ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 5495406
全員に公開
ハイキング
十和田湖・八甲田

奥州街道ほそみち旅 (16完) 津軽海峡初夏景色 蟹田→龍飛

2023年05月12日(金) 〜 2023年05月14日(日)
 - 拍手
体力度
6
1〜2泊以上が適当
GPS
18:39
距離
61.6km
登り
527m
下り
433m
歩くペース
標準
1.11.2
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

1日目
山行
3:42
休憩
0:32
合計
4:14
11:44
9
蟹田駅
11:53
11:53
4
青森銀行前(前回到達点)
11:57
11:59
9
蟹田橋
12:08
12:20
44
観瀾山
13:04
13:08
11
旧道・塩越の展望地
13:19
13:21
46
蟹田・平館の境
14:07
14:07
23
陸奥船岡郵便局
14:30
14:30
33
松蔭乗船の場
15:03
15:03
13
平館郵便局
15:16
15:18
8
平館宿・平館漁港
15:26
15:28
21
平館神社
15:49
15:57
1
平館灯台
15:58
ペンションだいば
2日目
山行
7:04
休憩
2:32
合計
9:36
7:08
76
ペンションだいば
8:24
8:28
23
元宇田のバス折返場(平館・今別の境)
8:51
8:57
9
岩屋観音堂
9:06
9:08
34
だるまの滝
9:42
9:44
3
開智小学校跡地
9:47
9:48
10
赤岩
9:58
10:02
3
砂ヶ森の西にある立石遠望地
10:05
11:05
0
高野崎
11:00
11:03
25
海峡の家ほろづき
11:28
11:30
17
袰月観音堂
11:47
12:07
103
鋳釜崎
13:50
13:53
10
今別川の橋
14:03
14:04
5
今別郵便局
14:09
14:12
19
本覚寺
14:31
14:34
42
津軽線の小さな踏切
15:16
15:34
29
三厩駅
16:03
16:06
3
厩石(奥州街道終点)
16:09
16:24
10
義経寺
16:34
16:36
3
甲岩
16:39
龍飛旅館
3日目
山行
3:29
休憩
3:13
合計
6:42
7:20
25
龍飛旅館
7:45
7:48
27
藤島
8:15
8:16
8
釜野沢
8:24
8:25
6
上宇鉄
8:31
8:37
26
小園地
9:03
9:05
34
尻神地区の手前でついに龍飛崎が迫る
9:39
9:42
9
太宰治文学碑
9:51
9:55
5
10:00
10:11
7
帯島
10:18
10:22
5
階段国道の階段下
10:27
10:30
3
休憩点
10:33
10:35
5
階段国道の階段上
10:40
11:04
14
11:18
11:23
1
11:24
11:24
11
11:35
13:23
12
青函トンネル記念館
13:35
13:40
2
展望台
13:42
13:45
2
トンネル工事殉職者慰霊碑
13:47
13:55
7
14:02
竜飛崎灯台駐車場
天候 12日……爽やかな快晴! しかしながらPM2.5がやや多め。
13日……若干湿気が増えて、晴れ→明るい曇り→白っぽい晴れ→明るい曇り→晴れ、とコロコロ変わる。
14日……もっと湿気が増えて、早朝晴れ→曇り→晴れ!→曇り→パラパラ雨。しかし予報よりは全然良く、本当に感謝感激!
過去天気図(気象庁) 2023年05月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車 バス
START……JR津軽線・蟹田駅から。
GOAL……龍飛崎灯台から、JR津軽線代行乗合ワゴン「わんタク定時便」で蟹田駅へ。

なお、この乗り合いワゴンタクシーは、空席があれば予約なしで利用できますが、確実に乗りたければ1週間前から専用サイトで予約できます。運賃は一律500円と格安!

途中の沿道では、外ヶ浜町営・今別町営のミニバスやワゴンバスを利用できますが、本数が少ないため事前の下調べが大事です。
コース状況/
危険箇所等
危険なところはありません。
高野崎・鋳釜崎・義経寺参道・龍飛崎の階段国道など、全て良好に整備された遊歩道です。
但し、高野崎の遊歩道は、高波時には危険です。
途中、路側帯がほとんどない場所も多々ありますが、車の数が少ないため、危なさは感じません。

