ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

龍飛崎(たっぴざき)

基本情報
場所 北緯41度15分39秒, 東経140度20分33秒
カシミール3D
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

龍飛崎(たっぴざき)は、青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜にある津軽海峡に突き出た岬。津軽半島の最北端に位置する。津軽国定公園の一部
名前はアイヌ語のタム・パ(tam-pa 刀の上端)からの転訛(てんか)で、「突き出た地」の意味だという説があり、タムパを"龍が飛ぶ"と当て字したといわれている。さらに古くからの説では「竜飛」(たっぴ)ではなく正保2年(1645年)「津軽群之絵図」の「竜浜」(たつひ)の記載にあるように長年「たつひ」と呼ばれていて、奥州藤原氏の頃の平安時代末期衣川の高舘からこの浜に逃げて来た源義経が龍馬に乗って蝦夷(北海道)まで渡っていったという地元外が浜の龍馬山の義経寺に残る伝説が「竜浜」(たつひ)・「竜飛」(たっぴ)の地名の由来になっているともいう。表記には「竜/龍」及び「崎/埼/岬」という揺らぎがあり、竜飛埼、龍飛岬(たっぴみさき)などとも言われる。
先端には龍飛埼灯台がある。灯台周辺は遊歩道が整備され、天気のよい日には津軽海峡を挟んだ北海道の松前半島や、海峡を行き交う船舶が見渡せる。また、渡り鳥の飛行ルートとしても重要であり、しばしば鳥類研究家が観察している。
太宰治や棟方志功ゆかりの宿であった旧奥谷旅館は「龍飛岬観光案内所 龍飛館」として整備され、館内には太宰が友人と滞在した部屋が再現されている
北海道の白神岬とは津軽海峡を挟んで19.5キロメートルの距離があり、地下を青函トンネルが通る。青函トンネルに関連する施設として青函トンネル記念館や青函トンネル工事殉職者慰霊碑がある
東北楽天ゴールデンイーグルスの公式球団歌「羽ばたけ楽天イーグルス」の歌詞の一節に青森県の象徴として唄われている。
石川さゆりのヒット曲「津軽海峡・冬景色」の歌詞の一節に唄われていることでも知られており(歌詞の中では竜飛岬と表記されている)、"よしだたくろう & かまやつひろし" 名義の歌でそのまま「竜飛崎」というタイトルの曲もある。
竜飛崎のある竜飛集落は、三厩駅からのバスの終点(正確には集落のある「竜飛漁港」バス停で折り返して、そこからさらに斜面を登って終点に向かう)で、太宰治が紀行『津軽』で、鶏小屋に突っ込んだと思ったら竜飛集落だったと表現した描写で知られる漁村である。三厩から竜飛集落に向かう道程は、源義経北行伝説の舞台の1つであり、竜飛崎の最突端に浮かぶ帯島は義経が北へ向かう際に帯を締めなおしたという伝説が残る
地質は、新生代新第三系中期中新世の竜飛安山岩類が分布する。主に、デイサイト、安山岩の火砕岩である。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「龍飛崎」 に関連する記録(最新10件)

東北
00:473.0km126m1
  33    71 
2023年08月15日(日帰り)
東北
03:186.5km182m1
  21    8 
2023年07月22日(日帰り)
東北
01:063.5km136m1
  26     27 
2023年07月20日(日帰り)
十和田湖・八甲田
18:3961.6km527m6
  148    71  6 
2023年05月12日(3日間)
東北
07:1528.8km560m3
  79    9 
2023年05月11日(日帰り)
東北
00:442.9km106m1
  26    8 
2023年05月04日(日帰り)
東北
02:577.2km175m1
  57    11  2 
2023年04月05日(日帰り)
東北
07:5448.3km696m5
  48     18  2 
2023年03月17日(日帰り)
東北
00:271.7km69m1
  14    21 
2022年10月22日(日帰り)
東北
06:2324.7km106m2
  61     15 
2022年05月03日(日帰り)