橋市の愛知大学から、富山県警察本部へ、薬師岳に登った山岳部員13名が、下山予定を過ぎても帰らないと捜索依頼が出された。
 同大山岳部員や県警など、90人に上る捜索隊が陸地から、報道ヘリコプターが空から捜索したが、豪雪のため難航を極めた。22日には報道陣のヘリが太郎小屋付近に強行着陸し、人影がない事を確認した。その後、第3キャンプ周辺での捜索でも手掛かりが得られず、13名全員の生存は絶望となった。
 3月23日に5遺体を発見、10月14日には最後の2遺体が、父親らの執念の捜索により遭難以来286日ぶりに発見された。
 この事故を教訓に、富山県は、昭和40年その後多くの人命救助に活躍する山岳警備隊を結成し、翌年には全国初の富山県登山届出条例を制定する事になった。

      北日本新聞社「富山大百科事典」より抜粋
           愛知大学
登山口

付近の山

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

  • 中級 1泊2日 剱・立山
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    後立山連峰から望むと一際大きく、秀麗な姿を見せる薬師岳。 古くから立山同様、山岳信仰の山として栄えてきました。このルートは技術的には容易ですが、歩行距離が長く日帰りでは難しい山のひとつ。 しかしながら、山小屋デビューに最適な薬師岳山荘や太郎平小屋があるので心配は無用でしょう。
  • 1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    通称ダイヤモンドコースと呼ばれる立山・薬師岳間の縦走ルート。 たおやかな稜線や岩場、遅くまで残る雪渓・美しいお花畑など変化に富んだルートで、飽きることなく北アルプスの縦走を楽しむことができるでしょう。 黒部川の最深部となる上ノ廊下を挟んで望む北アルプスの山々は、雄大で神々しいく感嘆すること間違いないでしょう!
  • 1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    黒部川源流域の支流となる赤木沢。 沢登りのグレードとしては易しい部類になりますが、その渓相の美しさとアプローチの良さから多くの遡行者を迎えています。 夏の沢登り・・・気持ちいいですよ!

「十三重之塔 慰霊碑」 に関連する記録(最新10件)

剱・立山
  27     53  9 
2021年11月21日(日帰り)
剱・立山
  61    46 
2021年11月19日(日帰り)
剱・立山
  50     19 
2021年11月06日(日帰り)
剱・立山
  98    18 
2021年11月06日(日帰り)
剱・立山
  46     104 
2021年10月29日(2日間)
未入力
  
2021年10月28日(13日間)
槍・穂高・乗鞍
  
2021年10月15日(日帰り)
剱・立山
  93    32  2 
2021年10月14日(日帰り)
ページの先頭へ