龍飛崎の先端に行く遊歩道は、立ち入り禁止の掲示が出ています。遊歩道が高波や落石などで崩れているためで、先へ進むのは完全に自己責任となります。行けるところまで行ってみようと少々進んでみましたが、やっぱりヤバく、自身の技量により潔く引き返すことが大事です。
001. 東北新幹線「はやぶさ1号」で一気に新青森へ向かいます。鈍足・区切り打ちで約1ヶ月かかった道のりが、今や僅か3時間20分!
2023年05月17日 23:28撮影 by  iPhone XR, Apple
17
5/17 23:28
001. 東北新幹線「はやぶさ1号」で一気に新青森へ向かいます。鈍足・区切り打ちで約1ヶ月かかった道のりが、今や僅か3時間20分!
002. これまでの徒歩旅で眺め続けた山々をゆったりと振り返ろうと思いまして、1ヶ月前午前10時の発売開始とともにグリーン車を確保しました。
2023年05月17日 23:27撮影 by  iPhone XR, Apple
21
5/17 23:27
002. これまでの徒歩旅で眺め続けた山々をゆったりと振り返ろうと思いまして、1ヶ月前午前10時の発売開始とともにグリーン車を確保しました。
003. 沿線の山々がことごとく、初夏の爽やかな空の下で屹立しており、何という幸せ☆
左上→安達太良山。
左下→栗駒山。
右上→岩手山。
右下→八甲田山。
2023年05月17日 23:30撮影
20
5/17 23:30
003. 沿線の山々がことごとく、初夏の爽やかな空の下で屹立しており、何という幸せ☆
左上→安達太良山。
左下→栗駒山。
右上→岩手山。
右下→八甲田山。
004. 新青森に到着後、奥羽線に1駅だけ乗って青森駅に着くと、今回の奥州街道の旅でしばしば当たりお世話になった、青い森鉄道「11ぴきのねこ」さんのへラッピング電車が発車待ち中!
幸先の良さを感じつつ、駅前で画像142の長尾煮干ラーメンをすすって早い昼飯としたのち、津軽線の蟹田行きに乗りました。
2023年05月17日 23:26撮影 by  iPhone XR, Apple
19
5/17 23:26
004. 新青森に到着後、奥羽線に1駅だけ乗って青森駅に着くと、今回の奥州街道の旅でしばしば当たりお世話になった、青い森鉄道「11ぴきのねこ」さんのへラッピング電車が発車待ち中!
幸先の良さを感じつつ、駅前で画像142の長尾煮干ラーメンをすすって早い昼飯としたのち、津軽線の蟹田行きに乗りました。
005. 蟹田に無事到着! 改札を出てそのまま歩き出しました☆
下車後すぐに跨線橋を渡らず、しばし駅名板を撮るなどしていたところ、「1番線に列車が参ります」というアナウンスキターッ! 晴天の下、EH800牽引貨物列車と701系の並びが撮れたのも幸先良し!
2023年05月12日 11:42撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
19
5/12 11:42
005. 蟹田に無事到着! 改札を出てそのまま歩き出しました☆
下車後すぐに跨線橋を渡らず、しばし駅名板を撮るなどしていたところ、「1番線に列車が参ります」というアナウンスキターッ! 晴天の下、EH800牽引貨物列車と701系の並びが撮れたのも幸先良し!
006. 前回到達点の青森銀行前を過ぎ、蟹田橋に差しかかると、観瀾山の高みが迫ってきました。
2023年05月12日 11:57撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
6
5/12 11:57
006. 前回到達点の青森銀行前を過ぎ、蟹田橋に差しかかると、観瀾山の高みが迫ってきました。
007. 観瀾山にちょこっと登ってみたところ、太宰治文学碑の前の大展望が素晴らしい!
夏泊半島を横切ったのち、陸奥湾に沿ってテクテクと回り込んできた青森界隈の風景をほしいままに!
2023年05月12日 12:10撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/12 12:10
007. 観瀾山にちょこっと登ってみたところ、太宰治文学碑の前の大展望が素晴らしい!
夏泊半島を横切ったのち、陸奥湾に沿ってテクテクと回り込んできた青森界隈の風景をほしいままに!
008. 八甲田山ズームアップ!!
2023年05月12日 12:09撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
29
5/12 12:09
008. 八甲田山ズームアップ!!
009. 展望台で長居したかったのですが、そういうわけにも行かず、後ろ髪を引かれつつ下山。右に観瀾山公園の砂浜を眺めつつ、下北半島を眺めつつ歩き出しました。
2023年05月12日 12:24撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
12
5/12 12:24
009. 展望台で長居したかったのですが、そういうわけにも行かず、後ろ髪を引かれつつ下山。右に観瀾山公園の砂浜を眺めつつ、下北半島を眺めつつ歩き出しました。
010. 旧道の外側に防波堤を造り、その上に新道、内側に港を造る、といったところが続きます。
2023年05月12日 12:34撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
6
5/12 12:34
010. 旧道の外側に防波堤を造り、その上に新道、内側に港を造る、といったところが続きます。
011. オダマキ系 (?) の綺麗な花があちこちで咲き乱れていました。
2023年05月12日 12:40撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
14
5/12 12:40
011. オダマキ系 (?) の綺麗な花があちこちで咲き乱れていました。
012. 塩越集落にて、昔ながらの津軽の民家が残っていました。
2023年05月12日 12:51撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
11
5/12 12:51
012. 塩越集落にて、昔ながらの津軽の民家が残っていました。
013. 塩越を過ぎると一気に急坂を登り、旧道は峠越え。目指す平舘台場の界隈がついに右奥に近づいて来ました……が、すぐそばに見えて実はあと約3時間かかります w
2023年05月12日 13:04撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/12 13:04
013. 塩越を過ぎると一気に急坂を登り、旧道は峠越え。目指す平舘台場の界隈がついに右奥に近づいて来ました……が、すぐそばに見えて実はあと約3時間かかります w
014. 下北半島を望む……嗚呼!爽やかな天気で素晴らしい!
しかしこの時点では、2日目曇り、3日目雨予報で、1日天気が後ろにズレていれば最高だったのに……というモヤモヤがありました。
2023年05月12日 13:05撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
15
5/12 13:05
014. 下北半島を望む……嗚呼!爽やかな天気で素晴らしい!
しかしこの時点では、2日目曇り、3日目雨予報で、1日天気が後ろにズレていれば最高だったのに……というモヤモヤがありました。
015. 峠を越える。一歩一歩、ゴールへと近づく感。
2023年05月12日 13:12撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/12 13:12
015. 峠を越える。一歩一歩、ゴールへと近づく感。
016. 夏泊半島方面を望む。あの付け根を横切って、大きく静かな陸奥湾を回り込んで来たのだなぁ……と。
2023年05月12日 13:21撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
16
5/12 13:21
016. 夏泊半島方面を望む。あの付け根を横切って、大きく静かな陸奥湾を回り込んで来たのだなぁ……と。
2023年05月12日 12:57撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/12 12:57
2023年05月12日 12:58撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
17
5/12 12:58
2023年05月12日 13:23撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
7
5/12 13:23
2023年05月12日 13:23撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/12 13:23
021. 磯山集落をてくてく。こんな感じの津軽の漁村がひたすら街道にへばりついています。
2023年05月12日 13:29撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
6
5/12 13:29
021. 磯山集落をてくてく。こんな感じの津軽の漁村がひたすら街道にへばりついています。
022. 舟岡集落の手前にて八甲田山を振り返る。相変わらずよく見えていて嬉しい♪
2023年05月12日 13:53撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
17
5/12 13:53
022. 舟岡集落の手前にて八甲田山を振り返る。相変わらずよく見えていて嬉しい♪
023. 陸奥船岡郵便局を過ぎ、バイパスを左に分けた後でパチリ。穏やかな午後が続きます。
2023年05月12日 14:13撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
6
5/12 14:13
023. 陸奥船岡郵便局を過ぎ、バイパスを左に分けた後でパチリ。穏やかな午後が続きます。
024. 松陰乗船の地。
ロシア船の出没に強烈な危機感を抱いた吉田松陰が脱藩覚悟で津軽海峡周辺情勢視察の旅に出て、半島を横断後ここで船に乗ったのだとか。
2023年05月12日 14:30撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
8
5/12 14:30
024. 松陰乗船の地。
ロシア船の出没に強烈な危機感を抱いた吉田松陰が脱藩覚悟で津軽海峡周辺情勢視察の旅に出て、半島を横断後ここで船に乗ったのだとか。
025. 玉泉寺を過ぎたあたりにて、今も残る街道の松。
2023年05月12日 14:48撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
4
5/12 14:48
025. 玉泉寺を過ぎたあたりにて、今も残る街道の松。
026. 平舘 (たいらだて) の中心部に入る手前で湯ノ沢川を渡る。バックの山は山居山 (243.8m)。
2023年05月12日 15:07撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/12 15:07
026. 平舘 (たいらだて) の中心部に入る手前で湯ノ沢川を渡る。バックの山は山居山 (243.8m)。
027. 平舘宿 (111次) の中心部だったと思われる界隈を行く。
ついに次の宿場は、ゴールの三厩宿を残すだけとなりました……(しかし間が長いので、袰月と今別が間の宿だったとみております)。
2023年05月12日 15:16撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
5
5/12 15:16
027. 平舘宿 (111次) の中心部だったと思われる界隈を行く。
ついに次の宿場は、ゴールの三厩宿を残すだけとなりました……(しかし間が長いので、袰月と今別が間の宿だったとみております)。
028. 平舘の松並木へと入って行きます。なかなか見事です!
2023年05月12日 15:35撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
5
5/12 15:35
028. 平舘の松並木へと入って行きます。なかなか見事です!
029. 松並木の途中に現れる平舘灯台と、本日の宿「ペンションだいば」に到着!
2023年05月12日 15:57撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/12 15:57
029. 松並木の途中に現れる平舘灯台と、本日の宿「ペンションだいば」に到着!
030. 宿と灯台の目の前に平舘海峡が広がり、北の国ならではの小さな菜の花が揺れていました。
2023年05月12日 15:52撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
13
5/12 15:52
030. 宿と灯台の目の前に平舘海峡が広がり、北の国ならではの小さな菜の花が揺れていました。
031. 宿の部屋の窓を開けるとこの絶景!
津軽海峡フェリーが滑るように横切って行きました。
2023年05月12日 16:33撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
19
5/12 16:33
031. 宿の部屋の窓を開けるとこの絶景!
津軽海峡フェリーが滑るように横切って行きました。
032. お楽しみの夕食!
本当に新鮮プリップリでてんこ盛りの海鮮、そして名物の「いかハンバーグ」に感涙!! 奥州街道の旅・ゴール前最後の一夜にふさわしい美味で、ビールと日本酒が一気に進んでしまいました w
2023年05月19日 17:02撮影
22
5/19 17:02
032. お楽しみの夕食!
本当に新鮮プリップリでてんこ盛りの海鮮、そして名物の「いかハンバーグ」に感涙!! 奥州街道の旅・ゴール前最後の一夜にふさわしい美味で、ビールと日本酒が一気に進んでしまいました w
033. 奥州街道最終日の天気予報は曇り時々晴れ程度で、あまり期待してはいなかったものの、朝3時半過ぎに目が覚め窓を開けると、何と見事な夜明けを迎えつつありました! 
2023年05月13日 03:37撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
14
5/13 3:37
033. 奥州街道最終日の天気予報は曇り時々晴れ程度で、あまり期待してはいなかったものの、朝3時半過ぎに目が覚め窓を開けると、何と見事な夜明けを迎えつつありました! 
034. 目の前の海岸に出て、美しい紅色に染まり行く下北半島と平舘海峡をしばし眺めました……。
2023年05月13日 04:11撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
18
5/13 4:11
034. 目の前の海岸に出て、美しい紅色に染まり行く下北半島と平舘海峡をしばし眺めました……。
035. 次第に紅の密度が増して行きます。
2023年05月13日 04:28撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
14
5/13 4:28
035. 次第に紅の密度が増して行きます。
036. 奥州街道最終日の素晴らしき朝、おはようございまーっす!
2023年05月13日 04:38撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
28
5/13 4:38
036. 奥州街道最終日の素晴らしき朝、おはようございまーっす!
037. 平舘台場。
異国船急増により津軽藩が幕府の命を受けて砲台を設け、当時の遺構がそのまま松林となって残っています。
2023年05月13日 06:37撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
7
5/13 6:37
037. 平舘台場。
異国船急増により津軽藩が幕府の命を受けて砲台を設け、当時の遺構がそのまま松林となって残っています。
038. 三厩までの道程は長く寄り道もあり、何だかんだで昼飯はポカリスエットだけでしたので (汗)、美味しい食事でエネルギーチャージ出来て良かったです☆
2023年05月19日 17:04撮影 by  iPhone XR, Apple
19
5/19 17:04
038. 三厩までの道程は長く寄り道もあり、何だかんだで昼飯はポカリスエットだけでしたので (汗)、美味しい食事でエネルギーチャージ出来て良かったです☆
039. それではいざ、奥州街道最後の道程に歩み出します!
2023年05月13日 06:43撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
13
5/13 6:43
039. それではいざ、奥州街道最後の道程に歩み出します!
040. しかし……昨日よりは湿気があり、予報通りに雲が次第に増えてきてしまいました。まあ雨が降るよりは全然マシだと割り切りました。
2023年05月13日 07:17撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
7
5/13 7:17
040. しかし……昨日よりは湿気があり、予報通りに雲が次第に増えてきてしまいました。まあ雨が降るよりは全然マシだと割り切りました。
041. 石崎無線中継所。
浅虫の手前から超望遠レンズで平舘方面を眺めるとよく見えたナゾ建築、灯台とは明らかに違う形だし、一体何なのか?と思っていたのですが、てっぺんが空洞になった建物でどうやって無線中継するのかますますナゾ w
そこでググってみると、電電公社が1978年に本州と北海道を結ぶマイクロ波通信拠点として建設し、「津軽の塔」と呼ばれたものの、光ファイバー化により本来の目的を終えてほとんどのアンテナが撤去され、コンクリート構造物が残っているとのこと。電波塔マニアの間では非常に評価の高いものだそうです (サイト『電話局の写真館』、及びブログ『関東土木保安協会』による)。
2023年05月13日 07:31撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
5
5/13 7:31
041. 石崎無線中継所。
浅虫の手前から超望遠レンズで平舘方面を眺めるとよく見えたナゾ建築、灯台とは明らかに違う形だし、一体何なのか?と思っていたのですが、てっぺんが空洞になった建物でどうやって無線中継するのかますますナゾ w
そこでググってみると、電電公社が1978年に本州と北海道を結ぶマイクロ波通信拠点として建設し、「津軽の塔」と呼ばれたものの、光ファイバー化により本来の目的を終えてほとんどのアンテナが撤去され、コンクリート構造物が残っているとのこと。電波塔マニアの間では非常に評価の高いものだそうです (サイト『電話局の写真館』、及びブログ『関東土木保安協会』による)。
042. 弥蔵釜集落を行く。ヌルい天気のまま漁港と岬をめぐる道中となるのだろうと思っていました。
2023年05月13日 07:39撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
11
5/13 7:39
042. 弥蔵釜集落を行く。ヌルい天気のまま漁港と岬をめぐる道中となるのだろうと思っていました。
043. しかし、元宇田集落あたりからだんだん日射しが!
2023年05月13日 08:04撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
6
5/13 8:04
043. しかし、元宇田集落あたりからだんだん日射しが!
044. 元宇田のバス折返場。
外ヶ浜町 (旧平舘村) と今別町の境にあり、それぞれ1日数本の町営バスが、こんな野趣あふれる場所で折り返すとは!
そして天気も完全に晴れ!!
2023年05月13日 08:27撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
7
5/13 8:27
044. 元宇田のバス折返場。
外ヶ浜町 (旧平舘村) と今別町の境にあり、それぞれ1日数本の町営バスが、こんな野趣あふれる場所で折り返すとは!
そして天気も完全に晴れ!!
045. 浜辺に揺れる花♪
2023年05月13日 08:36撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/13 8:36
045. 浜辺に揺れる花♪
046. 綱不知 (つなしらず) 海岸の美しい風景の中へ!
2023年05月13日 08:34撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
8
5/13 8:34
046. 綱不知 (つなしらず) 海岸の美しい風景の中へ!
047. 引き潮の穏やかな海で一層美しい!
2023年05月13日 08:39撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
13
5/13 8:39
047. 引き潮の穏やかな海で一層美しい!
048. ゆっくり休憩したい癒しの岩石庭園☆
2023年05月13日 08:42撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
15
5/13 8:42
048. ゆっくり休憩したい癒しの岩石庭園☆
049. ミニ菜の花が潮風に揺れる。
2023年05月13日 08:43撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/13 8:43
049. ミニ菜の花が潮風に揺れる。
050. 枯山水的感覚に通じる海点景。
2023年05月13日 08:51撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
16
5/13 8:51
050. 枯山水的感覚に通じる海点景。
051. 見事な岩場現る!と思ったら、このとんがり岩が岩屋観音堂!
2023年05月13日 08:51撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
13
5/13 8:51
051. 見事な岩場現る!と思ったら、このとんがり岩が岩屋観音堂!
052. 岩の中の空洞に観音様。道中の安全を祈りました。
2023年05月13日 08:56撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/13 8:56
052. 岩の中の空洞に観音様。道中の安全を祈りました。
053. 引き続き津軽海峡に面した美しい海岸が続きます。何となく対岸の北海道が見えてきた……かも?
2023年05月13日 09:02撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
11
5/13 9:02
053. 引き続き津軽海峡に面した美しい海岸が続きます。何となく対岸の北海道が見えてきた……かも?
054. だるま滝。道路の目の前で高みから水が落ち海へと注いでいます。
2023年05月13日 09:06撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/13 9:06
054. だるま滝。道路の目の前で高みから水が落ち海へと注いでいます。
055. 一本木漁港を過ぎたところで、渡島半島の高峰・大千軒岳 (1071.9m) の見事な眺め!
2023年05月13日 09:24撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
17
5/13 9:24
055. 一本木漁港を過ぎたところで、渡島半島の高峰・大千軒岳 (1071.9m) の見事な眺め!
056. 岩部岳 (794.2m) の大きな山容も見えます!
穏やかな晴天の津軽海峡……初夏を選んで良かった!
2023年05月13日 09:34撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/13 9:34
056. 岩部岳 (794.2m) の大きな山容も見えます!
穏やかな晴天の津軽海峡……初夏を選んで良かった!
057. ちょこっと旧道の急坂を登り、標高40mの場所にある小学校の廃校跡を眺めます。
2023年05月13日 09:42撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
4
5/13 9:42
057. ちょこっと旧道の急坂を登り、標高40mの場所にある小学校の廃校跡を眺めます。
058. 坂を下って砂ヶ森集落の手前にある「赤岩」。
2023年05月13日 09:47撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/13 9:47
058. 坂を下って砂ヶ森集落の手前にある「赤岩」。
059. 砂ヶ森集落を過ぎると、高野崎の手前にある立石が聳えています。
2023年05月13日 09:59撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
12
5/13 9:59
059. 砂ヶ森集落を過ぎると、高野崎の手前にある立石が聳えています。
060. そして高野崎に到着!
2023年05月13日 10:06撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/13 10:06
060. そして高野崎に到着!
061. 高野崎には小さな灯台があるほか、広い芝生のキャンプ場 (しかも無料!) があります。
いつかここでテントを張りたいと思わずにはいられないほどの絶景を堪能しました!
2023年05月13日 10:54撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
8
5/13 10:54
061. 高野崎には小さな灯台があるほか、広い芝生のキャンプ場 (しかも無料!) があります。
いつかここでテントを張りたいと思わずにはいられないほどの絶景を堪能しました!
062. 大石。右奥にはついに三厩の界隈が見えています!
2023年05月13日 10:55撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
12
5/13 10:55
062. 大石。右奥にはついに三厩の界隈が見えています!
063. 見事な柱状節理の海岸! 
その奥には龍飛崎!!
長い旅の終わりがついに目前に迫ったという……。
2023年05月13日 10:30撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/13 10:30
063. 見事な柱状節理の海岸! 
その奥には龍飛崎!!
長い旅の終わりがついに目前に迫ったという……。
064. 柱状節理の奥に渡島半島の山々を望む。
2023年05月13日 10:27撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/13 10:27
064. 柱状節理の奥に渡島半島の山々を望む。
065. 高野崎の先端へ続く道!
なお当然のことながら、波浪時には通行不可です。
2023年05月13日 10:31撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
14
5/13 10:31
065. 高野崎の先端へ続く道!
なお当然のことながら、波浪時には通行不可です。
066. 岩々しい眺めの奥に下北半島!
2023年05月13日 10:48撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/13 10:48
066. 岩々しい眺めの奥に下北半島!
067. 立石と砂ヶ森集落を振り返る。
2023年05月13日 10:50撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/13 10:50
067. 立石と砂ヶ森集落を振り返る。
068. 絶景の高野崎で初夏の陽射しに恵まれたことには感謝しかありません!
2023年05月13日 10:57撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
7
5/13 10:57
068. 絶景の高野崎で初夏の陽射しに恵まれたことには感謝しかありません!
069. 高野崎の先端にて、ついに龍飛崎が見えた記念でセルフタイマー撮影。
顔出しで失礼します……こんなオッサンがごまかしなく本当に歩いてレコ作ってます、という証明です (^^;
2023年05月13日 10:40撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
29
5/13 10:40
069. 高野崎の先端にて、ついに龍飛崎が見えた記念でセルフタイマー撮影。
顔出しで失礼します……こんなオッサンがごまかしなく本当に歩いてレコ作ってます、という証明です (^^;
070. 高野崎では1時間も長居してしまいましたが、その間にヌルい天気になってしまった (汗
袰月 (ほろづき) の漁村へと下って行きます。
車道とは別に、集落の外れにわざわざこんな階段が残っているということは、これが旧道だろうという判断です。
2023年05月13日 11:17撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
7
5/13 11:17
070. 高野崎では1時間も長居してしまいましたが、その間にヌルい天気になってしまった (汗
袰月 (ほろづき) の漁村へと下って行きます。
車道とは別に、集落の外れにわざわざこんな階段が残っているということは、これが旧道だろうという判断です。
071. 新道と防波堤を兼ねた道の間にある、昔ながらの浜辺の道をテクテクと。
2023年05月13日 11:19撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
8
5/13 11:19
071. 新道と防波堤を兼ねた道の間にある、昔ながらの浜辺の道をテクテクと。
072. 細い道を2回90度曲がり、民家の渡り廊下をくぐる場所は、道の雰囲気として最高にマニアックで悶絶しました w
2023年05月13日 11:20撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
8
5/13 11:20
072. 細い道を2回90度曲がり、民家の渡り廊下をくぐる場所は、道の雰囲気として最高にマニアックで悶絶しました w
073. 新道に合流し、袰月の中心部を通過すると、観音堂の目の前に小さな滝がありました。
2023年05月13日 11:29撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/13 11:29
073. 新道に合流し、袰月の中心部を通過すると、観音堂の目の前に小さな滝がありました。
074. 袰月の集落を過ぎてからグイッと坂を登り、6〜700mほどテクテク歩くと、今度は鋳釜崎の絶景が広がります。
2023年05月13日 11:44撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
11
5/13 11:44
074. 袰月の集落を過ぎてからグイッと坂を登り、6〜700mほどテクテク歩くと、今度は鋳釜崎の絶景が広がります。
075. 鋳釜崎の展望台にて。溶岩がそのまま海に流れ込んで固まったような巨岩、なるほど鋳た釜のようです!
2023年05月13日 11:52撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
11
5/13 11:52
075. 鋳釜崎の展望台にて。溶岩がそのまま海に流れ込んで固まったような巨岩、なるほど鋳た釜のようです!
076. 高野崎とは全く違うゴツく荒々しい風景の奥に北海道を望む。
2023年05月13日 11:55撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
11
5/13 11:55
076. 高野崎とは全く違うゴツく荒々しい風景の奥に北海道を望む。
077. 鋳釜崎から高野崎を望む。
なお、鋳釜崎も無料でキャンプが可能で、土曜日とあって昼前から続々とキャンプの車が乗りつけてテントを張っていました。夕方までに芝生の上はテントで密になっていたかも w
2023年05月13日 12:00撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
7
5/13 12:00
077. 鋳釜崎から高野崎を望む。
なお、鋳釜崎も無料でキャンプが可能で、土曜日とあって昼前から続々とキャンプの車が乗りつけてテントを張っていました。夕方までに芝生の上はテントで密になっていたかも w
078. 大泊集落へと下る道。
大泊集落通過後は再び高台に上り、町営放牧場の西の長い海岸線の道 (波消しブロックが続いて良い景色ではない) をひたすら歩き、山崎集落へ入ります。
2023年05月13日 12:18撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
6
5/13 12:18
078. 大泊集落へと下る道。
大泊集落通過後は再び高台に上り、町営放牧場の西の長い海岸線の道 (波消しブロックが続いて良い景色ではない) をひたすら歩き、山崎集落へ入ります。
079. 山崎集落を抜けたところの高みまで来ると、だいぶ今別の街 (画面左) が近づいて来ました。
2023年05月13日 13:08撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/13 13:08
079. 山崎集落を抜けたところの高みまで来ると、だいぶ今別の街 (画面左) が近づいて来ました。
2023年05月13日 14:22撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/13 14:22
2023年05月13日 11:27撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
7
5/13 11:27
2023年05月13日 12:22撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/13 12:22
2023年05月13日 13:00撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
11
5/13 13:00
2023年05月13日 14:32撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
8
5/13 14:32
085. 山崎集落から今別にかけては、東側の山々の眺めがなかなか素晴らしいです。これは坊主岳?
2023年05月13日 13:17撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
8
5/13 13:17
085. 山崎集落から今別にかけては、東側の山々の眺めがなかなか素晴らしいです。これは坊主岳?
086. 尖岳?
500〜700m台のピークが連なっていますが、何せ緯度が高いため、海沿いでも奥日光のような湿原の景色があったりで、標高2000m台の山々を眺めているかのような気分です。
2023年05月13日 13:17撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/13 13:17
086. 尖岳?
500〜700m台のピークが連なっていますが、何せ緯度が高いため、海沿いでも奥日光のような湿原の景色があったりで、標高2000m台の山々を眺めているかのような気分です。
087. 今別海岸。
鋳釜崎からここまでは割と単調な道で、もし向かい風でしたら本当に地獄でした。
2023年05月13日 13:37撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
7
5/13 13:37
087. 今別海岸。
鋳釜崎からここまでは割と単調な道で、もし向かい風でしたら本当に地獄でした。
088. 今別川を渡る手前で袴腰岳?を望む。
2023年05月13日 13:50撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
6
5/13 13:50
088. 今別川を渡る手前で袴腰岳?を望む。
089. 今別の街 (来し方を振り返る)。
外ヶ浜・今別界隈の買い物は、蟹田駅に近いロードサイドのショッピングセンター一極集中の感があり、昔ながらの商店街は寂れています……。
2023年05月13日 14:00撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
6
5/13 14:00
089. 今別の街 (来し方を振り返る)。
外ヶ浜・今別界隈の買い物は、蟹田駅に近いロードサイドのショッピングセンター一極集中の感があり、昔ながらの商店街は寂れています……。
090. 今別郵便局の前には、昔は宿屋だったと思われる非常に立派な建物が残っています。
2023年05月13日 14:03撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/13 14:03
090. 今別郵便局の前には、昔は宿屋だったと思われる非常に立派な建物が残っています。
091. 今別・本覚寺の庫裡にあたる建物が、非常にカッコ良くてしばし惚れ惚れ。
2023年05月13日 14:09撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/13 14:09
091. 今別・本覚寺の庫裡にあたる建物が、非常にカッコ良くてしばし惚れ惚れ。
092. 豪雨災害のため、蟹田〜三厩間が運休 (代行バス) となって久しい津軽線の線路。街道からちょこっと脇道に入り、踏切にてパチリ……しかし修復費用と、その後の地元補填額が余りにも膨大で、もうここを列車が走ることはないでしょう。
2023年05月13日 14:34撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
15
5/13 14:34
092. 豪雨災害のため、蟹田〜三厩間が運休 (代行バス) となって久しい津軽線の線路。街道からちょこっと脇道に入り、踏切にてパチリ……しかし修復費用と、その後の地元補填額が余りにも膨大で、もうここを列車が走ることはないでしょう。
093. 今別界隈と背後の山々を振り返る。
2023年05月13日 14:47撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/13 14:47
093. 今別界隈と背後の山々を振り返る。
094. 二ツ石崎の海岸線の道を行く。今別町営バス、というか乗合ワゴンがやって来ました。
画面右奥には、ついにゴールの厩石と義経寺が見えています!
2023年05月13日 14:54撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
6
5/13 14:54
094. 二ツ石崎の海岸線の道を行く。今別町営バス、というか乗合ワゴンがやって来ました。
画面右奥には、ついにゴールの厩石と義経寺が見えています!
095. 厩石にゴールする前に、津軽線の三厩駅に寄り道。
駅前の一本道にて、昼間の代行バスに当たる「わんタク定時便」をパチリ。
翌日のこの便に乗って、龍飛崎灯台から蟹田駅まで帰りました。
というか……既にワゴンで間に合うほどクルマ社会化と人口減少が深刻だということで……。
2023年05月13日 15:13撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
6
5/13 15:13
095. 厩石にゴールする前に、津軽線の三厩駅に寄り道。
駅前の一本道にて、昼間の代行バスに当たる「わんタク定時便」をパチリ。
翌日のこの便に乗って、龍飛崎灯台から蟹田駅まで帰りました。
というか……既にワゴンで間に合うほどクルマ社会化と人口減少が深刻だということで……。
096. 続いて外ヶ浜町営バスの龍飛崎灯台行きもやって来ました。
恐らく蟹田から三厩の間の鉄道が廃止になった後は、町営バスもわざわざこの道を走って三厩駅に来る必要もないということで、これはこれで今のうちのシーン。
2023年05月13日 15:16撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
7
5/13 15:16
096. 続いて外ヶ浜町営バスの龍飛崎灯台行きもやって来ました。
恐らく蟹田から三厩の間の鉄道が廃止になった後は、町営バスもわざわざこの道を走って三厩駅に来る必要もないということで、これはこれで今のうちのシーン。
097. 三厩駅。
今のところ廃止ではないため、駅舎は閉鎖されず綺麗に保たれています。
2023年05月13日 15:18撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
14
5/13 15:18
097. 三厩駅。
今のところ廃止ではないため、駅舎は閉鎖されず綺麗に保たれています。
098. しかしもうここに列車が来ることは多分もうない……。
2017年10月に奥州街道を歩き始めた当初は、最後の旅を終えた後、ここから列車に乗って帰ることをイメージしていたのですが……。
2023年05月13日 15:21撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
11
5/13 15:21
098. しかしもうここに列車が来ることは多分もうない……。
2017年10月に奥州街道を歩き始めた当初は、最後の旅を終えた後、ここから列車に乗って帰ることをイメージしていたのですが……。
099. 山に向かってしばらく延びた後、緑の中で途切れる鉄路。
衰えゆく日本の鉄路の縮図のような光景に思えてならないという……。
とはいえ、正式廃止後はあっという間に草木に埋もれるでしょうから、今来て本当に良かったです。
2023年05月13日 15:27撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
19
5/13 15:27
099. 山に向かってしばらく延びた後、緑の中で途切れる鉄路。
衰えゆく日本の鉄路の縮図のような光景に思えてならないという……。
とはいえ、正式廃止後はあっという間に草木に埋もれるでしょうから、今来て本当に良かったです。
100. 三厩の昔ながらの街並みを歩いてラストスパート!
(海側の新道と新市街は、青函トンネルを掘った残土で埋め立てられた土地とのこと)
2023年05月13日 15:58撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
6
5/13 15:58
100. 三厩の昔ながらの街並みを歩いてラストスパート!
(海側の新道と新市街は、青函トンネルを掘った残土で埋め立てられた土地とのこと)
101. 厩石に到達し、奥州街道の旅、ここに終わる!!
江戸日本橋からここまで、本当に長かかった……!!
2023年05月13日 16:03撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
12
5/13 16:03
101. 厩石に到達し、奥州街道の旅、ここに終わる!!
江戸日本橋からここまで、本当に長かかった……!!
102. 厩石の海側を埋め立てた厩石公園に立つ「松前街道終点之碑」!
車が来ない隙をみて思い切りHugしました (爆)。
次の画像ではおっさんのアップが出て来ますので、スマホでご覧の方はご注意下さい m(_ _)m
2023年05月13日 16:04撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/13 16:04
102. 厩石の海側を埋め立てた厩石公園に立つ「松前街道終点之碑」!
車が来ない隙をみて思い切りHugしました (爆)。
次の画像ではおっさんのアップが出て来ますので、スマホでご覧の方はご注意下さい m(_ _)m
103. 奥州街道ついに完歩!を記念してスマホ自撮り〜。
こういう機会ですので顔出しで失礼します (汗
2023年05月19日 17:13撮影 by  iPhone XR, Apple
27
5/19 17:13
103. 奥州街道ついに完歩!を記念してスマホ自撮り〜。
こういう機会ですので顔出しで失礼します (汗
104. 次は義経寺への階段を登ります。
厩石が完全に日陰になる前に到着できて良かったです (^^;
2023年05月13日 16:10撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
8
5/13 16:10
104. 次は義経寺への階段を登ります。
厩石が完全に日陰になる前に到着できて良かったです (^^;
105. 義経寺。
源義経は頼朝の差し金で、平泉の高館にて力尽きたものですが、一説ではここまで逃げ延びて蝦夷に渡り、さらに一説では大陸に渡ってチンギスハーンになったとか。
それが本当かどうかさっぱり分かりませんが、確かにこの地の絶景は、本当かもと思わせるものがあります。
2023年05月13日 16:12撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
13
5/13 16:12
105. 義経寺。
源義経は頼朝の差し金で、平泉の高館にて力尽きたものですが、一説ではここまで逃げ延びて蝦夷に渡り、さらに一説では大陸に渡ってチンギスハーンになったとか。
それが本当かどうかさっぱり分かりませんが、確かにこの地の絶景は、本当かもと思わせるものがあります。
106. 嗚呼!義経寺から来し方を望む絶景! 
しかも、夕方が近づいて再び晴れ渡り、あたかも奥州街道歩きのゴールを祝ってくれているかのようです!
2023年05月13日 16:23撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
11
5/13 16:23
106. 嗚呼!義経寺から来し方を望む絶景! 
しかも、夕方が近づいて再び晴れ渡り、あたかも奥州街道歩きのゴールを祝ってくれているかのようです!
107. 三厩港を見下ろす。
青函トンネル工事と港湾整備ですっかり昔とは違う風景なのかも知れませんが、松前藩氏が参勤交代でこの地を経由し、幕末の風雲の中でさらに往来も増え……そんな昔を偲びました。
2023年05月13日 16:21撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/13 16:21
107. 三厩港を見下ろす。
青函トンネル工事と港湾整備ですっかり昔とは違う風景なのかも知れませんが、松前藩氏が参勤交代でこの地を経由し、幕末の風雲の中でさらに往来も増え……そんな昔を偲びました。
108. 甲岩。
本当に兜のような形をしていて思わずニヤリ。
このシーンを撮った立ち位置=義経海浜公園ももちろん、青函トンネル工事の残土で造成されたものです。
2023年05月13日 16:35撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
19
5/13 16:35
108. 甲岩。
本当に兜のような形をしていて思わずニヤリ。
このシーンを撮った立ち位置=義経海浜公園ももちろん、青函トンネル工事の残土で造成されたものです。
109. 厩石・甲岩からほど近い龍飛旅館に投宿し、奥州街道の旅を終えた人の誰もがするであろう龍飛崎へのオプショナル・ウォークに備えます。築100年超の、昔ながらの宿屋に手を加えた宿で、かの田中陽希氏も「グレート・トラバース」の途上に宿泊しています。
グレート・トラバースの足元にも及びませんが、奥州街道の旅も今こうして終わり、明日は最後のひと歩きへ……。
2023年05月20日 22:31撮影
9
5/20 22:31
109. 厩石・甲岩からほど近い龍飛旅館に投宿し、奥州街道の旅を終えた人の誰もがするであろう龍飛崎へのオプショナル・ウォークに備えます。築100年超の、昔ながらの宿屋に手を加えた宿で、かの田中陽希氏も「グレート・トラバース」の途上に宿泊しています。
グレート・トラバースの足元にも及びませんが、奥州街道の旅も今こうして終わり、明日は最後のひと歩きへ……。
110. お楽しみの夕食……ビールの祝杯がことのほか美味かった! そしてもちろん海鮮も美味く、トロトロのトロはとりわけ美味し! 油川宿の奥州街道・羽州街道合流点に立つ青森の超有名地酒「田酒」の冷や徳利も実に美味い! 
2023年05月19日 18:08撮影 by  iPhone XR, Apple
21
5/19 18:08
110. お楽しみの夕食……ビールの祝杯がことのほか美味かった! そしてもちろん海鮮も美味く、トロトロのトロはとりわけ美味し! 油川宿の奥州街道・羽州街道合流点に立つ青森の超有名地酒「田酒」の冷や徳利も実に美味い! 
111. 3日目の天気は、事前の予報では曇り時々雨で全く期待しておらず、雨さえ降らなければ良いと割り切っていたのですが、朝起きてみれば何と晴れ!  
2023年05月14日 06:07撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
7
5/14 6:07
111. 3日目の天気は、事前の予報では曇り時々雨で全く期待しておらず、雨さえ降らなければ良いと割り切っていたのですが、朝起きてみれば何と晴れ!  
112. とはいえ湿気がさらに増し、やっぱり次第に雲が増えて来てしまいました。まいっか……。義経海浜公園からの眺めです。
2023年05月14日 06:13撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
8
5/14 6:13
112. とはいえ湿気がさらに増し、やっぱり次第に雲が増えて来てしまいました。まいっか……。義経海浜公園からの眺めです。
113. 朝食を終えたのちいざ出発! 曇り空の下ですが、風流な風景を眺めつつ前進しました。
カモメの巣窟状態な「藤島」の眺め。
2023年05月14日 07:47撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
13
5/14 7:47
113. 朝食を終えたのちいざ出発! 曇り空の下ですが、風流な風景を眺めつつ前進しました。
カモメの巣窟状態な「藤島」の眺め。
114. こんな感じの漁師街と漁港が点々と続きます。
2023年05月14日 07:47撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/14 7:47
114. こんな感じの漁師街と漁港が点々と続きます。
115. 釜野沢集落を行く。どの集落も空き家が少なくなく、10年、20年後にはどうなっているのか……。
2023年05月14日 08:05撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
8
5/14 8:05
115. 釜野沢集落を行く。どの集落も空き家が少なくなく、10年、20年後にはどうなっているのか……。
116. スズランが道端でゴロゴロ当たり前のように咲いている北国の旅です。
2023年05月14日 08:18撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
13
5/14 8:18
116. スズランが道端でゴロゴロ当たり前のように咲いている北国の旅です。
117. をを、再び光が差し込む感じになり、巨大な一枚岩の底が美しく透けています☆
2023年05月14日 08:47撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/14 8:47
117. をを、再び光が差し込む感じになり、巨大な一枚岩の底が美しく透けています☆
118. ををを〜!素晴らしい青空になりました!
2023年05月14日 08:55撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
11
5/14 8:55
118. ををを〜!素晴らしい青空になりました!
119. そして、尻神集落手前のトンネルを抜けたところで、ついに龍飛崎が目と鼻の先に!!
晴れているうちに是非たどり着きたい!!
2023年05月14日 09:04撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/14 9:04
119. そして、尻神集落手前のトンネルを抜けたところで、ついに龍飛崎が目と鼻の先に!!
晴れているうちに是非たどり着きたい!!
120. 五月の半ばに八重桜……津軽の遅い春。
2023年05月14日 09:22撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
18
5/14 9:22
120. 五月の半ばに八重桜……津軽の遅い春。
121. ガンガン進んで、ついにあの岩を過ぎると龍飛の集落に!
2023年05月14日 09:35撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/14 9:35
121. ガンガン進んで、ついにあの岩を過ぎると龍飛の集落に!
122. 太宰治文学碑。
「ここは本州の袋小路だ。読者も銘肌せよ。諸君が北に向つて歩いてゐる時、その路をどこまでも、さかのぼり、さかのぼり行けば、必ずこの外ヶ浜街道に到り、路がいよいよ狭くなり、さらに遡れば、すぽりとこの鶏小舎に似た不思議な世界に落ち込み、そこに於いて諸君の路は全く尽きるのである」

……文学ヲタではないのですが、奥州街道を歩いて来れば余りにもその通りな事実を簡潔に書ききっていることに、激しくシビれました……。
2023年05月14日 09:39撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
12
5/14 9:39
122. 太宰治文学碑。
「ここは本州の袋小路だ。読者も銘肌せよ。諸君が北に向つて歩いてゐる時、その路をどこまでも、さかのぼり、さかのぼり行けば、必ずこの外ヶ浜街道に到り、路がいよいよ狭くなり、さらに遡れば、すぽりとこの鶏小舎に似た不思議な世界に落ち込み、そこに於いて諸君の路は全く尽きるのである」

……文学ヲタではないのですが、奥州街道を歩いて来れば余りにもその通りな事実を簡潔に書ききっていることに、激しくシビれました……。
123. ご覧、あれが龍飛岬、北の外れ……!
2023年05月14日 09:40撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
15
5/14 9:40
123. ご覧、あれが龍飛岬、北の外れ……!
124. 龍飛漁港!
2023年05月14日 09:47撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
12
5/14 9:47
124. 龍飛漁港!
125. 龍飛崎の先端に至る遊歩道は立入禁止となっており、えぇぇ、そんなぁ……と思いつつ、行けるところまで行ってもようと思い進んだものの、やっぱり遊歩道の路盤崩壊や落石がひどく、途中で断念しました。
これが引き返した場所の光景ですが、【完全に自己責任】とご理解ください。
2023年05月14日 09:54撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/14 9:54
125. 龍飛崎の先端に至る遊歩道は立入禁止となっており、えぇぇ、そんなぁ……と思いつつ、行けるところまで行ってもようと思い進んだものの、やっぱり遊歩道の路盤崩壊や落石がひどく、途中で断念しました。
これが引き返した場所の光景ですが、【完全に自己責任】とご理解ください。
126. 北端の島・帯島へは普通に、漁港を回り込む舗装路が通っています。海へと落ち込む龍飛崎の岩場と漁船の眺め。
2023年05月14日 10:11撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
11
5/14 10:11
126. 北端の島・帯島へは普通に、漁港を回り込む舗装路が通っています。海へと落ち込む龍飛崎の岩場と漁船の眺め。
127. 津軽の北へと延びてきた道は、帯島のこの風景を以て、北側の岩場に阻まれて途切れます。
次は、画面左側に見える階段国道を登ります!
2023年05月14日 10:04撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
11
5/14 10:04
127. 津軽の北へと延びてきた道は、帯島のこの風景を以て、北側の岩場に阻まれて途切れます。
次は、画面左側に見える階段国道を登ります!
128. ををを〜!これが天下に名を轟かせる、国道339号線の階段国道!!
謹んで、一歩一歩かみしめつつ登ります☆
2023年05月20日 23:59撮影
15
5/20 23:59
128. ををを〜!これが天下に名を轟かせる、国道339号線の階段国道!!
謹んで、一歩一歩かみしめつつ登ります☆
129. 途中の休憩スポットから見下ろす帯島と漁港。
北の外れ感が半端ないです……。
2023年05月14日 10:27撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
14
5/14 10:27
129. 途中の休憩スポットから見下ろす帯島と漁港。
北の外れ感が半端ないです……。
130. 階段国道そのものは非常に良く整備されており、「酷道」ということは全然ないです w むしろ歩道としては高速道路級?!
2023年05月14日 10:30撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
9
5/14 10:30
130. 階段国道そのものは非常に良く整備されており、「酷道」ということは全然ないです w むしろ歩道としては高速道路級?!
131. 階段国道を登頂!
実際には下からここまで上ってくる立派な車道もあり、もはや建設省→国土交通省も、ネタとしてここを国道に指定し続けているとしか思えません www
2023年05月14日 10:34撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
12
5/14 10:34
131. 階段国道を登頂!
実際には下からここまで上ってくる立派な車道もあり、もはや建設省→国土交通省も、ネタとしてここを国道に指定し続けているとしか思えません www
132. さらにもう少々登り、龍飛崎灯台に到着!
2023年05月14日 10:40撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
15
5/14 10:40
132. さらにもう少々登り、龍飛崎灯台に到着!
133. 南側の日本海を望む。この荒削りな最果ての風景!
2023年05月14日 10:41撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
12
5/14 10:41
133. 南側の日本海を望む。この荒削りな最果ての風景!
134. 展望台から龍飛崎を見下ろす!!
嗚呼……江戸日本橋からの壮大な区切り打ちの旅がここに完結しました……!
2023年05月14日 10:45撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
18
5/14 10:45
134. 展望台から龍飛崎を見下ろす!!
嗚呼……江戸日本橋からの壮大な区切り打ちの旅がここに完結しました……!
135. 日本海の上には、ゴールを祝福するかのような青空!
この海の向こうが友好的で穏やかな国々であればどんなに良いことでしょうか!
(実際には露朝中というトンデモ国家ばかり orz)

次の画像も顔出し自撮りですので、スマホでご覧の方はご注意下さい m(_ _)m
2023年05月14日 11:02撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
11
5/14 11:02
135. 日本海の上には、ゴールを祝福するかのような青空!
この海の向こうが友好的で穏やかな国々であればどんなに良いことでしょうか!
(実際には露朝中というトンデモ国家ばかり orz)

次の画像も顔出し自撮りですので、スマホでご覧の方はご注意下さい m(_ _)m
136. こうして、奥州街道の旅と龍飛崎への徒歩旅は、目出度く無事に終わりました。
2023年05月14日 10:51撮影 by  iPhone XR, Apple
24
5/14 10:51
136. こうして、奥州街道の旅と龍飛崎への徒歩旅は、目出度く無事に終わりました。
137. ここからは鉄ヲタ的エクスカーション!
「津軽海峡冬景色」の歌碑です。
真ん中の赤いボタンを強く押すと、2番が大音量で流れます www
2023年05月14日 11:18撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
10
5/14 11:18
137. ここからは鉄ヲタ的エクスカーション!
「津軽海峡冬景色」の歌碑です。
真ん中の赤いボタンを強く押すと、2番が大音量で流れます www
138. 青函トンネル建設時の拠点にある青函トンネル記念館を訪ねました。
建設の最盛期には、展望台がある丘の周辺が工事関係者の宿舎で埋まっていたそうです。
2023年05月14日 13:35撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
8
5/14 13:35
138. 青函トンネル建設時の拠点にある青函トンネル記念館を訪ねました。
建設の最盛期には、展望台がある丘の周辺が工事関係者の宿舎で埋まっていたそうです。
139. 青函トンネル記念館内。さまざまな模索と紆余曲折を経ながら、当時としては最新の技術を注ぎ込んだことが分かります。
2023年05月19日 18:16撮影 by  iPhone XR, Apple
10
5/19 18:16
139. 青函トンネル記念館内。さまざまな模索と紆余曲折を経ながら、当時としては最新の技術を注ぎ込んだことが分かります。
140. ある意味で最大のお楽しみ☆ケーブルカーに乗って坑道見学へ♪
これはまさに、プロジェクトX的世界そのものです!
2023年05月18日 00:10撮影 by  iPhone XR, Apple
19
5/18 0:10
140. ある意味で最大のお楽しみ☆ケーブルカーに乗って坑道見学へ♪
これはまさに、プロジェクトX的世界そのものです!
141. 龍飛崎灯台駐車場を14時30分過ぎに出る津軽線代行乗合タクシー「わんタク定時便」に乗る頃には雨が降り出しました。本当に運が良かった!
蟹田で青森行きの電車に乗り換え、旅の余韻を味わいました。
2023年05月14日 16:08撮影 by  Canon EOS 5D Mark IV, Canon
13
5/14 16:08
141. 龍飛崎灯台駐車場を14時30分過ぎに出る津軽線代行乗合タクシー「わんタク定時便」に乗る頃には雨が降り出しました。本当に運が良かった!
蟹田で青森行きの電車に乗り換え、旅の余韻を味わいました。
142. 青森駅に到着後、駅前で早めの夕食として「長尾煮干ラーメン」ウマー!
2023年05月19日 23:02撮影 by  iPhone XR, Apple
18
5/19 23:02
142. 青森駅に到着後、駅前で早めの夕食として「長尾煮干ラーメン」ウマー!
143. 新青森からの帰路は、奥州街道の旅で岩手県以北から帰る際の定番となったグランクラスでシメ!!
2023年05月19日 23:09撮影
14
5/19 23:09
143. 新青森からの帰路は、奥州街道の旅で岩手県以北から帰る際の定番となったグランクラスでシメ!!
144. グランクラスの供食サービスは、昨年の秋にミニ弁当から冷凍物を解凍したお通しにスケールダウンしましたが、とても美味しいことに変わりはなく、酒やソフトドリンクを楽しんでいるうちに都内に戻って来ました。
2023年05月19日 23:24撮影
16
5/19 23:24
144. グランクラスの供食サービスは、昨年の秋にミニ弁当から冷凍物を解凍したお通しにスケールダウンしましたが、とても美味しいことに変わりはなく、酒やソフトドリンクを楽しんでいるうちに都内に戻って来ました。
145. 今回の戦利品。新青森駅の土産コーナーでは「田酒」が在庫払底だったため、五戸を通った際に気になっていた「菊駒」と、弘前の「豊盃」の純米吟醸を。そして雪丸殿の世話をしてくれた母親には高いリンゴジュースを。
2023年05月21日 00:48撮影 by  iPhone XR, Apple
20
5/21 0:48
145. 今回の戦利品。新青森駅の土産コーナーでは「田酒」が在庫払底だったため、五戸を通った際に気になっていた「菊駒」と、弘前の「豊盃」の純米吟醸を。そして雪丸殿の世話をしてくれた母親には高いリンゴジュースを。
146. 今回のにゃんこ (1)。
お尻ポンポンさせてくれた街道お見送り黒にゃんです♪
16
146. 今回のにゃんこ (1)。
お尻ポンポンさせてくれた街道お見送り黒にゃんです♪
147. 今回のにゃんこ (2)。
ちょっとワイルドな風貌のトラにゃん……近寄ると「ニャンだお前は?」という表情になり、スタコラとどこかに行ってしまいました w
16
147. 今回のにゃんこ (2)。
ちょっとワイルドな風貌のトラにゃん……近寄ると「ニャンだお前は?」という表情になり、スタコラとどこかに行ってしまいました w
148. うちのにゃんこ雪丸殿。
お留守番ありがとうさんですニャ!
31
148. うちのにゃんこ雪丸殿。
お留守番ありがとうさんですニャ!

感想

2017年の10月に江戸日本橋から挑み始めた奥州街道歩きは、途中2018年の春から秋にかけて白河で停滞しながらも順調に進み、2019年の晩秋に岩手県一戸町に達していましたが、その後は疫病のため中断し、昨年の6月にようやく再開した後は、順調に (?) 岩手県北部から青森県にかけての初夏・盛夏を満喫し、昨年8月のお盆明けに
JR津軽線の蟹田駅に到達していました。

そこで、一体いつ三厩までの最終回を歩き、さらに足を伸ばして龍飛崎に立つのか……どうせなら晴天のもとで是非と願い、雨は絶対イヤだ!と思っていたのですが、さりとて仕事の合間に天気予報や宿の空き具合と照らし合わせながらというのは、急激に国内観光が回復した中では無理があるというものです。というわけで、思い切って黄金週間の次の金土日を確保して新幹線と宿の予約を入れてしまい、あとは雨にならないことだけを祈っていました。

そしていざ決行……という直前になっても、雨のマークは消えてくれず、最高にキモを潰す思いで過ごさざるを得ませんでしたが、もはや賽は投げられた! 関東は雨雨雨の週末予報でも、北東北はまだマシな晴れのち曇りのち雨予報であることから、それだけでもまだ幸運だと思い、新幹線と701系電車を乗り継いで、ついに蟹田駅から最後の一歩を踏み出しました。

その一連の経過は、写真とテキストでお見せしている通りで……何も言うことはございません!! 奥州街道ロングウォークという、現代ではもはや最高に酔狂な旅の締めくくりとして余りにも贅沢な好天と美味に恵まれ、日本国は余りにも大きくて奥が深く美しいということをさらに確認する道中となりました。

ここまで度々、奥州街道の旅レコをご覧頂き、お楽しみ頂いた皆様、誠にありがとうございました m(_ _)m

一つの道を行く旅は、ついに行き止まりに達して終わりを告げましたが、また次の旅へ、その先へ……と、好奇心と脚力に任せて、夢は野山を駆け巡ることでしょう。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:298人

コメント

奥州街道旅、完遂御目出度う御座います!!凄い根性でしたね。夢は枯野ではなく野山を駆け巡る、あやかりたいものですがそれは難題な老婆になりました👵で、陸奥のババはゆきまる君のご主人の素顔を拝謁して「あら〜めんこいあんちゃんだこと〜」と思わず愛顔になりました❣ 次の野山紀行も期待しています!
2023/5/21 18:52
>カイエさま
こんばんは、お祝いどうもありがとうございます!
まあ実際には、江戸から毎日ひたすら歩くという昔の人と同じ道中ではなく、2〜3泊の山行を繰り返すのと同じですから、舗装路をひたすら歩いて足にくる衝撃に耐えられれば誰でも歩けると思いますが、まぁその舗装路歩きというのが要・根性かも知れないですね

私もいずれ後期高齢者になった時には、無事野山を歩けているだろうかと心配になりますが、そのために今から肥満は避けて体調管理に気をつけようと心を砕いているところです。現実に、ちょこっとでも歩かれてヤマレコユーザーをやっておられることに、本当に尊敬いたしますfuji

めんこいあんちゃんとは恐れ入りますが w、一応初対面の方からは10歳若く見られています ww
ゆきまる殿のご主人というよりは、すっかりただの下僕です wwwwscissorscat
2023/5/21 20:10
ゆきまる@bobandouさんこんばんは、奥州街道完歩おつかれさまです。
そして青森県の竜飛岬まで歩いて到達とは、恐れ入ります。
天気も良く最終回に相応しいレコになりましたね。
他の街道あるき、遡上あるき楽しみにしていますね。
レコありがとうございました。(*- -)(*_ _)ペコリ
2023/5/21 20:36
>こめ百俵@kome100pyouさま
こんばんは、お祝いのお言葉どうもありがとうございます!
歩くこと自体は単純に (?) 歩けば良いだけですので、最大の問題は天気でしたが、こんな感じで良い天気になりましたので、終わり良ければ全て良し!という言葉の通りとなりました
とりあえず、早めに完歩したく、しかもヤマ場にリーチがかかっている街道と遡行が、それぞれ1つずつありますが、全ては仕事の都合と天気次第ですね
2023/5/21 21:00
bobandouさん、江戸から奥州街道、龍飛岬まで完結、おめでとうございます!
素晴らしい読み物で感動しました!
ベタな言い方しか出来なくてごめんなさい!

ルート図がまず素敵!
八甲田山をはじめ山々がみえる。
海、そして北海道!
誰も住んでいない豪邸、
北の果ての漁村もなんという景色でしょう。海の碧さが悲し過ぎです。

蟹田、外ケ浜、今別、三厨、
こういう所なのですね、、
本当にここ、あるのですね。

復旧が叶わないかもしれない線路、駅舎、涙が出ましたよ。
bobandouさん、乗りたかったでしょうね!
階段国道、青函トンネル記念館、津軽は見処満載じゃあないですか。

ン十年前、大学受験に作文があり、太宰治の『津軽』と『惜別』をテーマにして頑張った事があるのですよ、
bobandouさんが引用して下さった文章、まさにそれを歩かれて、羨ましいを通り越しています。
旅人・bobandouさんが風に吹かれて果てしなく歩く姿が浮かぶようです。
私は金木止まりなので、やっぱりもう少し先へ行きたいです。

田酒、販売していませんでしたか、残念でしたが五戸のお酒も沁みそうですネ♪

おつかれさまでした、写真もありがとうございました!

「ね、なぜ旅に出るの?」
「苦しいからさ。」
2023/5/22 16:14
>miketamaさま
こんばんは、奥州街道&龍飛崎完歩のお祝い、誠にありがとうございます!
むかし大学受験で太宰治の『津軽』を読まれたという因縁(?)がおありでしたら、奥津軽の先の先をひたすら歩いた今回のレコは、「うんうんなるほど、本当にこんな世界があるのか……」と思いながらご覧頂けたかと存じます
私も金木に行ったことがありますが、真冬にストーブ列車を撮るついででしたcoldsweats01
金木は弘前から五所川原乗り換えで行きやすいですが、今回の平舘から先の区間はバスの便が本当に少なく(奥津軽いまべつに停まる新幹線も少なく)、本当にみちのくの中の道の奥という感がありました。私自身は乗りつぶし系乗り鉄ではなく、青函トンネルではない蟹田から先のエリアを訪れるのは今回が初めてでしたので、

>こういう所なのですね、、
>本当にここ、あるのですね。

という感想そのものでした・・・
とりあえず蟹田は青森から電車で40分で着きますので、その奥は時間的に厳しくても、いずれ是非訪れてみて下さい。観瀾山から眺める陸奥湾と八甲田山、これだけでも圧倒的な印象です……

もう多分列車が来ない線路や駅というものは、これはこれで悲しいですし、出来ればここから乗りたかった!とは思いますが、一方で鉄道趣味には懐古系・侘び寂び系の廃線鉄・休止線鉄というものがあり、草に包まれて行く線路を眺めながら、栄えし昔を想像し、帰宅後に昔の時刻表を眺めるというジャンルです。今回は割り切って、こちらのモードにシフトしていましたsweat01
その一方で、青函トンネル記念館という最高にマニアックな場所もあり、あるいは代行バスや町営バスを研究するのも楽しく、さらには階段国道もあったりで、交通系趣味という点で本当に見どころ満載でした

さて、なぜ旅に出るのか・・・モテない人生が苦しいからという理由は皆無ではないのですが w、個人的に、第一義的には、この世の中は自分が知らない世界と風景だらけで新鮮な刺激だらけなので、時間がありさえすればなるべくフラフラと訪れてみたい、ということだと思います
そういう点では、鉄ヲタ活動するのも、山に登るのも、バックパッカーするのも、旧街道をトボトボ歩くのも、全部同じというか連続だったりします これに加えて、最近はヤマレコ活動終了後に地酒をチェックするという楽しみも加わりつつあるという・・・
せっかく旅行しやすい国と時代に生きていますので、気力と体力が続く限り、風に吹かれてトボトボ歩き続けたいと思います
2023/5/22 20:29
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら